復縁の可能性もある?元彼と友達に戻るメリット&デメリットとは

元彼と別れた後に、友達に戻ろうと考えたことはありませんか。今回は、元彼と友達に戻ることに対する女性の意見から、友達として付き合える元彼の特徴、友達に戻るメリット・デメリットを解説します。男友達に戻るかどうか判断して、悔いのない選択をしてみてくださいね。

元彼と友達に戻るかどうか悩むことってありますよね。

元彼と友達に戻るメリット&デメリット

恋愛において、何かしらの理由でうまく行かなかったため、残念ながら別れを選ばざるを得ないことはあるでしょう。

人として尊敬できる、会ってて楽しい、恋愛以外の意味でも勉強になるといった関係性であれば、女性の中でも元彼との友好な関係性を維持したいと思う人も多いといわれています。

そこで今回は、元彼と友達に戻る時のメリット・デメリットについて紹介します。友達に戻るのであれば、必ず気を付けなければならない点がいくつかあるため、ぜひ確認してみてくださいね。


元彼と友達の関係に戻るのはあり?

大前提として、元彼と友達に戻ることは可能なのでしょうか。人によって戻れるという人もいれば戻れないという人もいると思います。

またこれは、復縁とは異なるものです。恋愛という深い関係になった後、友達に戻ることで、どんな心理的な動きがあるのでしょうか。

まずは、女性たちの意見をチェックしてみましょう。


あり派の女性の意見

まずは、元彼と友達関係に戻ることは可能だ、ありだと考えている女性の意見です。

なかなかユニークな回答もありますが、考えさせられるような回答も多いでしょう。

元カノとの距離感に悩んでいる人は、ぜひ参考にしてみてくださいね。


1. 特別な存在であることに変わりはない

恋人関係という深い仲になれた二人であるのだから、そもそも人生において他の人と比べると、お互いに価値のある存在だったのではないかと考えている意見です。

恋人に慣れるほど素晴らしい間柄なのだから、当然恋人関係で無くなったとしても、会って話をしたり、人生の岐路には相談したりできるかもしれません。

人生の大事な時間を共に過ごした異性だからこそ、相談したい・大切にしたいことがあるという理由です。


2. お互いを理解しているため、良き理解者

恋人関係という深い仲になれた二人は、当然お互いの長所や短所をよく知っています。

また、自分の成長具合をわかってくれる存在ともいえるでしょう。恋人になれたということはやっぱり大事な人。

その大事な人に対して、お互いに理解者として存在できるというのは、安心感もありますし、なによりその後の人生にもポジティブな影響を与える可能性があります。


3. 寂しいからしばらくは一緒にいて欲しい

恋人関係から別れてしまうと、今まで隣にいた人がいなくなってしまうということでもあります。

今まで一緒の時間を過ごしていた人が突然いなくなるわけですから、どうしても寂しいものです。

「もう少しそばにいてほしい」「新しい恋人候補が見つかるまで友達で」など、少しでもいいから心を満たしてほしいといった気持ちから、元彼と友達に戻ることを選択する人も多いでしょう。


なし派の女性の意見

続いて、恋人関係を解消した異性と仲良くすることは難しいのではないかと考える女性の意見について確認していきましょう。

昔から、男女の友達関係を続けていく、あるいは一度恋愛関係があった男女というのは、どうしても仲がこじれる傾向があるため、意識して距離を置こうとするという女性も多いようです。


1. 別れたのに一緒にいるのは気まずい

最も多かった理由は、やはり「気まずい」ということでしょう。どんな顔をして元彼と会えばいいのかわからないと悩む女性もたくさんいます。

特に、よく遊んでいる友達グループの一人であったといった場合には、そのグループ全体から疎遠になってしまう人もいるほど。

確かに、お互いに見たくないものも見せあってきた仲でもあるため、それをなかったことにするというのは難しいかもしれません。


2. 中途半端な関係でいることが嫌

元彼と恋人ではなくなったけども友達に戻ることが出来た、という関係性がそもそも非常に中途半端であり、それでいいのか悩んでしまうという女性もいます。

確かに、恋愛関係を解消したけども、友達として遊ぶとなると、関係性の変化がわからないような場合もあるかもしれません。

恋人とも言えないし、とはいえ他の友達と同列とも言いにくいといったような、説明できない人間関係が出来上がってしまうこと自体が嫌だという意見も少なくないのです。


3. そもそも男女の友情は成り立たないと思っている

異性の友達として付き合う際に周りや共通の友達の目が気になる場合や、更に新しい恋人が出来た時にもともと恋愛関係で今は友達となっている異性について、どのように説明したらいいかわからない場合もあるでしょう。

そうした意味でも、男女の友情は成り立たないと考えたほうが、お互いにうまく行くと思っている人も一定数いるのです。


別れた後も友達として付き合うことができる元彼の7つの特徴

元彼と友達に戻るという点で、女性の賛成・反対の意見を見てきましたが、一方で、別れた後に友達に戻ることが出来たという人たちもいます。

どうして戻ることが出来たのでしょうか。何か特徴などはあるのでしょうか。ここからは元彼と友達として付き合うのに外せないという特徴を7つ挙げていきます。


特徴1. 別れ方が喧嘩などではなく、お互いが納得した上で別れている

恋人関係を解消した際に、喧嘩などでわだかまりが残ってしまった場合、友達に戻ることは難しいでしょう。

どうして恋人関係を解消しなければならないのか、なぜ結婚出来ないのか、といったことを共にコミュニケーションが出来る間柄であったからこそ、友達として付き合うことが出来るのです。

お互いの信頼関係が生まれ、結果的に恋人関係を解消した後も、信頼できる相手として認めあっていることは、必須の条件といえるでしょう。


価値観や性格の不一致で別れた訳では無いことが重要

先ほどコミュニケーションという話が出てきましたが、特に別れの理由が価値観や性格ではなかったという場合が重要です。

例えば、お互いに仕事が忙しい、または一方が海外転勤となってしまってほとんど会えないといった環境の変化などで別れている場合は、諦めも付きやすく、友達に戻ることが容易といえるかもしれません。


特徴2. 付き合う前は元々友人関係だった

恋人関係となる以前に、そもそも友達だったという場合には、お互いにどのように付き合えばいいのかわかっているため、友達に戻りやすいということはあるでしょう。

友達であったからこそ、友達としての距離感をつかみやすいといった特徴があります。この距離感がわかっている間柄だからこそ、友達に戻れるともいえるでしょう。

それほど、距離感とは微妙なものであり、同時にこの関係には重要なものなのです。


特徴3. 別れた後でも、お互いに尊敬できる部分がある

恋人関係を解消した後も、友達として付き合っていくというのは、ある意味でその人間関係を維持していくことに、お互いに価値を感じているからこそできることです。

お互いに関係を維持したいと考えているから、恋人関係が解消されても友達に戻れるともいえるでしょう。

友達に戻れた人たちにとっては、恋人が尊敬できる友人に変わっただけで、精神的にはほとんど変化がないかもしれません。


特徴4. お互いが嫉妬深くない性格で、精神的に自立している

恋人関係を解消し、友達に戻る時に、最も難しいのは、相手に新しい恋人が出来てしまった時です。

この時に、気持ちよく祝福し合えるような性格でなければ、トラブルの元となるのは間違いありません。

嫉妬深くない・自立しているといった特徴は、こうしたトラブルを未然に防ぐことが出来ると考えられ、友達に戻っても大丈夫だという信頼関係がお互いに生まれるでしょう。


特徴5. 男女の関係というよりも、人として関係が築けている

恋人関係から友達に戻れるということは、恋人以上にお互いの事をしっかり理解しているからこそできることです。それは、男女の関係ではなく、人としての関係が構築できているともいえるでしょう。

人としての信頼関係が、友達関係を維持しているともいえるかもしれません。この特徴もまた、トラブルを未然に防ぐことになるため、絶対に必要なことといえます。

大人の関係が出来上がっていれば、一方が結婚した後でも、信頼できる友達となりえるでしょう。


特徴6. 共通の友達がいたり、共通の趣味があって、話題に困らない

共通の友達や知り合い、あるいは趣味や仲良しのグループが一緒といった形で、関係性の外に話題がある場合には、友達に戻りやすいといえます。

なぜなら、それは関係を維持していく1つの理由となるからです。共通の趣味や話題などがない関係を維持していくことは、非常に難しいものです。

趣味や興味といったお互いに夢中になれることを持っているからこそ、仲が良い状態に戻りやすいとも言えるのです。


特徴7. 過去の話をいちいち持ち出したりしない

仲のいい友達の中にも、やはり距離感やタブーというものは必ず存在します。

恋人関係から友達に戻る場合のタブーは、やはり過去の話をいちいち持ち出してくること。このことをしっかりと理解して、配慮し合える関係だからこそ、恋人関係を解消した後でも、仲のいい関係が続いていくといえるでしょう。

人間関係にとって重要なのは配慮です。配慮が出来るから、お互いに気持ちの良い関係が続いていくのです。


元彼と友達になることによるメリット・デメリット

それでは、元彼と友達になる上でのメリット・デメリットを考えていきましょう。

仲のいい友達が増えることは、多くの場合、人生を豊かにしたり、新しい刺激を受けたりするなど、大きなメリットがあるものですが、残念ながらそれだけではないようです。

ぜひ、メリットとデメリットを考えながら人間関係を再構築してみてくださいね。


元彼と友達になる4つのメリット

まずはメリットから見ていきます。仲のいい友達、信頼できる他者が人生の中にいることは非常に重要です。

また、恋人であったということで自分をさらけ出した状態のものを見ている人でもあります。長い人生において、多くのことを受け取れるかもしれません。

では、具体的にどのようなメリットがあるか、詳しく見ていきましょう。


メリット1. 別れた寂しさを友人関係になることで紛らわすことができる

恋人関係から友達に戻った時の最大のポイントは、やはり寂しさを紛らわせられること。

自分から別れを切り出すにしろ、切り出されるにしろ、恋人関係を解消するということは、大きなショックを伴うものといえます。

しかし、いきなり完全に切れるのではなく友達に戻ることが出来るのであれば、ショックや寂しさを軽減することが出来るでしょう。


メリット2. 自分の事をよく理解してくれている、異性の友人になる

恋人関係ということは、当然お互いに自分自身をさらけ出すことが出来たと思います。

そうした自分の内面を深く理解し合っている異性の友人になるというのは、自分の人生の相談役という意味で、非常に価値の高い存在となるでしょう。

お互いにわかり合っているということで、深く安心できる関係となれるのです。深く安心できる関係だからこそ、話せることやお願い出来ることもあるはずです。


メリット3. 自分のダメな姿もさらけ出す事ができる

人間関係において多くの場合、人はその関係性の中で少しずつ自分を偽ったり、自分の意見を言わなかったりすることはあると思います。

また、自分をよく見せるために、見栄を貼ることもあるでしょう。

親しき中にも礼儀ありと言いますが、恋人関係から友達に戻ることが出来た間であれば、ダメな自分というものを受け入れてくれるかもしれません。


メリット4. 友達から復縁のきっかけになるかもしれない

人生において、本当の意味で信頼し合える関係というものは少ないと思います。

恋人関係から友達に戻ることの出来た間柄は、この信頼醸成がうまく行っているといえるでしょう。信頼醸成がうまくいっているのであれば、再び友達から復縁する可能性は否定できません。

特に、喧嘩や性格といった感情のしこりがない場合、友達から復縁という選択肢は常にあり、また今までの失敗などを反省することで、より深い関係が出来上がる可能性もあります。

【参考記事】はこちら▽


元彼と友達になる4つのデメリット

一方で、元彼と友達になることで受けるデメリットについても見ていきましょう。

元彼と友達になった場合、ある意味で深い仲の異性ということが出来、この存在自体がトラブルの元となることもあり得ます。ぜひ注意してみてください。


デメリット1. 元彼が他女性と仲良くしているのを見ると、嫉妬してしまうかもしれない

元彼とは恋愛関係を切った関係ではありますが、それでも気になる異性であることは否定できないでしょう。

そういう意味で、元彼に新しい恋人が出来たり、良い関係になっている女性が出来たりした場合、嫉妬の対象となってしまうことはありえます。

昔のことを思い出してしまい、「あの時よりも幸せそう」などと比較してしまうと、非常に辛くなってしまうかもしれません。


デメリット2. 肉体関係を持ってしまったら抜け出せなくなる

恋人関係から友達に戻る過程で、それでも寂しいという思いから肉体関係を持ってしまうことがありますが、これは大きな問題があります。

特に、女性としては、情に引っ張られてしまい、肉体関係を持つ友人というポジションとなってしまうことも。

この関係は、お互いにとって責任が発生しない非常に気軽なものとなってしまうため、ズルズルと抜け出せなくなってしまうことがあります。


デメリット3. 次の恋愛に進むタイミングが遅くなる

恋人関係から友達に戻るという点で非常に頭が痛いのは、友人関係が心地よくなってしまい、次の恋愛に進むことが出来なくなってしまうことがあるということでしょう。

確かに、復縁という道は可能性としてありますが、基本的に別れた関係です。そのため、新しい異性を探していく必要があります。

しかし、なかなか信頼できる関係というのは生まれません。結果として、次の異性へのハードルが上がってしまうことがあるのです。


デメリット4. 次の彼氏が元彼のと関係を嫌がる可能性が高い

恋人関係から友達に戻った後に困るのが、次の彼氏にどのように説明すべきかということでしょう。

仲のいい異性がいるということは、それだけで嫉妬の対象になる可能性があります。また、復縁の可能性などを考えると、浮気相手と見放されてしまうこともあるかもしれません。

相手が納得してくれれば問題ありませんが、そうでなければ大きなトラブルとなるでしょう。


元彼と友達に戻るか判断して、後悔のない選択をしましょう。

恋人関係から友達に戻るというのは、ある意味で理想的な関係といえるでしょう。お互いに信頼できる関係であり、また理解しあった関係でもあるため、人生において大きなものが受け取れる可能性もあります。

一方で、友人から復縁してしまう可能性などを考えると、新しい恋愛をしていく際のトラブルの元となり得ます。特に結婚した後などの場合、その関係をどのように周りに説明したらいいかと悩む場面も出てくるかもしれません。

恋人から友達という関係を維持するのであれば、やはりそうした説明や誠実さは、他の人よりも求められるでしょう。

しかし、そうしたデメリットを超えて、お互いに信頼できる関係だからこそ、この関係の有用性があります。そこまで信頼できる他者は得難いもの。

お互いの信頼関係が成り立っていれば、この関係は全く不可能ではないのです。


【参考記事】はこちら▽

LINE はてなブックマーク
お気に入り

注目の記事

関連する記事