すぐにムキになる人の5つの心理|意地っ張りな相手と上手に付き合う方法を大公開

すぐにムキになる人との上手な付き合い方を知りたい方へ。本記事では、ムキになる人の心理や特徴について詳しく解説します。

「ムキになる」ってどんな状態?具体的な行動の特徴を5つ解説

ムキになるってどんな状態?

「あの人、すぐ意地を張ってくるけど意味わかんない。」

「ムキになる人ってどんな特徴があるの?」

男性、女性問わず、ちょっとしたことですぐにムキになる人っていますよね。

まだわかりやすい分には対応しやすいかもしれませんが、反対にパッと見は普通な顔をしているのに心の中ではめちゃくちゃ怒ってるという人もいます。

そこでここからは、ムキになる人の特徴や共通点を紹介していきます。あなたの周りにいる人で当てはまる人がいないか確認してみてくださいね。


特徴1. なんとなく素直に褒めてくれない

ムキになる人は負けず嫌いなので、遊びでも仕事でも、自分より良い結果を残した人に対して素直に褒めることはありません。

例えば、職場の同僚が自分よりも優秀な営業成績を残した時は、「たまたまでしょ」、「ラッキーだったね」とその人の努力を認めないでしょう。

そこまで分かりやすく表現してくれる人もいれば、「すごい!」と言ってくれているのに顔が笑っていなかったりなど、心の中では絶対違うことを考えていそうな人もいます。


特徴2. 謝罪よりもまず言い訳をしてくる

すぐにムキになる人はプライドが高いです。

自分の非を認めると同僚や友人よりも自分が劣っていることになってしまうと思っているので、失敗しても素直に謝らずにまず言い訳をします。

例えば、仕事でうまくいかないことがあれば、「上司の対応が遅いせい」、「指示が曖昧で意味がわからなかった」などと、失敗したのは自分の実力ではないことをアピールします。


特徴3. 「昔の話」を持ち出しがち

ムキになる人の特徴は昔の話しを出しがち

ムキになりやすい人は、すごい人と思われたい、認められたいという意識が人一倍強いので、過去の成功を話すことが多いです。

職場の同僚がかっこいいとチヤホヤされていたりすると我慢できなくなって、

「昔は女性にモテまくってたから、彼女がいないことがなかった」

「俺は名門校の出身だけど、彼はどうなのかな?」

など、過去の栄光を持ちだして張り合ってきます。自分が特にライバルだと意識している人に対しては特にこの傾向が強くなりますよ。


特徴4. 自分以外が褒められると急に喋らなくなる

あからさまにムキにならなくても、素直に人を認められないパターンもあります。

例えば、仕事で表彰された人がいて、周りがお祝いムードだとしても、その人は一人デスクに向かって仕事をしていたり、決して中に入ってお祝いしようとは思いません。

このように、興味がないふりをして冷静さを装っていますが、心の中ではもう大変なことに…。

「どうして自分じゃなくてあいつなんだ…」とふつふつと怒りが上がっているため、自分以外が褒められることが悔しくて仕方がないのです。


特徴5. 会話の始まりがいつも反論からスタート

すぐムキになる人は、常に自分が正しく、相手の意見を認めることを負けだと思っているところがあります。

そのため、話をしているとすぐに反論してきます。

「それはそうじゃなくて、こうだよね?」

「でも、そのやり方ではうまくいかなんじゃないかな」

「いや」、「でも」が口ぐせなので、話しかけた側からすると毎回反論されている気がしてしまうでしょう。


すぐにムキになる人の5つの心理|どうしていつも意地を張ってるの?

ムキになる人の心理

すぐにムキになる人の特徴はつかめたでしょうか。しかし、なぜ彼らはすぐにムキになってしまうのかわからないですよね。

ここからは、すぐに対抗心を燃やしてくるムキになりやすい人の心理について解説します。

ムキになりやすい人と上手に付き合っていくために、彼らの感情を理解していきましょう。


心理1. 自分が正しいことをどうにかして証明したい

ムキになる人は自分に絶対的な自信を持っています。絶対に自分が正しいと思っているからこそ、その自分の意見を周りに聞いて欲しいと思っているのです。

そこに客観的な考えなどありません。周りの意見を聞いてより良くしていこうなんて気持ちは一切なく、「自分が、自分が…」と盲目的になっています。

自分の意見をどうにかして証明したいので、周りの意見に対して反論し、ムキになって言い返してしまうのです。


心理2. 相手から下に見られたくない

ひと言でいえば、センスがよくプライドが高い人に見られる傾向がこちら。

要領よくなんでも上手にできるので、今まで下に見られた経験がありません

だからこそ、そういう人が自分よりも上だなと直感的に感じる人に出会った時、下に見られたくない気持ちからムキになってしまうのです。


心理3. 恥ずかしい思いをしたくない

ムキになる人の心理は恥ずかしい思いをしたくない

すぐムキになる人の中には、人に笑われることは恥ずかしいことだと考えている人もいます。

失敗して笑われる経験は誰にでもありますし、失敗を次に活かして頑張れば良いのですが、プライドの高さから笑われることが恥ずかしくて我慢できないのです。

これは、仕事内容だけに関わらず、プライベートなシーンでも当てはまります。周りからからかわれたり、いじられた時にその冗談を本気にしてムキになってしまうでしょう。

そんな冗談が通じない一面も持ち合わせています。


心理4. とにかく他人から認められたい

仕事がうまくいかなかったり、恋愛の失敗で自分に自信が持てないことがきっかけで、承認欲求が高い人になってしまうことも。

他人に認められることで、劣等感を解消できると思っているため、かっこ悪いところを見せるわけにはいかないとムキになってしまうのです。


心理5. 自分に対してがっかりしたくない

ムキになりやすい人はプライドが高いので、こうありたいと思う理想の自分から外れることが許せません。

もし、何かで失敗してしまったら、自分自身が自分に対して1番失望してしまうのです。

そのため、失敗を失敗と認める余裕がなく、意地になって自分は悪くないと主張してしまうでしょう。


すぐにムキになる人への対処法5つ|上手な付き合い方とは?

ムキになる人との上手な付き合い方

「職場にいるすぐにムキになる人がいつも対抗心を燃やしてきて困る。」

「意地っ張りな人とどうすればうまく付き合っていけるんだろう」

すぐムキになり張り合ってくる人がそばにいると自分のメンタルがどんどん消耗しますよね。

このタイプの人は、とにかく負けず嫌いでしつこいので、上手に対処しないとストレスが溜まる一方です。

そこで、ここからはムキになる人との上手な付き合い方を5つ紹介していきます。


対処法1. 必要最低限の関係にとどめて、深入りしない

「あの人苦手だな」とあなた自身が気づいているのであれば、必要以上に接触しないことでストレスが減っていきます。

失礼にならないように、最低限の付き合いだけをすると決めるようにしましょう。

例えば以下のような感じです。

  • 自分から声をかけるのは挨拶だけにする
  • 会話は仕事上必要なことだけにして、雑談はしない

無理に自分を変えてまで誰とでも仲良くする必要はありません。

相手によって関係性を濃くしたり薄くしたりするということも、人付き合いをしていく上で重要なポイントです。


対処法2. 話す時は、必ず相手を立てる

ムキになる人が会社の上司や先輩であったりすると関わりを避けられないですが、直接文句は言いづらいですよね。

そういう相手の場合は、向こうが熱くなってきたなと感じたら反論せず、相手を褒めてやり過ごしましょう

「○○さんのおっしゃる通りですね。」

「そういう考え方もあるんですね。気が付きませんでした!」

のように称賛することで、相手の承認欲求を満たすことができます。

ムキになる人の根底にあるのは認められたい気持ちなのでその場は丸く収まりますよ。


対処法3. どうしても離れられないなら、圧倒的な結果で差を見せる

ムキになる人との上手な付き合い方は結果で差を付ける

ムキになる人はプライドが高いので、誰が見てもわかるような差をつけられると悔しさに耐えられず、あなたとの関わりを自ら避けるようになります。

  • 社会人であれば、仕事に全力で取り組み社内で力をつける
  • 学生であれば、学業で相手が届かない成績を取る

この方法は、最も大変な対処法ですが、実現できれば1番効果が大きいといえます。

あなたと相手は違う土俵にいるのだとわからせることで、張り合うのを諦めて干渉してこなくなるのを狙いましょう。


ただし、相手をヒートアップさせる可能性があることも忘れずに。

実力で相手を黙らせるのは1番効果がある方法ですが、時に相手が逆上してくるリスクもあります。

実力差をつけても決して煽るようなことはしないで、粛々と自分のやるべきことをやるのがポイントです。


対処法4. 相手をムキにさせることを言わない

「どうしてこの人はこんなにムキになってるんだろう」と感じても、ぐっと飲みこむのも対処法の一つ。否定的な言葉をかけなければ、ムキになって反論してくることもありません。

例えば、会議の場で自分の思い通りにならないことが許せずに強い言葉で罵ってきたとしても、自分は熱くならずに黙ってやり過ごしましょう。

ただ、ムキになる人との関係は良好になりますが、常に言葉を選んで話す必要があるため、あなた自身が疲れてしまうかもしれません。

なるべく関わらないようにすることも併せて意識すると、疲弊せずに済みますよ。


対処法5. 相手が熱くなっても言い返さないで聞き流す

ムキになってくる人に反論すると、言い争いに発展して相手のペースになってしまいます。相手のペースに巻き込まれないために、聞き流してしまうのも一つの手です。

  • 何か言われても聞こえなかったふりをする
  • 「そうなんだ」「なるほどね~」と否定も肯定もせず流す

ただし、この方法は、流されていることに苛立ちを感じてエスカレートするタイプの人には逆効果なので、相手をよく見極めましょう。

大勢の前では威勢が良いが面と向かっては何も言えないタイプには非常に効果的です。


すぐにムキになる人とは、うまく距離を取って付き合ってみて。

すぐムキになる人には自尊心を満たすような言葉をかけてあげる

男性、女性を問わずすぐにムキなってくる人はいます。彼らの根底にあるのは、「認められたい」、「すごい人と思われたい」という感情です。

そこを理解した上で、自尊心を満たすような言葉をかけてあげたり、相手を逆なでしないような言動を意識すると、トラブルを回避できます。

下手に目をつけられて対抗心を燃やされるとやっかいなので、適度に距離を取って付き合うようにしましょう。


【参考記事】はこちら▽

よく一緒に読まれる記事

関連する記事

注目の記事