情緒不安定な彼女だと彼氏は迷惑?不安で感情が乱れた時の対処法も紹介!

情緒不安定な彼女は彼氏に嫌われないか知りたい女性へ。今記事では、情緒不安定な彼女に対して彼氏が思っていることから、情緒不安定な彼女の特徴まで詳しくご紹介します。

情緒不安定な彼女のことを彼氏はどう思ってる?

情緒不安定な彼女のことを彼氏はどう思ってる?

情緒不安定な彼女に対して、彼氏は以下のようなイメージを抱いています。

  • 嫌われたくない気持ちが強すぎて情緒不安定になっている
  • 感情にムラがあり、気分屋やワガママな性格だと思ってしまう

また、情緒不安定な彼女をめんどくさいと感じる彼氏には、このような心理がはたらいています。

  • 情緒不安定な彼女への接し方や付き合い方が分からない
  • 彼女のご機嫌とりに必死になり、正直疲れている
  • 急に感情が変わるため、常に気持ちが休まらない

彼氏の多くは、情緒不安定な彼女にどのような接し方をすべきか分からずに困っているようです。


情緒不安定な彼女の特徴|めんどくさい女になってないか自己診断しよう!

情緒不安定な彼女の特徴

「情緒不安定な彼女ってどんな特徴があるの?」

「自分自身が情緒不安定な彼女なのかどうか気になる…」

どのような人が情緒不安定な彼女に当てはまるのか知りたい女性も多いはず。

そこでここでは、情緒不安定な彼女の特徴について解説します。

情緒不安定に思われているか不安という女性は、以下の特徴に当てはまるかチェックしてみましょう。


特徴1. 嫌なことがあるとすぐに別れ話をしてしまう

ネガティブ思考に陥ると不安や自己否定の気持ちが強くなるため、相手の好意を確かめるような行動を取ってしまいます。

  • 他の女の子と会っているだけで浮気を疑い「別れよう」と切り出す
  • 彼氏からの連絡が遅いだけで「私のこと興味ないなら別れる」と怒る

など、通常なら別れる理由にならないような些細なことでも、すぐに別れ話を切り出してしまうのです。

嫌なことがあるからという理由で別れ話を切り出す女性は、できるだけポジティブな考えになるよう努力することが大切です。


特徴2. いきなり泣いたり怒ったりすることがある

普段から我慢して自分の感情を抑えている女性は、些細な事で感情がコントロールできなくなることがあります。

女性側からすると

「これまでのフラストレーションが爆発して感情を抑えられなかった」

と思っていても、彼氏側からすると彼女が急に情緒不安定になったと誤解する場合もあるでしょう。

感情をコントロールできず情緒不安定になるという女性は、自分の気持ちをしっかり相手に伝えて普段から感情を抑え込まないようにしましょう。

また、ストレスを溜めないように趣味や友達との会話など、ガス抜きできる方法を確保しておくのもおすすめです。


特徴3. 恋愛が生きるためのモチベーション

情緒不安定な彼女の特徴は恋愛がモチベーション

彼氏に情緒不安定になる女性は、恋愛体質で彼氏に依存しがちです。

恋愛が一番という女性は、感情の起伏も恋人次第。

恋人と上手くいっている時は仕事や勉強もやる気になる一方、関係が悪くなると他の事が手につかない程気分が落ちてしまいます。

恋人との関係で感情が左右される恋愛体質な女性は、恋愛以外に没頭できることを見つけてみてください。

趣味を作る、新しい友人を作るなど、恋愛以外に集中できるようになると情緒不安定になる機会も減るでしょう。

【参考記事】はこちら▽


特徴4. 「どうせ私なんか...」と、彼によく言ってしまう

自己否定が強い女性は、自分に自信がないため、彼にないがしろにされていると感じると彼氏の気持ちを確かめようとしてしまいます。

  • 旅行の計画を立てたけれど意見が合わない
  • デートに誘ったのに彼氏が仕事だからと断られた

など、自分の価値感や意見が否定されたと感じた時に「どうせ私なんか…」と言うことで、彼に自分を理解して欲しいのです。

自己否定をしがちな女性は、自分の欠点だけでなく長所にも目を向けることが大切。

友人や彼氏など周囲の人に自分の良いところを聞きだし、自己肯定感を上げるようにしてください。

【参考記事】はこちら▽


特徴5. 夜になるとだいたい病む

仕事や学校で忙しい日中に比べて夜はやる事もなく暇になり、ついありもしないことを考えてしまう傾向にあります。

仕事や学校に行っている時は、忙しいため、彼氏のことを考える時間はありません。

しかし、夜になって時間が空くと彼氏のことを考える時間が増えるため、返事がなかなか来ないから他の女性と浮気をしているのではないかなど、些細なきっかけでも病みやすくなってしまうのです。

夜になると情緒不安定になる女性は、彼氏のことを考えないように他のことに打ち込むのがおすすめです。

好きなゲームをしたり映画を観たりして、暇にならないように心がければネガティブな感情になりにくいでしょう。


特徴6. 趣味がなく、休みの日に何をすればいいのかわからない

情緒不安定な彼女の特徴は趣味がない

一般的な女性は趣味や友人と会う時間など、1人で過ごす時間の活用方法を知っています。

しかし、情緒不安定な女性は恋愛体質なので自分の時間よりも彼氏といる時間を優先しがちです。

彼氏との時間を優先しすぎるあまり、休日を友人と遊んだり1人で過ごしたり自分のために使う時間のことを考えていません。

そのため、1人では何をすれば良いか分からず彼氏との予定がない時は家に引きこもってしまうのです。

休みの日に情緒不安定になりやすい女性は、1人でも過ごすことができる趣味を見つけるところから始めるべきです。またしばらく会っていない友人に連絡するなどして、1人で過ごす時間を減らしてみてください。


特徴7. LINEの送信取り消しが多い

情緒不安定な女性は感情の起伏が激しいため、彼氏への一時的な不安や怒りから感情のままにLINEを送ってしまうことがあります。

一時的に彼氏へ怒りや悲しみの感情が湧いてメッセージを送っても、冷静になった時に

「さっきのLINEは言わない方が良かった」

と感じ、送信取り消しをするのです。

LINEの取り消しを避けるなら、1回メッセージを書いて数分放置し、その後本当に送るべきかどうかを判断すべきでしょう。

メッセージを書くだけでもいくらか心がスッキリしますし、感情が静まったタイミングで見返すことで送信取り消しを防げます。


特徴8. 彼から先に電話を切られると、嫌われたと感じる

彼氏から先に電話を切られた時にネガティブな気持ちになると電話を切った理由を深読みしてしまうことがあります。

ネガティブで心配性な女性ほど

「楽しく会話をしていたのは私だけで、彼氏は電話を早く切りたかったのかな」

と悪い方向に考えてしまい、ネガティブな感情に支配されがち。また、電話を切る際の音いきなり無音になって寂しくなるから嫌という女性もいます。

先に電話を切られるのが不安という女性は、彼氏に「電話は私から切るね」と先にお願いしておくと良いでしょう。


特徴9. 仲の良い女友達があまりいない

情緒不安定な彼女の特徴は仲の良い女友達がいない

女友達より彼氏を優先する女性は、友人関係も希薄で仲の良い女友達も少ないことでしょう。

何でも話せる仲の良い女友達がいれば悩みを相談してストレス解消ができますが、女友達がいないとつい女友達の代わりに彼氏を頼ってしまうのです。

また、女性の中には

「仲の良い女友達に情緒不安定な姿を見せるのが嫌」

という理由で、彼氏に頼っている人もいます。

彼氏に感情を爆発してしまうのを避けるなら、弱いところも気軽に話せる女友達を探すか彼氏以外に相談や悩みを打ち明けられる存在を見つけましょう。

【参考記事】はこちら▽


情緒不安定になってしまう理由|どんな心理から来るものなの?

情緒不安定になってしまう理由

「どうしていつも情緒不安定になるの?」

「日によって気分が変わるきっかけが知りたい」

彼氏のために情緒不安定になるのをやめたくても、理由が分からなければどうしようもないはず。

感情を上手にコントロールするためにも、なぜ情緒不安定になるかの理由を知ることは大切なことです。

そこでここからは、情緒不安定になる理由とその心理を紹介します。


理由1. 過去に嫌なことがあって、トラウマになっている

家庭環境や過去の恋愛などでトラウマを抱えた女性は、嫌な感情がフラッシュバックして情緒不安定になることが多いです。

  • 小さい頃に両親が出かけていつも1人で寂しかったため、1人になると当時の自分を思い出して涙が止まらない
  • 前の恋人に暴力をふるわれたり暴言を言われたりしたため、男性と一緒にいるのが怖い

など、過去の嫌なことを思いだすと感情の起伏が激しくなり、情緒不安定になってしまうのです。

【参考記事】はこちら▽


理由2. 生理によってホルモンバランスが乱れている

女性は生理によるホルモンバランスの乱れが原因で、イライラしたり気分が落ち込んだりすることがあります。

彼氏の一言がどうしても気に食わないと感じたり、悲しくもないのに急に涙が出てしまったりすることはありませんか。

生理前に精神的な症状が強く出るという女性は、感情の起伏が激しくなるため情緒不安定になりがちです。


理由3. 日頃からストレスを溜めてしまうことが多い

情緒不安定になってしまう理由は日頃からストレスが多い

仕事や人間関係で嫌なことがあっても自分の感情を押し殺している女性は、疲れやストレスから感情が爆発することがあります。

  • 仕事で苦手なことを押し付けられても嫌だと言えない
  • 周りに相談したいと思っても「迷惑かも」と感じて心に秘めてしまう
  • 友達にお願いされると自分の都合があっても引き受けてしまう

など、日常生活で嫌なことを自分の中に溜め込んでストレスが積り重なってしまうと、何がきっかけで感情が爆発するか分からない状態になります。

今まで抑え込んでた感情があふれ出してしまうと自分では制御不能になるため、周囲から見ると情緒不安定だと思われてしまうのです。

【参考記事】はこちら▽


理由4. 自分が愛するよりも愛されたい

恋人に愛されていると強く感じたいという女性は、恋人からの愛情が足りないという理由で不安になることもしばしば。

  • 遠距離恋愛中なのに、自分ばかり会いに行って彼氏は来てくれない
  • 彼氏が「愛してる」や「好き」などの言葉を言ってくれない
  • 休みの日も友達と遊んでばかりでデートしてくれない

などが原因で彼氏に愛されていないと不安に感じると、つい彼氏に対して辛く当たったり泣き出してしまったりするのです。


自分が情緒不安定になってしまった時の対応|彼氏に嫌われないためにやるべきこと

情緒不安定になってしまった時の対応

「情緒不安定になった時の対処法が知りたい」

「自分との上手な付き合い方はあるの?」

彼氏に嫌われないためにも、できれば情緒不安定になるのを避けたいですよね。

しかし、間違った対応をしてしまうと、逆に自分自身の感情をコントロールできない程悪化することも。

すぐ怒ったり泣いたりするのをやめたいという女性のために、ここでは情緒不安定になった時の対処法を紹介します。


対処法1. 動物の動画を見たり、ペットと触れ合う

動物の動画やペットと触れ合うと、オキシトシンという心を落ち着かせるホルモンが分泌されると言われています。

可愛い動物の姿に心が癒されて、優しい気持ちになれるはず。その状態をキープできれば彼氏へ接することができます。


対処法2. 彼氏に会わない、連絡を取らない

情緒不安定な時は感情的になり正常な判断ができないため、彼氏に会ったり連絡したりしても迷惑をかけるだけです。

最悪、情緒不安定が原因で別れ話にもなりかねません。

「気持ちを落ち着けたいから、しばらく会わないようにしよう」
「仕事(勉強)に集中したいので、落ち着いたら連絡するね」

などと彼氏に伝えて、できるだけ情緒不安定な時は彼氏とは連絡や会うことを避けるべきです。

気持ちが落ち着いてから彼氏と会うようにすることで、めんどくさい彼女と思われることもなくなりますよ。


対処法3. 4秒吸って、6秒息を吐く深呼吸を7回行う

情緒不安定になってしまった時の対応は深呼吸をする

ストレスが溜まって情緒不安定な人は、呼吸が短く浅くなりがちです。深呼吸をすることで気持ちが落ち着き、冷静な判断ができるようになります。

彼氏の前で情緒不安定な姿を見せたくないなら、彼氏と会う前に副交感神経を優位にしてリラックスできる深呼吸をしてみてください。

深呼吸の仕方は、4秒吸って6秒息を吐くだけです。この深呼吸を最低でも7回は繰り返しましょう。深呼吸をする時は、鼻から息を吸い込んで口で息を吐くように意識してください。


対処法4. 話を聞いてくれる友達に”電話”をする

悩みやストレスを抱え込んだままの状態では、彼氏に感情を爆発させて嫌な気持ちにさせることがあります。

彼氏を傷つけて嫌な印象を与えたくないのであれば、相談のできる仲の良い友達に話を聞いてもらうべきです。

自分や相手の表情が見えない電話なら直接会うよりも気を遣わず、自分の悩みや相談を素直に友達に話せてストレス解消になります

話を聞いてもらうなら、気持ちを理解してもらいやすい同性の女友達がおすすめです。


対処法5. スマホの電源を切って寝る

スマホを触らないでいれば、彼氏のSNSの内容を見て気分が落ち込んだり彼氏が送ってきたLINEの言葉に傷ついたりと、感情を揺さぶられるきっかけを避けることができます

情緒不安定になったと感じた時は、彼氏に

「そろそろ寝るね、おやすみ~」

などとLINEを送り、やり取りを終わらせてから寝てしまうのが一番です。

一晩寝たら気持ちがリセットされて、それまでの不安や怒りなどの感情も落ち着いていることでしょう。

ただし、彼氏の気持ちを無視して勝手にやり取りを途中で中断するのはやめてくださいね。


情緒不安定な状態を改善して彼氏と良い関係を築いていきましょう。

情緒不安定な人は自分の感情との上手な付き合い方を知ることが大切

情緒不安定な彼女に対して、彼氏の多くはめんどくさいと感じているようです。

「感情がコントロールできない自分を変えたい」

と思っても、どうしても情緒不安定になってしまうとお悩みの女性もいることでしょう。

ネガティブ思考や不安感から彼氏に迷惑をかけないためには、自分の感情との上手な付き合い方を知ることが大切です。適切な対応をすれば、徐々に感情が高ぶる機会も減ってくることでしょう。

情緒不安定な自分としっかり向き合うことで、いつまでも仲の良いカップルになれるはずですよ。

【参考記事】はこちら▽

よく一緒に読まれる記事

関連する記事

注目の記事