30歳無職からのやり直し方|どうすれば良いか悩んだ時の行動の仕方

どうすれば仕事に就けるか詳しく知りたい30歳で今は無職の方へ。今記事では、無職のまま過ごすのを避けるべき理由から、仕事に就く方法まで詳しくご紹介します。正社員になって現状を脱却して逆転したいと考えている方は、ぜひ参考にしてみてください!

30歳で無職の状態でも努力次第で逆転は可能

30歳無職って大丈夫?

30歳でニートだと「もうダメだ…」と思い、努力を諦めてしまいがち。

しかし、やり直したいと本気で思っていれば、まだ挽回ができる年齢です。努力次第では正社員になったり、自立した暮らしをするなどの逆転も可能。

まずは「まだ大丈夫」というこうとえお念頭におきましょう。

ズルズルと無職期間を伸ばさないためにも、「この状況をなんとかしたい!」と思ったらすぐ行動を始めましょう。今記事では仕事を就くためにやるべきことをお届けします。


30歳を過ぎても無職の期間を過ごしてしまうのを避けるべき理由とは

30代になると、「もういい年だし、今からじゃ遅いかも」と思って就職に関して積極的な気持ちが失われてしまうことも。

でも、当然ながら無職期間は少しでも短いほうが良いんです。

そこで、少しでも早く行動すべき理由について説明します。

「なぜすぐ就職しなくちゃいけないの?」と思う人は、以下を読んでみてくださいね。


無職を避けるべき理由1. 就職へのハードルが高まるから

会社側としては、同じスキルの人であれば年齢が若いほうを採用したいと考えるもの。

特に未経験可の正社員の求人は「30代前半まで」のものが多く、年齢が1つ上がるごとに応募できる求人数はどんどん減ってしまいますし、応募できても資格や経験が必要なものが多くなってきます。

年齢が高くなるほど会社が要求するハードルも高くなってしまうため、働ける就職先を見つけるのが難しくなってしまうのです。


無職を避けるべき理由2. どんどん勤労意欲が失われるから

無職で歳を重ねるごとに、就職へのハードルはどんどん高くなってしまいます。

しかし、無職期間が長いほど「どうすればいいんだろう」という焦りが空回りしたり、「ニートで職歴なしなんてもうだめだ」と自信を喪失したりしてしまいがち。

ネガティブな気持ちがどんどん大きくなってしまうので、「頑張って働こう」という前向きな気持ちが生まれにくくなってしまうのです。


無職を避けるべき理由3. いつまでも自立できないから

家に住んだり、食べ物や服を買ったりと生きるためには何をするにもお金が必要となります。

しかし、無職ということは、今は貯金があったり実家暮らしだとしても、やがては食費や光熱費などの生きるために必要なお金は親などに出してもらうことになります。

自分でお金を稼がない限り、いつまでも誰かに頼らないと生きていけない、不安定な人生になってしまうでしょう。


現状を脱却する方法とは|30歳無職の人がまずやるべき事を大公開

就職したい!と思っても、無職期間が長いとどうしたらいいのかわかりませんよね。

そこで、以下で仕事に就くために30歳無職の人がまずやるべきことをご紹介します。

「今の状況を変えたい!」と思うなら、以下をすぐに実行してみましょう。


仕事に就く為にやる事1. 規則正しい生活を心がける

ニートだと昼夜逆転生活を送りがち。ですが、多くの仕事は朝から夕方まで働きます。

仕事を始める時にいきなり昼型の生活に戻すのは困難なため、せっかく就職しても最初から遅刻を繰り返して挫折なんてことにもなりかねません。朝起きて夜寝る生活を心がけましょう。

体のリズムが整っていれば、いつ仕事に就いても順調にスタートを切れますよ。


体力アップを目指すのもおすすめ

ずっと働いていないと、いきなり仕事についた時に体がもたないといった事態になることも。

そのため、体力の強化をしておくのもおすすめ。いきなり激しい運動をするとバテてしまうので、最初は軽い筋トレや散歩などから始めてみましょう。

運動すると適度に疲れるため、夜眠りにつきやすくなって規則正しい生活もしやすくなりますよ。

【参考記事】はこちら▽


仕事に就く為にやる事2. 興味のある仕事をピックアップする

自分が「やってみたい」と思う仕事が見つかると、就活へのモチベーションがアップします。

仕事を探す時は、「どんな職業に就きたいか」だけでなく、「未経験でも就職できるか」など、自分が就職できるかの難易度もチェックするようにしましょう。

もし本当にやりたいことが見つかった時に、どのようにすれば働けるのか、と考えて行動することが大切になります。

目標とする仕事が見つかったなら、後はその仕事に就けるよう努力あるのみです。

【参考記事】はこちら▽


仕事に就く為にやる事3. 職業訓練校に足を運ぶ

職業訓練校は、失業中・休職中の人が就職するためのトレーニングを受けられる場所です。

パソコンの使い方や溶接、介護など、未経験からでも様々なスキルや資格を得られる講座が開講されています。受講するには条件がありますがテキスト代や試験料のみでOKですし、卒業後はハローワークと連携して職業紹介をしてくれます。

やりたい仕事の講座を受けてみたい人、安価で資格を手に入れて就職したい人におすすめです。


仕事に就く為にやる事4. 資格を習得してみる

興味を持った仕事に資格が必要だったり、手に職をつけて就職したいのであれば資格の取得も良いでしょう。

ただ家で勉強するだけではなく、資格に関係のあるバイトをしながら勉強すれば、貯金をしながら仕事についての情報も得られ、スキルも身につくのでいい事ずくめです。

ただの無職よりも、資格がある無職の方が印象も良く、その期間は勉強をしていたということも言えます。

コストと時間はかかってしまいますが、取得した資格とスキルは仕事を探す上で大きな武器になりますよ。


仕事に就く為にやる事5. ハローワークに通う

ハローワークは国が運営する就職斡旋のための事業です。

求人情報が見られるだけでなく、就職に関するイベントなどの情報も得られますし、専門の相談員が履歴書の書き方や就職先の相談などにも乗ってくれます。

「仕事がほしい!でもどうしたらいいのかわからない!」という人は、まずはハローワークに相談に行ってみるといいですよ。

【参考記事】はこちら▽


30歳無職。ここからスタートしてみて

30歳になると、友達は結婚したりマイホームを建てていたりする人も多いもの。無職で独身だと自分との格差を感じてしまい、「もう一生このままなのかな」と悲観してしまいがちになります。

しかし、30歳はまだ挽回も逆転も可能な年齢。

本気で努力すれば、今からでも正社員になったり自立したりと今からでも現状を打破することができるんです。

頑張って一歩踏み出し、素敵な未来を手に入れてくださいね。

【参考記事】はこちら▽

LINE はてなブックマーク
お気に入り

よく一緒に読まれる記事

関連する記事

注目の記事