誰にも言えないことあるある23選|人には言えない悩みや辛いことを解決する方法も紹介!

誰にも言えないことがある方へ。本記事では、秘密を誰にも言えない理由から、誰にも言えないことあるあるまで大公開!誰にも言えないことがある時の対処法も解説していますので、気になった方はぜひチェックしてみてください!

誰にも言えないことがある人っている?秘密を持っている人って当たり前?

誰にも言えないことがある人っている?

どんな人でも、人に言えない悩みの1つや2つくらい持っているものです。

東大を卒業したあの優秀な人や、お金持ちと結婚したあの人も。

周りから見れば幸せそうな人であっても、何かしら人に言えない秘密が絶対あるものなのです。

仕事のこと、恋愛のこと、学校のこと、友達のこと、家族のこと…。悩みのタネは人それぞれ。

生きている以上、悩みから逃れることはできないと言っても過言ではありません。

人に言えない悩みがあるのは、普通のことですよ。


誰にも言えないことがある理由|秘密や悩みを人に言えなくなってしまうのはなぜ?

誰にも言えないことがある理由

「人に言えないことばかり…なぜこんな風になっちゃうんだろう?」

「人に一生言えない秘密がある…どうして人に言えなくなるの?」

人に言えないことばかりになると、なぜそうなってしまうのか不安になりますよね。

自分が何かおかしいのでしょうか。

そこでここからは、悩みや秘密が人に言えなくなってしまう理由を解説していきます。


理由1. 否定されるのが怖いから

人間は誰しも、「否定されたくない」「肯定してほしい」という気持ちを持っているもの。

例えば、自分が好きになった相手が既婚者だった場合。

友人に相談したら、「既婚者は止めといた方が良いと思うよ」とやんわり否定される可能性が高いですよね。

そう言われてしまうリスクを避けた結果、誰にも言えない悩みになってしまうのです。


理由2. 相手に合わせるのが良いと思っているから

わざわざ自ら人とトラブルを起こして揉めたいという人は少ないはず。

なので、相手に合わせた方が問題も起こらずに済むと考えているのかも。

例えば、職場のミーティングで「いい考えが浮かんだ」と思っても、他の意見が出ていたら何も言わず合わせます。

意見が衝突して変に思われたり、人間関係が壊れてしまうのを恐れ、結局誰にも言えなくなってしまうのです。


理由3. 自分の気持ちを伝えるのが得意じゃないから

「これを言うとどう思われるんだろう」不安に感じると、人に言えなくなってしまうもの。

本当は「独立して起業したい」と思っているのに、「奥さんに止めてって言われるかも」と思うと、言えなくなってしまいますよね。

普段から気持ちを主張するのに慣れていないため、いざ話をするとなると何を話せばいいかわからなくなってしまいます。

秘密にしたいことならなおさら言いづらく感じますよね。


理由4. 緊張しやすく、頭が真っ白になりやすいから

誰にも言えないことがある理由は緊張しやすいから

過度に人の目を気にしていると、緊張してしまいますよね。

普段から緊張しやすい人は、人と話していても頭が真っ白になり混乱状態に陥るため、言おうと思っても言葉が出なくてなってしまうのです。

例えば、好きな人に気持ちを伝えたいと思っても、目の前に好きな人が立っているだけで頭が真っ白に。

その結果、気持ちを言えずに終わってしまうのです。


理由5. 自分に自信がないから

自分に自信がないと、人に嫌われることを過度に恐れるようになります

例えば、

  • 本当は「普段からLINEをしてるけど、実は面倒くさいからあまり好きじゃないんだよね」と思っているけど、言ったら嫌われてしまうかな
  • どうせ「本当はもっと早く帰ってきてほしいんだけどな…」と伝えても、めんどくさいと思われるだけ

など。

「言って嫌われるくらいなら、誰にも言わないでそのままにしておこう」と自分だけで抱えるようになってしまうのです。


理由6. 受け入れてもらえなかった過去があるから

自分の発言を批判されたトラウマがあると、それ以降は「もう二度とあんなことになりたくない」と強く思うようになります。

例えば職場の会議で「私はこうすべきだと思います」と発言したのに、「そんなのはありえない!」と理由もなく突き放されることもあるでしょう。

そんなことがあると批判されることを恐れるようになるので、自分の気持ちを誰にも言えなくなってしまうのです。


理由7. 小さい頃から我慢を強いられてきたから

小さい頃から厳しいしつけを受けていると、親の主張が正しいと思い込んでしまいます。

例えば、「大学に行っていい会社に就職しなさい」と言われれば、本当は起業したいと思っていても、親の言う通りします。

それが嫌なことであっても「自己主張は悪」と考えてしまうので、言いたいことも秘密にしてしまうのです。


理由8. 本音を言ったら嫌われると思っているから

誰にも言えないことがある理由は本音を言ったら嫌われると思われるから

自分が発言することで、「もしかしたら相手を傷付てしまうかもしれない」という心理が働いているケースです。

例えば、飲み会の席で女性にうざ絡みしている同僚を見て「止めとけよ」と心の中では思うこともあるでしょう。

しかし、「注意して嫌われたらどうしよう」と思うと、注意できなくなるのです。

考え過ぎた結果、言いたいことが言えず、悩みを抱える状態になってしまいます。


理由9. 無理して本音を言う必要はないと思っているから

「本音を言ったところで、自分の発言には大した価値はない」と考えている、自己肯定感が低いパターンです。

例えば、会議で「ここはこうしたらいいのに」と思っていても、誰にも言いません。

それがどれだけ筋のいい意見であったとしてもです。

そんな人は周りの人に全てを委ね、自分の気持ちを隠してしまうのです。


理由10. 人の目が気になるから

自分に自信が持てないと、人からどう見られるのかが気になってしまうもの。

例えば一対一で話していても、

  • 「これを言ったら変かな」
  • 「あれを言ったらイメージ悪いかな」
  • 「今嫌なこといってないかな」

などと考えてしまいます。

他人からどう思われるかを必要以上に気にするので、何も言えなくなってしまうのです。


理由11. 今の人間関係が壊れるのが嫌だから

人間関係を築くのには時間がかかるもの

変なことを言ってそれまで作ってきた関係が崩れるくらいなら、誰にも言えない悩みや秘密が増えてしておこうと考えるのです。

例えば、友人に対して「自分だけよく喋るけど、私の話は全然聞いてくれないなぁ…」と思っていても言いません。

それを言って関係が壊れるなら、現状維持のために言わずにいます。


理由12. 世間的に良くないことだから

誰にも言えないことがある理由は世間的に良くない子とだから

世間的に良くないことを口にしてしまうと、自分や相手へのリスクが高まってしまいます

例えば、不倫をしていても「私不倫してるの」とは言わないですよね。

何事もないように振る舞い、日常を過ごしていることがほとんどです。

世間的に嫌なこととわかっているため、一生言えない秘密として、自分の中だけで反省しようとするのです。


理由13. 恥ずかしいことだから

どんなに自信を持っている人でも、人それぞれ触れられたくないと思うことが1つや2つくらいあるものです。

例えば、今は清楚で物静かなな女性も、実は若い頃バリバリの黒ギャルだったという過去もあるかもしれません。

恥ずかしさを感じるため、誰にも言わずに自分だけの記憶に留めておこうとするのでしょう。


理由14. 自分のイメージと合わないことだから

周りが思う自分のイメージを崩してしまうと、「友達関係も崩れてしまうのではないか?」などと考えてしまうケースです。

例えば、どんな時でもノリがいいというイメージを持たれているから、行きたくない時でも誘いを断れないという人もいます。

人間関係を崩さないために、秘密が増えてしまうこともあるのです。


理由15. 知られたら会社をクビになるから

誰にも言えないことがある理由は知られたら会社をクビになるから

会社をクビになってしまったら、生活できなくなるかもしれませんよね

そういったことを恐れて、誰にも言わないことがある人もいるでしょう。

例えば、

  • 嫌いな同僚の重要なデータをわざと消去した
  • オフィスの物を勝手に持って帰って、売ってしまった

など。

会社の関係者の耳に入ることを恐れ、人に言えない秘密ができてしまうのです。


誰にも言えないことあるある|一生言えない秘密を一挙公開!

誰にも言えないことあるある

「皆どんな誰にも言えないことがあるんだろう?」 「誰にも言えないことがあるけど、これって普通なのかな?」

誰にも言えないことって皆持っているものなのか?不安になることってありますよね。

実は、人に言えない悩みは皆何かしら持っているんです。

それはどんなものか。

そこでここからは、誰にも言えないことあるあるを23個ご紹介していきます。


あるある1. アイドルや二次元のオタクである

周囲の人にオタクであることを知られたら「引かれてしまうんじゃないか」と考えています。

オタクはあまり良いイメージ持たれないと思っているので、誰にも言わず隠してしまう人も多いのです。

例えばアイドルオタクだと、

  • 週末になると推しを追いかけ遠征する
  • 好きなアイドルが載っている雑誌は欠かさず購入

したりしている事は、周りには内緒にしています。


あるある2. 仮病を使ったことがある

仮病を使っていたことがバレると、精神的に負担になってしまいます

仮病を使っていることは言えないでしょうし、おそらく言わないのが得策です。

例えば、遅刻しそうな時間に起きた時に会社に行きたくなくて、「熱があって」と仮病を使って休んでしまった。

しかし、後日に周りが大変だったと聞いて「これは、仮病だったとは絶対に言えない...」となってしまうのです。


あるある3. 昔は中二病だった

成長と共に、昔中二病だったことが恥ずかしく感じる人も多いでしょう。

そんな気持ちから、今関わっている人達には知られたくないと思っているケースです。

  • 昔、海賊のような眼帯を付けていた
  • 怪我をしていないのに包帯を巻いていた
  • アニメキャラの必殺ワザを練習していた

こんな過去は恥ずかしいので、絶対に知られたくないですよね。


あるある4. 何年も日記を書いている

誰にも言えないことあるあるは何年も日記を書いている

日記は1日の出来事を振り返るものであり、誰にも言えなかったような愚痴や嫉妬心を発散させるツールとしている人も多いでしょう。

「どんなこと書いてるの?」などと聞かれたくないため、誰にも言いたくないと秘密にしているのです。

例えば、

  • 今日上司にめっちゃキツく怒られた!言い方あるやろ!
  • 旦那が全然家事をしない。マジでありえない。

などと書いていたりすることも。

こんなことを書いている日記は、絶対に秘密にしたいですよね。


あるある5. 学校をサボったことがある

学校をサボっていたことを当時はカッコイイと感じていた人も多いでしょう。

しかし大人になってからは、「親にお金を払ってもらって通っていた学校をサボるなんてカッコ悪い」と感じるもの。

そんな黒歴史を誰にも言いたくないと思ってしまうのは当然ですよね。

学校には自分で休む連絡を入れて、一人でゲームセンターや、マンガ喫茶に行ったことがあるのは、親にも言えないでしょう。


あるある6. 無職だけど仕事に行くフリをしている

無職であることが周囲のバレるのは恥ずかしいですよね。

そんなプライドから、無職であることを気付かれないように振る舞うのです。

  • 妻に気づかれないように、出勤時刻になったら朝からスーツに着替えて車に乗る
  • 映画に行ったり公園に行ったりして時間を潰す
  • 退勤時刻になったら家に帰る

仕事がないとは口が裂けても言えないので、こんな風に仕事に行ったフリをするのもあるあるです。


あるある7. 精神科に通っている

「精神科でカウンセリングしてもらっている」と聞くと、人によってはそれだけで偏見の目で見る場合もあります

そうなると仕事がやりづらくなったり、人間関係を崩れてしまう可能性もあるので、言わないようにするでしょう。

自分がカウンセリングに行く時も、「ちょっと家族の通院に付き合ってきます」などと言って、当たり障りのない理由で誤魔化すことも多いのです。


あるある8. 浮気をしている

誰にも言えないことあるあるは浮気をしている

浮気がバレたら信頼度が薄くなるため、軽い人だと思われて拒否反応を示されるかもしれません。

そんな反応をされたくないので、バレないように隠しておくでしょう。

  • お酒が入った勢いで、友達の彼女と身体の関係を持ってしまった
  • 出張だと妻に嘘をついて、浮気相手と旅行に行ったことがある

こんな経験があったとしても、後ろめたさから誰にも言えないですよね。


あるある9. セフレが何人もいる

セフレが何人もいることがバレた場合、恋人や友達など多くの人間関係が壊れてしまう可能性があります。

そんな恐怖があるため、秘密にしているのです。

セフレとの時間は心も身体も満たされるためとても楽しいもの。しかし、あっという間に終わってしまいます。

そして別れた後に、なんとも言えない虚無感に襲われるんですよね。

そんな気持ちも誰にも言えず、1人で悩んでしまうのもあるあるです。


あるある10. 既婚者と不倫していた

既婚者と不倫をしていることを言ってしまうと、親しい友人でさえ距離を置かれる可能性があります。

そのため誰にも言わず、自分の胸の内に留めておくでしょう。

たまたま好きだった異性が既婚者で、付き合ってから知ったというケースもあるでしょう。

しかし、好きな気持ちを止められず不倫を続けてしまい、誰にも言えなくなってしまうのです。


あるある11. パパ活をしたことがある

「昔パパ活をしていた」と聞けば男女関係なく軽蔑の目で見てきます

また、言うことで自分の女性としての価値を下げてしまうでしょう。

そんな可能性が大いにあるため、誰にも言えなくなってしまうのです。

経済的な理由などでやむを得ずパパ活をスタートさせた女性もいるかもしれません。

「悪いことをしている」とわかっているので、秘密にするのでしょう。


あるある12. 夜のお店で働いている

誰にも言えないことあるあるは夜のお店で働いている

「これは生活のためだ」と考えて働いている人も多いですよね。

しかし「夜のお店で働いている人」という偏見の目で見られることを恐れています

好きな男性から「何の仕事してるの?」と聞かれると「本当のことを言ったら嫌われるかも...」と後ろめたい気持ちになってしまうでしょう。

そのため、結局言えずに、自分だけの秘密にしてしまうのです。


あるある13. 整形している

日本ではまだまだ整形のイメージは良くありません

そのため、人の目を気にして、整形したことを言えない人が多いでしょう。

仮に目を整形したとしましょう。

整形したなんて言ったら恋愛対象外になると思ってしまいますよね。

そのため、気になる男性に「あれ?なんか雰囲気変わった?」と聞かれても隠し通そうとするのです。


あるある14. 逮捕歴がある

過去に逮捕歴があることがバレると、今は改心していたとしても印象が悪くなってしまいます

自分を守るために、秘密にしておくのが良いでしょう。

学生時代にいじめの延長線上で万引きをさせられたなど、罪を犯したくて犯したわけではないということもあるかもしれません。

そんな場合でもイメージは悪くなるので、自分だけの秘密になってしまうのです。


あるある15. ストーカーをしたことがある

ストーカーをしたことがあるというだけで、信頼されにくくなります。

また、精神的に少し問題があるのかなと思われてしまうでしょう。

人を好きになると、何をしているかや、どこに行ったのか気になることもあるかもしれません。

そんな気持ちが行き過ぎて暴走し、ストーカーになってしまうのでしょう。

自分の気持ちはどうあれ、そんな過去を知られると変な人と思われるので、誰にも言えなくなるのです。


あるある16. 恋愛経験が全くない

誰にも言えないことあるあるは恋愛経験が全くない

恋愛経験がないことをコンプレックスに感じる人もいます。

恋愛経験がない人は、過去の恋愛について質問されても、「しばらく付き合ってないな…」などとコメントを濁します。

ボロが出てしまわないよう、多くを語らないのです。

付き合ったことがないのがバレるのが恥ずかしく感じるため、誰にも言えなくなってしまうのです。


あるある17. 友達の彼氏を寝取ったことがある

「友達の彼氏を寝取ったことがある」なんて言ったら、信頼を失い、友達との関係が崩れてしまうのは間違いありません。

例えば、彼氏に振られて気持ちが落ち込んでいた時に、友達の彼氏とたまたま話しを聞いてもらった流れで一夜を過ごしてしまったり。

次の日に友達に「昨日彼氏が帰ってこなかったんだよね」と相談されても、「身体の関係を持ったなんて言えない」となりますよね。

頭では悪いこととわかっているため、言わない方が身のためだと思い、誰にも言えなくなるのです。


あるある18. 性癖が特殊である

特殊な性癖があると、理解されなかった場合にドン引きされるリスクがあるため、誰にも言えなくなってしまうのです。

例えば、

  • 拘束されるのが好き
  • 青姦プレイじゃないと楽しめない
  • 赤ちゃんプレイが好き
  • パートナーが他の人とセックスしているのを見るのが好き

など。

相性が合えばいいですが、そうでない場合は地獄の結末が待っていることが想像できますね。


あるある19. 同性愛である

著名な有名人の方にも多く、同性愛者であることを公にする人たちも増えてきましたね。

同性愛は近年世間的にも認められつつありますが、それでもまだ偏見の目が残っているのは確かでしょう。

本当は男性ではなく女性が好きなのに、友達に合コンに誘われたら「友達関係がめんどくさくなるから」と思って、言えずに参加する場合も。


あるある20. 借金をしている

誰にも言えないことあるあるは借金をしている

借金にはやむを得ない理由がある人も多いですが、ネガティブな印象を持たれてしまう可能性が高いでしょう。

借金をしたのに期限までに返せなくなり、それを返すためにまた新しい借金を作って返済額が膨らんでしまう…。

こんな風に借金地獄に陥ってしまうケースもあります。

そうなると、余計に誰にも知られたくないと思ってしまうのでしょう。


あるある21. 隠れてブランド品を買った

パートナーの知らないところで高価なブランド品を買ったら、バレてケンカの原因になってしまうことも。

特に夫婦関係の場合は、大事になってしまう可能性が高いでしょう。

気になるブランド品があって旦那に相談すると、「高すぎる」とダメ出し。

それでも欲しい気持ちを抑えらず黙って購入し、言えなくなってしまうようです。


あるある22. 離婚歴がある

離婚する人は世間的に「問題があるから」と思われています。

そんな印象を抱かれるのはマイナスでしかないので、言わないようにしているのです。

離婚後に新しくできた異性とお付き合いしても、嫌われるのが怖くて言い出せません。

長年付き合っていく内に「悪いことしてるな」と、どんどん罪悪感が大きくなってしまうのです。


あるある23. SNSと現実のギャップ

SNSでは人からよく見られたいという心理から、見栄を張ってしまいがち。

しかし、SNSと本来の自分とのギャップが辛く感じている人も多いでしょう。

例えば、

  • 綺麗に見られたいから顔写真を加工しまくる
  • お金が無いのにブランド品を買って裕福アピール

など。

現実を知られたくないために、誰にも言えなくなってしまうようです。


あるある24. 付き合った相手の決め手が年収である

誰にも言えないことあるあるは付き合った相手の年収が決め手

付き合った相手の決め手がお金だとバレたら、相手が自分から離れてしまう可能性があります。

そんな人は、別に顔がタイプというわけで無くても、「年収が1000万です」と言われると飛びついてしまいます。

付き合う人をATMくらいにしか考えていないのです。

そのまま結婚して、一生言えない自分だけの秘密になることもあるようです。


誰にも言えないことがある時の対処法|悩みや辛いことを解決するには?

誰にも言えないことがある時の対処法

「一生言えない秘密があって辛い…どうやって対処するのが正解なんだろう?」 「秘密が増えすぎて人に言えないことばかり…もうしんどい…」

誰にも言えないことがあるというのは、思っている以上に心が疲弊しますよね。

うまく対処しないと、自分の心が壊れてしまう可能性もあります。

そこでここからは、誰にも言えないことがある時の対処法を解説していきます。


対処法1. 何に悩んでいるのか自分で整理する

悩み事を整理することで、自分が本当に何に悩んでいるのが原因がわかります

そのため、悩み続けるのを一旦止めて、整理してみましょう。

思考を整理する手順は、以下の3ステップ。

  • 頭の中にある言葉をノートに書き出す
  • 書き出した内容を自分でコントロールできるもの。できないものに分ける
  • コントロールできるものにフォーカスして、具体的な対処法を考える

そうすることで悩み解決の糸口が見つかり、対処できるようになるでしょう。


対処法2. 本当に信頼しても良い人ができたら打ち明ける

信頼できない人に、悩みや辛い気持ちは相談できませんよね。

本当に信頼できる相手であれば、きっと全てを受け入れてくれるはず

そのため、信頼できる人ができた後、悩みを相談するのがおすすめ。

「この人なら全て理解してくれるかも」という人に出会ったら、「ちょっと言いにくい話なんだけど…」と少しずつ胸の内を打ち明けてみましょう。

もし反応が思ったものでなければ、途中で打ち明けるのを止めてもKOK。

そうすることで重荷が取れ、心も軽くなることでしょう。


対処法3. 自分と関係性が浅い人に話す

自分のことをあまり知らない人に悩みを相談しても、お互いにあまり影響はないでしょう

なので、自分のことを知らない人、初めて出会った人に話してみるのも1つの手です。

どこで出会うの?と思うかもしれませんが、

  • 行ったことのない居酒屋で隣に座った人
  • 旅行先で偶然出会って話す機会があった人
  • 初めて入るバーのマスター

など、意外と知らない人と話せるチャンスは転がっているのです。

そんな人たちは知り合いよりも気楽に話を聞いてくれるので、考えつかなかったような解決方法を教えてくれるかもしれませんよ。


対処法4. いっそのこと誰にも言わない

誰にも言えないことがある時の対処法は誰にも言わない

誰かに相談して人間関係を崩してしまうよりも、言わずに守るべきものを優先するという考え方もあるでしょう。

そのため、そのまま誰にも相談しないという選択肢もアリです。

誰にも言わない場合は、他の方法でストレス発散しましょう。方法は何でもいいのですが、

  • ジョギング・ウォーキングをする
  • ヨガ・ストレッチを始めてみる
  • 親しい人とたわいも無い話をして笑顔になる

のがおすすめです。

そうすることでリラックスして、悩んでいた気持ちが整理されますよ。


対処法5. 自分を責めずに受け入れる

過去を消すことはできません

そのため、過去の自分を責めずに受け入れてみましょう。

過去を受け入れる方法は、

  • その時の自分には必要なことだったと思う
  • 自分にとってはベストの選択肢だったと考える
  • 過去の自分を許せたら、今の自分を許してあげる

の3ステップです。

そうすることで、自分が自分の一番の理解者になってあげられるでしょう。

最終的には、悩みや辛さからも開放されていることでしょう。


対処法6. 自分1人の時間を作る

誰にも言えないことが悩みになるのは、ずっと周りに人がいる状況が続いていてストレスが溜まっているから。

そんな1人の時間が無い人は、思い切って自分の時間を作ってみるのがおすすめです。

1人の時間を作るためには、

  • 自分1人になる日を決める
  • 決めた日に予定を入れられそうになっても全力で断る
  • その日はスマホの電源を切っておく

この3ステップを活用しましょう。

1人の時間を作ることでストレス発散できるので、悩みと上手く付き合えるようになりますよ。


対処法7. 思い切り泣く

泣くという行為は、ストレス発散をして気持ちを軽くしてくれる効果があります。

そのため、辛いと感じたらとことん泣くという方法もおすすめです。

とはいえ、泣いた方がいいと言われても、何も無いのに泣けないという人も多いはず。

そんな人は、泣ける映画やドラマを見て泣くだけでも効果があるので試してみてください。

ただし、バッドエンドな内容のもだと逆に気持ちが落ち込むのでNGです。


対処法8. 楽しいことや明るい未来を想像する

誰にも言えないことがある時の対処法は楽しい未来を想像する

悩み事が解決する時というのは、物事をプラス思考に転換できる時

そのため、意図的に楽しいことを考えるようにしてみましょう。

楽しいことを想像するコツは、

  • 過去に楽しかったこと・面白かったことを思い出す
  • これからしてみたい楽しそうなことをピックアップする
  • 興味があることにチャレンジしてみる

など。

明るい未来を想像することで、頭の中のモヤモヤを軽減させることができるでしょう。


対処法9. SNSで匿名アカウントを作りそこで発散する

気持ちのままに投稿して社名や実名を出してしまったら、思わぬところで炎上してしまうリスクもあります。

自分という存在をバラさずに発信すれば、周りに知られて信頼を無くすリスクもありません

なので、SNSで名前を出さずに、普段言えないことを投稿するのもおすすめです。

投稿内容は何でもOK。思っていることをそのまま書き出してみましょう。

社名や実名は出さず、「こう思った」などの感情のみを発信するようにしましょう。


誰にも言えないことは人間誰しもあること。あまり悩み過ぎないようにしよう。

今回は、誰にも言えないことがある理由から誰にも言えない悩みの対処法まで、とことん深堀りして解説してきました。

誰にも言えない悩みがあるというのは辛いですよね。

しかし、そんな悩みがあるのはあなただけではなく、人間誰しも1つや2つ持っているもの。

いたって普通のことなのです。

ぜひ今回ご紹介した対処法を参考にして、悩みを解消にチャレンジしてみてください。

よく一緒に読まれる記事

関連する記事

注目の記事