「働けない」と思ってしまう原因とは?働くきっかけ作りや社会復帰するコツを紹介

働けないとお悩みを抱えている方へ。今記事では、働けないと思ってしまう主な原因から、仕事に就いて働くきっかけを持つコツまで詳しくご紹介します。仕事に対して前向きになるコツも解説するので、ぜひ参考にしてみてください!

「もう働けない」と思ってしまう原因とは?

働けないと思ってしまう原因

働くことは、精神的にも体力的にも疲れるもの。環境によっては、続けることが難しい場合もありますよね。

上手に「働くこと」と向き合っていくためには、どんなことに気をつければいいのでしょうか?

最初に、そもそもなぜ働けないと思ってしまうのかについて解説していきます。働けない人には、どんな特徴があるのか見ていきましょう。


働けない原因1. 働きたいけど職が見つからないから

働けない人の中には、働きたい意志はあるけど、就職活動をしてもご縁がない人もいます。

大人になると常に働くことを考えなければなりませんが、経済が安定していない状況下では仕事を探すことが難しいです。会社ごとに志望動機を考えて、たくさん応募しても良い返事が返ってくるのは数社のみということはよく起こります。

一つの職業に絞って仕事を探すのも、職が見つからない理由の一つです。


働けない原因2. 人間関係が怖いから

働く上で、コミュニケーション能力は必要不可欠です。

人間関係が理由で働くのが怖い人もいるでしょう。もともと人見知りな性格であったり、過去に人間関係で嫌な思いをしたりしている場合は、心理的に恐怖を抱いているでしょう。

悪化すると、うつ病などを引き起こしてしまう可能性もあります。一度心の病にかかってしまうと、社会への再復帰は難しいです。


働けない原因3. 体調を崩しやすいから

身体がもともと弱くて働けない人は、体力勝負の仕事などは厳しいでしょう。

正社員で働くと週5日・1日8時間程度、時間が拘束されます。体調が崩れてしまうと、休みや早退が増えて、会社に迷惑がかかってしまいます。お金をもらっている以上は、きちんと自分の責任を果たさなければなりません。

身体を壊してしまっては、働くこと以前に生活することも難しくなります。


働けない原因4. 仕事に就いても続かないから

ストレス耐性などの理由から、仕事が続かないことがあります。

働く環境が合っていないと、ストレスが溜まりやすいです。過度なストレスは、いつか精神的に限界がきてしまいます。環境以外にも労働条件であったり、人間関係だったり人によって原因は様々です。

その度に辞めることになってしまうので、仕事が続きません。


働けないと思った時の対処法|無理なく仕事を見つけるコツを解説

働くのが辛く感じてきたら、対処法を探してみましょう。

原因は体力的なものや、精神的なものなど人によって様々でしょう。

生きていくために、上手くこの不安と付き合っていきたいですよね。

ここからは、働けないと思った時に試してほしい対処法をいくつか紹介します。

大人になると、簡単に仕事との関わりは避けられません。無理せず、自分の原因に合った対処法を試してみましょう。


働けない時の対処法1. 心身ともに休息をとる

心や体が疲れている状態だと、前向きに考えることが難しいです。

まずは、しっかりと気持ちや体を休めて、仕事のことは考えずリフレッシュした状態を作りましょう。回復してきたら、運動をして体を動かしてあげると元気が湧いてきますよ。

特に、精神的な疲れを抱えている人・体力的に辛い仕事をしている人は、オンオフのメリハリもついてきて切り替えが上手くできるようになるでしょう。継続したら、前向きなマインドも保つことができます。


働けない時の対処法2. どんな仕事に就きたいか明確にする

仕事に就いても続かない人の特徴として、自分に合った仕事に出会えていない場合があります。

自分がどんな仕事なら取り組んでいけそうか、明確にしてみましょう。

例えば、フリーランスや自営業は自分でスケジュール管理を組めて、時間が自由に使える特徴があります。ストレスが溜まってしまっても「今はちょっと休んで、落ち着いてきたら取り掛かろう」という選択ができます。思い切って働き方を変えてみるのも一つの手です。


働けない時の対処法3. 規則正しい生活リズムに整える

生活リズムを崩してしまうと、自律神経やホルモンの乱れに繋がります。

体調を崩しやすい人は、早寝早起きをして生活リズムを整えてみるところから始めてみましょう。慢性的な頭痛や肩こりに悩んでいる人も、きちんと睡眠を取ることで改善する可能性があります。また、自律神経の乱れは心の不調に現れることもあります。ふたつのバランスを上手に取るのが理想です。

規則正しい生活を心がけて、疲れない体を維持するようにしましょう。


働けない時の対処法4. アルバイトから始めてみる

できれば精神的に回復してからが望ましいですが、生活していく限り最低限の収入が必要になりますよね。

人間関係で働くことが怖くなってしまった人には、アルバイトでリバビリしてみるのがおすすめです。雇われている以上、勤務時間中は仕事をしなければなりませんが、週に2〜3日・数時間からなどの無理ない勤務ができます。

アルバイトで働くことに慣れてきてから、続けられそうな正社員のお仕事を探してみると良いでしょう。


働けない時の対処法5. 就職支援サービスを活用してみる

働き口が見つからないという人は、就職活動のプロからアドバイスをもらいましょう。

代表的なサービスは、自分の住んでいる地域のハローワークです。ハローワークでは職業の紹介から、履歴書の添削・面接対策までサポートしてくれます。全て無料なので、気軽に足を運んでみてください。他には、人材会社のエージェントサービスも良いでしょう。専任のエージェントがついてくれるので、就職が決まるまで手厚く支援してくれます。

誰でも利用できるので、自分に合ったサービスから始めてみましょう!


働くことに疲れたら、自分のペースで仕事と向き合ってみよう。

大人になると、「働くこと」とは切っても切り離せない関係になります。

長い社会人生活では、精神的・体力的にダメになってしまうことはどこかであるでしょう。

実際に働くことが辛くなってしまったら、焦らず解決策を探してみましょう。必ず、良い方法があるはずです。

無理しないで、上手に「働くこと」と向き合ってみて下さいね。

よく一緒に読まれる記事

関連する記事

注目の記事