【診断】元カレと復縁できる可能性はどれくらい?冷却期間の行動まで徹底解説

元カレと復縁したいけれど、どれくらいの確率で見込みがあるのか知りたい女性へ。この記事では、元カレと復縁できる可能性についての診断から、冷却期間にできる確率を高めるコツを詳しく解説します!

別れたカップルが復縁できる可能性は14%程度!

別れたカップルが復縁できる可能性

あるアンケート調査によると、14%の割合の男女が、別れた相手と復縁したことが「ある」と回答しています。

一見低い数字のように見えますが、破局から1割以上の人がヨリを戻しているという事実。

これは、辛い破局のショックを迎えている人にとっては希望とも言えるものです

別れたらそこで終わりと諦めるのではなく、復縁出来る可能性を探ってみましょう。


復縁したカップルの冷却期間は1年以内が8割近くって本当?

ある調査では、「復縁したカップルの8割が、1年以内の冷却期間を設けていた」というデータが存在します。

一定の冷却期間を設けてたほうがお互い冷静になれるという事実があります。

一回冷静になって改めて考えてみると、相手のことが必要だったと考えるケースが多くあるでしょう。

逆に1年以内なら復縁のチャンスを高められると言ってもいいかもしれません。


復縁の可能性が低い元カレの特徴|性格や考え方の共通点とは?

「もしかしたら関係が元通りになるかも」

「でも元カレは復縁を望んでいないのかな?」

いったん破局という辛い結末を迎えたのなら、希望がないと感じてしまうのも無理はないでしょう。

復縁は二人の心が通じ合っていないと成立しません

ここからは、ヨリを戻すのが難しく、復縁が「望み薄」なタイプの元カレの特徴をご紹介していきます。


特徴1. もともと異性との付き合いが多い

異性の友達が多い分、彼女候補も多く、元カノよりも新しい女性に意識がいっている場合が多いです。

周囲からは「絡みやすい良い人」と思われている場合も多く、女性ウケしやすいので異性の友人も多くいます。

別れてしまったあなたのことを、他の女性で忘れるきっかけに恵まれやすい環境にいるので、復縁は難しいかもしれません。


特徴2. 大雑把でクヨクヨしない性格

去る者は追わずというサッパリした性格と考え方をしているため、前向きで次の異性との関係を視野に入れている場合が多いでしょう。

「もう恋は終わった」

と考えているので、いくら連絡を取っても望んだ答えが返ってきません。

ネガティブな思考にならず、別れを通過点として考えているので、

「そういう恋愛もあったね」

とあなたとの恋愛が既に過去形となり、復縁を全く考えていない可能性があります。


特徴3. プライドが高く周囲の目を気にする性格

自分から「ヨリを戻そう」と言うことは絶対にないタイプの男性。

もし相手から言われたとしても、周囲の友人などから、

「あれ、結局戻ったんだ?」

などと言われることを、恐れています。

自分のプライドが傷つけらることを、相当嫌っているのです。

そのため、別れたことを少し後悔していても、復縁という選択肢を選ぶことは、ほぼないと言えるでしょう。


特徴4. 一度決めたことは何があっても守る性格

某アニメの主人公のように、「男に二言はない」と思っています。

過去の自分の決定を否定してしまうことにもなるので、意地でも復縁を選びません。

その頑固さが短所になっていることには気付かず、ただただ自分の考えを突き通すことを優先してしまいます。

そこまでして選んだ「別れ」を覆すことは、「無い」と言っても過言ではないでしょう。


特徴5. 真面目で誠実な性格

真面目で相手のことを考えすぎるため、何度も付き合ったり別れたりすることを良しとしません。

女性の気持ちを弄ぶようなことをしようとしないため、別れた後に復縁しようとする気にならないでしょう。

「あの時別れを受け入れたのに、また相手のことを傷付けてしまうんじゃないか…?」

などと思い込んでしまい、その誠実すぎる性格のために同じ相手との恋愛を避けようとします。


復縁の可能性チェック診断|元カレとよりを戻せる見込みはある?

「二人の関係は元に戻るの?」

「復縁できる可能性を知りたい!」

どれくらい望みがあるのかを知りたいのは当然です。

ここからは、「復縁の可能性チェック診断」と題し、それぞれの項目に分けご紹介していきます。

当てはまるものが多いほど、復縁の可能性は以下の割合の通りに高くなります。

〜1個:10%未満

〜3個:25%

〜5個:40%

〜7個:60%

8個〜:75%

一つずつ当てはまるかどうかをチェックしながら診断していきましょう。


診断1. SNSで繋がっている

お互いに近況が分かり連絡が取れるため、話すきっかけを作れる状況です。

即ブロックやリムられていないので、絶交したいほどの嫌悪感は抱かれていない証拠といえます。

また、「いつか連絡を取るかもしれないから待つ」頭の片隅に復縁という選択肢が残っている場合も考えられるのです。

相互フォローを切っていない場合は、まだ復縁の可能性があると見ていいでしょう。


診断2. 交際中、結婚の話が出ていた

真剣交際だったと言えるため、記憶に残っている確率も高く、きっかけさえあれば復縁に至る場合もあるでしょう。

一生の伴侶として一度は考えたことがあるなら、ふとしたきっかけで復縁する可能性もあります

親しい友人や知人が結婚するのを見て、

「やっぱり自分もあの人とやり直したい」

と思い出すこともあるでしょう。


診断3. 彼の親に会ったことがある

親に合わせても良いと思える存在だったということです。

彼女に深い信頼を寄せていたという証拠。

その先には結婚があるのは明白で、ただの交際ではなく将来を見据えての交際だったことから、やり直せる確率も高いです。

「そういえば、あの子最近見ないけどどうしたの?」

と親から聞かれ、あなたの存在を意識してしまうこともあります。


診断4. 別れてから3ヶ月以上経っている

冷却期間は終えているため、復縁に向けての行動をすることができます。

時間をある程度待つと、冷静に恋愛についても判断できるでしょう。

「あの時あんな言動をしてしまったけど、よく考えたら間違っていたかもしれない……」

と思い返す場合もあり、実は別れるような関係ではなかったのかもしれないと考え直す場合があります。


診断5. 別れてから体の関係を持っていない

体の関係があると、性的欲求を満たしてそれで終わってしまう場合があります。

言い方は悪いですがただの「セフレ」として満足してしまうでしょう。

復縁すればまた体の関係を取り戻せるので、もう一度付き合う理由の一つにはなります。

また、体の相性が良かった場合、別の人と付き合っても、

「アイツ以外では満足できない」

と感じている場合もあるので、必要な要素と言えますよ。


診断6. 元彼と直接会う機会がある

自分磨きをして綺麗になった姿や頑張っている姿を見せることができます**。

惚れ直してもらう可能性も高まる**でしょう。

直接会って久しぶりに会話をすることで、あなたの魅力を感じて、

「やっぱり好きかも…」

と元サヤに収まるケースもあります。

ただLINEでやり取りするよりも、生で会うことで違った魅力を伝えられるのです。


診断7. 元彼とメッセージをとっている

相手とコミュニケーションを取ること自体を拒否していない上に、復縁の可能性をゼロにはしたくないといった心理も伺えます。

「縁を切りたい」とまでは思われていない証拠です。

関係を戻すチャンスはあるでしょう。

バレンタインやクリスマスなど、恋人イベントが近づくとメッセージが増えるのもあるあるで、

「もう一度恋人関係に戻りたい」

という彼の気持ちが抑えきれなくなります。


診断8. しっかりと話し合って別れた

別れた原因をお互いに理解できており、反省や改善を経て以前から進歩すれば、復縁できる可能性は高いでしょう。

勢いで別れたわけではないので、話し合えば通じる関係性はキープされています。

「何があっても自分の言葉をきちんと受け止めてくれる」

と思っているので、復縁から真剣交際、そして結婚まで行くケースも多いといえます。


診断9. 元彼に現在彼女がいない

相手に彼女がいたら、スタートラインにも立てません。

しかし、恋人がいないと周囲のカップルを見て、ふと人肌恋しくなり、別れた恋人のことを思い出すこともあります。

「俺、お前と別れてからまだ彼女いないんだよね~」

などと意味ありげに恋人がいないことをアピールしてくるなら、さらに復縁の可能性は高いといえるでしょう。


診断10. 元彼と共通の知り合いがいる

共通の知り合いを通じて復縁したい気持ちをアピールすることができます。

遠回しに別れの原因を探ることができれば、元サヤの可能性が生まれます。

知り合いを介して今も変わらない愛を強調できれば、別れたと思っていても気持ちが揺らぎ、

「もう一度付き合ってもいいかも」

と考え直してくれることもありがちなパターンです。


復縁の可能性を高める方法|冷却期間にできることとは?

「あの人がまだ好き...ヨリを戻したい!」

「復縁するにはどうすればいいんだろう?」

復縁のきっかけさえあればと思っていても、どうやって行動すればいいのか分からないものですよね。

ここからは、そんな冷却期間に復縁の可能性を高める方法とやるべきことを解説します。

しっかりこの方法を学べば、彼があなたを見返すきっかけになり、また恋人関係に戻れるチャンスが増えますよ。


方法1. 自分磨きをする

付き合っている頃よりも魅力的な姿を見せることで、見返すきっかけになり惚れ直してもらえるかもしれません。

例えば、自分磨きの方法は、

  • カルチャースクール
  • 読書や映画鑑賞
  • ネイルやエステ

といったように、たくさん。

カルチャースクールは、最近はオンライン講座で自宅学習できるタイプもあり、独学よりも手短にスキルを身につけられ成長できます。

また、読書や映画鑑賞では感受性を磨けますよ。

ネイルケア、ボディエステなども外見を磨くには最適です。

外見だけでなく同時に内面も磨きましょう。


方法2. 恋愛以外に夢中になれることを見つける

プライベートを充実させることで、自分の心にも余裕が生まれます。

その余裕さが見た目にも表れ、彼は寂しく感じ、幸せそうな彼女のことを羨ましく思って追いかけたくなってしまうでしょう。

例えば、積極的に会議で発言して仕事を充実させてみたり、実家に帰って家族と過ごしてみるのもおすすめです。

ただし、あまりにもそちらに夢中になりすぎて、恋愛そっちのけのように見えてしまうと逆効果になります。

あくまでも余裕のあるところを見せつつ、元カレにアピールしましょう。


方法3. 他の異性に会う機会を作る

元カレに執着することなく、生活できるようになります。

すると視野も広がり心に余裕も生まれるでしょう。

居酒屋やバー、合コン、趣味のオフ会など、他の異性とのコミュニケーションを深めることによって、

「あの人だったらこんなことをしてくれたのに」

と、今まで気付かなかった元カレの魅力を発見することもあります。

しかし、他の異性との関係をあまり深めてしまい、そちらに目移りしてしまうなら本末転倒です。

あくまでも本命は元カレということを忘れないようにしましょう。


方法4. 友達として元彼と連絡をとる

元々付き合っていたなら話していて気が合うことも多く、楽しいと思ってもらいやすいでしょう。

ふいにSNSでメッセージを送ってみたり、

「やっぱりこの子と一緒にいたいな」

と感じさせることで、あなたへ心が傾き始めるかもしれません。

ただ、友達として過ごす時間が当たり前になってしまい、そのままダラダラと友達関係で終わってしまうケースもあるので気をつけましょう。

復縁のチャンスを伺いながら、さりげなく復縁の意思を匂わせるのがポイントです。


方法5. 別れの原因を見つけて改善する

自分に欠点がある場合、その部分を改善することで復縁した時により良い関係でいられます。あらかじめ備えておくことが大切です。

性格や癖など、思い当たる部分を自分なりにピックアップし、一つずつ改善の努力をして成長しましょう。

ただし、

「私のどこが悪かったの?」

と直接自分の原因を聞きただすのはかえって逆効果です。

「自分で気付いていないんだな」

と思い印象が悪くなるので、なるべく自分で原因を見つけましょう


復縁の可能性を見極めて、悔いのない選択をしてみて。

1回別れても1年の冷却期間内で再び付き合うカップルは世の中に意外と多く、原因を探り改善をすれば、ヨリを戻す可能性もゼロではありません。

元カレと恋愛関係に続けたいと思いつつも、まだ好きな人とヨリを戻すためにどうすればいいかよく分からず、不安になりがちですよね。

しかし、今回の診断ややるべきことをきちんと読めば復縁の確率の割合は確実にアップします

ぜひ素敵な恋愛関係を取り戻してくださいね。

よく一緒に読まれる記事

関連する記事

注目の記事