遠距離恋愛で別れた恋人と復縁する方法|難易度MAXの復縁を成功させるコツとは?

遠距離恋愛をしていて別れた恋人と復縁したいと思っている方へ。今記事では、遠距離の復縁が難しいと言われる理由から、遠距離で別れた恋人と復縁する方法まで詳しくご紹介します。普通の復縁よりも難易度が高いですが、よりを戻したい方は、ぜひ参考にしてみてください!

別れ方によっては遠距離恋愛をしていた恋人と復縁できる

遠距離で復縁をする方法

嫌いになったわけではなく、会えないことが寂しくて別れたというカップルは少なくありません。遠距離恋愛の場合、会いたい時に会えないという辛さがあります。そのため、2人で話し合って円満別れを選ぶカップルも多くいます。

また、それぞれに新しい生活に慣れるために忙しい毎日を送っていると、連絡の頻度が減って何となく自然消滅してしまったケースもあるでしょう。

このような場合、お互いに嫌いになったわけでもなく、遠距離恋愛なのが別れた大きな理由と考えられるので元彼・元カノとの復縁は可能です。

【参考記事】はこちら▽


浮気や性格の不一致などが原因の場合、復縁は難しい

ただし、別れた原因がどちらかが嫌いになったということであれば、復縁は難しいでしょう。例えば、自分が浮気した場合です。遠距離恋愛はただでさえ不安なことが多いのに、浮気をされると彼氏・彼女はショックを受けます。それがトラウマになって、復縁は考えられないと感じるかもしれません。

また、性格の不一致が理由で別れた場合も、お互いの性格が簡単に変わるとは思えないものです。そのため、やり直すのは難しいと相手は感じるかもしれません。


遠距離恋愛をしていた恋人との復縁が難しいと言われる理由とは

一度別れた彼氏や彼女と復縁したという話はしばしば聞かれますよね。遠距離恋愛の場合も別れた相手とよりを戻すことは可能ですが、それでも難易度が上がるのは否定できません。

では、どうして遠距離恋愛だと復縁が難しいといわれるのでしょうか。その理由について詳しく紹介します。


遠距離の復縁が難しい理由1. 相手の気持ちが切り替わりやすいから

生活の中で相手を意識するきっかけがないと、その人のことは記憶の中で薄れていってしまうものです。

例えば、遠距離恋愛の場合、生活圏が違うため別れてしまった後は会うきっかけや連絡するきっかけがなくなってしまいます。そんな中で元恋人のことも気持ちの中から徐々に消えていくことでしょう。

つまり、相手の気持ちが切り替わりやすいので、遠距離の復縁は難しいと言えます。


遠距離の復縁が難しい理由2. アピールがしにくいから

別れた理由が遠距離以外に、「思いやりが足りない」「マイペース過ぎる」といったこともあるでしょう。

そのような理由で別れた元彼・元カノに復縁を望む場合は、自分が変わったことを知ってもらう必要があります。

しかし、遠距離の場合は、LINEで連絡を取るなどアピール方法が限られてくるので、復縁成功のハードルが上がるのです。


遠距離の復縁が難しい理由3. 身近な距離の人と付き合いたいと思うから

遠距離恋愛で別れた場合、それがきっかけで「やっぱり遠距離恋愛は難しい」と相手が感じている可能性があります。

そのため、「次の恋愛は身近な距離の人とが良いな」「遠距離は疲れるからやめておこう」などと考えているかもしれません。

このように相手が遠距離恋愛自体にネガティブな印象をもっている場合、よりを戻すのはなかなか難しいでしょう。


遠距離の別れた恋人と復縁するための5つのステップとは?

遠距離で別れた相手との復縁は簡単ではないので、しっかりと準備して臨むことが大切です。焦る気持ちがあるかもしれませんが、復縁のために必要とされる手順を一つずつていねいに踏むことが欠かせません。

ここからは、遠距離で別れた恋人と復縁する方法を手順に沿って紹介します。


復縁へのステップ1. 冷却期間を設ける

別れてすぐは、感情的になっていたり、別れたことのショックの気持ちが強かったりして、お互いに冷静に物事を考えることができないものです。そんな時に復縁を持ちかけられても、冷静に判断することは難しいでしょう。

そのため、お互いが自分の気持ちにしっかりと向き合えるようになるための冷却期間を設けることが大切です。3ヶ月間くらいは冷却期間を置いてみましょう。

【参考記事】はこちら▽


復縁へのステップ2. 自分磨きをして別れた原因を直す

別れた原因が距離だけにあるわけではないこともあるでしょう。

冷却期間中に原因をよく分析してみると、「相手への気遣いが足りなかった」「相手の優しさに甘えすぎていた」など、自分の至らなさに気付くかもしれません。

復縁後に同じ失敗で別れることがないように、自分磨きをして改善できる部分は直す努力をしましょう。

【参考記事】はこちら▽


復縁へのステップ3. 再び連絡をしてみる

冷却期間が過ぎ、自分磨きをして準備が整ったら、LINEなどで連絡を入れてみましょう。

その時に、「彼氏(彼女)できた?」などと聞くのはNGです。また「復縁したい」とストレートに伝えるのも避けましょう。

「どうしているかな?と思って」などと、雑談してみるのがおすすめです。相手のプライベートには踏み込まない他愛のない話をしてみましょう。


復縁へのステップ4. 連絡が続きだしたら会いに行く

連絡が続くようになったら、きっかけを作って実際に会いに行ってみましょう。いきなりデートに誘うのではなく、「今度、用事で○○に行くんだけど、良かったらちょっとだけ会えない?」と、メインは別の用事であることを伝えるのがおすすめです。

わざわざ自分に会うために来ると思うと、相手も負担になりますが、用事のついでだったら「会っても良いかな」と感じるかもしれません。


復縁へのステップ5. デートを重ねて距離を再度縮めたら告白をする

連絡が続き、こまめに会える関係を築けたら、脈ありの可能性が高いです。

もちろん、この時点で相手がよりを戻したいと思っていると決めることはできませんが、少なくともあなたと会うことに悪い気持ちはしていないということ。親しい関係でいたいとは思っていることの表れです。

相手の気持ちを確かめるためにも、告白して復縁を申し込みましょう。


どうしても難しいと思うなら諦めて次に進むのが賢明

復縁のためのステップを丁寧に踏んで、相手にアプローチしたものの、相手から断れることもあるでしょう。また、連絡は取り合えるものの、会うきっかけを見つけて会おうとするとやんわりと断られることもあるかもしれません。

そんな場合は、しつこくアプローチしても逆効果なので、諦めて次の恋を始めるのが賢明です。

【参考記事】はこちら▽


ステップを踏んで、難しい遠距離恋愛の復縁を成功させてみて!

遠距離恋愛を維持するのは簡単ではなく、そのために別れるカップルは少なくありません。しかし、別れたことで相手の良さや自分の本当の気持ちを再認識することもあります。

元彼・元カノとよりを戻したいなら、この記事で紹介した方法を参考に行動してみてください。焦らずに少しずつ距離を縮めていくと、やがてやり直せるかもしれません。

よく一緒に読まれる記事

関連する記事

注目の記事