上司と不倫に陥るきっかけ5つ|社内恋愛のリスクや不倫を予防する方法とは?

職場の上司と不倫関係になりそうな方へ。今記事では、上司と不倫になりやすいきっかけから、不倫をするリスクや断ち切る方法まで詳しくご紹介します。同じ仕事場の上司と不倫になりそうとお悩みの方は、ぜひ参考にしてみてください!

職場の上司と不倫関係になる人は意外と多い。

上司と不倫に陥るきっかけとは?

仕事を通して信頼関係が生まれやすい上司との禁断の恋。最初はそんなつもりはなくても「気づいたら頼りがいのある上司に魅かれていた…」という人は少なくありません。

また、上司からアプローチされるパターンもあり、断れずに関係が始まる人も。ちょっとしたきっかけで職場の上司と不倫に陥ってしまう人は意外と多いですよ。


職場の上司と不倫関係になるきっかけ|どうして恋が始まってしまうの?

上司と部下という関係性から、発展しやすいと言われる不倫。「既婚者の上司に対して、恋愛感情を抱いてしまっている」そんな悩みを抱える人もいるでしょう。一線を越えてしまった時のリスクを考えると、不安になりますよね。

ここでは、どんなきっかけで不倫関係になる人が多いのか詳しくご紹介します。

【参考記事】はこちら▽


上司と不倫に陥りやすいきっかけ1. 日頃から一緒に過ごす機会が多いから

長い時間上司と一緒にいると、相手の性格や考えなどが理解しやすくなる他、情もわきやすくなります。妻子持ちの上司とは分かっていながらも、特別な感情が生まれることも。

例えば、デスクが上司と隣同士で、仕事の話はもちろん、プライベートな話もよくする場合は、一緒にいて安心感も抱きやすいでしょう。

社内で上司とコミュニケーションを取る機会が多い場合は、不倫へと発展することも少なくありません。


上司と不倫に陥りやすいきっかけ2. 相談する機会が多いから

仕事の悩みや人間関係など、上司が親身になって部下に寄り添い、距離が縮まることもあります。

「実は、同僚の女性の態度に悩んでいて…」そんな相談から始まり、二人で飲みに行く回数が増え、恋愛感情に変わるケースも多いです。

男性上司を頼りにして話を聞いてもらっているうちに、いつのまにか禁断の恋に足を踏み入れてしまう女性もいます。


上司と不倫に陥りやすいきっかけ3. フォローされた時にキュンとしやすいから

上司が自分の味方でいてくれると思うと心強いと同時に、部下思いな姿勢に対して尊敬の念を抱く女性は多いはず。

仕事でミスをした時でも「大丈夫、大丈夫!俺がうまく説明しとくからね。次、気を付けよう!」なんて言われると、トキメキに似た感情を抱く人もいるでしょう。

仕事上で上司がサポートしてくれたことをきっかけに好きになり、不倫関係になるケースもあります。


上司と不倫に陥りやすいきっかけ4. オンオフのギャップにときめきやすいから

仕事以外の時間に見る上司の顔つきや態度に、親しみやすさを抱く女性も少なくありません。

たとえ仕事では厳しく注意されていても、いったんオフとなると趣味や面白い話をしてくれるなど、上司の意外な一面を見て好意を抱くことも。

仕事とプライベートの時の顔や雰囲気が違うところに魅かれ、男性として上司を意識し始める人も多いと言えるでしょう。


上司と不倫に陥りやすいきっかけ5. 二人で出張に行く機会が多いから

出張先での秘密の関係は、家庭や会社など周囲にバレにくいことが特徴です。既婚者であるにもかかわらず、上司も気持ちが大きくなり、部下を口説き始めるケースもあります。

「後で部屋飲みしない?」と誘われて、断り切れずに男女の関係になるパターンも少なくありません。

二人で泊りの出張によく行く場合は、人目が気になりにくく、その安心感からか不倫に陥るきっかけとなりやすいです。


職場の上司と不倫関係になるリスク|恐ろしい不倫の代償とは?

会社内の恋愛で相手が既婚者となると、伴うリスクも高くなります。「二人の関係が周囲にバレたら、どうなるのだろう?」そんな不安が押し寄せるはず。一方で、止まらない激しい気持ちもあるでしょう。

ここでは、上司と不倫関係になるとどんなリスクがあるのか詳しくご紹介します。禁断の恋の果ても、自分で想定しておきましょう。

【参考記事】はこちら▽


不倫するリスク1. 社会的信用を失う

責任のある大人同士のため、不倫という社会のモラルに反した行動をすれば、周囲からバッシングが起きるのは当然のこと。

会社という組織で働いている以上、信用を失くして出世から外れたり、最悪退職になったりする可能性もあります

「あの人は不倫をしていた」とずっと後ろ指をさされることになり、築き上げてきた地位やキャリアに傷が付くリスクもないとは言えません。


不倫するリスク2. 慰謝料を請求される恐れがある

上司の奥さんからしてみれば、不倫相手は家庭を崩壊させる理由となった悪女。その代償として、多額の慰謝料を請求される可能性は高いでしょう。

探偵を使って不倫の証拠写真を撮られたあげく「しっかりと慰謝料は払っていただきます!」と上司の奥さんにキレられるケースはよく聞く話です。

「不倫の果ては借金まみれ…こんなはずじゃなかった」そんな状況に直面するリスクがあることを覚えておきましょう。


不倫するリスク3. 独身なら婚期が遅れる

相手に家庭があるうちは結ばれる可能性が0%なため、自分だけ婚期が遅れる恐れがあります。

周囲の友達がどんどん幸せな結婚をしていく中で「上司との将来は見えないけど、今は離れたくない…。」という気持ちに引きずられて、身動きが取れなくなってしまう女性は多いです。

「気がづけばアラフォーになっても独身…」そんなリスクも、不倫にはつきものと言えます。


上司と不倫関係になりそうな時の対処法|防止するコツを解説

スリリングかつ危険を伴う上司との不倫。「既婚者である上司からの誘い…どうしたら?」そんな悩みを持つ人もいるのでは?

ここからは、上司と不倫関係になりそうな時に試してほしい対処法をご紹介します。上司への対応や今後の関係に不安を感じている人は、ぜひ参考にしてみてください。

【参考記事】はこちら▽


不倫を防ぐ対処法1. 家庭がある人とは付き合えないと明言する

少しでもその気があると思えば、上司はグイグイとアプローチしてくる場合もあります。

曖昧な断り方をしていては、しつこく誘われるかもしれないので、はっきりと不倫をする気はないと伝えましょう。

完全に拒否されると、さすがに上司もモラルに反した行為と自覚しているため、それ以上は距離を縮めてこないはずですよ。


不倫を防ぐ対処法2. 2人きりにならないようにする

2人きりの空間に居合わせると、間違いも起きやすくなります。

なるべく他の人も共に行動するなど、上司と2人きりにならないようにすることが大切です。飲みに誘われたとしたら「同僚の○○君や○○さんも一緒に誘っていいですか?」と自分から逃げ場を作るのも一つの手。

仲のいい同僚に協力してもらうなどして、常に誰かと一緒にいれば、上司も誘うチャンスがなくなり、諦めざるを得なくなりますよ。


不倫を防ぐ対処法3. 恋人がいると話す

恋愛でつけ入る隙がないと思えば、上司の態度も変わってきます。

もし、アプローチされていると感じた場合は、恋人がいると伝えて避けるのもおすすめですよ。「仕事の後は予定ある?」と聞かれれば「仕事の後は彼氏とデートなんです~」というふうに、恋愛中で忙しいことをアピールしてみましょう。

全く自分に興味がないことが分かれば、誘う理由や目的もなくなるので、不倫関係になるのを防げるはずですよ。


上司と不倫関係になって、人生を無駄にしないよう気をつけて。

上司と不倫関係になるきっかけや原因、不倫のリスクが高いと言われる理由などをご紹介してきました。

「このままでは、男女の関係になりそう…断ち切る方法が知りたい」と感じている女性も、不倫について冷静に考えることができたのではないでしょうか? 

本記事でお伝えした不倫を防ぐ対処法も参考にして、普通の上司と部下の関係性を保てるように心がけ、幸せな恋愛に目を向けましょう!

【参考記事】はこちら▽

LINE はてなブックマーク
お気に入り

あなたにオススメ

関連する記事

注目の記事