恐ろしい“不倫の代償”とは|バレなくても怖い不倫のリスクを解説

不倫の代償一生涯かけて償う可能性があるってご存知でしょうか?本記事では、とても恐ろしい不倫の代償や、バレなくても生じる不倫の代償について徹底解説!さらに、不倫の基準や不倫を今すぐやめる方法についてもご紹介します。不倫で後悔する人生を送らないためにも、ぜひ目を通してくださいね!

バレてもバレなくても怖い“不倫の代償”を紹介!

恐ろしい“不倫の代償”

テレビのワイドショーや週刊誌をにぎわすタレントの不倫騒動。見るたびに「またか」と思いますよね。

でも不倫は、芸能界だけでなく、私たちの身近にある問題。そして案外認識されていないのが、不倫の代償は一生涯かけて償う可能性があるということ。

本記事では、とても恐ろしい不倫の代償やバレなくても生じる不倫の代償について徹底解説。さらに、不倫の基準や不倫を今すぐやめる方法についてもご紹介します。

不倫で後悔する人生を送らないためにも、ぜひ目を通して参考にしてみてくださいね。


大前提として「代償」とは?

「代償」を辞書で引くとこうあります。

  • 他人に与えた損害に対して、金品や労力でつぐないをすること。「かけた迷惑の代償を支払う」。
  • 目的を達するために、犠牲にしたり失ったりするもの。「命を代償として勝利を手にする」。

不倫は当然、家族をはじめ周囲の人に心理的や経済的な損害を与える行為です。それと引き換えに当人が大切なものを失うことになるのは、ある意味仕方のないこととも言えます。


不倫の代償は男女で違う?

昔は不倫といえば夫が外でするものというイメージでしたが、ネットが普及した昨今、家の中にいても出会いの場はいくらでもあり、妻が不倫に走るケースも多くあります。

ただ不倫を経て夫婦が離婚に至った場合、男女で代償の種類が違ってきます。男性の場合は、信用を失って職場での出世の道が閉ざされるなど、社会的な制裁を負う場合が多いです。

対して女性の場合は、夫からの収入がなくなることでの金銭面での負担が大きくなります。慰謝料などを受け取る場合も、満額を安定して受け取れるとは限りません。


バレると恐ろしい「不倫の代償」を徹底ガイド!

「ちょっとした出会いから」「軽い出来心から…」と、始まりが気軽なきっかけであっても、結果的に思わぬ深みにはまってしまうのが不倫というもの。

そして、その行動と引き換えに、離婚、家族の崩壊、信用の失墜、経済的負担、心理的摩耗など、想像以上に大きな代償を支払うことになるのです。

まずは、不倫の代償について具体的に見ていきましょう。


不倫の代償1. 離婚に至る

結婚以来ずっと仲良く円満で、周囲からはおしどり夫婦と見られていた。そんな男女を一瞬にして憎み合わせ、別れさせることになるのが不倫です。

離婚は夫婦間の話し合いで決まる「協議離婚」が大半です。しかし、話し合いがこじれたり、相手の顔も見たくないという場合は「離婚調停」に至ったり、それでも決着がつかない場合は「離婚裁判」ということにもなり、精神的な疲労も一層大きくなります。

【参考記事】はこちら▽


不倫の代償2. 子供と会えなくなる

夫婦の間に子供がいるなら、離婚はすなわち子供との別れということになります。

その場合に重要なのが、親権をどちらが持つのかということ。子供が小さい場合、大半は親権は母親になるケースが多く、父親は子供と離れることになります。定期的に会えればいいのですが、不倫の責任が父親にあった場合、母親が面会を拒否する可能性もあります。

我が子の成長を見ることができない日々は、辛く寂しいものです。


不倫の代償3. 子供に大きな精神的負荷をかける

子供にとって、母親と父親のケンカを見るほど嫌なことはありません。

ましてそれが、不倫を巡っての怒鳴り合いなどというシチュエーションなら、その心は深く傷つくことでしょう。

子供によっては、その時の負担が心理的トラウマになり、その後の人格形成にも影を落とすことになりかねません。大人が思う以上に子供は繊細なものなのです。


不倫の代償4. 社会的な信用を失う

不倫に対する風当たりは、最近の芸能人や政治家の不倫報道などの影響もあって、一層強いものになっています。

特に男性が不倫に走った場合は、“妻を裏切ったひどい男”とのレッテルを貼られ、築き上げてきた信頼も一気に失ってしまうこともあり得ます。

サラリーマンは、話が会社に伝われば出世にも影響し、場合によっては辞職に追い込まれてしまうこともあるでしょう。不倫は、社会的信用を失う、大きなリスクを負うものとの認識を持ちましょう。


不倫の代償5. 慰謝料や養育費の支払い義務を負う

不倫の代償において、その経済的な負担により、生活にも大きく関わってくるのが慰謝料や養育費です。

慰謝料は、不倫によって配偶者に負わせた精神的ダメージなどに対して支払われるものです。相場は一般的に50〜300万円程ですが、不倫だけで終わった場合や、不倫によって別居や離婚に至った場合など、被った損害により金額は変わってきます

養育費の支払いは子供が成人するまでが一般的ですが、支払う側の収入などによって変化し、例えば年収600万円の場合は月々5万円程になります。


不倫の代償6. 一生残る罪悪感を負ってしまう

不倫をしている人は、程度の差はあれ罪悪感を抱いているはずです。

でも不倫が原因で配偶者や子供をひどく傷つけたり、家庭が崩壊してしまった場合の罪悪感は、その比ではありません。「取り返しのつかない、ひどいことをしてしまった」という思いは、一生消えないほどの強さで自分自身に返ってくるのです。

今、罪悪感とともに不倫を行なっているならば、引き返すことを考えるべきですよ。


不倫の代償7. 不倫関係を解消しても、パートナーとの関係性にヒビが入る

「不倫が配偶者にバレて揉めたけれど、なんとか離婚せずに済んだ。不倫相手とも既に別れた。」

こう書くと一件落着と思うかもしれませんが、そうはなりません。配偶者の不倫によって傷つけられた側の心は簡単には修復しないのです。

不倫した側がいくら関係修復に努めようとも、ふとした瞬間に裏切られたショック、悔しさが蘇り、以前と同じ目で相手を見れなくなってしまいます。元の夫婦関係に戻ることは、もうできないのです。


不倫の代償8. 不倫相手のパートナーにも精神的な負荷をかける

不倫は配偶者を裏切る行為ですが、不倫相手にも配偶者がいる場合、当然同じことが言えます。

独身者の場合、配偶者に裏切られる思いを想像するのは難しいかもしませんが、自分の行為が相手のパートナーをも傷つけ、ひいては相手自身も不幸にするという意識を持つべきでしょう。

既婚者であるなら、自分が配偶者に裏切られる状況を想像すれば、なおさら不倫相手のパートナーにも思いが及ぶはずです。


バレなくても怖い「不倫の代償」とは?

不倫には代償と呼べる多くのリスクがあり、それらはほとんどの場合、不倫が配偶者や周囲にバレることで起こります。

では、バレなければ全ては上手くいくのかというと、決してそんなことはありません。たとえバレなくても、目には見えない形での様々な代償が待っているのです。


不倫の代償1. バレるかもしれないというストレスをいつまでも負う

不倫にのめり込んでいる時は、不倫という行為そのものに夢中になっているでしょう。

もしかすると配偶者への罪悪感ですら、思いに火をつけるスパイスのように感じているかもしれません。でもその一方で、「いつかバレるのでは」「今日こそパートナーが気づくのでは」といった疑念も決して消えることはありません。

そのストレスは積み重なり、やがて日々の生活の中に重くのしかかってきます。正当でない行いを心底楽しむことなどできないのです。


不倫の代償2. 窮屈な恋愛に対するストレスを負い続ける

休みの日にデートする。終電を気にせずバーで語らう。奮発して高価なプレゼントをする。どれも普通の恋愛であれば楽しいことですが、不倫の場合はそうもいきません。

休みの日には休日出勤と嘘をついて出かける必要があり、帰宅時間を気にしながら不倫相手と会い、プレゼントも少ないお小遣いと相談しながらになります。

不倫とは、そんなストレスに囲まれた窮屈な恋愛とも言えるのです。


不倫の代償3. 別れる可能性が高いため、時間の無駄になることが多い

「好きになってしまったから」

「今が楽しければそれでいい」

そんな気持ちで、なんとなく不倫関係を続けているという人もいるでしょう。しかし、普通の恋愛と違い、不倫はその先に明確なゴールがあるものではありません

互いに相手への愛情を抱いていても、それを実らせるには相当の困難が伴います。結局別れてしまう可能性が高く、関係に費やした長い時間は、何も生み出さないものになってしまう可能性が高いのです。


不倫の代償4. 不倫にのめり込んで、婚期を逃す

不倫の先に結婚を夢見ている女性もいるでしょう。

「あの人は奥さんと別れて私と一緒になってくれるはず」と信じて不倫関係を続けているのです。

しかし、現実にはそうした甘言を材料に体の関係を続けたいだけという男性も多く、パートナーと別れてまでという人はほとんどいないのです。

適齢期の女性が、不倫から抜け出せないまま時が経てば、婚期を逃してしまうということになってしまいます。


前もって知っておくべき男女が定義する不倫の基準とは

民法において不倫は「不貞(ふてい)行為」と定義されています。不貞行為とは「妻と夫がそれぞれ配偶者以外と性交渉を持たない義務」に反する行為という意味です。

ここで不貞行為とみなされるのは「性交渉」だけで、恋愛関係に陥ったとしても、性交渉がなければ法律違反とはみなされません。

しかし、法的にはそうであっても、世間一般の不倫の基準にはもっと厳しいものがあるようです。不倫の定義や基準を見ていきましょう。


不倫の基準1. パートナーに内緒で連絡を取り合う

最近、夫のスマホにやたらとメールの着信があり、「誰から?」と聞くと「会社の同僚。仕事の覚えが悪くて何でも聞いてくるんだ」と言われたあなた。

夫のいない時にスマホをチェックすると、そこには知らない女の名前があるなんてことは、そう珍しくはないシチュエーションです。

ポイントは相手と親密な関係かどうかよりも、パートナーに「嘘をついて」「内緒で」異性と連絡を取り合うことにあります。

その一見小さな裏切りに見える姑息さに、人は不倫の匂いを感じ取ります。


不倫の基準2. 二人っきりで会う

会社の同僚や古い知り合い同士なら、たとえ相手が異性で会っても、二人で会ったり食事に行ったりという状況はあり得ます。

それだけで不倫と断定する人はそれほどいないでしょう。やましいことがなければパートナーにも堂々と会うことを言えるはずです。

しかし、明らからな嘘をついて出かけたり、特段の事情もないのにたびたび会っているようならば、不倫と思われても仕方ありません。


不倫の基準3. 手を繋いだりキスをしたりと恋人のようなスキンシップを取る

法的に不倫と認められる行為は「性交渉」だけとお伝えしました。

キスやハグといった行為は正確には性交渉、肉体関係には入らないとされ、不貞行為とは認められていないのです。

しかし、それはあくまで法律上の問題。キスをする仲なのに恋愛関係ではないと思う人などいないでしょう。その人に配偶者がいれば、それはもう普通の感覚では完全に不倫と断定されます。


不倫の基準4. 体の関係を持つ

当たり前ですが、体の関係を持つことは不倫の法的定義「配偶者以外の異性と性的関係を持つこと」から、不貞行為として認定されます。もちろん世間の目から見ても、不倫以外の何ものでもありません

付け加えると、直接的な性行為でなくても、ほぼ性行為と言えるようなことや疑似的な性行為も、法律で不貞行為と認められます。

中にはホテルに行ったが性行為はしていないから不倫ではない、などと弁解をする人もいるようですが、その状況が既に不倫の確たる証拠なのです。

【参考記事】はこちら▽


不倫の代償は避けるべき!今すぐ不倫をやめる方法とは

「ダメだとわかっていてもやめられない」と、不倫というものは、どこかその背徳感に酔いしれるが故にやめられないものなのかもしれません。

しかし、不倫で一時の感情は満たされたとしても、結局は無駄な時を過ごすだけで得るものはありません。そして、その先に待っているのは、想像以上に過酷な代償です。

では、不倫をやめたい時にはどうすれば良いのか。ここでは相手と別れ、不倫にケリを付ける方法を紹介します。


不倫のやめ方1. 不倫の代償の重さをしっかり把握する

不倫で得られるものと失うものを比べると、失うものの方がはるかに大きく、深刻です。

不倫関係がうまくいっていたとしても、それはいつバレるかという不安の上にあるもの。そして不倫の露呈とともに訪れるのは、離婚、子供との別れ、慰謝料の支払い、会社での評価の失墜、消えぬ罪悪感など、精神的、経済的、社会的な大ダメージです。

今の不倫相手は、このような代償を受けても関係を続けたい相手なのか、冷静になって考えましょう。

【参考記事】はこちら▽


不倫のやめ方2. きちんと不倫相手に別れを告げる

普通の恋人同士であっても、別れ方というのは難しいもの。ましてそれが、互いの立場や意識に差のある不倫ならなおさらです。

しかし不倫を解消すると決めたなら、相手とは明確な形で別れるべきです。できれば電話やメールでなく、顔を合わせてはっきりと別れを告げましょう

記録として残るメールは未練の温床になり、電話では表情が見えない故に声に説得され、決断が鈍る可能性があるからです。

また、会うのは昼間にしましょう。夜だと「これが最後だから」などと関係を求められ、再び相手に気持ちが傾く恐れがあります。

【参考記事】はこちら▽


不倫のやめ方3. 別れたら連絡を取るのをやめて、連絡先も消す

不倫相手と別れた後に、後悔や未練を引きずる人もいることでしょう。しかしそれに負けて、相手に連絡したりすれば全てが水の泡です。

気持ちを断ち切るためにも、相手の連絡先やメール、LINEのやりとりなど、全ての記録を消しましょう。それらが残っていると、ふとした時に履歴に目が行くことで、思い出と共に忘れかけていた気持ちが蘇ったりするものです。

別れを決めたら、二度とヨリが戻ることのないよう、強い気持ちで関係を削除しましょう。


不倫の代償がかかる前に、手を引いておきましょう。

最近は不倫に憧れ、最初から既婚の異性と関係を持ちたがる人もいるようです。しかし、現実には不倫はその憧れとは程遠い、様々な代償をもたらすものだとわかっていただけたのではないでしょうか。

リスクにはリターンがあるものです。しかし、リスクありきの不倫がもたらすものは、さらに大きなリスクでしかありません。不毛な恋愛はやめて、本当の幸せを見つけましょう。


【参考記事】はこちら▽

LINE はてなブックマーク
お気に入り

注目の記事

関連する記事