“機転が利く”の意味とは?判断力を鍛えて機転が利く人になる方法8つ

自分は”要領が悪い”と感じる人へ。本記事では、機転が利く人の意味から、機転が利く人のメリットまで大公開!機転が利く人になるための方法も解説していますので、気になった方はぜひ活用してみてください!

「機転が利く」とは?どんな意味なの?

機転が利くとは?

機転が利くとは、仕事、恋愛、人間関係など、その場の状況に応じて適切な判断や行動をスピーディーに取れることを意味する表現です。

例えば仕事で何らかのトラブルが起こった時に、スムーズに対応策や改善策を考え解決に導ける人などは、機転が利く人だと診断できるでしょう。

ビジネスシーンだけでなく恋愛などのプライベートにおいても、場の雰囲気や条件に合わせて、臨機応変に動ける柔軟な考えと行動力を持っていることを示します。


機転が利く人の8つのメリット|どんなシーンで活躍するの?

機転が利く人のメリット

機転が利くと、その場で素早くかつ的確に判断を下せるため、男女問わず人として魅力的に感じますね。実際に機転が利くことによるメリット・意味には様々なものがあるんです。

ここからは、機転が利く人であることのメリットを一緒にチェックしていきましょう。


メリット1. 変化やトラブルに対して柔軟に対処できる

機転が利く人はトラブルが起きる可能性を頭の中に入れていて、考えられるリスクを幅広く想定しながら、どんな時でも行動しています。

「もしこういうことが起こった場合は、こんな風に対応しよう」など、前もって対応策の案を練っているため、突発的な変化やトラブルが起こっても慌てることなく、スムーズに対応できますよ。


メリット2. 物事を様々な視点から見ることができる

観察力や場の雰囲気を読む能力、相手の意見を受け入れる柔軟性も機転が利く人に共通している点。

だからこそ、

  • 自分の考えや経験に縛られず、相手の立場からも物事を考えてみる
  • 状況の全体像を把握した上でその中に自分がいることの意味ややるべき仕事を考える

など、客観的かつ幅広い視点で冷静に物事を診断できるでしょう。

仕事においても上司や部下など、常に色んな人の視点になって考えられるためコミュニケーションもスムーズです。


メリット3. 多くの選択肢からベストな答えを見つけ出せる

機転が利く人のメリットは沢山の選択肢の中からベストな答えを見つけ出せる

目の前にたくさんの選択肢があると、どれを選ぶのがベストか迷ってしまいがち。

しかし機転が利く人の場合は、自分の中の判断軸が明確で状況判断能力に優れています。また、物事の本質をシンプルに考えられるのも特徴の一つです。

本質を素早く見極められて頭が良いため、変にあれこれ目移することがなく、最適な選択を効率よく導き出せます。


メリット4. 人間関係をうまく構築できて、信頼される

機転が利く人は頭の回転が速いです。また相手のことを考え、かつ空気も読んだ上で、今相手には何が必要なのかを的確に判断する能力を持っています。

例えば職場で仕事の予定を勘違いしていて焦っている時、機転が利く上司がいると追加準備や変更の対応をサポートしてくれるなど、さらっとフォローしてくれるでしょう。

相手のために行動がとれるため、周囲の人たちと男女を問わず良好な信頼関係を築けます。


メリット5. 着実に目標達成まで進むことができる

機転が利く人は、適切な目標を設定したり、目標を達成するために何が必要なのかを客観的かつ現実的に考えたりする力があります。もちろん目標に届くまでに起こりうるあらゆるトラブルも想定済み。

一つ一つのタスクを確実にこなしながら、途中でイレギュラーなことが発生してもあらかじめ考えておいた対応策を活かして柔軟に解決できるため、目標を達成しやすいのです。


メリット6. 余裕を持って行動できるようになる

機転が利く人のメリットは余裕をもって行動できるようになった

機転が利く人は、ビジネスシーンなど様々な状況で、自分のことだけでなく外的要因についても幅広い可能性を想定しながら、計画を立てられる傾向にあります。

時間面でも余裕を持って行動を取ろうとしているのが特徴です。

どんなことが起こった場合も、精神的・時間的に余裕があるため焦らず状況を診断し、落ち着いて立ち向かえます。だからこそ、スムーズかつ正確に解決へと導けるのです。


メリット7. チャンスをもらう機会が増えて、出世しやすい

機転が利くと、トラブルへの対応力や目標の達成力が評価される機会が自然と増えて、自己PRなどわざわざしなくても上司から仕事を任されやすくなります。

また、全体の空気を読んだり色んな立場の人の気持ちに配慮できるため、周囲からの信頼も厚くなるでしょう。

その結果として、男女を問わずビジネスにおける能力が認められやすくて、出世もとんとん拍子に進んでいく人が多いです。


メリット8. 相手が喜ぶことがわかるからモテる

機転が利く人は男女とも観察力が高く、いつも周囲への配慮を欠かしません

いつもより元気がない様子の人を見かけると「何があったかわからないけど、とりあえず美味しいものでも食べに行こうよ」声をかけてくれるなど、相手の感情に寄り添った嬉しい思いやりを見せてくれます。

また、心に余裕があって包容力が感じられることもあって、周囲の目に魅力的に映りやすいです。

そのため、恋愛シーンにおいて自己PRしなくとも自然と人気が高まってモテやすいでしょう。


機転が利く人の7つの特徴|行動や性格で分かる共通点とは?

機転が利く人の特徴

「機転が利く男女って、ビジネスや恋愛において何か共通した特徴があるのかな?」

「どんな特徴があると、機転が利く人だって診断できるんだろう?」

機転が利くというと、なんとなく「頭が良い、頭の回転が速い」といったイメージは思い浮かぶものの、具体的にどんな特徴がビジネスや恋愛シーンで見られるのかわからない人も多いでしょう。

では、どんな人だと機転が利くと診断できるのか?機転が利く人の特徴を紹介していきます。

特徴を理解して、機転が利くという意味をより深く理解していきましょう。


特徴1. 精神的な余裕があって、いつも冷静

機転が利く男女は、あらゆるトラブルに対応できるようあらかじめ計画を立てられます。

だからこそ仕事でミスしてしまったとしても、想定していた選択肢の中から今の状況に適した解決策をスムーズに診断できるのです。

事前に対応の仕方をしっかり考えているため、どんな時でも気持ちに余裕が持てて冷静に判断が下せます。

他の人なら動揺するような場面でも動じず、事態収拾することに集中しているので、周囲からは肝が据わっている人だという印象を受けるでしょう。

【参考記事】はこちら▽


特徴2. 相手の気持ちになって考えられる

物事や状況をとらえる時に、1点だけでなく客観的な視点から見ようとしていることも共通点として挙げられます。

上司や部下など周りにいる人たちをよく見ているため、それぞれの状況をしっかり把握できているでしょう。

そのため、部下が重要なプロジェクトで忙しくしている時「自分だったらこうしてほしいだろうな」と考えてさりげなくサポートします。

何をするにも相手の気持ちや状況に配慮し、臨機応変に適切な気配りができるのです。


特徴3. 物事を難しく考えず、シンプルに捉えられる

機転が利く人の特徴は物事をシンプルに考えられる

機転が利く男女は、次の行動について常に先読みをしています。

ビジネスにおいても「自分が上司にこの意見を言えば、相手はどんな反応を返してくるか」と一手先を読んだ上で、さらに「こんな返事があれば、こう対応しよう」と対処方法まであらかじめ考えていることも。

やることを見据えているため、たとえ複雑な問題が起こった場合でも、余計な要因には惑わされず問題解決や目標達成に必要なことだけを考えられます。


特徴4. コミュニケーション能力が高い

機転が利く人の場合は、観察力や場の空気を読む力が優れている傾向があります。ビジネスや恋愛において相手がどんな言動を喜ぶのか、逆に不快に感じるのかに関心を持っており、日ごろからそういった視点で周囲の様子を観察しているのです。

例えば職場での会話でプライベートな話題が出た時、相手から少しでも話しにくそうな表情や様子を感じとった時には、すぐに話題を変えてその後も話に出さないようにするなどの配慮ができます。

結果的に、思いやりのあるコミュニケーションが取れて、上司や恋人などと良好な関係を築きやすいでしょう。

【参考記事】はこちら▽


特徴5. 相手の意見や考えを柔軟に受け入れる

機転が利く人は、自己PRをして認められたい、相手より上に立っていたいなどの考えは持っていません。目標の達成や自己成長のために変なプライドは意味をなさないと理解しているため、様々な意見や考えを大切にできます

自分の経験や考えだけに固執せず、上司・部下の意見や経験談をしっかり聞いて、良いと思うものは柔軟に受け入れて、自分の選択肢に含めるのが特徴です。

そのため、もし自分に経験がないことや想定を超えたトラブルが起こっても、周囲の人の意見を活かした対応方法が取れます。


特徴6. 失敗を経験と考えられる

機転が利く人の特徴は失敗を経験と考える事が出来る

何事に対してもポジティブ思考でいられるのも、機転が利く人に共通している点です。

例えミスしてしまったとしても、「これも経験だ!」と捉え、同じ失敗を繰り返さないためにはどうすればいいのかと、次のための改善策を前向きに考えられます

だからこそ、やる前から「失敗したらどうしよう、評価が下がるかな」などと恐れることはなく、ミスを糧にしながら自分をどんどん成長させていけるでしょう。


特徴7. 積極的で色々なことに挑戦している

機転が利く人は、自分の視野を広げるためには自分から行動することに意味があると知っています。そのため幅広いことに対して興味を持っていて、チャレンジ精神が豊富。

人がやりたがらない手のかかる仕事でも「やったことがないから、経験してみたい」と率先してやったり、新しい趣味を始めたりとビジネスでもプライベートでも身軽にいろんなことに挑戦しています。

その分成長するチャンスも増え、自己PRしなくても上司などからは自然とポテンシャルが高い人だという印象を持たれやすいです。

次を先読みする計画性を持ちながら、あれこれ考えすぎずに実行する行動力も持ち合わせています。


機転が利く人になる方法とは?頭の回転を速くするために意識すべき8つのこと

機転が利く人になる方法

「平凡な自分が機転が利く人になるにはどうすればいい?」

「機転が利くようになる簡単な方法が知りたい」

頭が良い人でないと機転が利く人になるのは難しいのではないかと感じてしまいがちですが、いくつかのトレーニング方法を覚えておけばあなたも機転が利く人を目指せます。

機転が利くようになるには具体的に何をするべきか。ここからは、機転が利く人になるためのトレーニング方法をご紹介します。


方法1. どんなことにも10分前行動を意識する

あらゆる状況において冷静に対処できるようになるには、精神的なゆとりがあることが大きな意味を持ちます。時間に余裕があることで心にもゆとりが持てて、慌てずに落ち着いた行動をとれるようになるのです。

そのためビジネス・プライベートを問わず、常に10分前行動を心がけてみてください。また計画を立てる際にも、余裕を持った時間配分に設定しましょう。

焦らず楽なスピードで進められることを基準にして、行動・計画するのがポイントです。


方法2. 外食した時は"30秒以内"にメニューを決める

トラブルに対して、スピーディーに対応方法を考え意味のある行動を取れるようになるには、決断力が必要です。普段から、何かを選択する時にはスピードを意識してみましょう。

例えば、外食した時やカフェに行った時などには30秒以内にパッとメニューを決めるようにするのも意味のあるトレーニング方法です。

よりスピーディーになるには、何が判断する時のポイントになっていたかを振り返って、自分の中での判断軸を確立するのがポイントです。


方法3. 毎日どんな出来事があったのか日記に書く

機転が利く人になる方法は毎日日記を書く

たとえたくさんの情報を持っていたとしても、うまく言葉にできなかったり、それらを活かした行動がとれなければ意味がありません。そのため、頭の中の情報を整理しておくことが大切です。

おすすめなのが、1日の終わりにどんな出来事があったかを日記に書いておく方法。

出来事とともに、そこから何を学んだかも一緒に書くのがポイントです。頭の中の情報を整理して言語化することで思考がクリアになります。そうすることで、何か起こった時も頭の中から必要な情報をパッと思い出しやすくなり、すぐ行動に移しやすくなるでしょう。


方法4. わからないことがあれば調べる癖をつける

探究心や知的好奇心があると、幅広い知識が身について自分の判断軸となる情報量が増えます。その結果、自己の成長に繋がってあらゆることの説得力もアップ

そのためこれまで日常生活で起こった小さな問題やニュースの中の出来事について、ただ漠然にとらえている場合は、「なぜこんなことが起こっているのか」を追求してみましょう。原因や背景情報など、わからないことは調べてみてください。

流してしまうのではなくその都度調べて原因や背景を探る癖が付けば、自己成長のスピードもグッと早まりますよ。


方法5. 連想ゲームをして想像力を鍛える

機転を利かせて意味のある選択を見極められるようになるには、あらゆる可能性を想定したり相手がどんな気持ちかを推し量ることが必要です。そこで役に立つのが連想ゲーム。

例えば「海」をスタートにしてそこから「青」→「信号」という要領で簡単な連想ゲームをしてみてください。

ちょっとしたことですが、思考の柔軟性が高まってある物事と他の物事の紐付けがうまくできるようになります。通勤時間や寝る前などの隙間時間で行えるので、ぜひこまめにトレーニングをしてください。


方法6. 本を読んだり勉強をして、インプット量を増やす

機転が利く人になる方法はインプット量を増やす

自分が持っている知識量が多いほど、想像力や発想力も高まっていきます。状況と頭の中の情報を結び付けやすくなり、問題解決のための最適な方法を選び出せるようになるのです。

情報を増やすには、とにかくインプットすることが重要。いろんな分野の本を読む他、未経験ジャンルの勉強をしたり幅広く情報収集をしたりするといいでしょう。

「これは前に読んだあの話題とつながっているんじゃないか」など、情報に対する自分の解釈も付け加えると、さらに効果的なトレーニングになりますよ。


方法7. 自分の考えを紙に書いたり、人に伝えてアウトプットする

自分の考えを、その場に応じながらわかりやすく説明できるようになるには、人に伝える練習が役立ちます。自分のために書く日記でなく、人に伝えるためのものとして紹介文を書くトレーニングを行いましょう。

自分が気に入っている商品やサービスについて、誰かに勧めるための紹介文などが一例です。アウトプットするトレーニングを積むことで、わかりやすくシンプルに自分が言わんとすることの意味を伝える能力が身につきます。

大した意味のない無駄な言葉や余計な情報を、できるだけ省くよう意識してみてくださいね。


方法8. 今までやったことのない新しいことにチャレンジする

機転が利く人になるには、判断材料となる幅広い経験や知識が必要です。自分の自分の価値観を広げるためにも、積極性を持って新しいことに挑戦してみましょう。

これまでやったことのない趣味を始めてみたり、イベントなどに出かけてこれまで知り合うようなことが無かった人とコミュニケーションと取ってみたりするのも意味があるでしょう。

自分と違う経験や考えを持っている人がいれば、積極的に耳を傾けて視野を広げるよう努めてくださいね。


機転が利く人になりたい方におすすめの本3選

機転が利く人になりたい方におすすめの本

最近では、役立つ情報が掲載された本が多く販売されています。

ここでは、機転が利く人になりたいあなたへ、おすすめの本をまとめてみました。

機転を利かせるために重要となる頭の回転の速さを鍛る本もあるので、ぜひ参考にしてください。

おすすめの本
  1. 『○○』
  2. 『○○』
  3. 『○○』
タップすると移動します

おすすめの本1. 『博報堂スピーチライターが教える 5日間で言葉が「思いつかない」「まとまらない」「伝わらない」がなくなる本』

博報堂スピーチライターが教える 5日間で言葉が「思いつかない」「まとまらない」「伝わらない」がなくなる本 (大和出版)

表現のプロが、考えや気持ちを言語化するための方法を解説した本です。

急な質問に対して説得力のある説明をしたり、物事をあらゆる角度から考えたりする25のメソッドが書かれています。この本を読めば、どんな言葉で表現すれば相手に伝わるのかが理解できるはず。

日ごろから「自分の気持ちや考えをうまく人に伝えられない」とお悩みの人に、ぜひ読んでみてほしい1冊です。

Amazonで詳細を見る


おすすめの本2. 『要領がよくないと思い込んでいる人のための仕事術図鑑』

要領がよくないと思い込んでいる人のための仕事術図鑑

職場でやるべき仕事がすぐわかるようになるための本です。

ADHDの診断を受けた筆者が、仕事で失敗しやすい人に向けて「名前をつけて書き出す」など、タスク管理の基本的な方法をわかりやすく紹介しています。

「職場で周囲の人みたいに仕事ができない自分は要領が悪い」「思うような結果が出せずしんどい」と感じているなら、ぜひこの本を読んでみてくださいね。

Amazonで詳細を見る


おすすめの本3. 『東大式 頭の回転が100倍速くなるドリル』

東大式 頭の回転が100倍速くなるドリル

記憶力日本チャンピオンの筆者が、頭の回転を速めるための方法を紹介した本です。

各章で記憶力・計算力・思考力・発想力などの脳トレーニングを行えるように構成されています。子どもから年配の人まで、誰にでも実践できる手軽さが魅力。

「とっさの時に気の利いた一言が出てこない」「優柔不断で決断に時間がかかる」と感じている人にぴったりの本でしょう。

Amazonで詳細を見る


普段から小さなトレーニングをして、機転が利く人を目指してみて。

機転が利くと信頼が高まり仕事も任されやすくなります

機転が利くと、ビジネスシーンで常に適切な判断を下して行動に移せるため、あえて自己PRしなくても信頼が高まり仕事も任されやすくなります

また、恋愛においても相手の気持ちや状況に配慮する思いやりを発揮して、良好な関係が築けるでしょう。

頭の回転が速いことなど共通した特徴を理解した上で、機転が利く人になる方法も積極的に実践して、周囲から認められる人を目指してくださいね。


【参考記事】はこちら▽

よく一緒に読まれる記事

関連する記事

注目の記事