チームリーダーの役割とは?良い組織を作るために必要な心構えを紹介

リーダーの役割とは何か詳しく知りたい方へ。今記事では、リーダーの主な役割から、いいリーダー像まで詳しくご紹介します。職場など、組織を構築する上で、非常に重要な役割を担う人物の定義について解説するので、ぜひ参考にしてみてください!

会社など組織においてリーダーの役割は非常に重要

リーダーの役割とは?

チームの統率や業務の遂行にあたって最大限の成果を出すためにも、リーダーの存在は欠かせません。

部下との接し方や目標に向けての舵取りなど、一挙手一投足に注目が集まるといっても過言ではない役職ともいえるでしょう。

その行動や振る舞いによってチームの士気は大きく左右され、会社や組織にも多大な影響を及ぼすことから、リーダーに求められる役割は非常に重要です。


リーダーの主な役割とは|やるべきことを詳しく解説

リーダーが果たすべき役割が曖昧になってしまうと、部下も困惑し思うような成果も出しづらくなってしまうでしょう。

そこでここからは、リーダーに求められる4つの役割について詳しく解説していきます。

リーダーはどのような点に気を配るべきなのでしょうか?


リーダーの役割1. 模範となる振る舞いをする

言動や行動に説得力がなければ、その人についていきたいとは思いませんよね。

リーダーの役職に就いている人は、日頃の態度やタスク管理などの業務遂行能力が、部下の模範となる存在であることが求められます。

「あの人についていけば大丈夫!」と職場の中で信頼感が得られれば、チームが統率され部下の士気も自然と上がっていくでしょう。


リーダーの役割2. 労働環境を整える

部下に能力を十分発揮してもらうためにも、気持ち良く働ける環境づくりは欠かせないプロセスといえるでしょう。

デスクの配置など視覚的な要素はもちろんのこと、困った時にはすぐ相談できるような円滑にコミュニケーションが取れる体制づくりも必要です。

労働環境を整えていくことも、リーダーに求められる役割の一つですよ。


リーダーの役割3. チームの目標を設定、掲げる

進むべき方向性が分かるからこそ、業務遂行までのスケジューリングが可能となり、タスク処理におけるモチベーションも維持しやすくなるものです。

チームリーダーとして目標を示し、やるべき仕事や現状の到達点などを明確にしておきましょう。

4半期ごとに細分化するなどして進捗管理をしやすくするなど、状況に応じて最適な目標を掲げることも大切ですよ。


リーダーの役割4. 人材育成

会社として継続的に利益を生み出していくためにも、社員一人一人の成長は欠かせない要素となってきます。

研修によるスキルの向上や業務報告時のフィードバックの他、時には重要な仕事を任せて経験を積ませていくことも必要でしょう。

個人の能力をしっかりと把握した上で育成方針を定め、適切な人材育成を行っていくこともリーダーに求められる重要な役割ですよ。


リーダーに必要な要素とは|必要なスキルを徹底ガイド

日頃の振る舞いから労働環境の整備に至るまで、リーダーがやるべき仕事は様々なものがありましたね。

良いリーダーとしてチームを牽引するために、必要なスキルや求められる要素についても詳しく見ていきましょう。


リーダーに必要な要素1. コミュニケーションスキル

仕事の成果を最大限に発揮するためにも、発言のニュアンスを汲み取り、自らの意思をしっかりと伝える能力が求められてきます。

ミーティング時には部下の意見をしっかりと聞き入れ、適切なアドバイスを伝えることで業務遂行までの効率が上がり、信頼関係を築くこともできるでしょう。

対外的な折衝においても先頭に立つ場面が多い役職なので、コミュニケーションスキルはリーダーに欠かせない要素の一つとなってきます。

【参考記事】はこちら▽


リーダーに必要な要素2. 状況に応じた判断力

チームリーダーとして、決断を迫られる場面は多々あるものです。

目標の達成に向けて何が不足しているのか、発生した出来事が仕事にどれくらい影響を及ぼすのか、刻一刻と状況が変化していく中でチームを導かなければいけません。

リーダーには、いかなる時でも現状を冷静に分析し、最適な指示を出す判断力が求められてきます。

【参考記事】はこちら▽


リーダーに必要な要素3. 柔軟性

仕事で行き詰まる場面は誰にでもあるものです。いかに優秀な能力を持っていても、一人の力だけで最大限の利益を得ることは難しいでしょう。

良いリーダーは、自らが収集した情報だけに頼らず、部下の発言や外部からのアドバイスも積極的に取り入れていきます。

多方面からの意見を聞き入れつつ、適切な方向に進路を変更できる柔軟性も重要なスキルといえるでしょう。


リーダーに必要な要素4. リスクマネジメント力

仕事を進めていく中では、予期せぬトラブルが発生することも珍しくありません。

部下がミスを犯した際には、損失を最小限に抑えることも重要ですが、部下自身のフォローも必要になってくるでしょう。

チームをまとめる立場として、リスクを管理しつつ最適な対処ができるリスクマネジメント力も備えておく必要があります。


リーダーに必要な要素5. 管理能力

チームメンバーの個性を見抜き、最大限のパフォーマンスを発揮させることもリーダーの役割です。

良いリーダーは「〇〇さんは対外的な交渉が得意だったな」「情報収集能力に長けている人だ」といったように部下の長所を汲み取りながら、能力が遺憾無く発揮されるポジションに配置していきます。

組織に最良の利益をもたらすよう、チームを管理していく能力も重要なスキルの一つです。


良いリーダー像とは?参考にしたい上司の特徴を大公開

具体的なリーダ像がイメージできれば、これまで見てきた役割やスキルも活かしやすいですよね。

ここからは、良いリーダーや参考にしたい上司の特徴について詳しく解説していきます。

あなたはいくつ当てはまっているでしょうか?


良いリーダーの特徴1. 部下からの意見も積極的に取り入れる

気兼ねなく意見を出し合える職場の組織風土は、業務の効率化やモチベーションを向上させる上で欠かせない要素の一つです。

良いリーダーは、経験年数に関わらず部下の意見も平等に聞き入れ、業務に活かせそうな要素があれば積極的に反映させていきます。

全てのメンバーに対するリスペクトを忘れずに、信頼感軽を構築しながら業務を遂行していくのです。


良いリーダーの特徴2. 明確な目標を設定する

ゴールが曖昧なままでは、労力や時間を浪費してしまいがちです。良いリーダーは常に会社の利益を考えながら業務にあたっています。

チームとして何に取に組むべきなのか、どこに向かって進むべきなのかを可視化する能力に長け、具体的な目標を共通認識として落とし込んでいきます。

チームの舵取り役として、業務遂行までの適切なルートを提示できるのです。


良いリーダーの特徴3. 責任を押し付けない

仕事上のトラブルや部下のミスにしっかりと対応することも、リーダーとしての責任です。

良いリーダーは「納品した商品に誤りがあった」という場面でも、自ら先方へ赴き謝罪と今後の対応についての説明責任を全うします。

部下に責任を押し付けることなく、安心して業務にあたれるようにサポートできる誠実さも兼ね備えているのです。

【参考記事】はこちら▽


良いリーダーの特徴4. 日頃から密に連絡をとっている

上司との距離感が遠いと、仕事で行き詰まっても相談できずに一人で抱え込んでしまうケースは珍しくありません。

チーム全体をしっかりと管理できるリーダーは、朝会のような決まったルーティーン以外にも積極的にメンバーと意思疎通を図り、仕事の進捗管理や部下が相談しやすいように密な連絡体制を構築しています。

部下を孤立させることなく、チームをまとめる能力にも長けているのです。


良いリーダーの特徴5. 行動力が高い

肩書きに甘えず自ら先頭に立って仕事をこなしていく上司に対しては、自然と周囲からの信頼も厚くなっていくものです。

良いリーダーはチャンスを敏感に察知し、組織の顔役として対外交渉の現場にも率先して赴き、高い行動力でチームを牽引します。

部下としても「〇〇さんが動いているのだから、自分も頑張らねば」と奮起し、職場の結束力が高まる好循環へと繋げていくのです。

【参考記事】はこちら▽


良いリーダーの特徴6. 決断力がある

決断を躊躇している最中にも刻一刻と状況は変化していきます。仕事を止めなければいけない場面も出てくるでしょう。

良いリーダーは、現状を分析し「会社に利益をもたらすのはこちらのプランだ」といったように瞬時に決断を下していきます。

時間や労力のロスを最小限に抑えながら、チームを最良の方向へ導くことができる高い決断力を持っているからこそ、リーダーとしての役職を任されているのでしょう。


良いリーダーの特徴7. モチベーションを上げるのが上手い

たとえ同じ仕事でも、やる気次第で成果には大きな差が生じてくるものです。

良いリーダーは、良好なコミュニケーションを図ったり能力に応じた仕事を振り分けるなどして、部下のモチベーションを高めながら業務にあたっていきます。

一人一人が最高のパフォーマンスを発揮できるよう、モチベーション管理にも長けているのです。


良いリーダー像を明確にして、最高のチームを作ってみよう。

固定概念にとらわれない柔軟な姿勢や、チームを最良の方向へと導く決断力など、リーダーに求められる役割は多岐に及びます。

時にはプレッシャーに押しつぶされそうな場面も出てくるでしょう。しかし、リーダーを任せられるということは、周囲の信頼や会社からの評価が高い証です。

本記事でご紹介したリーダーの役割や、求められる要素を参考にしていただき、思う存分リーダーシップを発揮していきましょう。

よく一緒に読まれる記事

関連する記事

注目の記事