態度がでかい人の特徴とは|職場にいる偉そうな人の対応方法を解説!

態度がでかい人の特徴について詳しく知りたい方へ。今記事では、態度がでかい人の特徴から、最適な対処法まで詳しくご紹介します。態度が大きい人への上手な接し方も解説するので、身近に態度が大きい人がいる方は、ぜひ参考にしてみてください!

態度がでかい人の特徴とは|共通するポイントを大公開

態度がでかい人の特徴とは

会社の上司や先輩、お世話になる人の態度がすごい大きい人だったらあなたはどう思いますか?

「やばい、この人と関わらなきゃいけないのにやっていける自信ないや…」と思ったら要注意。あなたは態度の大きな人との適切な関わり方を知らないだけかも。

もし、人付き合いの経験豊富な人なら態度の大きい人に対して「よかった、扱いやすいタイプだ」と思うんです。

この記事では、でかい態度を取る人の特徴や正しい対処法を紹介していきます。苦手だけど付き合いが必要な人はぜひ参考にしてみてくださいね。


態度がでかい人の特徴1. 上から目線で物言いをする

自己中心的な性格の、態度が大きい人。

仕事で打ち合わせをしていても、他社員の至らないところばかり指摘したり、協調性に欠けたりすることもしばしばあります。そんな態度に周りも嫌気がさして、場の雰囲気がピリついてしまうこともあるでしょう。

上から目線で物を言い、まるで自分の独壇場であるかのように勘違いしているのが、態度がでかい人の特徴なのです。

【参考記事】はこちら▽


態度がでかい人の特徴2. 人の話に否定から入りがち

態度がでかい人は、どんな時も自分の意見が正しいと信じてやみません。

職場でプレゼンする人に、良い点よりも真っ先に悪いところを指摘したり、日頃から「でも」など最初に否定的な表現が口に出てしまったりすることも。

自分の意見に耳を傾けさせて周りから認められたいと思う気持ちが強く、人の話に否定から入るのが、態度のでかい人の特徴の一つなのです。

【参考記事】はこちら▽


態度がでかい人の特徴3. 自己評価が高い

自分に甘いところがある、態度がでかい人。

会社の自己評価シートなどでは評価が甘く、至る場面で「自分はデキる」と思っているのです。それゆえ、少しくらいは威張っても良いと考えているのでしょう。

自分のできていないところを反省せず、自己評価が高いまま生きているのが、態度がでかい人の特徴の一つだといえます。


態度がでかい人の特徴4. 初対面の相手にもタメ口で会話をする

態度がでかい人は、人への配慮や敬意に欠けるところがあります。

先輩から指導されている時にタメ口を使ってしまったり、プライベートでも初対面の相手に年齢構わずタメ口をきいてしまって周りをヒヤヒヤさせてしまうこともあるでしょう。

態度がでかい人は、初対面の相手には敬語を使おうなんて気持ちが薄く、初めましての相手にもタメ口をきいてしまうのです。


態度がでかい人の特徴5. 立場の弱い人に威圧的

態度がでかい人は、他人と自分を相対的にみて、自分の立ち位置を確認しがちです。

職場で部下の小さな失敗にいちいちオーバーに反応したり、後輩のみならず、男性が女性に接する際の普段の物言いがキツかったりするなど。弱い立場の人に攻撃して、自分の強さをひけらかしたいのでしょう。

強い口調や態度で特に立場の弱い人を萎縮させてしまう威圧感があるのが、態度のでかい人の特徴だといえます。


態度がでかい人の特徴6. すぐ感情的になる

人から下に見られたり、舐められたりするのを嫌う、態度のでかい人。

同僚との会話のなかでバカにされたと思ったら、すぐ反撃したり、ムキになって言い返したりする傾向にあります。

高いプライドを持ち合わせ、すぐ感情的になることがあるのが、態度のでかい人の特徴の一つ。そんな態度に周りも腫れ物に触るように接することがあるでしょう。

【参考記事】はこちら▽


態度がでかい人の特徴7. 目上の人にはごまをする

楽をしたがる傾向がある、態度がでかい人。

目上の人に気に入られると簡単に出世できたり、希望を聞いてもらいやすくなるのを知っているため、いつも上司の機嫌をとったり、盛り上げたりしているのです。上司に気に入られていることをステータスに、周りを見下すことも。

目上の人にはゴマをすり、その他の人には興味がないのが、態度がでかい人の特徴の一つなのです。


態度がでかい人への対処法|上手な接し方を解説

自分が正しいと思い込み、プライドも高い、態度のでかい人の対処法に迷ってしまう時もあるでしょう。

ここからは、態度がでかい人への上手な接し方について詳しくご紹介します。

適切な対応をして自分の心をすり減らさないようにしましょう。


態度がでかい人への対処法1. 相手より目上の人とも織り交ぜて会話する

態度がでかい人は自分より立場が下の人にはキツくあたる傾向があります。

一対一だと威圧的な態度を取る場合、相手より目上の人も含めて会話をするなど、サシの状況を作らないようにするのも効果的な方法です。

上司の見ているところでは「デキる人」を演じたがるため、物言いが普段より柔らかくなるのだといえます。


態度がでかい人への対処法2. 隙を見せないようにする

態度のでかい人は、人の弱いところを見つけると、喜んで指摘してくることがあります。

何か突っ込まれたり、つけこまれたりしないよう、隙を見せないようにするのも効果的な方法ですよ。焦ったり表情を変えると嬉しがるため、ポーカーフェイスでいると良いでしょう。

隙がなく、つつきようがないと分かるとつまらない気持ちになり、フラットな対応になるといえます。


態度がでかい人への対処法3. 褒めておだてる

誰しも、他者から褒められると嫌な気持ちにはならないものです。

苦渋の決断ではありますが、単純な人も多いため、褒めておだててあげるのも効果的ですよ。聞きづらい質問や言いづらい話題があった時は、まずおだててひるんだ隙に話すと良いでしょう。

「この人に威圧的な態度をとると、もう褒めてもらえなくなるな。」と思うと今後の態度も柔らかくなるといえます。


態度がでかい人への対処法4. 何を言われても受け流す

自分が絶対だと思っている態度のでかい人は、人に負けるのを嫌います。

反応するとまた突っかかってくるため、大人の対応を心がけるのもおすすめですよ。その場で理不尽なことを言われたとしても軽く流し、深刻なことはより上の立場の人に相談すると良いでしょう。

冷静な反応が返ってくると、威圧的な態度をとっている自分が少し恥ずかしくなり、態度がでかい人も冷静な態度になってくるものです。


うまく対応してちょうどいい距離感を

会社、プライベートと、男女問わず態度のでかい人はいて、困らされてしまいますよね。できることなら適切な距離感を保って、自分を守りたいもの。

時には威圧的な態度をとられたり、否定的な発言をたくさんされて参ってしまうこともあるかもしれません。

今回ご紹介した対処法を参考に、受け流したり、要所要所でおだてたりしてうまく距離を掴んでコントロールして自分の精神を守りましょう。

【参考記事】はこちら▽

LINE はてなブックマーク
お気に入り

よく一緒に読まれる記事

関連する記事

注目の記事