冷めて振ったけど後悔している女性へ。元カレとヨリを戻すためにすべき11のこと

「申し訳ないことをしてしまったなぁ...」と罪悪感に苛まれている女性の方へ。この記事では、冷めたことを理由に元カレを振ってしまったことに後悔している女性がするべきことを詳しく解説します。

元カレを冷めて振ったけど後悔するのって変?

冷めて振ったけど後悔している女性って変?

別に嫌いではないけれど、なぜか急に恋人への気持ちが冷めてしまうことは誰にでもあります。

付き合いが長くなってくると、2人の関係に刺激がなくなってくるので、他で刺激を求めてしまったり、彼のちょっとした行動が気になってしまったり…。

冷めたことが原因で元カレと別れてしまうのは、決して悪いことではありません。

突然別れを切り出して元カレを傷つけたことを、後から後悔しているあなたはとても心が優しい人ともいえるでしょう。

ただ、冷めて振って後悔した後にどう行動するかで、元カレからしたら残酷な女性だと思ってしまうこともあります。

今後どうしていくかは、この記事を読んで考えていきましょう。


冷めて振ったけど後悔している女性が、“元カレとヨリを戻す方法”とは?

元カレとヨリを戻す方法

「一方的に別れを告げたけど、今すごい後悔してる…」

「私から振ったけど、元カレとヨリを戻す方法はある?」

自分から別れを告げたのに、後から「やり直したい」と相手に伝えても、受け入れてもらえるのかは不安ですよね。

ここでは、気持ちが冷めて振ったけれど後悔している女性がやるべきことをご紹介。 元カレに復縁を求める前にぜひ試してみてくださいね。


やるべきこと1. 冷却時間を大切にする

別れた後はどちらも感情が高ぶった状態。

フラれた男性はショックで落ち込んでいるし、自分から振った直後だとしても今まで一緒にいた人と離れるのは、やはり寂しさを感じ落ち込みます。

お互い距離を置き、気持ちを一度フラットにすべきです。

  • つい元カレに連絡したくなるけど、連絡はしないよう我慢する

など、しっかりと離れることが大切。いくら未練があっても、離れることで冷静になれ、元カレが「自分にとってどんな存在だったのか」がみえてきます。

【参考記事】はこちら▽


やるべきこと2. 冷めてしまった原因とお互いの改善点を探してみる

ただ後悔している気持ちのまま復縁を迫っても、また同じことを繰り返す可能性がありますので、頭の中で整理することが重要です。

  • 「相手のどんなところに冷めてしまったのか」「どうしてもらいたかったのか」を考えてみる
  • 相手のことばかりではなく、「自分はどうするべきだったのか」も確認しておく

と、2人の間にあった問題点を把握しておくべき。やり直すことができた際、失敗を繰り返すことなく長続きしますよ。


やるべきこと3. 相手のSNSで今の気持ちを探る

元カレとヨリを戻す方法は相手のSNSで相手の気持ちを探る

一方的に自分から振った場合、こちらから連絡するのは気が引けますよね。連絡ができなくても、SNSでは様子をチェックすることは可能です。

  • 失恋について投稿することが多く、まだ落ち込んでいる様子がある
  • 失恋前が最後の投稿で、しばらく何も発信していない

など、まだあなたに未練がありそうならチャンスがあるかもしれません。

逆に、あなたは既に「元カノ」扱いになっていて、元カレが新しい出会いを求めている様子なら、吹っ切れているので復縁は難しいでしょう。


やるべきこと4. 共通の友人に元カレがどう思っているのか探ってもらう

別れた直後、元カノの様子を知りたくないという理由で、SNSなどでブロックしてしまう人も多いです。

ブロックされると気づいた時はショックですが、冷静に受け止めて自分以外の人に様子を探ってもらうといいですよ。

  • 元カレも知っている自分の友人にお願いして、彼をフォローしてもらう
  • 元カレの友達に正直な気持ちを話し、彼の様子を教えてもらう

など、友人・知人にお願いして彼の近況を探ってみて。

ブロックされたからといっても、彼がただ感情的になっているだけの可能性も高いので、復縁が無理なわけではないでしょう。


やるべきこと5. 軽くLINEを送ってみる

自分から「好きじゃなくなった」などと言って別れを切り出したのに、「やっぱりやり直したい」などの重めのLINEを送ると、引かれてしまう可能性が高いです。

  • 「久しぶり!」「元気?」など、短文であいさつ程度のLINEを送ってみる
  • 「〇〇くんから聞いたけど…」と、友達を間に入れた会話を送る

など、まずは軽めのLINEで様子をみましょう。もちろん、別れた直後ではなく、冷却期間をあけた後に送りましょう。

すぐに返信があったり、さらにLINEのやりとりを続けたそうな様子だったりすれば、また関係を再構築できる可能性はありますよ。


やるべきこと6. SNSで間接的にアピールする

元カレとヨリを戻す方法はSNSで間接的にアピールする

喧嘩別れをしたわけではなくても、一方的に別れを告げた場合、こちらから連絡を取るのは気が引けますよね。そんな時はSNSをうまく利用するのがおすすめ。

彼の関心をひきそうな発信をするなどして、少しずつ元カレの気になる存在になりましょう。

  • トップ画やプロフィール画像を変えてみる
  • 元カレと共通の友人にタグ付けしてもらう
  • 仕事終わりの時間など、彼がSNSをチェックする時間に合わせて投稿する

など、SNSを使って存在を示してみてください

でも、自分から失恋を後悔している投稿をしたり、積極的に元カレに関わったりするのはNG。あくまで間接的なアピールを心がけましょう。


やるべきこと7. 連絡が取れたら振った時の理由を細かく説明する

別れの直後は、元カレはショックでただ辛いという状況。

なぜ自分が振られたのかも理解できていないことが多く、しばらく冷却期間があると、冷静になってくれるはず。そこで、別れを選んだ理由を話してみてください。

  • なぜ別れないといけなかったのかを、分かりやすく説明する
  • 何が辛かったのか、何が我慢できなかったのかを、言葉を選びながら話す

と、振った理由をきちんと話せば、分かってくれる可能性はあります。

ただし、元カレのことを責めることはやめておきましょう。あくまでも、自分にも過失があったことを認めながら話してみてください。


やるべきこと8. 直接会って、振ってしまったことを謝る

男性は元々プライドが高い生き物。こちらから謝ることで男性の傷ついたプライドを回復させることができます。

もし連絡が取れて、直接会えるようなら、

  • 「別れたいと言ったのは一時の感情だった」と事情を説明し、素直に謝罪する
  • なるべくLINEなどではなく、直接会って謝る

など、しっかりと本気の謝罪をしてみましょう。

自分には彼に未練があることを伝える前に、彼に辛い思いをさせてしまったということをしっかりと受け止めて謝罪をしてくださいね。


やるべきこと9. 友達も含めて遊んでみる

元カレとヨリを戻す方法は友達も含め遊ぶ

かつては恋人だったとしても、やはり一度別れを選択した場合、また2人きりで会うのはお互いに気まずい雰囲気になることが。

そういう時は、共通の友人に間に入ってもらい、一緒に遊ぶと気まずさもなく会えますよ。

  • なるべく大人数でワイワイ楽しめるよう、飲み会などを開催してみる
  • 大人数でも楽しめるテーマパークなど、人数が気にならない場所に出かける

など、友達と一緒に遊ぶのがいいでしょう。

大勢いることで楽しい時間を共有でき、「やっぱり一緒にいると楽しいな」と感じてもらうことが狙い。それがいつしかヨリを戻すきっかけになるかもしれません。


やるべきこと10. 時間をかけて本音を聞き出す

あなたの方から別れを切り出したのだとしても、彼は彼の言い分があるはずです。彼の方も思っているところがあり、不満を感じている可能性も。

そんな本音を話せれば、彼も「正直な気持ちを話せて理解してもらえた」と満足し、復縁を考えてくれる可能性があります。

  • 自分の気持ちばかりを伝えようとしないで、まずは彼の話を聞くようにする
  • 建前の話ではなく、彼の本音を話せるような状況をつくり、「そうだったんだね」と同意しながらじっくり耳を傾ける

と、彼の話をしっかりと聞いてあげてください。

彼も本音を話せてそれを元カノに理解してもらえれば、「もしかしたら、また付き合っても上手くいくのかも」と思い直してくれるかもしれません。


やるべきこと11. 今の気持ちを正直に伝える

振ったことを後悔し、やり直したいと思うなら、最後はきちんと素直な気持ちを伝えることが大切です。

  • 変な駆け引きなどはしないで、真っ直ぐに自分の気持ちをぶつける
  • 謝罪するべきところはきちんと謝り、相手の気持ちも大切にする

など、最終的には今の気持ちを正直に伝え、彼の気持ちをしっかりと受け止めましょう。

もちろん、あなたの謝罪と今の気持ちを聞き、彼がどう判断するかは彼次第ですが、

あなたが素直になれば彼の方も真っ直ぐに向き合ってくれるので、復縁を考えてくれる可能性はあります。

【参考記事】はこちら▽


冷めて振ったけど後悔している女性が、“罪悪感をなくす方法”とは?

冷めて振ったけど後悔している女性が、“罪悪感をなくす方法

「彼への罪悪感で毎日辛い…。」

「少しでも気持ちを軽くする方法があれば知りたい!」

気持ちが冷めてしまうのは仕方がないですが、振ったことで彼を傷つけてしまったことは事実。

なかなか受け入れられず、罪悪感で辛い日々を送っている人は多いのでは。

ここでは、女性が降った後の罪悪感をなくすためにやるべきことをご紹介します。


やるべきこと1. 友人に後悔していることを相談する

悩みは1人だけで抱えてしまうと、どんどん悪い方向に考えてしまいがち。信頼できる友人など第三者に話を聞いてもらうと、気分が変わることがあります。

  • 別れることになった理由を友達に聞いてもらい、意見してもらう
  • 同意ばかりする相手ではなく、ダメなところはダメと言ってくれる関係の友達に話す

など、冷静に判断してくれる友達に相談してみましょう。

現状をしっかりと受け止められるようにするべきなので、間違いをちゃんと正してくれる、親しい人に話して率直な意見をもらってみて。


やるべきこと2. 連絡手段をゼロにする

元カレと繋がる手段があると、いつでも連絡はできる状況なので、「謝らなければいけないかな…」と、余計に悩んでしまうことがあります。

  • 電話番号やLINE、SNSなど、元カレと繋がっているものは全て削除する
  • 元カレとの共通の友人にも、「元カレに自分の話をしないでほしい」とお願いしておく

など、彼と繋がっているものは全て絶ってしまいましょう。

連絡が取れないと思えば、「謝らなくちゃ」というモヤモヤした気持ちも、「連絡できないから仕方がない」と割り切れるようになりますよ。


やるべきこと3. とにかく考えすぎない

冷めて振ったけど後悔している女性が、“罪悪感をなくす方法は考え過ぎない

罪悪感を抱えていても辛いだけなので、頭の中から元カレの存在を無くしてしまいましょう。

  • 元カレのことが頭に浮かんだら、他のことを考えるよう頭の中を切り替える
  • 元カレと別れた自分は幸せになれると考える

など、考えすぎないようにしてみて。

というのも、罪悪感を抱えてしまうのは、今回の別れは間違いだったと、どこかで考えてしまうから。

しかし、本当に間違いだったのは誰にも分かりません。今考えても答えはでないことなので、考えないように努力していきましょう。


冷めて一方的に振ったけど後悔してるなら、自分の気持ちに正直になってみて。

自分から恋人に別れを切り出したけれど、後から後悔するという経験は多くの人が体験します。

元カレを傷つけてしまったこと、魅力的な人と離れてしまったことなどで、とても辛い日々を送ることになりますよね。

今回は、気持ちが冷めてしまって彼に別れを告げたことを後悔している女性のやるべきことを解説してみました。

別れてもヨリが戻せるチャンスはありますし、気持ちは次第に癒されていくはず。いつか幸せを手にするよう、本記事を参考にしてみてくださいね。


【参考記事】はこちら▽

よく一緒に読まれる記事

関連する記事

注目の記事