彼女からの「話したいことがある」の意味とは?考えられる内容と対処法を解説!

「話したいことがある」と彼女から言われた方へ。本記事では、「話したいことがある」と彼女が言う理由から、「話したいことがある」と言われた時の対処法まで大公開!話の内容が別れ話だった時の接し方も解説していますので、気になった方はぜひチェックしてみてください!

「話したいことがある」と彼女が言う理由|女性の心理や本音とは?

「話したいことがある」と彼女が言う理由

「彼女から『今度話したいことがある』と言われたけど、これってもしや別れ話…?」

「どうして『話がある』なんて神妙な伝え方をしてきたのかな。俺何か悪いことした?」

告白以外の場面で、いきなり女性から「話したいことがある」と言われたら、一体何の話かわからず怖いですよね。

そこでまずは、彼女が「話したいことがある」と言う心理や本音について解説していきます。


理由1. 将来について真剣に話したいから

カップル歴が長かったり、交際がこれまで順調に進んでいたりするのであれば、女性は2人の関係をさらに発展させたいと思うもの。

そのため「今度話したいことがある」と言われたら、

  • 一緒に同棲を始めたい
  • そろそろ結婚したい
  • 年齢のことを考え、あと3年以内に子供がほしい

のような内容かもしれません。

2人の将来に関わることなので、真剣に話し合いたいと考えているでしょう。


理由2. 別れ話をしたいと思っているから

これまでたくさんお世話になった彼氏には、「別れる時もきちんと会って自分の思いを伝えたい」と思うのが礼儀というもの。

そのため最近少しマンネリ化していたのであれば、「私たち終わりにしよう」と別れ話をされるかもしれません。

大切な恋人だったからこそ、電話やLINEで別れを伝えるのではなく、会ってけじめを付けたいのです。


理由3. 自分の秘密を打ち明けたいから

2人の関係が進展しているからこそ、「自分の全てをさらけ出しても、受けいれてほしい」という心理になるもの。

そのため、以下のような秘密を暴露したいのかもしれません。

  • 多額の借金があること
  • 昔、水商売で働いていたこと
  • 顔や体を整形したこと

など、大好きな彼氏と今後も人生を歩んでいくために、マイナス要素も包み隠さず話しておきたいのです。


理由4. 欲しいものを買って欲しいから

何か手に入れたいものがあるけど、自分でお金を出すのは嫌なので、おねだりしようと考えています。

「話したかったことはね、実はどうしても欲しい財布があって。ちょっと値段も高いから迷ってたんだけど、〇〇君はどう思う?」

などと、少しへりくだった態度で聞いてくるでしょう。

また相手の意見を聞いて、本当に買う必要があるかどうかを判断しようとも思っています。


理由5. 相手への不満を言いたいから

相手の気持ちを考えてこれまでは耐えていたことも、ついに我慢の限界を迎えているのかもしれません。

  • タバコやお酒などの嗜好品
  • 金遣いのだらしなさ
  • LINEの返事の遅さ
  • パチンコなどのギャンブル癖

などが、男性への不満あるある。

今後も付き合っていく上で欠点を直してほしいため、電話越しではなく直接会ってしっかり話がしたいのです。


理由6. どうしようもないことが決まったから

自分ではコントロールできないような重大な決定事項がある場合、「恋人にはきちんと伝えなきゃ」という心理になるもの。

そのため彼女から「話したいことがある」と言われたら、

  • 仕事で転勤になった
  • 健康診断で病気が見つかった
  • 会社をクビになってしまった

のような大事な話の可能性も。

かけがえのない大切な人だからこそ、自分ではどうにもできない重大ニュースを、直接会って知らせようと思っています。


理由7. 何かに誘いたいから

恋人をイベントなどに誘いたい時、LINEで話すとスルーされそうで嫌なので、直接会って話したいと考えています。

例えば、

  • 好きなアーティストのコンサート
  • 趣味のオフ会
  • 昔の同級生との集まり

などに一緒に参加してもらいたいのでしょう。

イベントの重要性を、直接話すことで理解してほしいと思っています。


理由8. 教えて欲しいことがあるから

彼氏が隠していることが気になって、それを暴くために「話したいことがある」と言っているのかもしれません。

知りたい内容としては、

  • もう浮気はしていないか
  • やめると言っていたギャンブルはどうなったのか
  • ちゃんと貯金しているのか

などが挙げられます。

あなた本人にしか確認できないことなので、きちんと話して事実を知りたいのです。


理由9. 相談したいことがあるから

真剣に悩んでいることがある場合、自分を落ち着かせるためにも「話したいことがある」と言う可能性が高いでしょう。

相談事は人間関係や仕事の悩みが多く、

  • 職場の先輩とうまくいかない場合どうすればいいか
  • 転職したいけど3年は今の仕事を続けるべきか

などについてアドバイスを求めています。

LINEで軽々しく答えをもらうのは嫌なので、直接会って本気で相談に乗ってほしいと考えているのです。


理由10. 彼をドキドキさせたいから

彼女にはあなたの気持ちを繋ぎ止めておきたかったり、もっと振り向いてほしかったりする気持ちがあります。

そのため大事な話なんて何もないのに、

「来週ちょっと話したいことがあるから」

などと神妙な言い方をすることで、彼氏をドキッとさせるのが目的でしょう。

あなたが後から「話って何?」と聞けば、「最近少し寂しかったから、ドキドキさせたかっただけ」と言ってくるかもしれません。


理由11. 近況報告をしたいから

特に深い理由はありませんが、お互いの状況が気になっているので、「話したいことがある」と言って彼氏を呼び出すことがあります。

内容としては、

  • 「来月から新しい案件を任されることになった」のような仕事の話
  • 「ついにパソコンを買い替えたの」のような最近買ったモノの話

などが挙げられるでしょう。

また自分の最近あった出来事を話すだけでなく、彼氏のことも知りたいと思っています。


理由12. 彼を喜ばせたいから

彼氏に内緒でサプライズを計画しているため、わざと相手をじらすように仕向けているのかもしれません。

例えば、以下のようなサプライズが考えられます。

  • ずっと欲しがっていたプレゼントを用意した
  • 家に友人をたくさん集めて、誕生日パーティーを開く

神妙な雰囲気を作ることで、緊張からの解放による喜びも相まって、喜んでもらえるだろうと考えているのです。


理由13. 何かに当選したから

2人にとって嬉しいニュースであれば、電話やLINEで知らせるのではなく、「相手の顔を見ながら話したい」と考えるもの。

  • 宝くじで100万円当たった
  • 高級ホテルにカップルで招待された

など、彼をビックリさせたいため、わざと「話したいことがある」と怖い言い方をしているのです。


理由14. 覚悟しておいてほしいから

2人にとって大切な話の場合、その後冷静な対応をしないといけません。

わざわざ「話したいことがある」という意味深な伝え方をするのは、「何を言っても驚かないでね」という彼女からのアピールでしょう。

内容としてよくあるのは、「今妊娠3カ月目だった!」のような妊娠報告。

今後の人生を左右する大事な話なので、あらかじめ気持ちの準備をしておいて欲しいのです。


「話したいことがある」と彼女から言われた時の対処法|どんな心構えをすればいい?

「彼女から『話したいことがある』と言われたら、どう対応すればいいの?」

「付き合いが長い女性から、『話がある』と言われた場合、どんな心構えが必要?」

急に「話したいことがある」と恋人から言われても、不安が募るばかりでどんな行動をとればいいのか悩みますよね。

うまく対応しないと、彼女の機嫌を損ねてしまうかもしれません。

2人の関係が悪化しないよう、ここからは「話したいことがある」と言われた時の対処法について確認しましょう。


対処法1. 覚悟を決めておく

彼女が一体何の話をするかは、当日会うまでわからないもの。

しかし悪い話の可能性も高く、ある程度の覚悟ができていないと、その時ショックを受けすぎて取り乱すことに。

そのため話したいことがあると言われたら、

「もし別れ話だとしても、その時はその時だ」

「俺に不満があるのかもな。とりあえず真剣に聞こう」

などと、いろんな可能性を考えて心構えをしておくのが大切です。

そうすることで本当に別れ話だったとしても、自分の想定内なので冷静に話し合いができるでしょう。


対処法2. 心当たりや前兆がなかったか考えてみる

何もなければ「話したいことがある」なんて怖い言い方を、彼女はわざわざしてこないはず。

恋人が深刻そうにしている場合、その理由を考えてみることで、話の内容が見えてくるかもしれません。

以下のような出来事がなかったか、振り返ってみましょう。

  • 彼女に内緒で、別の異性と食事に行った
  • 時々LINEを無視している
  • 生活習慣の違いから、喧嘩が増えた

自分の行動により良い話か悪い話かをある程度想像でき、相手の話にどう答えるべきかを事前に考えることができます。


対処法3. 彼女が話しを切り出すまで聞かない

彼女から何の話をされるのか分からず、不安になってしまうのは当然のこと。

しかしそこであなたが「話って何?気になるから早く教えてよ」などと執拗に聞いてしまうと、余裕のない男だと思われて関係が悪化します。

そのためLINEで「今度話したいことがある」と言われたら、

「わかった。◯◯が話したい時に話してね」

とだけ返事して、それ以上は触れないのがポイントです。

彼女はあなたに対して「私の思いを尊重してくれて良かった」と好印象を抱いたり、自分のペースで落ち着いて話ができたりするでしょう。


対処法4. 話す時間を先延ばしにしない

聞くのが怖いからといって話を先延ばしにしても、お互いの気持ちがモヤモヤするだけで、問題は何も解決しません。

また彼女からも「私から逃げてばっかりで頼りにならない…」と愛想を尽かされるだけです。

そのため大事な話があると切り出された時、「今日は忙しいから今度じゃダメ?」と言うのではなく、

「どうしたの?いつでも話聞くよ」

などと、彼女の気持ちに応えるようにしましょう。

あなたに対する不満のような悪い話だとしても、少しでも早く話し合って解決することで、カップルの絆が深まりますよ。


対処法5. 彼女の友達に相談してみる

仕事や恋愛の悩みを1人で抱え込む女性は少ないもの。私生活で何か問題があれば、彼女は自分の友達に少なからず相談しているでしょう。

そのため共通の友人がいる場合は、LINEなどでさりげなく、

「◯◯のことだけど、最近何か変わったことがあったのかな?」

のように聞いてみましょう。

もしあなたとの恋愛で悩んでいるとしたら、「もっとこうした方がいいよ」などと的確なアドバイスをもらえるかもしれません。


「話したいことがある」と彼女から言われたのが”別れ話”だった場合

「もし彼女から『話したいことがある』と言われて別れ話をされたら、どんな態度をとればいいんだろう」

「別れ話を持ちかけられた時、すぐに否定するのは逆効果かな?」

女性から「話したいことがある」と言われた内容が別れ話だった場合、どう対処するのが正解なのか分かりませんよね。

接し方を間違えると、彼女の気持ちは余計に冷めていってしまいます。

ここからは「話したいことがある」と言われたのが別れ話だった場合の対処法について確認しましょう。


接し方1. 冷静な態度で聞き手になる

彼女が別れたいと伝えたのには、必ず何かしらの理由があるはず。

それを最後までしっかり聞かないと、会話が途切れてしまって話し合いが進みません

そのため彼女が話し始めたら、以下の2つを心がけましょう。

  • 途中で疑問や反論があっても口を挟まない
  • 「うんうん」と相槌を打ちながら、最後まで真剣に聞く

彼女は自分の気持ちを全部打ち明けられるため、その後あなたの意見にも冷静に耳を傾けてくれて、ちゃんと話し合いができるはずです。


接し方2. 感情的に否定をしない

別れ話がショックだからといって、感情的になったまま拒否しても、事態は何も変わりません。

むしろ「こんな人と早く縁を切りたい」と思われるなど、相手はあなたと別れたい気持ちが増すだけです。

そのため別れ話をされた時に、

「は?なんで急にそうなんの?別れるとか嫌に決まってんじゃん」

などと、彼女を責めたり批判的な気持ちを伝えたりするのは絶対にやめましょう。

感情をコントロールして穏やかな態度を心がけることで、相手を傷つけることなく落ち着いて会話できますよ。


接し方3. お互いに冷静になってもう一度話し合う

無理やりその日のうちに結論を出そうとしても、お互い感情をうまくコントロールできず、話し合いは平行線になってしまうだけです。

そのため「私たち別れない?」と彼女から言われたら、

「少し考える時間がほしいから、この続きは来週また話したい」

などと、別れ話を一旦保留にするのがポイント。

期間を設けることで、お互い気持ちを整理することができ、再び話し合った時に2人にとってベストな答えを出せるでしょう。


接し方4. 自分の気持ちをもう一度伝える

まだ彼女のことが好きなのに、自分の想いを言わないまま別れると、後悔が残ってなかなか前に進めなくなってしまいます。

そのため彼女の気持ちが変わらない可能性が高くても、

「俺は◯◯のことがまだ好きだよ」

「これからも一緒にいたい」

などと自分の感情を素直に伝えましょう。

彼女は心が動かされてもう一度考え直してくれたり、本当に別れるとしても自分の気持ちは全て伝えておけば後悔もなく、次の恋に進みやすいです。


接し方5. 彼女の幸せが何かを考えてみる

カップルとして長続きするには、お互い幸せであることが大前提。

もし自分の気持ちだけを優先して破局を回避しても、彼女を苦しめることになるので、いつかは結局別れる羽目になってしまいます。

そのため別れ話を切り出された時は、一方的に引き止めるのではなく、

「自分と一緒にいる彼女は心の底から楽しそうか」

「お互い別々の人生を歩んだ方が、彼女は幸せになれるのではないか」

を考えるようにしましょう。

彼女の立場になって将来を想像することで、ベストな答えが見えてきますよ。


接し方6. 自分が改善することを伝える

あなたへの不満が爆発したせいで、彼女は別れを告げた可能性があります。

そのため変わろうとする誠意を伝えれば、説得できる確率も上がるでしょう。

例えば直してほしい部分を直接聞いた上で、

「わかった。今度からは必ず◯◯するから、もう一回だけチャンスが欲しい」

と伝えてみましょう。

彼女は「そこまで言うなら今回だけ多めに見るか」などと、考えを改めてくれるかもしれません。

とはいえ口だけだと「結局変わらないじゃん」と思われて振られるので、きちんと行動に移すのが大切です。


接し方7. 別れ話を保留してもらい、自分磨きをしてから会う

あなたに異性としての魅力を感じなくなったせいで、彼女は別れ話を持ち出したのかもしれません。

そのため自分磨きをして再び会うことで、「やっぱり◯◯かっこよくて素敵じゃん!」などと、気持ちが戻る可能性もあります。

自分を変えるには、以下のような方法がおすすめでしょう。

  • 髪型や服装を相手の好みに合わせる
  • 筋トレをして、引き締まった身体を作る
  • 些細なことでも他人に「ありがとう」と言うなど、内面も磨く

再会したあなたがワンランク上の男性になっていれば、彼女はあなたに異性としてもう一度ときめき、別れ話を撤回するかもしれません。


接し方8. 別れを受け入れる

彼女の気持ちが固まっている場合、自分が何を言おうが相手の考えが変わることはありません

むしろ引き止めることで、「早くこの人から解放されたい」と思われて逆効果になってしまいます。

そのため彼女が悩んだ末に出した結論なら、

「わかった。今まで支えてくれてありがとう」

「これからも◯◯を応援しているよ。幸せになってね」

のように、感謝の気持ちを伝えた上で、別れを受け入れましょう。

彼女の頭の中には「◯◯は最後まで誠実な人だったな」というプラスの印象が残るので、復縁を試みた時はうまく進むかもしれません。


「話したいことがある」と言われた時ほど、冷静に対処してみて。

告白以外の場面で、女性から急に「今度話したいことがあるから」なんて伝え方をされたら、「俺、何かやらかした?」と不安になりますよね。

もしマンネリ化しているのであれば、別れ話の可能性も高いので、なおさら話を聞くのが怖いはず。

しかし事前に心当たりを考えたり、感情的に否定したりしなければ、話し合いを冷静に進めることができます。

今回紹介した彼女から「話したいことがある」と言われた時の接し方を参考に、適切な対処法が取れるよう頑張ってくださいね。

よく一緒に読まれる記事

関連する記事

注目の記事