痛い人の意味とは?あるあるな特徴&周りに引かれる痛いエピソードを紹介

周りに「痛いな」と思う人っていませんか。では、具体的にどのような人を指すのでしょうか。今回は、痛い人の意味や特徴、痛いエピソード集を大公開!さらに、痛いと思われないために心掛けることも解説します。痛い人と思われてる?と思った方も、ぜひ確認してみてくださいね。

「痛い人」っていますよね。

痛い人の意味

あなたの周りに「あの人、痛いよね...。」と言われている人はいませんか?

痛い人の痛い言動は、たいてい本人は気付いておらず、周りはドン引きしているのが困った点ですよね。

ここでは、痛い人とはどんな人なのか、「痛い人」のそもそもの意味や特徴を説明します。

さらに、痛い人のあるあるエピソードや、あなた自身が痛い人にならないよう気を付けるべきポイントまで、詳しく解説します。


「痛い人」とはどういう意味?

痛い人とは、一般的に自分が大好きなナルシストで、周りの空気を読まない言動をする人を指します。

ここでの「痛い」はもちろん感覚的なものではなく、心理的にいたたまれなくなるような「心の痛さ」を表します。

痛い人は、周りの人たちが居心地の悪さを感じてしまうような見た目のファッションや、自分勝手な言動を平気でします。


痛い人に多い8つのあるあるな特徴を大公開!

痛い人には具体的にどんな特徴があるのでしょうか。ここでは痛い人に良く見られるあるあるな特徴を8つに分けて詳しく紹介します。

痛い人の特徴を知って未然にトラブルを防ぐためにも、ぜひ参考にしてみて下さいね。


特徴1. 自己中心的で他人からどう思われているか興味がない

痛い人の多くは、とても自分勝手な振る舞いをします。周りが見えていないのか、見る気が無いのか、自分の言動で周りの人たちが迷惑をこうむっていても全く気にしません。

基本的に自分にしか興味がないので、他人からどう思われているかは二の次なのです。

ある意味突き抜けていて、羨ましい特徴とも思えますが、周りの人たちからは相当な反発を買ってしまいます。

【参考記事】はこちら▽


特徴2. 根拠もない自信を持つナルシストな性格

痛い人は自己愛が強い傾向があります。

多くの場合、自分自身をアピールする時にはそれなりの根拠を持っているものですが、痛い人は違います。

自分自身の世界感が確立しているので、根拠が全く無くても、自信満々で自分を前面に押し出してきます

自分が大好きなので、自撮り写真を頻繁にSNSにアップしたり、周りからの褒め言葉を待っている節があります。


特徴3. 精神年齢が低く、言動が幼い

痛い人は周りの状況を見て自分を抑えたり、相手の気持ちを汲み取ったりすることが苦手です。

そのため、普通の大人なら決してしないような幼い行動に出て、周りの人たちをびっくりさせてしまうことがあります。

例えば、気に入らないことがあると子どものように場所をわきまえず、大きな声を出したり、物や人に八つ当たりしてしまい、最悪の場合トラブルに発展するケースもあります。


特徴4. 目立ちたく、自分を主張したがる

痛い人は、人前に出たりInstagramを頻繁に投稿したりと、自分が目立つ行動が大好きです。

それだけなら放っておけば良いのですが、ひとたび自分以外の人に注目が集まると、あからさまに不機嫌になったり対抗心を燃やしたりします。

どんな手段を使っても目立とうとするので、周りの人たちも余計な気を遣ってしまい「痛い人」として煙たがられるようになります。


特徴5. 周りの空気を読まない

痛い人の最大の特徴は、その場の空気を全く考えずに自分の主義主張を貫こうとする所です。きちんと筋が通った主張ならば良いのですが、痛い人は自分の事だけを考えて、自分に都合が良いように主張することがほとんどです。

また、皆がそろそろ帰ろうとしているのに延々と話し続けたり、逆に皆が急いでいるのにゆっくり自分の用事をしていたりとマイペースな行動も目立ちます。

【参考記事】はこちら▽


特徴6. 構って欲しいため、悲劇のヒロインになりたがる

痛い人は自分に注目が集まっている状態が何よりも好きなので、様々な手を使って人の気を引こうとします。

ささいなことで大げさにため息をついたり、落ち込んでいるフリをしたりして、周りの人が「どうしたの?」と声をかけてくれるのを待っています

自分が一番辛いと言わんばかりに悲劇のヒロインを演じて、同情を買おうとしているのです。

【参考記事】はこちら▽


特徴7. 年齢と不相応の若作りファッションをする

痛い人は精神年齢が低いので、自分の中で設定している見た目年齢も大変若く、その結果痛いファッションに走ってしまいます。

周りの反応はほとんど気にしないので、自分の年齢を顧みずに10代、20代の人が着るような可愛い服で若作りしたり、自分が若いころに流行ったような時代遅れの服を、意気揚々と来て出かけたりします。

【参考記事】はこちら▽


特徴8. 他人からされた恩恵を忘れる

痛い人は自分さえ良ければ万事OKなので、物事がうまく運んでもそれに関わる周りの人たちには興味がありません。

そのため、人に親切にされたり助けてもらったりしても、その恩はすぐに忘れてしまいます。

普通は助けてもらった相手に、何かお礼やお返しができないかと考えるものですが、痛い人にはその感覚が抜け落ちていると言えます。


実際にあった周囲から引かれる6つの痛い人エピソード集

主張が強すぎて周囲が引いてしまったり、ファッションセンスが独特だったりと男性、女性どちらにも「痛い人」は存在します。

ここでは実際にあった痛い人の様々なエピソードを6つご紹介します。あなたの周りにもこんな痛い人はいませんか?


エピソード① 全く関係ない人に八つ当たりする

「営業先から戻ってきた上司が、不機嫌そうな顔をしていたので関わらないようにしていたのですが、その後、ほんの些細なことで理不尽に怒鳴られてしまいました。

後から同僚に聞いた話では、営業先の商談でプレゼンが全く通らず、先方からダメ出しの嵐だったようです。

得意先には文句が言えないので立場の弱い部下に八つ当たりするなんて、いい年して痛い男だと思います。」(男性/38歳)


エピソード② TwitterやInstagramなどSNSで、「ブスすぎて辛い…」と言いながらもキメ顔ドアップの写真を投稿する

「サークルの苦手なOGに『最近Instagramを始めたからフォローして』と言われて断り切れず、渋々フォロー。

アプリでがっつり修正したキメ顔の自撮りに『寝起きでむくんで最悪』とか『ブスすぎて辛い』とかの自虐コメントつき。自分ではかなりイケてると思ってるのが見え見えで、本当に痛い女って感じです。

Instagramに彼女の顔が流れてくるたびにうんざりです。」(女性/21歳)


エピソード③ やたら仕事できるアピールをする

「同期入社した会社の同僚が『大口の契約を取り付けた』とか『常務と良く飲みに行く』とか、重要な仕事を任されているという自慢を頻繁にしてきます。

ただ、別の同僚から、大口の契約は先輩の仕事を少し手伝っただけ、常務とは大人数で数回飲みにいっただけという話を聞いているので、腹も立たず『本当に、痛い男だなー』と呆れています。」(男性/31歳)


エピソード④ 友人の結婚式に露出が多い服装で来た

「大学時代の友人の結婚式に行った時、久しぶりに会ったA子のファッションにみんなびっくり。

目のやり場に困るような胸の谷間を強調したドレスで、背中もぱっくり開いていたんです。

周りの人が驚いて注目しているのを勘違いして、本人は満足そうだったけど、同じテーブルの私たちはいい迷惑。

若作りも度を超えると痛いファッションにしか見えませんね。」(女性/33歳)


エピソード⑤ 異性とLINEを交換しただけで、モテてると思い込んでいる

「会社の忘年会で、40代の女の先輩が、LINEを交換したがっていたので軽い気持ちで交換したら、後日『○○君がしつこくLINE交換しようっていうから渋々交換してあげたの』と触れ回っているようで本当に迷惑です。

男性のLINEの連絡先をたくさん登録していればモテる、と勘違いしているようで、痛い女だなと思います。」(男性/29歳)


エピソード⑥ やたらとリア充なことを自慢してくる

「バイト先の先輩に数年ぶりに彼女ができたのですが、休憩時間の度に、やたらと自慢して来るので心底うんざりしています。

Twitterでも『昨日はドライブデートで来週は遊園地。クリスマスは高級ディナーを予約した』などと、誰も興味の無い内容をつぶやいているので、周りの皆も痛い男だと陰で噂しています。」(女性/20歳)


自分が痛い人に思われないようにするために心掛けたい4つのこと

痛い人は本人の知らない所で、笑われたり嫌われたりしてしまいます。最近ではTwitterやInstagramなど何気ないSNSの投稿で痛い人だと思われてしまうことも。

ここでは、自分が痛い人に思われないようにするために心がけたいポイントを4つ紹介します。


1. 周りからどう見られているかを気にする

痛い人だと思われないように一番気をつけたいのが周囲の目です。

悪気は無くても、何かに集中している時や結果を急ぐときは、つい周りの人たちをないがしろにしてしまいがちです。

自分では大したことが無いと思っていても一度ついた評判は簡単には変わりません。自分の行動が自己中心的でないか、よく考えてから行動するようにしましょう。


2. 周囲の人のファッションや動作などを観察し、常識を身につける

痛い人だと判断されてしまう要因は、内面だけではありません。あなたの事をよく知らない人ほど、ファッションやヘアスタイル、持ち物などの見た目で判断します。

TPOをわきまえて、極度の若作りは避け、その場にふさわしいファッションをするように心がけましょう。

特に冠婚葬祭の場面でファッションを間違えてしまうと、非常識で痛い人と思われてしまうので気を付けて下さい。


3. 周囲の「痛い人」を反面教師にする

あなたの周りに必ず1人は「痛い男」や「痛い女」がいると思います。その人たちのどんな所が「痛い」と言われているのか、痛い人のあるあるを思い出してみましょう。

言動やファッション、もしかしたらTwitterやInstagramなど、SNSの内容かもしれませんね。

よく分析して、決して同じ過ちをしないように心掛けて下さい。


4. 自慢話をしていないかなど、自分の発言を振り返る

人と話す時には、自分が話したい内容ばかりでなく、話している相手の反応をよく見て話題を選びましょう。

自分の事ばかり延々と話していたり、エピソードがつい自慢話になってしまっていませんか。

周りから痛い人と思われないためにも、自分の発言を客観的に振り返って、しっかりとチェックするクセを付けるようにして下さい。


話す前に、頭の中で痛い発言でないかを考える

自分の言動を振り返る他に、事前に痛い発言を防ぐのも大切なことです。発言してしまった言葉はもう戻りません。

また、TwitterやInstagramなどSNSの投稿も、一気に拡散してしまうので、SNSには良く考えてから投稿するようにしましょう。


「痛い人」と、思われないように気をつけましょう。

この記事では痛い人とはどんな人かの解説に加え、その自己中心的で幼い言動や、若作りファッション、SNS投稿などのエピソードを詳しく解説してきました。

あなたの周りの「痛い男」「痛い女」に当てはまることが多かったのではないでしょうか。

トラブルを未然に防ぐためにも良く理解して、あなた自身も痛い人にならないように、反面教師にして下さいね。


【参考記事】はこちら▽

LINE はてなブックマーク
お気に入り

注目の記事

関連する記事