ずるい男の特徴&心理|恋愛上手でモテる”卑怯な男”の対処法とは

あなたの周りにずるい男性はいませんか?今回は、恋愛上手で女性の心を鷲づかみにする卑怯な男性の心理や特徴について解説していきます。また、ずるい男が女性からモテる理由や上手な対処法まで詳しくお教えしますので、周りにいる男性の性格や特徴と比べてみてくださいね。

女性を困らす「ずるい男」っていますよね。

ずるい男の特徴&心理

女性の心をもてあそぶ、ずるい男に困っていませんか。仕事上でお付き合いする人から恋愛関係の男性まで、いい感じと思っていた男性が実はずるい男だった…という経験をする女性は実は少なくありません。

ここでは、ずるい男の持つ心理や特徴に加え、なぜずるい男がモテるのか、ずるい男に惹かれてしまう女性の心にも迫ります。対処法と合わせてぜひ参考にしてくださいね。


女性を無意識に振り回す!恋愛におけるずるい男の心理とは

気になる男性がずるい男かもしれない、または今付き合っている男性がずるい男で困っている女性って、実はとっても多いんです。

恋愛面では女性の心を振り回しっぱなしのずるい男は、なぜ女性と恋愛面で本気で向き合おうとしないのでしょうか。

気になるずるい男の、恋愛面での心理を解説します。


心理1. 別に本気ではなく、ノリで女性との駆け引きを楽しみたい

ずるい男は、恋愛面での良いところだけを楽しみたいと思っています。

例えば、本気で女性と恋愛するとその後同棲や結婚などの話が出るのは当たり前ですよね。

さらに、少し連絡が遅くなっただけで疑われたり、彼女の誕生日や記念日は必ず何かをしたりしなければなりません。

これらの恋愛での面倒なことはせず、ただ女性と楽しい時間だけを過ごしたいと思い、本気ではなくノリで女性との駆け引きだけを楽しんでいるのです。


心理2. 承認欲求が強く、自分がどれくらいモテるか試してみたい

ずるい男は、元々誰かに認められたい、すごい男性だと思われたいという願望が強い性格です。

例えば、仕事面でも昇進や評価、周りの目に敏感で、常に自分を良く見せたいと思っています。

恋愛面でもそうで、多くの女性に認められたい、モテたいと強く思っています。

恋愛で女性をもてあそぶ裏には、実際にどれだけの女性にモテるか、何人の女性を夢中にできるかと、自分の実力を試している心理があるのです。


心理3. 恋はしたいけど、一人の女性に絞りたくはない

ずるい男は恋愛面で多くの女性に認められたい、モテたいと思っています。

自分のことを認めてちやほやしてくれる複数の女性が欲しいため、一人の女性に絞って付き合わないのです。

これはずるい男のいつでも周りの人全てに愛されていたい、自分は複数の女性から認められていたい、ちやほやされたいという心理が表れています。

【参考記事】はこちら▽


心理4. 自分からアプローチが苦手なので、女性の気を引きたい

自分から告白しない、近づいてこないずるい男っていますよね。

実は、良いと思う女性がいたとしても今まで本気の恋愛をしてこなかったため、自分から本気になった女性へどうやってアプローチをしていいかが分からないのです。

自分から女性の気を惹く方法が分からないため、女性から告白してほしい、アプローチしてほしいという心理があります。


女性が思い描く“ずるい男性”の特徴とは

実際に彼氏や気になる人がずるい男でなくても、なんとなく「ずるい男ってこんな感じかな」と思い浮かぶ特徴はありませんか。

まずは女性が想像する、ずるい男の特徴を8つ見てみましょう。

このうちのひとつでも当てはまる男性がいたら、もしかするとずるい男かもしれませんよ。


特徴1. 女心を熟知しており、女性が喜ぶポイントを知っている

ずるい男は、実はマメで女性に尽くすことが多いのが特徴です。

例えば、ちょっと自分から離れたと思ったら誕生日はしっかり覚えていてお祝いしてくれた、髪型や服装を変えたらすぐに気が付いた、などです。

ずるい男は離れそうな女性がいれば、また自分の方に引き寄せるために女性の喜ぶことをします。そのために、女性が喜ぶポイントに関しての予習は余念がないでしょう。


特徴2. 甘え上手で、母性本能をくすぐるのが上手い

ずるい男は「男性に甘えられるのが好き」という包容力の高い女性を狙って甘えるのがとても得意です。

包容力の高い女性は、ずるい男のようなダメな男に甘えられると「私が支えてあげないと、この人はだめだ」と母性本能がくすぐられてしまうでしょう。

ずるい男に振り回されても、自分が離れてはいけないと思い、逆にずるい男に依存してしまう女性も少なくありません。

【参考記事】はこちら▽


特徴3. デートに誘ってきたり、思わせぶりな態度をとる

ずるい男は、狙った女性の気持ちをずっと自分に向けるために、常に思わせぶりな態度を取り続けます。

例えば映画の話をしていたら「僕も映画が好きなんだけど一緒に行ってくれる人がいなくて」と言ったり、たまたまランチの席が一緒になったら「君とこうやって一緒にご飯を食べるといつもよりもおいしく感じるよ」と、まさに脈ありな男性の言う言葉をかけてくるでしょう。

付き合っていない曖昧な関係でありながら、女性の気を惹き続けるのもずるい男の特徴ですよ。

【参考記事】はこちら▽


特徴4. モテるにも関わらず、彼女を作ろうとしない

女性の喜ぶことを熟知し、思わせぶりな態度をし続けるずるい男は、とにかくモテます。

ただし、恋愛では一人の女性ではなく、複数、できればこの世の全ての女性にちやほやされたい、と思っているでしょう。

ただ一人に愛されるのではなく、周りの複数の女性から常に愛されたいため、特定の女性を彼女にはしないのです。

【参考記事】はこちら▽


特徴5. 告白や別れなどは明言せず、微妙な関係を続けたがる

ずるい男は、恋愛面での面倒ごとを嫌います。彼女からの束縛や結婚の約束、浮気の有無などそんなことは考えず、ただ女性と楽しい恋愛の時間だけを過ごしたいと思っているのです。

ずるい男は、自分から告白もしませんし、別れもしません。

もしも女性から告白されたら「今は付き合えるタイミングじゃないけど、君のことは気になっている」と言い、逆に女性が離れようとすると、「可愛い」「一緒にいると安心する」など女性が脈ありと思う言葉をかけて、離れないようにするでしょう。

微妙なキープできる関係を続けるのもずるい男ならではの特徴ですよ。


特徴6. 人当たりがよく、異性の友達が多い

ずるい男は、最初は優しい態度と人当たりの良さで女性に近づいて油断させます。優しいと思っていた男性がずるい男だった、という目に合う女性も少なくないですよね。

また、女性との駆け引きが得意なため高いコミュニケーションスキルも持っています。

女性が喜ぶポイントも熟知しているため恋愛関係だけでなく、たくさんの友人からモテる優しい男性は、もしかしたらずるい男かもしれませんよ。


特徴7. 自分の意見が通りやすい優しい女性を見極めるのが上手い

ずるい男は、とにかく自分の思い通りにできる、自分の言いなりにできる優しい女性に近づきます。

自分の言うことは何でも聞く女性なら、ずるい男にとって都合の良い女性にしやすいから。

浮気がバレても、面倒で連絡をしなくても、言うことを聞く女性なら言葉で丸め込めますし、いつまでも自分から離れる心配がないからです。


特徴8. 既婚者や恋人が居ても、女性に優しく接したりする

ずるい男は、一人の女性からではなく複数の女性に認められたい、愛されたいと思っています。

よって、既婚者だったり彼女がいたりしても、その立場を利用して女性を安心させて近づこうとするのです。

そのため、ずるい男が既婚者でも、付き合っている彼女が居ても女性に優しく接して、自分に好意を向けようとするでしょう。


ずるい男とは恋愛をしない方が良いと言われる主な理由

振り回される、辛い思いをすると分かっていてもずるい男に惹かれてしまう女性も少なくありません。

けれども、最終的に傷つくのはずるい男ではなく女性なのです。

ずるい男と接していると、ついつい忘れてしまう恋愛面でのデメリットをご紹介します。


1. きちんと付き合おうとする気がないため、幸せにはなりづらい

ずるい男は、恋愛の楽しい面だけを得たいと思っているため、付き合いが長くなっても本気の恋愛に発展する可能性はほぼありません

こちらから告白しても上手にはぐらかされ、曖昧な関係を続けるまま当然結婚などの話も出ないでしょう。

気が付くと周りはみんな結婚していて、自分だけが取り残された…など、ずるい男と一緒にいても女性は幸せになれませんよね。


2. 浮気されるリスクが高い

ずるい男は、一人の女性だけでなく複数の女性に愛されていたい、高い承認要求の持ち主。

例え彼女ができても、結婚して既婚者になっても浮気する可能性がかなり高いです。

さらに、浮気が一度発覚しても「反省したのでもう絶対にしない」など言葉巧みに許してもらい、その後も浮気を繰り返すのは目に見えています。

ずるい男の浮気は絶対に治らないため、いつでも他の女性の影が付きまとうことになるでしょう。

【参考記事】はこちら▽


3. ずるい男性のわがままに振り回される恐れがある

ずるい男は、自分の言いなりになる優しい女性や、甘えさせてくれる母性本能の強い女性に近づきます。

なんでも自分の言うことは聞いてくれるため、だんだんずるい男のわがままや要求がエスカレートするでしょう。

例えば、最初は「今週ピンチだからランチおごってほしい」程度のお願いだったのが、最終的には「家賃を払って」「お小遣いが欲しい」など、高い金銭の要求にもなるのです。

【参考記事】はこちら▽


ダメと分かってても、ずるい男性が女性からモテる理由とは

傷つくのは自分だから、近づいてはいけない、と思いつつも、ついついずるい男の魅力に惹かれてしまう、なんて女性も実は多いですよね。

なぜダメだと分かっていてもずるい男を好きになってしまうのでしょうか。

ずるい男を知る上では欠かせない、ずるい男が女性からモテる3つの理由を見てみましょう。


1. 話し上手で一緒に居て楽しい

ずるい男は、今まで多くの女性と接してきた経験と高いコミュニケーションスキルがあるため、とにかく話術が巧みです。

恋人ではなくても、一緒にいて話をしているだけで、女性を楽しい気分にさせてくれます。

元々女性はおしゃべり好きな人も多いですし、さらにずるい男なら会話の要所で女性を褒めるなど、女性の喜ぶポイントも心得ています。だからこそ、一緒にいたいと女性は感じてしまうでしょう。


2. 女性慣れしており、女性を喜ばせるのが上手いから

ずるい男は常に自分の方へ女性の気を向かせるために、女性を喜ばせるテクニックを心得ています。

さらに、女性一人一人の個性や性格に合わせた喜ばせるポイントも知っているため、女性はずるい男と接している時間を心地良いと感じ、離れたくなくなってしまうのです。

多くの女性と接した経験を活かして、女性を喜ばせることで、より多くの女性を自分から離さないようにしています。

【参考記事】はこちら▽


3. 自分の見せ方を知っており、女性へ甘えるのが上手だから

ずるい男は、どうすれば自分が女性に魅力的に映るかを心得ていて、自己プロデュースも得意です。

女性一人一人の趣味や嗜好に合わせたファッションや見た目、接し方をして女性の心をつかむでしょう。

そしてずるい男は自分への投資をしてもらうために、女性に甘えるのも上手。

女性の好みの見た目や対応をすることで気に入ってもらい、上手に甘えるのです。


ずるい男性への上手な対処法や接し方

ずるい男性に振り回されていて、対処法や接し方が分からなくて悩む女性もいますよね。

最後にずるい男性に悩むことがなくなる対処法や接し方を3つご紹介します。

ずるい男から逃げると、新しい恋愛も楽しめるようになりますよ。


1. 相手の言いなりにならず、きちんと自分の意見を述べる

ずるい男は恋愛では曖昧で優柔不断な態度を取り続けます。もしも何かあって女性から何かを言っても言葉巧みに論点をはぐらかして、のらりくらりとかわしてしまいますよね。

ずるい男の言うことを全て聞かず、はっきりと論理的に自分の意見を述べると、ずるい男は「この女性に言い訳は聞かない」と思い、真正面から向き合ってくれるか、逃げるかするでしょう。


2. ダラダラと付き合わず、関係性を明確にしてみる

はっきりとした告白を受けたわけでもないのに、だらだらと曖昧な関係で付き合っている男性がいませんか。

もしかすると、ずるい男ではなく男性が告白のタイミングを逃してしまっているだけかもしれません。

「私たちって付き合ってるの?」と聞くなど、関係性を明確にするための行動をしてみると、本気で女性を好きな男性なら、きっと告白してくれるでしょう。

ただし、「付き合いたいけど、今はそのタイミングじゃない」などまた言葉巧みにはぐらかして来たらずるい男です。そのまま黙って離れましょう。


3. 逆に自分も思わせぶりな態度を相手にとってみる

ずるい男は、複数の女性から常に愛されていたいため、一人の女性とは本気で付き合う気はありません。

なかなかずるい男から告白しない場合には、逆に自分から思わせぶりな態度を取ってしまいましょう。すると、ずるい男なら「この女性は本気になっているから、このままだと面倒くさい」と思って、自ら離れてくれる可能性があります。


4. 先が見えないなら、思い切って距離を置くようにする

ずるい男とこのまま一緒にいても、本気の恋愛に発展する可能性は少ないです。万が一彼女になったり、結婚したりしても、きっと浮気を繰り返すでしょう。

ずるい男との将来が見えないと感じたら、自分の幸せのために思い切って距離を置くのがおすすめ。

ずるい男に振り回されるよりも、あなたを本当に大切に思ってくれる男性との将来を考えたほうが、ずっと幸せになれるでしょう。


ずるい男の特徴を知って、上手に接していきましょう。

ずるい男が女性を振り回す裏には、みんなからモテたい、面倒くさい事はしたくない、といった心理が隠れていると分かりました。

本気の恋愛や結婚に発展する可能性も低く、浮気もされやすいずるい男は、接し方や対処法を知っておけばもう悩む必要はありません。

悩んでいる日々には別れを告げて、自分らしく恋愛できる素敵な相手との出会いに踏み出してみましょう。

【参考記事】はこちら▽

LINE はてなブックマーク
お気に入り

注目の記事

関連する記事