色気のある人は苦労人?人生経験が豊富な人に色気が出る“8つの理由”

苦労すると色気がある人になれる理由を知りたい人へ。本記事では、苦労すると色気がある人になる理由を大公開!色気のある人になる方法も解説します!

苦労した人に色気が出る8つの理由|経験豊富だとなぜ色気のある人になるの?

苦労すると色気がある人になる理由

「職場に色気がすごい人がいるんだけど、なぜなのか理由が知りたい」

「人は苦労をすると顔つきが変わるのはどうして?」

色気というのは見た目のセクシーさだけでなく、内面からくる落ち着いた雰囲気なども含まれます。

そんな色気のある人特有の落ち着いたミステリアスな雰囲気に対して、興味を持つ人は多いのではないでしょうか。

ここからは、人が苦労をするとどうして妙に色気が出るのかを解説していきますので、ぜひ参考にしてみてください。


理由1. 様々な経験を経て余裕があるから

色気がある人には、過去に様々な苦労や壁を乗り越えてきて、その都度成長してきたことから自分に自信があります。

例えば、過去に大病をして闘病生活に打ち勝った経験を持つなど。

自分の成功体験が心に余裕をもたらすので、落ち着いた大人の雰囲気を醸し出しているのですよ。


理由2. 何があっても動じない強さがあるから

苦境に立たされたときでも、慌てたりパニックになったりすることなく、落ち着いた言動が取れるのが、色気がある人。

具体的には、仕事で部下が大きなミスを引き起こした場合でも、感情を取り乱すことなく、次に何をすべきかを考えて周囲に的確な指示を出すことができます。

「今まで苦労したことに比べたら今起きていることは大したことではない」と思える強さがあるので、どんな時でも冷静な判断ができるのです。


理由3. 年齢よりも大人っぽく見えるから

苦労すると色気がある人になる理由は年齢より植に見えるから

様々な失敗や苦労を乗り越えた経験を持つ人は、これまでに老若男女のたくさんの人と関わってきました。

周りからの影響からか、精神年齢が高くなりやすく、落ち着いて見えるため、実年齢よりも上に見られることも。

精神年齢が高いことから、妙に色気があるように見えてしまうのですよ。


理由4. 笑った顔が切ない笑顔だから

幼い頃から苦労をしていると、その経験から大人びた表情をする人が多くなります。

例えば、笑った時にパァッと明るい感じではなく、笑っているのにやや悩ましげな表情を感じさせる切ない笑顔など。

「笑っているけどなんか悲しそう…」と相手に感じさせる、なんとも言えないミステリアスな表情が色気の原因になっているのです。


理由5. 人のミスに寛容的で包容力があるから

苦労すると色気がある人になる理由は包容力があるから

辛い経験をした人は、他人の気持ちにも寄り添えることが特徴です。

例えば、レストランで全く違う料理が運ばれてきたとしても、怒ったり嫌な表情を見せずに「大丈夫ですよ」と優しい言葉をかけることができます。

人は誰でも間違えることはあるという大人な考え方が、余裕を生み、色気のある態度につながっているのです。


理由6. 物事を冷静に判断できるから

過去に苦労した人は、逆境をどんなふうに乗り越えるべきか、またその時に必要なマインドも知っています。

例えば、仕事で顧客からクレームが入ったとしても、過去の経験をもとに、相手の気分を害さずに対応することが可能です。

このように、経験に基づいて落ち着いた判断ができるため、周囲に色気がすごい人と思われるのです。


理由7. 空気が読めて周りを明るくしてくれるから

過去に苦労した経験を持つ大人びた人は、自分が落ち込んでいると周囲も暗くなるという事を知っています。そのため、常に周りに配慮した振る舞いを心がけているのです。

職場でも空気を読んで、冗談を言ってみんなを笑わせたり、率先して色んな人に声をかけたりします。

そのため、周囲も「〇〇さんがいてくれると場が華やかになる。色気のある人は違う」そんなふうに思うのです。


理由8. 仕草や話し方が落ち着いていて、余裕があるから

苦労すると色気がある人になる理由は話し方が落ち着いているから

大変なことも辛いことも乗り越えてきたため、自信に満ち溢れているのが色気がある人。

基本的に余裕があるので、普段から温かい言葉や仕草に表れます。笑顔で「そうだよね」と相槌を打つだけでも、相手は安心感を抱くのです。

余裕のある話し方や立ち振る舞いができるのも、妙に落ち着いていると言われる理由です。


色気のある人になる“3つの方法”|今からできる自分を変える方法とは?

色気のある人になる方法

「今までそんなに苦労してないんだけど、色気って身に付けられる?」

「色気がある人に憧れるけれど、どうすれば自分もそんな雰囲気に近づけるのか方法が知りたい」

このように、自分を変えたいと思う方も多いのではないでしょうか。

では、具体的に何をすればいいのか?ここからは、色気のあるオーラを作り出すコツについて解説していきます。

色気のある人になる方法
  1. 挑戦して失敗から学ぶ
  2. 『giveの精神』で生きる
  3. 落ち着いた服装をする
タップすると移動します

方法1. 色々なことに挑戦して失敗から学ぶ

人は失敗しなければ見えてこないことが多くあります。色気を身に付けるためには、まずは苦労して人生経験を積むことが大事。いろいろなことにチャレンジしてみましょう。

例えば、若くして事業を立ち上げたけれども上手くいかなかった場合、「次は、事業計画をもっと具体的にしないと」など、学びが得られるはずです。

どんなことでも貪欲に取り組めば、多角的な視野で物事を見つめられるようになり、色気のある人へと成長できますよ。


方法2. 『giveの精神』で生きる

いつも人を頼って、何かをやってもらおうという考えでは、人間的に大きく成長はできません。見返りを求めずに、与える側になれるよう心がけてださい。

具体的には、

  • 忙しくても時間を作って友達の相談に乗ってあげる
  • 同僚の仕事を手伝う

など、人の役に立つことをすることで、心の余裕が生まれて落ち着いた人間に成長でき、色気につながってくるでしょう。

ただ、やりすぎは相手のためにならないため、自分がどこまで介入すべきかを見極めることも大切ですよ。


方法3. 清潔感がある、年相応の落ち着いた服装をする

色気のある人になる方法は年相応の服装をすること

色気は内面からにじみ出るものですが、すぐに変わるのは難しいため、見た目から入るのもおすすめです。

流行りのファッションには手を出さずに、清潔感を意識して、できるだけ落ち着いた雰囲気の年齢に合った服装を選ぶようにしましょう。

例えば、モノトーンカラーのコーディネートで、できるだけシンプルなデザインのものがおすすめ。また、アクセサリーも派手なものは控えることがポイントです。


色気のある人になりたいなら、人一倍苦労をしてみよう!

苦労すると色気がある人になれる理由の記事を参考にしよう

苦労すると色気がある人になれる理由やオーラを作り出すコツについてご紹介してきました。

「素敵に年を重ねて、落ち着いた雰囲気の人になりたい」そう願う方も、どんな考え方や振る舞いをすればいいのかが分かったのではないでしょうか。

考え方や行動、見た目を変えていけば色気につながるオーラを身に付けられるので、本記事を参考にぜひ実践してみてくださいね!


【参考記事】はこちら▽

よく一緒に読まれる記事

関連する記事

注目の記事