話を聞かない男性心理とは?人の話に耳を傾けない人への最適な対処法を紹介

話を聞かない男性への最適な対処法を知りたい方へ。今記事では、話を聞かない男性の心理や特徴から、最適な対処法まで詳しくご紹介します。人の話に耳を傾けようとしない人の共通点も解説するので、ぜひ参考にしてみてください!

人の話を聞かない男性の心理とは|内心で思っていることを解説

話しを聞かない男性の心理とは

相手が話を聞いてくれなかった、という経験をしたことがある人は多いでしょう。話を聞かない男性が一体どんなことを考えているのか気になりますよね。果たして、内心ではどんなことを思っているのでしょうか。

まずは、人の話を聞かない男性の心理について詳しくご紹介します。


話を聞かない男性の心理1. 自分が正しいと思っている

まわりの意見を聞いたところで、自分の考えが変わらないとわかっているので、話を聞く必要がないというのが彼らの本音。

考えや行動にも自信があり、とにかく自分が正しいと思ったことを遂行します。人がどう思っていようが、関係ありません。

いつでも自らの意見を優先するので、人の話を聞く必要性を感じていないのです。


話を聞かない男性の心理2. 面倒くさいと思っている

もともと人の話を聞くのが嫌いな男性。嫌いなことをするのは面倒なので、なるべく避けようという心理が働きます。

会話すること自体を億劫に感じて、「誰からも話しかけられたくない」「一人でいる方がマシ」などと思うこともあるでしょう。特に、グダグダと長い話を聞かされるのが嫌いです。

面倒くさいと思っていることはしたくないので、結果、人の話を聞きません。


話を聞かない男性の心理3. つまらないと思っている

興味・関心がないトピックは、話を聞く気が起きない、と思っている男性も多いです。

例えば、相手との距離が近い彼氏や夫でも、女性のとりとめもない長話などに対しては「興味がないから適当に相槌でも打っておけばいいか」などと思っています。

男性が話を聞かない時は、興味・関心がない内容でつまらないと思っている可能性が高いでしょう。


話を聞かない男性の心理4. 時間が無駄だと思っている

時間を有効に使いたい人は、1秒たりとも無駄にしたくないと思っています。

普段仕事などで忙しくしていると、「話を聞く時間があったら仕事をしたい」「せっかくできた時間を人の話を聞くのではなく有意義なことに使いたい」と思うことも。

自分優先の男性は、話を聞くために時間を割くのが無駄だと感じ、人の話を聞かない傾向があります。


話を聞かない男性の特徴|周囲の意見を聞き入れない人の共通点とは

話を聞かない男性とはコミュニケーションが成立しないので、話しているこちらがモヤっとした気持ちになってしまいますよね。

そんなまわりの意見を聞かない人には共通点があるのでしょうか。

ここからは、人の話を聞かない男性の特徴について詳しくご紹介します。


話を聞かない男性の特徴1. プライドが高い

「自分は人よりも優れている」と思っている男性は、話を聞かない傾向が。相手を見下しているので、話を聞く価値がないと考えています。

人にとやかく言われることを嫌うので、まわりの意見を聞き入れることが苦手。善意のアドバイスすら素直に受け取ることができません。

プライドが邪魔をして、話が聞けなくなってしまっていると言えるでしょう。

【参考記事】はこちら▽


話を聞かない男性の特徴2. 自己中心的

話を聞かない男性は、何事も自分中心に考える性格なので、まわりへの配慮がありません。

会話をしていても、流れを無視して自分が思う方向に話を持っていこうとしたり、聞きたい時だけ聞いて、聞きたくない時は聞かなかったり。そもそも興味・関心がない話は、全く聞く耳を持たないのです。

自己中心的な男性は、相手への気遣いもなく、人の話を聞かない場合が多いでしょう。

【参考記事】はこちら▽


話を聞かない男性の特徴3. 自分の話ばかりする

他人に興味がなく、人の話を聞かないのが、とにかく自分のことを聞いてほしいタイプの男性。

例えば、職場で部下の話を聞いていたはずの上司が、気が付くと自分の武勇伝を語っている、という場面はよくありますよね。このように相手の話をいつの間にか話を取ってしまう男性は、自分が何を話そうか頭の中で考えているので、相手の話を聞いていません。

自分が大好きで、注目を浴びたいタイプなので、人の話には関心がないのです。

【参考記事】はこちら▽


話を聞かない男性の特徴4. 注意力がない

話を聞かない男性の中には、慎重に行動する気持ちが弱い人もいます。

なんとかなるさの精神で、人の助言を聞かずに行動するので、後になってから「あの時のアドバイスを聞いておけば良かった」などと後悔することもしばしば。

まわりの心配の声も届かない男性は、注意力がなく、物事を楽観的に捉える傾向があります。


話を聞かない男性の特徴5. 交友関係が浅い

話を聞かない人は、まわりの意見を聞く環境がなかった可能性も。

交友関係が浅いと、コミュニケーションを取る機会も少なく、人の話を聞かなくなりやすいです。人の話を聞かないと、交友関係がさらに狭く浅くなっていき、自分の殻に閉じこもってしまう、という悪循環に。

人の話を聞けない状況が作り出されてしまうのは、交友関係の浅さが影響しているかもしれません。


話を聞かない男性の特徴6. すぐに相手の意見を否定する

否定ばかりしている男性は、自分が正しいと思い込んでいて話を聞かない人といえるでしょう。

話の途中で、「いや」「でも」「それは違うと思う」などと否定の言葉を使って自分の意見を押し付けてきます。頑固な性格なので、なかなか人の意見を聞き入れられません。

自分と違う意見を聞き入れられないので、否定して話を遮ろうとするのです。


話を聞かない男性の特徴7. 極度のせっかち

我慢ができないというのも、話を聞かない男性の特徴の一つです。

このタイプの男性は、話の途中でだいたいの内容が予測できてしまうと、最後まで聞こうとしません。自分勝手に結論づけたり、「もうわかった」「話は十分」などと言ったりして、話を終わらせようとします。

話を聞かない人は、我慢ができないせっかちな性格の持ち主が多いです。


話を聞かない男性への対処法|最適な対応の仕方を徹底ガイド

話を聞かない男性とのコミュニケーションに悩んでいる人も多いでしょう。まずは、心理や特徴を理解した上で、対応を考えていくことが必要です。ここからは、話を聞かない男性への上手な対処法についてご紹介します。


話を聞かない男性への対処法1. 結論から話す

話を最後まで聞かない男性とのコミュニケーションは、伝えたいことが伝えられず、不安になってしまいますよね。

そんな時は、結論を最初に話すと、話の要点が相手に伝わりやすくなります。また、疑問に感じる部分は、相手から質問してくるので、それに答えるように話していくことも可能でしょう。

話のゴールが見えるので、最後まで話を聞いてもらいやすくなりますよ。


話を聞かない男性への対処法2. 受け入れて付き合う

どうしたって話を聞かない男性はいるものです。なんとか聞いてもらおうとすると、こちら側が疲れてしまいますよね。

相手に期待し過ぎることをやめ、「この人は話を聞かない人」と割り切って対応してみてください。場面に応じて、メールや手紙で要点を伝えるなど、話す以外の手段を使っても良いでしょう。

話を聞いてくれないことへのストレスが軽減されて、精神的に少し楽になるでしょう。


話を聞かない男性への対処法3. きちんと注意する

話を聞いてくれないことを不満に思いつつも、そのことを本人に伝えられていない人も多いのではないでしょうか。

話を聞かない男性の中には、話を聞いていないことを自覚していない男性もいます。このような場合には、一度ストレートに注意して、本人に気づかせることが重要

素直な人であれば、話を聞く姿勢を変えようと努力してくれるはずですよ。


話を聞かない男性への対処法4. 所要時間を伝えて話す

話を聞く余裕がないほど仕事が忙しそうな男性には、適当にあしらわれてしまうこともありますよね。

そんな時は、「3分だけ時間が欲しい」などと時間を提示してから話してみてください。話に要する時間がわかるだけで、聞く側のストレスが軽減されます。

職場での会話の場面など、どれだけ時間を割けばいいか分かると、話に向き合ってくれやすくなるでしょう。


話を聞かない男性への対処法5. 話を聞いてくれた時に感謝する

人は感謝されると、嬉しい気持ちになってモチベーションも上がります。

途中までであったとしても、そこまで話を聞いてくれた相手に、ストレートに感謝の気持ちを伝えてみてください。「話を聞くと喜んでくれる」と相手に思ってもらうことで、快く話を聞いてくれるようになるでしょう。

普段話を聞かない男性でも、「喜んでくれるなら、きちんと話を聞こう」と態度を改めるきっかけになりますよ。


話を聞かない男性とは、上手な距離感で付き合ってみて。

今回は、「話を聞かない男性」の心理や特徴、対応方法まで詳しくご紹介しました。

友達やパートナー、職場の仲間など、話を聞かない男性とのコミュニケーションで悩むのは辛いもの。そんな時は、相手を無理矢理変えようとするのではなく、タイプを見極めたうえで接し方を工夫することが大切です。

相手への感謝の気持ちを忘れず、コミュニケーションをとってくださいね。

LINE はてなブックマーク
お気に入り

あなたにオススメ

関連する記事

注目の記事