【社会人向け遠距離恋愛のルール】不安だらけのカップルでも長続きするコツとは?

遠距離恋愛をしている社会人カップルの方へ。今記事では、遠距離恋愛をしている社会人カップルがうまくいくコツから、やってはいけない注意点まで詳しくご紹介します。遠くに住んでいる恋人とうまくいきたいと思っている方は、ぜひ参考にしてみてください!

遠距離恋愛をしている社会人カップルが上手くいくコツとは

社会人カップル向け遠距離恋愛のコツとは

思うように会えなくて辛いと言われがちな遠距離恋愛ですが、破局してしまうカップルもいれば、長続きするカップルもいます。果たして、両者にはどんな違いがあるのでしょうか。

ここからは社会人の遠距離恋愛を長続きさせるコツを詳しく紹介したいと思います。


遠距離恋愛のコツ1. 連絡や会う頻度について話し合う

遠距離恋愛でも自分が我慢できる範囲で彼氏、彼女と連絡を取ったり、デートできたりすれば、寂しさを耐えられるもの。

なるべく早い段階で、お互いがどれくらいの頻度で連絡したいのかや、会いたいのかを話し合って、決めておきましょう。

お互いが求める連絡頻度やデートのペースを知っておくことで、ストレスを少なくして遠距離恋愛を続けていけるものですよ。

【参考記事】はこちら▽


遠距離恋愛のコツ2. お互いを信じ合う

遠距離恋愛は二人の距離が離れているだけに、気持ちも離れていきそうな不安にさいなまれますが、恋人を信じられなくなると、乗り越えられなくなります。

お互いに相手を信じられるような信頼関係を築いていくのも遠距離恋愛をうまく進めていくコツといえるでしょう。嘘をつかずに素直な気持ちで接することや、相手のことを尊重した会話が大切です。

お互いを信じ合える関係ができることで絆が強くなり、遠距離で感じる不安感を軽減させられますよ。


遠距離恋愛のコツ3. 本音で話し合える関係を築く

連絡頻度などカップル間でルールを決めても不安や不満は溜まっていくものです。そんな時に「自分が耐えればいい」と我慢してもいつかは爆発するはず。そうならないためにも、お互いが本音で話し合える関係を築くことも大切です。

どうしても不安な気持ちが消えない時に、その気持ちを伝えられると、相手は安心させる言葉をかけてくれたり、急遽会ってくれたりして、修復不能な状態になる前に関係を改善できるでしょう。


遠距離恋愛のコツ4. 有給を使って休みを合わせる

社会人同士の恋愛は職種によっては休みを合わすのが難しいもの。しかし、休みが合わないから会えないという状態は恋人間の亀裂の原因になることも。

休みが合わない遠距離カップルなら、有給休暇を使って彼氏、彼女に会える日を意識して作るようにするもの長続きのコツです。

有給休暇を利用して、恋人同士が二人で過ごす時間をしっかり作ることで、お互いが会えなくて寂しいとか、辛いなどの気持ちが大きくならずに済みますよ。


遠距離恋愛のコツ5. 片方に交通費の苦労をかけない

遠距離恋愛では相手に会う時の交通費が通常より大きくかかります。遠距離が長くなればなるほど、交通費が交際を続ける障害になることも

遠距離恋愛ではお互いが交互に会いに行く、両者の住まいの中間地点で会う、彼氏か彼女どちらかがいつも会いに行くのなら交通費を折半にするなど、交通費の不平等をなくすようにしましょう。

交通費の負担を平等にすることで、どちらか一方の負担が大きいという不満がたまりにくく、円満に関係を続けていけるのです。


遠距離恋愛のコツ6. 遠距離を終えるタイミングを話し合う

どんなに辛いことでも、ゴールが見えていれば人は頑張れるものです。

「遠距離恋愛が一年目を乗り越えたら、近くに引っ越しを考える」とか「○○歳になったら同棲を考える」などゴール地点を決めておくのもおすすめの方法です。

遠距離恋愛の終わりが分かっていれば、どんなに寂しさや不安に襲われても、「もう少しの辛抱だから」「これが終われば幸せになれる」など前向きに考えられて、乗り越えられるでしょう。


遠距離恋愛のコツ7. 心配をかけないようにする

遠距離恋愛はすぐに会える距離にいないだけに、通常の恋愛よりも不安な気持ちは大きくなりがち。連絡が少しの間来ないだけでも、浮気の心配や相手の気持ちが変わってしまったんではないかと心配になってしまいます。

何もやましいことがなくても異性の友達や同僚の話題を避ける、連絡を頻繁にするなどをして、心配をかけないような配慮をすることが大切。

無用な心配をかけないことで、必要以上に恋人を不安にしたり、無駄なケンカをしない関係を作ることができますよ。


社会人カップルが遠距離恋愛をしている際に気をつけたい注意点とは

遠距離恋愛をしている社会人のカップルには普通の恋愛よりも気を使わないといけないポイントがあります。

ここからは社会人の遠距離恋愛での注意点を詳しく紹介。

付き合いたての遠距離恋愛カップルや、学生から社会人へと次のステージに進んだ遠距離恋愛中のカップルなど参考にしてみてくださいね。


遠距離恋愛の注意点1. 浮気を疑いすぎない

遠距離恋愛中はバレにくいシチュエーションということもあり、「浮気をしている」という疑念を持ちやすいです。しかし、裏切るようなことをしていない時に、必要以上に疑われるのは辛いもの。

不安な気持ちから相手に不信感を抱きやすいですが、浮気を疑いすぎるのはやめておきましょう。

必要以上に疑わないことで恋人は「信頼してもらえている」と安心するものですし、なにより自分が苦しまないで済みますよ。


遠距離恋愛の注意点2. 相手の仕事へ理解を持つ

遠距離恋愛中の辛い気持ちが募ると、「いつも帰りが遅い」「休みがなくて会えない」「忙しいと連絡をくれない」など恋人の仕事に対する不満に向かいがち。しかし、自分の仕事を恋人に理解してもらえないのは悲しいものです。

社会人に仕事はついてまわるもの。恋人への仕事に理解を持って接してあげましょう。

仕事を理解して支えてくれる恋人には「自分を受け入れてくれている」という信頼感につながって、円満な関係を築くことができます


遠距離恋愛の注意点3. 自分本位にならない

連絡頻度や会うペースなどで、自分の希望ばかり押しつけると、相手にとってはそれが負担になってしまうケースも考えられます。

恋愛全般にいえることでもありますが、遠距離恋愛では特に自分本位にならずに、相手を思いやる気持ちを持つのが大切です。

どのような交際を続けていくのか、恋人と十分に話し合って、お互いの気持ちに歩み寄ることで、遠距離恋愛を上手に乗り越えていけますよ。


忙しい社会人の遠距離恋愛もうまく乗り越えていきましょう!

今回は社会人の遠距離恋愛カップルの仲良くいるためのコツや、注意点を紹介しました。

どちらかの仕事の都合で遠距離恋愛をしているカップルや、新卒になるのをさかいに遠距離恋愛になるカップルなどで「これから先が心配」という人もいるでしょう。

どんなに不安でも相手を信じる気持ちを持つことと、自分本位ではなく相手に思いやりを持つことを忘れなければ、遠距離でもいい関係を築くことができるものですよ。

【参考記事】はこちら▽

LINE はてなブックマーク
お気に入り

よく一緒に読まれる記事

関連する記事

注目の記事