元彼と友達に戻るのはNG?別れた恋人と友人になるメリット・デメリットを紹介

元彼と友達として会うのはありなのか詳しく知りたい女性へ。今記事では、元彼といい友情関係を築きやすい理由から、元彼と友達に戻るデメリットや復縁のコツまで詳しくご紹介します。別れた恋人と今後も親しい友人として接したいと考えている女性は、ぜひ参考にしてみてください!

元彼と友達として会うのは実際OKなの?

元彼と友達に戻るのはNG?

「彼氏と別れたら友達として付き合ったらダメなのかな」

お互いのことをよく理解している相手と、そのまま関係が切れてしまうことに勿体ない気持ちになる女性もいるでしょう。

「元彼と友達に戻るなんてありえない」という意見もある意味正論なので、自分の考えがおかしいかもと思うかもしれません。

しかし、「お互いに気持ちを割り切ることができる」、「綺麗な別れ方をしている」という場合などは、友達として連絡を取り合うのは、問題ありませんよ。

あくまで元彼との関係は当人同士が決めればいいんです。

【参考記事】はこちら▽


ただし、別れたら友達には戻れないと考える人も多い

元彼と友達として連絡を取り合うのは、おかしなことではないと解説しました。

しかし、「普通の友達に戻るなんて無理」、「絶対に気まずい」と考える人もいるでしょう。

そんな気持ちが大きい場合は、元彼に「友達として付き合っていこう」と提案されても、無理に戻る必要はありませんよ。

あくまで自分の気持ちを大切にするのが大切です。


別れた元彼とはいい友達になれると言われる理由とは

恋人と別れたあとに友達に戻れると考える人の多くは、「いい友達になれる」と思っているケースが多いです。

なぜ別れた恋人とはいい友達になれると考えるのでしょうか。

ここからは、元彼といい友達になれるといわれているのか詳しく紹介したいと思います。


元彼が良い友達になれる理由1. 自分の性格を理解してくれてるから

一度は愛し合って、深く知り合った関係の元彼は、誰よりも自分を理解してくれている一人だといえるでしょう。

恋人として付き合っていたときは、ありのままの自分をお互いに見せていて、相手のことは大体理解できるという関係を築けていたカップルも少なくありません。

自分も元彼もお互いの長所も短所も知った上で付き合えるので、仲良い友達になることができるのです。


元彼が良い友達になれる理由2. 素の自分を見せられるから

恋人同士の時は、本音で向き合うことがほとんど。本当の自分の姿を偽りなく見せていた人も多いはず。

普通の女友達には見栄やプライドが邪魔をして、本当の自分じゃない姿を演出していた人も、彼氏の前では「弱い自分」「ダメな姿」などを見せられる人もいると思います。

素の姿を知っていて、それを隠さずに見せられる元彼はいい友達として、連絡を取り合うには絶好の相手なのです。


元彼が良い友達になれる理由3. 嫌いで別れた訳ではないから

仕事など外的要因でしかたなく別れるとか、恋愛観の違いで別れた場合などは、相手に対してわだかまりがないケースもあります。

「元彼は結婚願望があったけど、自分にはなかった」などお互いの描く将来像が違うために別れたときは、「別れたけど、人間的には、まだ好き」と思えることもあるでしょう。

恋愛関係としては付き合うことができなくても、嫌いな気持ちがあるわけではないので、いい友達として付き合っていけます。


元彼と友達に戻るデメリットは?いくら仲がよくても避けた方が良い理由とは

元彼とはいい友達になれる可能性が高いといっても、メリットばかりではありません。

「元彼と友達になって逆に辛い」なんていうことになる場合も。

ここからは元彼と友達に戻ることで考えられるデメリットを詳しく紹介したいと思います。


元彼と友達に戻るデメリット1. 次の恋愛に進みにくい

元彼と友達として付き合うといっても、元々は恋人同士、友達と彼氏との境界線があいまいになりがち。

一緒に遊ぶときや、ご飯を食べにいく時などに会うと、「これってデートじゃないの」と、分からなくなってしまい、まるでまだ付き合っている気持ちになってしまうことがあります。

しっかり友達として気持ちの整理ができていないと、他に好きな人ができにくく、次の恋愛に進めなくなってしまうでしょう。


元彼と友達に戻るデメリット2. 都合のいい関係に陥りやすい

一度は体の関係を持った恋人同士だったわけです。再び一線を超えるのにあまり抵抗がない関係になりやすくなるもの。

辛いことがあって、友達関係を続けている元彼に相談したら、雰囲気に流されて体の関係を持ってしまうことは珍しくありません。

一度関係を持ってしまうと抵抗がなくなり、お互いに寂しい時は体の関係を求めて会う、都合のいい関係になりがちなのです。


元彼と友達に戻るデメリット3. まだ好きなら引きずりやすい

嫌いになって別れたわけじゃない場合、友達関係を築きつつも、恋愛的な好意を持ったままになるケースがあります。

新しく自分にアプローチしてくれる男性に出会っても、友達として付き合っている元彼の顔が思い浮かんで、気持ちの踏ん切りがつかないことがあるでしょう。

元彼が友達として近くにいるために、気持ちを引きずって辛い思いをするデメリットがありますよ。


元彼と友達に戻るデメリット4. 別れてるのに嫉妬しやすい

関係を解消して、完全に気持ちを割り切ったつもりでも、無意識に恋人としての感情が残っている場合は少なくありません。

友達になったはずの元彼に新しい彼女ができたとか、告白されたなどの報告を受けると、ついつい嫉妬の感情がわき上がってくることがあるでしょう。

元彼と友達関係を続けていると、「自分以外の女性を好きになるなんて……」という気持ちや、「わたしには恋人がいないのに」など、心の底に隠れていた嫉妬の気持ちが出てくるものです。


元カレがまだ好きなら、時間を空けて復縁を試みるのがおすすめ!

元彼と別れることになってしまっても、「やっぱりこの人が好きなんだ」と自分の気持ちに気づくことがあると思います。

そんな時は、少し時間を空けてみましょう。時間を取ることでお互いが気持ちを落ち着けることができるもの。

元彼も「彼女の悪いところばかり見ていた」と気持ちが冷静になるケースもあります。 時間を取って、それでもまだ好きな気持ちがあるなら復縁を働きかけてみましょう。

以下の記事には、復縁の前に考えたいこと、復縁をする方法など、徹底的に深掘りされています。復縁をしたい時は、一度目を通してみてくださいね。

【参考記事】はこちら▽


元カレと友達になるか悩んだら、自分が後悔しない方法を選んでみて。

お互いの性格をよく理解していて、素の自分を見せられる元彼とは、別れたあとにも、仲の良い友達として付き合っていける可能性が高いです。

「彼氏と別れたけど、嫌いなわけじゃないから友達になりたい」そんな気持ちの女性もいると思います。

友達に戻るデメリットも十分に理解した上であれば、友達に戻るのは全然ありですよ。きっと他には代えがたい友達になれるでしょう。

よく一緒に読まれる記事

関連する記事

注目の記事