失敗が怖いのはなぜ?失敗恐怖症の原因&克服方法を大公開

失敗を過度に恐れてしまうのを克服する方法について詳しく知りたい方へ。今記事では、失敗を恐れてしまう主な理由から、失敗が怖いのを克服する方法まで詳しくご紹介します。失敗を恐れるがゆえに何も出来ないのを改善したいと思う方は、ぜひ参考にしてみてください!

失敗が怖いと感じるなら直ちに克服するのが理想

失敗が怖いのを克服する方法

仕事でも恋愛でも、何かに挑戦する際、失敗が怖くて戸惑うことってあるもの。誰だって失敗した時に良い気はしないため、「失敗が怖い...」と思っている人は少なくはないでしょう。

しかし、失敗が怖いと常に消極的になってしまい、何事にもチャレンジしなくなってしまう恐れがあります。挑戦することを諦めるのが当たり前になる前に、なるべく早めに改善するのが賢明ですよ。


失敗が怖い原因とは|恐怖に感じる主な理由を大公開

そのままだと行動しない人間になる恐れがあるため、できる限り早めに克服するのが良いとされている失敗を恐れる状態。

しかし、そもそもなぜ自分が失敗を怖いを思ってしまうのか、その理由や原因が分からないという人も多いでしょう。

そこでここからは、失敗を恐怖に感じる主な理由を詳しく解説していきます。


失敗が怖い原因1. 自分のプライドが傷つくから

自尊心が高い人は、失敗することで周囲からの評価が下がることをひどく気にする傾向があります。

「自分はできない人間だと思われてしまう」とか「見下されたら...」などと思っているため、できる限り人前でミスをしたくないのでしょう。

自分のプライドを守りたいことは、失敗を恐れてしまう原因だと考えられます。

【参考記事】はこちら▽


失敗が怖い原因2. 失敗したら怒られると思ってるから

失敗を恐れる人の中には、自分が失敗することというよりは、周りに強く責められることを恐れている人も多くいます。

仕事場で上司にキレられたり、家族に激怒されたりすることが苦手なため、できる限り失敗を回避しようとするのです。

周囲に怒られることに敏感な性格であることも、ミスや間違いをすることを怖がる要因でしょう。


失敗が怖い原因3. 失敗はありえない、完璧主義だから

なんでも完璧にこなしたい性格の人は、小さなミスや間違いをする自分がどうしても許せないもの。

例えば、他の人が「初めてなら仕方ないよね」とか「誰でもこんなミスをすることがあるよ」などと言うようなことでも、完璧主義が原因でひどく自分を責めてしまう傾向があります。

真面目で少しの妥協も許せないため、失敗することを怖いと思ってしまうのでしょう。

【参考記事】はこちら▽


失敗が怖い原因4. とにかく心配性だから

何かをする時に神経質になりすぎる性格だと、起こってもない問題やトラブルを想像して不安になってしまうもの。

「自分がミスして大きな事故につながったら...」とか「間違えたら周囲に迷惑がかかるかも」などと常に考えているため、失敗に敏感になってしまうのです。

何事においても心配しすぎていることも、失敗恐怖症の元になる場合が多いですよ。

【参考記事】はこちら▽


失敗が怖い原因5. 過去の失敗によるトラウマがあるから

人は、自分の間違えが大きな問題や他人との亀裂などを引き起こした経験があると、「できるだけ同じ過ちは犯したくない」と考えるもの。

会社でのミスが大きな損失を産んでしまった、恋愛で失敗したせいでこっぴどくフラれてしまったなどの辛い経験があると、失敗恐怖症になってしまうでしょう。

失敗により精神的に大きな傷を負っていることも、ミスや過ちを恐れる原因であることが多いです。


失敗が怖い原因6. 失敗は悪いことだと思っているから

時と場合によっては成長するチャンスにもなり得る失敗ですが、そのデメリットにばかり目を向けてしまう状態だと、前向きには捉えられないもの。

子供の頃からずっと「失敗はダメなことだ」と教えられ続けていたり、失敗を乗り越え成功した人の事例などを知らなかったりすると、失敗することを避けてしまいがちになります

「ミスをしたり過ちを起こしたりすることは良くない」と強く思っていることも、失敗を恐れる理由でしょう。


失敗が怖いのを克服する方法|改善に導くコツを徹底ガイド

様々な理由や原因があり、失敗恐怖症になっているという人は決して少なくありません。

しかし、失敗を恐れすぎると仕事や恋愛などにおいて損をする場合もあり、「なんとかこの状況を改善したい」と考える人は多いでしょう。

そこでここからは、失敗が怖いと感じるのを克服する方法を紹介していきます。


失敗が怖いのを克服する方法1. 失敗は悪いことではないと解釈を変える

トラウマや固定観念などがあると失敗をマイナスに捉えがちになりますが、そもそも失敗は決して悪いだけのものではありません。

そこで、まずは失敗がデメリットばかりではないというように、自分の中での解釈を変えてみましょう。

「失敗したらその分もっと成長できる」とか「失敗から学べる」などのメリットに目を向けることで、失敗することを怖がる気持ちがだんだんと薄れていくはずですよ。

ほんの小さな所、「料理を作って失敗した時にしょうがないしょうがない、次頑張ろう」のように思えるだけで、だいぶ心持ちが変わってきますよ。

【参考記事】はこちら▽


失敗が怖いのを克服する方法2. 周りの人に相談する

大人になってから性格を変えるのはそう簡単ではなく、失敗を前向きに捉えようと思っても自分だけではなかなか努力できないもの。

したがって、失敗恐怖症を克服したい場合は、周囲の人に相談することをおすすめします。

自分だけで考えても怖いとしか思えないので、直ぐに他の人にいきましょう。

信頼できる友人や知人、尊敬している上司などに話すことで、適切なアドバイスをもらえどう改善すればいいのかを理解することができるでしょう。


失敗が怖いのを克服する方法3. 最悪の状況を考えてみる

失敗が怖い人は、ミスをした後のことを気にしすぎたり、勝手に後ろ向きに捉えたりして悩みがちな傾向が強いです。しかし、実は大抵の場合、失敗してしまってもその後の行動でカバーできるもの。

そこで、失敗が怖いのであれば、一度最悪の状況を考えてみるようにしましょう。

意外と「大したことではない」とか「別に取り返しがつかないという訳ではない」と思える場合が多いため、何事にも積極的にチャレンジできるようになるかもしれませんよ。


失敗が怖いのを克服する方法4. どうすれば上手くいくか?具体的なアクションプランを考える

いくら「失敗は悪くない」とか「失敗してもなんとかなる」と考えようとしても、中にはどうしても悪い想像ばかりしてしまう人もいるもの。

そのような人は、どうすれば上手くいくのか、今後のプランを具体的に考えてみることをおすすめします。

一旦、今の失敗は飲み込んで、「これをすればそもそも失敗しない」とか「失敗した時もこう行動すれば改善できる」などと明確なアクションプランを考えておくことで、だんだんと不安がなくなり物事に挑戦できるようになるでしょう。


失敗はしょうがない、大事なのは次の行動から

何事においても、失敗が怖くて挑戦を戸惑ってしまうという場面は意外とあるもの。

「このままでは行動できないのでなんとか変わりたい」と思う人は多いと思いますが、大人になってから性格を変えるのは簡単ではなく、悩んでしまいますよね。

しかし、失敗が怖い原因を理解した上で適切な対処法を使えば、失敗恐怖症を改善することは可能ですよ。

自分の性格や状況に合った方法を試し、失敗を怖いと思ってしまう気持ちを克服していきましょう。

【参考記事】はこちら▽

LINE はてなブックマーク
お気に入り

あなたにオススメ

関連する記事

注目の記事