喧嘩別れした恋人と復縁する方法|仲直りするために必要な期間やコツとは?

喧嘩別れした彼恋人と復縁する方法を知りたい方へ。今記事では、喧嘩別れした恋人と復縁するきっかけや方法について詳しくご紹介します。喧嘩の勢いで別れてしまった恋人と仲直りするコツも解説するので、まだ未練がある人は、ぜひ参考にしてみてください!

喧嘩別れした恋人と復縁する可能性はあるの?

喧嘩別れした恋人と復縁する方法

些細なことから激しい言い合いになり、喧嘩別れするカップルは珍しくはないもの。しかし、しばらく経つと喧嘩別れしたことを後悔する人が多く、復縁できる確率が気になる人もいるでしょう。

結論から言うと、喧嘩別れした元恋人と復縁できる可能性は、決して低くはありません。

喧嘩の内容にもよりますが、感情的になって勢いで別れてしまった場合は相手も後悔していることが多く、よりを戻す可能性は十分にあると考えられます。


喧嘩別れしたらまずは冷却期間を設けることが大切

喧嘩別れは、冷静さを失った末につい勢いで切り出してしまうもの。従って、すぐに後悔し「早くよりを戻したい」と考える人は多いでしょう。しかし、まずは落ち着いてお互い冷静になれる期間を設けることが大切です。

そこでここからは、喧嘩別れのパターン別に、どれぐらいの冷却期間を置けばいいのかを詳しく解説していきます。

【参考記事】はこちら▽


大した理由でなければすぐに謝罪の連絡をする

ちょっとしたいざこざが喧嘩に発展してしまいそのまま勢いで別れてしまうと、相手も喧嘩別れを後悔しているもの。

どちらが悪いとか、何か大きな原因がある訳ではない場合は、2〜3日期間をあけてから謝罪の連絡をしてみましょう。

お互い冷静になれるタイミングで仲直りしたいと切り出すことで、大した理由でない喧嘩ならすぐに和解できますよ。


自分から別れを切り出した場合、2週間〜1ヶ月ほどあける

喧嘩中は、冷静さを失い感情的になるもの。従って、中には自分から別れを切り出したものの、しばらく経つと後悔してしまったという人も多いでしょう。

この場合、よりを戻すには2週間〜1ヶ月ほど期間をあけることをおすすめします。

しっかり時間を取り、冷静に考え直して自分も悪かったと伝えることで、相手も復縁の申し出を受け入れやすいと考えられますよ。


相手から別れを切り出された場合、3ヶ月〜半年の期間をあける

別れを切り出したのが自分ではなく相手だった場合は、しっかりと冷却期間を置く必要があると考えられます。きっかけは喧嘩であったとしても、あなたに至らないところがあった可能性もあるでしょう。

従って、少し時間をかけて自分の悪かった部分を直し、改善できた旨をきちんと伝えることをおすすめします。その上で仲直りを申し出ると、復縁できる可能性が高くなりますよ。


ただし、冷却期間を設けるとデメリットもある

喧嘩別れした恋人と復縁するのに効果的な冷却期間ですが、デメリットが全くないという訳ではありません。時間が経つことで気持ちが冷めたり、相手に新しく好きな人ができてしまう可能性もあるもの。

しかし、別れた直後に勢いで復縁を試みても、お互い冷静になって話し合えないため関係が悪化する場合がほとんどです。従って、基本的には焦らず期間を置き、落ち着いて仲直りできる策を練りましょう。


喧嘩別れした恋人と復縁する方法|仲直りのコツを解説

恋人と突然離れる形となる喧嘩別れは、とても辛く悲しいもの。冷却期間を置いたとしても簡単に復縁できるとは限らず、未練を断ち切れずに元彼・元カノを引きずる人も多いでしょう。

そこでここからは、別れた彼氏・彼女と上手く仲直りする方法を5つ紹介していきます。

【参考記事】はこちら▽


喧嘩別れから復縁する方法1. 別れた恋人から連絡がきたら素直に謝る

喧嘩別れは、自分だけでなく相手も別れてしまったことを後悔したり、未練を感じていたりする場合があるものです。

従って、自分から連絡する前に相手から連絡が来た場合は、素直に謝って仲直りを申し出ましょう。

相手も反省していたり、至らなかった部分を改善しようとしていたりする場合が多いので、この場合はそのまますんなり元に戻る可能性が高いと考えられます。


喧嘩別れから復縁する方法2. LINEを送る

彼氏や彼女と突然喧嘩別れしてしまった場合、その時は腹が立っていたとしても後々寂しさを感じてしまうもの。

従って、冷却期間を置いたあとに「元気?」といった旨のLINEが元彼や元カノから届くと、悪い気はしないという人の方が多いでしょう。

世間話などで相手の現状を聞きながら、少しずつ距離を縮めて復縁のきっかけを作りましょう。


主な連絡手段が電話なら、電話もあり

付き合っていた時の主な連絡手段が電話だった場合、LINEではなく電話をかけてみるのもおすすめの方法です。

電話はメッセージより感情が相手に伝わりやすく、あなたがよりを戻したいと思っている切実な気持ちや相手への思いを伝えやすいと考えられます。

また、相手の感情も電話を通しての方が理解しやすいため、会話の雰囲気が悪くない場合は仲直りを申し出てみましょう。


喧嘩別れから復縁する方法3. 自分が変わったアピールをする

喧嘩別れをして冷却期間を置いても、相手の気持ちが離れているとなかなか復縁は難しいものです。

そこで、その後自分が変わったということを相手にアピールしてみましょう。具体的には、喧嘩した時より精神的に大人になった、自分磨きをしたなどと伝えるのがおすすめですよ。

別れた時より魅力的になったことをアピールすると、改めて好きになってもらえる可能性が高く、復縁のきっかけになると考えられます。


喧嘩別れから復縁する方法4. 連絡が続いたら再会の約束をする

相手の状況や別れ方によっては、なかなかLINEや電話ではスムーズに復縁できない場合があるもの。

そこで、相手の近況を聞きながらLINEや電話を重ねたり、自分が変わったことを伝えたりするうちにやり取りが続くようになったら、とりあえず再会の約束をしてみましょう。

LINEや電話では心が動かされなかった元彼・元カノも、直接あなたに会うとよりを戻したい気持ちが強くなるかもしれませんよ。


喧嘩別れから復縁する方法5. 再会したら復縁したいことを伝える

人の気持ちというのは、やはり直接会っている時に一番強く伝わるものです。そこで、元彼・元カノに上手く再会できた場合は、相手に未練があり復縁したいという気持ちをストレートに伝えてみましょう。

お互いに喧嘩別れしたことを精算した上で、まだ好きだと思っていることを素直に伝えると、復縁できる可能性は高くなると考えられます。


喧嘩別れしたら、冷却期間を置いて復縁に備えよう。

勢いでやってしまったものの、後から後悔する人が非常に多い恋人との喧嘩別れ。彼氏・彼女と突然離れることは辛く、相手を引きずる人は多いでしょう。

しかし、勢いで別れてしまった場合相手も多かれ少なかれ後悔している可能性が高く、よりを戻すことが不可能という訳ではありません。

適切な冷却期間を置き、恋人と仲直りする方法を試しながら、元彼・元カノとの復縁を成功させましょう。

LINE はてなブックマーク
お気に入り

あなたにオススメ

関連する記事

注目の記事