彼女からの愛情表現がない8つの理由|恋人との関係が不安な時の対処法とは?

彼女からの愛情表現がないとお悩みの男性へ。今記事では、彼女からの愛情表現が少ない理由から、彼氏がとるべき対処法まで詳しくご紹介します。

彼女の愛情表現がなくなった?それとも元々ない?

彼女の愛情表現がなくなった?

「恋人とラブラブしたい!」そう思っていても、彼女からの「好き」という言葉やスキンシップがなくて悩んでいる男性は多いはず。

しかし愛情表現がないと言っても、以前はあったけどなくなったと感じているのか元々愛情表現が少ないのか、どちらの場合かによって対処法や関係をどうするかなどの答えが大きく違ってきます。

効率よく不安を解消するためにも、愛情表現がない理由をしっかりと確認するのが大切です。

今はうまくいってなくても対処して乗り越えれば、彼女との関係性も満足できるようになりますよ。


彼女から愛情表現がない理由とは|スキンシップが少ない主な原因を紹介!

彼女から愛情表現がない理由とは

彼女からスキンシップなどの愛情表現がないと、愛されている実感がわきませんよね。

愛情表現がないと「俺のこと、好きじゃないのかも」と不安になりがちです。

そこでここからは、彼女が愛情表現しない理由を解説します。

あなたの恋人に当てはまる理由がきっと見つかるはずです。


愛情表現がない理由1. 愛情表現の仕方がわからない

好きという気持ちがあってカップルになったものの、どのように表現すればいいのかわからない女性も中にはいます。

特に恋愛経験が少ない女性にとって、恋人との愛情表現は意外に難しいものです。付き合うだけで精一杯で、どう表現していいかわからなくなってしまいます。

愛情表現が少ないのはあなたに気持ちがないのではなく、気持ちを表現するのが苦手なだけかもしれません。


愛情表現がない理由2. 倦怠期だから

長く付き合っているカップルだと、どうしても最初の頃のような新鮮な気持ちが薄れがち。

「最近、うまくいってないなぁ」
「デートがマンネリ化してきたかも」

と感じていたら、彼女も同じように飽きているかもしれません。相手に魅力を感じなくなってしまったら、愛情表現が無くなるのは当然でしょう。

また、一緒に過ごすのが当然になり、あなたとの恋人関係を維持するために頑張らなくても大丈夫と安心している可能性もあります。

【参考記事】はこちら▽


愛情表現がない理由3. 恥ずかしいから

彼女から愛情表現がない理由とは恥ずかしいから

恋愛経験が少ない女性や、恋愛経験があっても奥手なタイプだと、男性に愛情表現するのが恥ずかしいのかもしれません。

他の人がいる場所でのデートで「キスやハグなんて無理」という感じだったら、あなたへの愛情が薄いのではなく恥ずかしがっている可能性があります。

極度の恥ずかしがり屋さんなら、二人きりの時でも女性からスキンシップするなんてできないでしょう。

【参考記事】はこちら▽


愛情表現がない理由4. サバサバした性格だから

サバサバした性格の人は、恋人関係においてもさっぱりした付き合い方を好む傾向があります。ベタベタするのは「私らしくない」と思っています

もし彼女が友達といつも一緒ではなく一人でも行動できるなら、サバサバした性格の可能性が高そう。

精神的に自立しているサバサバした女性は、可愛く甘えたり世話を焼いたりといった愛情表現はしない傾向があります。

【参考記事】はこちら▽


愛情表現がない理由5. 不満があるから

恋人同士でもストレートに不満を口に出すのは、なかなか難しいもの。無意識のうちに態度に出て素っ気なくなったり、察してほしくてあえて愛情表現をやめたりする女性も多いものです。

「最近、彼女からの愛情表現が少ないなぁ」と思い始めた時期に、彼女をがっかりさせた心当たりはないでしょうか。

思い当たった場合はそれが原因で愛情表現したい気分になれないのかもしれません。


愛情表現がない理由6. 他に好きな人がいるから

彼女から愛情表現がない理由とは好きな人がいるから

愛情表現は、好きな人に気持ちを伝えるためのものです。

あなたへの愛情表現が明らかに減った場合、もしかしたら彼女は他の男性を意識しているのかもしれません

彼女が仕事やサークルへ行くときに、妙に楽しそうだったり服装に気を遣ったりするなどしていたら、他の男性に目移りしている可能性があります。


愛情表現がない理由7. 冷めているから

前述の通り、愛情表現は好きの気持ちを伝えるもの。

交際期間が長く、気持ちが冷めると愛情表現がなくなるケースはよく見られます

彼女はあなたと一緒にいてもスマホばかり見ていないでしょうか。
あなたとのデートよりも、友達と遊びに行く方が楽しそうではないでしょうか。

もしそのような行動があったら、彼女の気持ちが冷めているのかも。

そんなときは、もう一度冷める前の付き合いたての気持ちを思い出せるかどうかが、関係修復のポイントになるでしょう。

【参考記事】はこちら▽


愛情表現がない理由8. 自分も愛情表現をしていないから

愛情表現が苦手な女性は意外に多いものです。女性から先に愛情表現するのは難しいこともあるでしょう

彼女から愛情表現がない場合、「彼氏から来ないから私も行かない」となっているのかも。

最近の彼女との関係を思い出してみてください。あなたは、自分から愛情表現したでしょうか

自分から愛情表現してみたら、嬉しそうに愛情表現を返してくれることは多いものですよ。


彼女からの愛情表現がない時の対処法|彼氏がとるべき行動を解説

彼女からの愛情表現がない時の対処法

「彼女が愛情表現してくれない。俺、どうすればいいんだろう?」

「付き合い始めの頃みたいに、彼女にもっと甘えて欲しいのに…。」

彼女からの愛情表現がないと、不安になりますよね。

このまま関係がギクシャクしてしまわないよう、うまく対処してラブラブカップルになりたいものです。

そこでここからは彼女から愛情表現がない時の対処法を解説していきます。


対処法1. 自分から愛情表現をしてみる

恋人に愛されているという実感があれば、相手への愛情がより深くなりその気持ちを表現したくなるものです。

彼女からの愛情表現が欲しいなら、自分から先に彼女を愛していると態度で示すのも効果的ですよ。

また、愛情表現の仕方がわからない彼女の場合は、自分から愛情表現して教えてあげるのもGOOD。自分から手をつないだりハグしたりしてみましょう。

好きな人からの愛情表現は、彼女も嬉しいはずです。あなたからの愛情表現で甘い雰囲気になれば、彼女からのスキンシップも増えるかもしれませんよ。


対処法2. 彼女が喜ぶことをする

気持ちが弾んでいると、愛情表現がしやすくなります。少し遠回りなようですが、彼女の気分が良くなるように工夫すると関係改善の糸口になるかもしれません。

彼女が行きたがっていたところに連れて行ったり、好きな食べ物を買ってきたりするなど、彼女が喜んでくれることをしてみましょう。

自分を喜ばせるためにいろいろしてくれる彼氏がいるのは、素直に嬉しいでしょう。彼女の中であなたへの想いが強くなり、愛情表現したくなるはずですよ。

【参考記事】はこちら▽


対処法3. 「もっと愛情表現してほしいな」と伝える

彼女からの愛情表現がない時の対処法は愛情表現して欲しいと伝える

ひょっとしたら、彼女はあなたが愛情表現が足りないと感じているのに気付いていないかもしれません

サバサバした彼女なら、愛情表現がないのは無意識でしょう。また、恋愛経験が少ない彼女の場合は、あなたの「もっと触れ合いたい」という欲求を察するのは難しいかもしれませんね。

悩んでいるだけでは気付いてもらえない可能性があるため、きちんと伝えてみましょう。

好きな人に愛情表現をリクエストされたら、女性も嬉しいはず。内面を率直に伝えることであなたに対する信頼感が深まり、彼女も愛情表現をしてくれるようになりますよ。


対処法4. 自分への気持ちを確かめる

もし彼女の気持ちがあなたから離れてしまっているなら、愛情表現を求めるのは難しいでしょう。しかし、まだあなたを好きなら修復できる可能性も

まずは彼女の気持ちをきちんと確かめましょう。

言葉ではっきり「俺と一緒にいて、幸せ?」と聞くのも一つの手です。

聞きにくいなら、楽しかった以前のデートの話題を振ってみるのもいいでしょう。もし彼女がつまらなさそうなら、気持ちが冷めている可能性があります

彼女の気持ちを把握できれば、その後自分はどうするのか決めやすくなりますよ。


対処法5. 「愛情表現が減った気がするけどなにかあった?」と理由を聞く

最近愛情表現が少なくなった場合、理由を察するのは難しいですよね。そんな時は理由を聞くことで彼女の本音が分かるかも。

そんなときは「愛情表現が減った気がするんだけど、なにかあった?」と聞いてみましょう。

あなたの何かが嫌で拗ねていたのかもしれません。もしくは彼女の仕事が忙しいとか、悩みがあって愛情表現どころではない精神状態なのかもしれません

理由が自分にあるなら改善できますよね。彼女に悩みがあるなら、聞いてあげることで気持ちの整理がつくでしょう。

また、理由を聞いて一緒に乗り越える姿勢を見せることで、彼女のあなたに対する信頼が深まります。そうすれば、自然と愛情表現も復活してくるでしょう。


対処法6. 距離を置く

彼女からの愛情表現がない時の対処法は距離を置く

彼女はあなたに対する不満があり、愛情表現をしないのかもしれません。もしくは、あなたに対する気持ちが冷め始めている可能性もあります。

様々な対処法を試してもダメなら一回距離を置くのも一つの手です。

連絡する回数を減らしたり、会う回数も減らしたりしてみましょう。

「あれ?最近の彼氏、どうしたのかな」と距離を取ると、改めてお互いの気持ちを確かめられます

あなたに気持ちが残っているなら、そのうち彼女の方から連絡してきたり甘えてきたりなどの愛情表現してくるでしょう。


対処法7. 一緒に恋愛映画を見る

一緒にいることに慣れて倦怠期に入ると、愛情表現がなくなりがちです。

彼女にときめきを取り戻してもらうには、評判のいい恋愛映画を一緒に鑑賞するのもおすすめ。

口コミやレビューを参考にロマンチックな気持ちになれる映画を選びましょう。

映画館で見るなら、雰囲気のいいレストランを予約しておくと素敵なデートになりそうですね。自宅で見る場合は、ひざ掛けやクッションなどを用意して彼女がリラックスできるように準備してあげると好印象です。

見終わった後に「恋愛っていいな」と愛情表現に対して前向きな気持ちになれるかもしれません。


対処法8. 友人とダブルデートをする

いつも2人きりで会っていると、マンネリ化することもあります。そうなると、お互いをちゃんと恋人として見るような新鮮な気持ちにならず、愛情表現も減りがちです。

もしマンネリを感じているなら、ダブルデートなどいつもと違うデートをするのがおすすめ。

他のカップルがラブラブなのを見て、付き合いたての新鮮な気持ちがよみがえるでしょう。

もともとお互い好きで相性も良くて長続きしてるため、ちょっと刺激があれば愛情表現が増えるかもしれないですよ。

【参考記事】はこちら▽


対処法9. デートスポットに出かける

彼女からの愛情表現がない時の対処法はデートスポットに行く

交際が長いと一緒に時間を過ごしていても、近所でご飯を食べたり日用品を買いに行ったり「それってデートと言える?」という状態になりがち。

生活感が出てくると、女性は気持ちが恋愛モードではなくなり愛情表現をしなくなるでしょう。

たまには定番のデートスポットに足を運んで、カップルらしいことをするのもおすすめです。

手をつないで夜景を見たり1個の食べ物を半分こしたり、ドラマか漫画のカップルのような行動をしていると、交際が長くてもときめく女性は多いはず。

彼女を日常から少し離してあげれば、気持ちが恋愛モードに切り替わり愛情表現しやすくなるでしょう。


対処法10. サプライズで何かプレゼントをしてみる

もしかしたら彼女はあなたの愛情表現に気付いていなくて「彼氏が大切にしてくれない」と思っているかも。

プレゼントすると「いつも君のことを大切に想っている」という気持ちを具体的に伝えられます。

彼女の仕事がひと段落した時、落ち込んでいる時などに、彼女を気遣った小物や手紙などを渡すのがおすすめ。あなたが仕事で普段行かない街に行った時などに、高価なものでなくてもいいので、ちょっとしたお土産を買ってあげるのも効果的です。

大切にされている実感がわけば、彼女からの愛情表現も増えるでしょう。


【我慢の限界】愛情表現がない彼女と別れるべきか否か?

】愛情表現がない彼女と別れるべきか否か?

一方が我慢するばかりの関係は、あまり健全とは言えません。

自分がいくら彼女のことが好きでも、彼女から愛情表現がなければ不安になりますよね。

彼女と別れるか、もう少し頑張るか迷っている人も多いはず。

ここからは愛情表現がない彼女と別れるべきか否かを解説します。

自分たちがどのパターンに当てはまるか把握し、彼女とのこれからを考える参考にしてくださいね。


【破局決定?】彼女と別れるべきパターン

自分に気持ちが向いていない彼女をつなぎとめるより、別れて新しい彼女を見つけた方が幸せになれるかもしれません。

けれども、いざ自分のこととなると、決断を迷ってしまいがちですよね。

そこでここからは、愛情表現のない彼女と別れるべきというパターンを解説していきます。

自分と照らし合わせて、参考にしてみましょう。


彼女と別れるべきパターン1. 彼女に好きな人ができた

恋愛は2人でするもの。あなたが彼女のことを好きでも、彼女があなた以外の人を好きになったら関係は壊れています

あなたに気持ちがない彼女に愛情表現をしてほしくても、それは難しいでしょう。

もしも彼女の気持ちが他の男性に向いていると確信しているなら、別れるのが賢明です。


彼女と別れるべきパターン2. 彼女の気持ちが冷めた

彼女と別れるパターンは愛情が冷めた

恋愛している自分に酔ってしまうタイプの女性は、最初はとても情熱的な愛情表現をしがち。しかし、そういうタイプは冷めると一気に愛情表現が減ってしまうものです。

徐々に親密になりマンネリ化するのとは違い、冷めている場合は同じ彼氏相手にもう一度熱くなる可能性は低め。最初の頃と同じような愛情表現はもう望めないと思った方が良いでしょう。

別れてしまった方が、幸せになるかもしれません。


彼女と別れるべきパターン3. あらゆる対処法を試してダメだった

「愛されていないかも」という不安は、心に深いダメージを与えるものです。プライベートがうまくいっていないと、仕事など他の面にも悪い影響が出てしまう可能性もあります

  • デートプランを工夫したりプレゼントをしたりしても彼女があまり喜ばない
  • 連絡を控えて距離をとったら、彼女からのリアクションが何日待ってもない

紹介した様々な対処法を試してもダメだった場合、諦めてもいいかもしれません。

この苦しい恋の経験を新しい恋に活かして、幸せになりましょう。


【焦るの禁物】彼女と別れないほうが良いパターン

好きな人から愛情表現がないのは確かに寂しいですよね。

「こんなに不安になるくらいなら、いっそ別れようか」と思ってしまうのも無理はありません。

しかし、修復の可能性があるなら別れるのはもったいないですよ。

ここからは、愛情表現のない彼女と別れない方が良いパターンを解説していきます。

彼女と別れないほうが良いパターン
  1. 話し合って解決できそう
  2. 愛している
  3. 将来を想像できる
タップすると移動します

彼女と別れないほうが良いパターン1. 話し合って解決できそう

彼女と別れないパターンは話し合いで解決出来る

愛情表現がないことについて、彼女の話をしっかり聞いたことはあるでしょうか。

あなたの行動にも改善できる余地があるかもしれません

また、彼女はシャイで恥ずかしくて愛情表現できないとか、仕事で疲れていてスキンシップできないとか事情がある可能性もあります。

このように単純な気持ちのすれ違いで、話せば簡単に解決できそうな場合は別れるのはまだ早いですよ。


彼女と別れないほうが良いパターン2. 愛している

もっと愛情表現してほしいと望むのは彼女を深く愛しているからで、それほど思ってもない彼女ならそもそも悩んだりしませんよね。

そんなに心から愛しているのであれば、ここで別れたら後悔が残ってしまうかもしれません。

一度立ち止まって紹介した対処法を試すなどして、解決できないか考えてみましょう。もしくは愛情表現が苦手な彼女を、そのまま受け入れてみてはいかがでしょうか。


彼女と別れないほうが良いパターン3. 将来を想像できる

夫婦になって何十年も一緒に住めば交際当時の情熱的な関係ではなく、もっと深くて静かな関係に変化していくものです。そして、それは決して愛情がなくなったということではありません

倦怠期に入るほど長く付き合った彼女なら、将来の2人の結婚や家庭での姿をリアルに想像できるのではないでしょうか。

彼女としては愛情表現が物足りなくても、家族として想像して心地良いならまだ別れない方が良いでしょう。


2人にとって最適な愛情表現の形を見つけていきましょう。

彼女が愛情表現が少ないのは焦らず解決しよう

「何で俺の彼女は愛情表現が少ないの?」という悩みを解消するため、この記事では様々な角度から愛情表現がない彼女について解説していきました。

彼女からのスキンシップや愛の言葉などは心が満たされる反面、ないと不安になりがち。

彼女の側にも理由があるはずなので、焦らずに対処して2人にとって満足する結果を探してみましょう。

【参考記事】はこちら▽

よく一緒に読まれる記事

関連する記事

注目の記事