別れの前兆になる"15のサイン"|恋人との別れを回避する対処法も解説!

別れの前兆を知りたい人へ。本記事では、別れの前兆のサインから、別れを回避する方法まで大公開!気になった方はぜひチェックしてみてください!

別れの前兆15選|LINEや行動からわかる破局のサインとは?

別れの前兆

「彼氏と会う頻度が減ってきたけど、私と別れたいのかな…」

「別れの前兆って具体的にどんな感じ?」

以前より恋人が冷たくなったように感じても、それが別れたいサインなのかどうか疑問ですよね。

そこでまずは、相手の仕草や行動からわかる、別れの前兆15選を紹介します。

当てはまる相手の言動があるか、一緒にチェックしてみましょう。


前兆1. LINEの連絡頻度が減ってくる

好きな恋人とは、一緒にいない時もできるだけ多くコミュニケーションを取って、相手の動向を知りたいと思うもの。

そのため以前よりLINEのやり取りが減ったのであれば、相手への興味が薄れてしまっていると考えられます。

例えば、なかなか会えないにもかかわらず、「おはよう」「おやすみ」の挨拶すらされなくなったのであれば、別れの前兆でしょう。


前兆2. 重要な相談がなくなる

恋人との将来を真剣に考えている人は、相手の意見も聞きたいので物事を1人で勝手に決めようとはしないはず。

そのため、引越しや転職のような、ある程度大きい決断すら相談されないと、今後は恋人として関わるつもりがないという意思表示だと言えます。

例えばLINEで、

「平日休みの会社に転職することにしたから、もう週末は遊べないんだ」

「そういえば俺、もう東京から引越すんだ」

などと事後報告してくるのであれば、別れが近いサインです。


前兆3. デートがマンネリ化してくる

男性は好きな恋人のためなら、いつも新しい場所に連れて行って彼女を喜ばせたり、何日も前からデートプランを考えたりするもの。

もしデートがワンパターン化しているのであれば、恋人にかける時間や手間がもったいないと感じている証拠。

例えば、

「今週末どこ行く?」

と聞いても

「いつもの所でよくない?」

と返されるのであれば、別れの前兆でしょう。


前兆4. お金のことで揉める

別れの前兆はお金の事でもめる

どちらか一方だけが貯金が出来ていなかったり、無駄遣いが多かったりすると、

「結婚してもうまくいかないはず…」

「自分との将来を考えていないのかな」

と感じてすれ違いが生じ、喧嘩の原因になります。

そのようなお金に対する価値観の相違から相手への不満に繋がり、愛情も冷めていくのです。

具体的には、

「え?もうボーナス全部使い切ったの?なんで貯金してないわけ?」

「またこんなにゲーム買ったの?お金の無駄じゃん…」

などと揉めることが多くなったのなら、別れが近いサインと言えます。


前兆5. 友達と一緒に会うことが増える

ラブラブなカップルであれば、時々友人を含めてグループで遊ぶとしても、たいていは2人きりの時間を楽しむもの。

もし、彼氏がいつも友達を誘うのなら、2人でいることに気詰まりを感じ、それを回避しようとしている可能性があります。

例えば

「〇〇達と一緒に映画見に行こうよ」

などと返事されるのであれば、あなたと2人きりになることを拒否しているサインかもしれません。


前兆6. 異性と会うことに興味を示さない

もし彼女が異性と過ごすとなれば、男性は

「俺の大切な〇〇が他の男に取られたらどうしよう」

「浮気されたら嫌だ」

と感じて嫉妬してしまうもの。

しかし、そういう態度が見られなくなったら、相手への興味が薄れていたり他に気になる女性がいるかもしれません

例えば

「〇〇が帰省してるから今週末2人で会ってくるね」

と言っても、

「へぇ〜楽しんできてね」

と他人事のようにあっさり返されるのであれば、あなたのことをどうでもいいと感じている可能性があります。


前兆7. 急に怪しい行動が増えた

彼氏に対してなにか今までとは違う変化を感じるのであれば、気になる人が他に出来てしまって、その事をあなたに隠そうとしているのかもしれません

  • トイレやお風呂など、携帯を肌身離さず持ち歩くようになった
  • 隣に座った時、携帯を傾けて操作するようになった

といった変化があれば、あなたに対する気持ちが離れていってしまっているのでしょう。


前兆8. 片方が一方的に話している

別れの前兆は片方が一方的に話してる

好きな人の話には、しっかり耳を傾けるだけでなく、自分もそれに反応して言葉のキャッチボールをしたいと思うもの。

しかし、どちらか一方だけがいつも一生懸命話しているのなら、相手に対する愛情や興味がなくなってしまったと言えるでしょう。

例えば

「今日仕事でこういうことがあってね」

と彼氏に話しても、

  • 「へぇー」「うん」のような相槌しか返されない
  • スマホをいじっており、自分の方に視線すら向けない

のような態度を取られるのであれば、別れの前兆と言えます。


前兆9. 喧嘩になると黙り込む

付き合いが長いカップルであれば、時々喧嘩になるのはごく自然なこと。

しかし、その時、今後も彼女と一緒にいたいのであれば、二人の関係を良くするために、自分の意見をしっかりと伝えるはず。

そのため、もし喧嘩の時に彼氏が無口になるのなら、自分のことを理解してもらわなくても構わないという諦めの心理があり、別れたいサインと言えるでしょう。


前兆10. 倦怠期でも何も行動を起こそうとしない

付き合いが長くなると、相手への飽きや慣れから、1度くらいは倦怠期を迎えるもの。

そんな時、恋人を本当に好きな男性なら、新しいデートプランを考えるなど様々な工夫をして、マンネリ化を乗り越えようします。

しかし、相手が倦怠期に何も努力せず過ごすのなら、めんどくさがって自然消滅を狙っているのかもしれません。

例えばお互いドキドキしてないことを自覚しているのに、

  • 自分磨きもせずに毎日ダラダラと過ごす
  • いつも同じデートパターンで、新しいことをしようとしない

のような行動が当てはまるなら、あなたとの関係性を良くしていきたいと思っていない証拠です。


前兆11. 記念日を祝わなくなる

別れの前兆は記念日を祝わなくなる

これまでは必ず2人が付き合い始めた日をお祝いしていたのに、急にスルーされるようになったのであれば、相手のことを大切に思う気持ちがなくなってきた証です。

具体的なあるあるとして、

  • 記念日なのにデートの約束を立てない
  • 「〇周年おめでとう」のLINEを送らない
  • プレゼントは何も渡さない

のような特徴があれば、恋人のことなんてどうでも良いと思っているでしょう。


前兆12. 自分の扱いが雑になってきた

出会った頃はデートプランを考えてくれたり優しく接してくれたのに、だんだん冷たくされようになったのであれば、あなたを大切に思う気持ちが薄れている証拠です。

  • デートプランを全部任される
  • スタンプだけでLINEを返されたり、連絡しても無視される
  • 「最近忙しいんだ」と言われて、会う頻度をだんだん少なくされる

などが当てはまるのなら、別れたがっているサインかもしれません。


前兆13. 暴言を吐くようになった

別れの前兆は暴言を吐くようになる

言葉の暴力は、決して愛情がある行為とは言えません

「こいつには何を言ってもいい」

と相手を思いやれていない証拠なので、恋愛関係も悪化してしまいます。

例えば大きな失敗をしたわけでもないのに、強気な態度で

「こんなことも出来ないなんて、お前は本当にバカだな」

「だからお前はいつまでもダメなんだよ」

のような暴言を吐くのであれば、あなたに対する思いやりは無くなってしまっているでしょう。


前兆14. 一緒に居ても上の空でいる

目の前のあなたに集中せず、隣を歩いている時に話しかけてもボーッとした様子なら、相手はきっと他のことを考えています。

例えばデート中は、

  • ずっとスマホをいじって、自分から話そうとしない
  • 質問しても「ん?今なんて言った?」と聞き返してくる

のであれば、一緒にいる恋人の優先順位が下がっており、他に大事なものができた可能性も

別れが近いサインと言えるでしょう。


前兆15. わざと嫌がることをしてくる

恋人と別れたいのに、長く付き合ったことで相手に情が湧いたり揉めるのが怖かったりして、自分から別れを告げられない人は多いもの。

そのようなタイプの人は、意図的に相手が嫌うようなことをして、自分自身が振られる側に仕向けようとするのです。

具体的には、

  • これまでは連絡すると即レスだったのに、だんだん未読スルーが増える
  • 誠実な人なのに、デートの約束をすっぽかされる

などが当てはまるのであれば、あなたへの恋心が薄れており、嫌われようとしているのかもしれません。


別れの前兆への対処法|破局の可能性を回避するには?

別れの前兆への対処法

「好きな彼氏とずっと一緒にいたい。別れを回避する方法はあるの?」

「別れの前兆を乗り越えるには一体どうすればいいんだろう」

恋人に振られそうと危機を感じても、今後どのような付き合い方をすればいいのかわからないですよね。

うまく対応しないと、相手の気持ちがさらに冷めてしまいます。

考えを改めてもらえるよう、別れの前兆への対処法を確認していきましょう。


対処法1. 普段とは違うデートを計画する

いつも同じようなデートだと、新鮮さがなくなり一緒にいてもドキドキしなくなる結果、マンネリ化や自然消滅に繋がります。

そのため以下のような新しいデートプランを計画するのが効果的です。

  • トランポリンやボルダリングなど、体を動かすスポーツデート
  • 脱出ゲームや謎解き系のような、2人で協力し合う体験デート
  • 陶芸・アクセサリーといったモノづくりデート

デートのバリエーションを増やすことで、お互いの刺激になったり付き合い始めのようなワクワク感が蘇ったりして、別れを回避できますよ。


対処法2. 2人で旅行に行く

見慣れた街でデートしていても、特にこれといった変化はなく、お互い刺激を感じられません。

そこで知らない土地に旅行すれば、相手の新しい一面を見つけることでき、惚れ直す可能性があるでしょう。

行き先はどこでもよく、

  • 仕事が忙しくてまとまった時間が取れない人は、車で行ける1泊2日の温泉旅行
  • 1週間程度の長期休みを取れるなら、沖縄などのリゾート地

などがおすすめ。

お互い気分をリフレッシュできるので、小さな喧嘩もしなくなり、破局を回避できますよ。


対処法3. 一度落ち着いて状況を見極める

恋人に対して浮気などを疑ってしまうと、相手の全ての行動が怪しく見えてしまいます。

彼氏は単に仕事で忙しく疲れているだけかもしれないので、一度冷静に考えてみるのが大切です。

例えば、

「同僚が1人辞めたらしいから、そのぶん仕事が大変になって連絡取れないんだな」

「一緒にいる時ボーッとしているのは、取引先のことを考えてるのかも」

などと、本当に彼が別れようとしているのかを落ち着いて見極めましょう。

問題が無ければ考えすぎだったと安心して落ち着けるでしょう。


対処法4. 一度距離を置いてみる

別れの前兆への対処法は一度距離をおいてみる

恋人とずっと一緒にいると、お互いに依存してしまったり感謝の気持ちを忘れたりすることで、些細な喧嘩も増えていきます。

そのため冷却期間を設けて、関係性をリセットするのが重要です。

具体的には、以下のような距離の置き方がポイント。

  • 同棲中なら、相手の必要性がわかる2カ月くらい別々に暮らす
  • 毎週デートしていたカップルは、寂しい気持ちになる3週間程度会わないようにする

一度離れると、相手の大切さやありがたさに気付けるので、2人の関係性がより強くなって別れずに済むでしょう。


対処法5. 女性が少し甘えてみる

女性のいつもツンツンとした態度に、恋人としての愛おしさを感じられず、冷めてしまう男性も多いです。

そのため思い切って甘えて彼氏をドキッとさせることで、別れの前兆にうまく対処できます。

甘える方法としては、以下のような仕草や行動がおすすめ。

  • 上目遣いで「もっと一緒にいたいな」などとワガママを言う
  • そっとハグしたり、彼の袖を掴んだりする

男性はあなたを可愛いと思って惚れ直してくれるでしょう。


対処法6. 素直に思っていることを話し合う

どんなに交際期間が長いカップルでも、所詮は人と人なので、お互いが本当に考えていることまではわかりません。

そのため別れの前兆を感じることがあったら、

「なんか最近、〇〇と距離を感じるけど何かあったの?」

「私のこと、本当はどう思ってるか教えてほしいな」

などと勇気を出して聞いてみましょう。

お互いの勘違いがあった場合は、話し合いにより誤解が解けて不安も解消されるので、破局を回避することができますよ。


対処法7. 他の男性とも会ってみる

いつも彼氏とだけ一緒にいると、自分は彼のどんな一面が好きなのかわからなくなってしまいます。

そのため以下のような方法で、他の男性とも交流して比較するのが大切です。

  • 友人から誘われた飲み会や合コンに積極的に参加する
  • 趣味のオフ会に参加したり、新しい習い事を始めてみる

他の男性と関わることで、

「やっぱり〇〇といると一番落ち着く」

などと恋人の良さに改めて気づき、別れの前兆にうまく対処できるでしょう。


別れの前兆を感じて、別れを回避しましょう!

LINEの頻度が減ってきたりデートがマンネリ化してきたりなど、別れの前兆は意外とわかりやすいもの。

とはいえ恋人の気持ちが離れているとなれば、関係性をもうリセットできなそうで落ち込みますよね。

しかし別れのサインにいち早く気づき正しく対処できれば、破局を避けることは可能です。

今回紹介した対処法を参考に、2人で旅行したり一度距離を置いたりして、相手とまたラブラブな関係に戻れるよう頑張ってくださいね。

よく一緒に読まれる記事

関連する記事

注目の記事