すぐにイライラを抑える方法5選|怒りを溜めた時のストレス解消法も解説

イライラを抑える方法が分からない時ってありますよね。本記事では、今すぐにイライラを抑える方法から、日常から意識できるイライラしない考え方や習慣を解説!さらにイライラした時のストレス解消法や怒りを抑える魔法の言葉までお教えします。

イライラした気持ちを落ち着かせたい方へ。

すぐにイライラを抑える方法5選

日常生活を送っていると、イライラしたくなくてもしてしまうことがあります。イライラが原因で自己嫌悪に陥ってしまう方もいるのではないでしょうか?

この記事では、イライラを抑える方法や解消する方法を解説します。イライラしやすい方や怒りっぽくて悩んでいる方は、ぜひ参考にしてくださいね。


イライラが爆発しそうな時、今すぐにイライラを抑える5つの方法

イライラして自分の感情がコントロールできなくなったことは、誰しも経験があるはずです。イライラが爆発しそうで、「自分を抑えたいけど、抑えられない…」と思ったことはないでしょうか?

そんな時に、イライラを抑える方法は5つの方法を紹介します


抑える方法1. イラッとしたら、6秒間だけ怒りを我慢する

イライラした時は、まず待つことが大切です。人間の怒りのピークは、大体6秒で過ぎると言われています。だからこそ、イラッとした時は感情を爆発させずに、まず6秒間だけ怒りを我慢することが大切なのです。

イライラして、すぐにその感情を発散していたこともあるでしょう。まずは、怒りのピークが過ぎるのを待ってみてください。


抑える方法2. 深呼吸をして気持ちを落ち着かせる

イライラしている時は、感情が高ぶっています。だからこそ、その感情の高ぶりを抑えることが大切です。感情をコントロールするためには、深呼吸をして気持ちを落ち着けましょう。

緊張している時や怒っている時に、深呼吸をして落ち着いた経験はあるはずです。深呼吸をすることで、イライラしている気持ちを落ち着けることができるので、感情が高ぶっている時に試してください。


抑える方法3. すぐにその場から立ち去り、気分を変える

イライラした場所に留まり続けても、感情は変わりません。感情が高ぶっている時は、すぐにその場所から立ち去って、気分を変えてみましょう。

同じ場所にいても、イライラする感情に支配されて、何も変えることはできません。場所が変われば雰囲気も変化するので、新しい気持ちになれます。イライラしたら、その場から離れて、気分を変えてみましょう。


抑える方法4. 自分を客観視し、冷静な視点を持つ

イライラしている時は、自分の感情にとらわれています。そんな時は、自分を客観視して、冷静な視点を持ちましょう。怒っている時やイライラしている時は、冷静ではありません。

まずは、自分を客観的に見つめ直すことが必要です。自分を客観視できるように努力して、冷静な視点で置かれている状況を見つめ直しましょう。


抑える方法5. 大好きな人に怒っている姿を見られている事を想像する

「怒っている人が好き」という人は、ほとんどいないでしょう。だからこそ、イライラしている時は、大好きな人に怒っている姿を見られていると想像してください。怒っているあなたを見られたら、幻滅されてしまうかもしれません

そう思えば、イライラを抑えられるでしょう。怒っている姿は、あなたの印象を悪くしてしまいますよ。


日常からできる、イライラを抑えるための考え方や習慣

イライラしないために、自分から心がけられることもあります。考え方や習慣を変えるだけで、感情をコントロールしやすくなるのです。

ここではイライラを抑えるために知っておきたい7つの考え方や習慣を紹介します。


考え方や習慣1. イライラした時の怒りを10段階で評価し、記録に残す

イライラしてしまった時、その自分を振り返ることはあまりしないかもしれません。これまでイライラした自分を振り返ったことがなければ、次から実践してみましょう。

イライラした時は、その気持ちを10段階で評価してください。その評価を記録に残すことで、自分がその時のイライラを振り返ることができます。10段階で評価し、記録に残しましょう。


考え方や習慣2. なぜイライラしてしまうのか原因を考える

イライラするのは、何か原因があります。イライラしてしまったら、その原因を考える習慣を身につけましょう。

原因を考えると、自分がイライラしやすいポイントを見つけられます。イライラしやすいポイントがわかれば、次の怒りを防ぐこともできるでしょう。イライラの原因を考えて、習慣を身につけることが大切です。


考え方や習慣3. 話しのネタになると考え、前向きに捉えるようにする

イライラすることも自分の貴重な経験の1つです。だからこそ、話しのネタになると前向きに考えてみましょう。前向きに受け止めることで、ポジティブになり、イライラしなくなるでしょう。

自分がイライラすることをネガティブに考えたところで、何も変わりません。話題の1つとして考えるくらいの気持ちでいることも大切です。


考え方や習慣4. こまめにストレス発散をし、ストレスを溜め込まない

イライラしてしまうのは、ストレスを溜め込んでいるのが原因となることがあります。あなたも、ストレスを溜め込んでいるかもしれません。もしストレスを溜め込んでいるなら、こまめに発散してみましょう。

ストレスを溜め込んでいると、爆発してしまい、怒りで感情をコントロールできなくなります。こまめにストレスを発散して、溜め込まない習慣をつけましょう。

【参考記事】はこちら▽


考え方や習慣5. 信用はするが、期待をしすぎることをやめる

あなたは、どれくらい人のことを信用していますか?

人を信用することは、とても大切なことです。ですが、相手への期待値が高ければ高いほど、裏切られたときの失望感は増してしまいます。

人のことは信用するべきですが、過度な期待は止めるべきです。相手への期待値は、自分でコントロールできます。勝手に期待しすぎるのは禁物です。

【参考記事】はこちら▽


考え方や習慣6. その場で怒る事によるメリット/デメリットを考えるようにする

怒りを発散するだけでは、子どもと変わりません。大人なら、イライラした感情を発散したことによるメリットとデメリットを考えるべきでしょう。

ただ闇雲に怒りを発散しているだけでは、自分の信用を失いかねません。

怒るべきときは怒り、イライラしている時は発散することも、時には大切です。しかし、メリットとデメリットを天秤にかけて、適切な判断をしましょう。


考え方や習慣7. コントロールできないことは割り切って受け入れる

感情を100%コントロールすることは、人間にはできません。どんなに習慣を身につけて、考え方を変えても、必ず感情をコントロールすることはできないのです。だからこそ、時には割り切ることも必要でしょう。

コントロールできないのであれば、その自分を受け入れることも必要です。ありのままの自分を受け入れて、感情を素直に受け止めてみましょう。


イライラしてストレスが溜まった時の解消方法

イライラした時は、なんとかその状況を解消したいと思うでしょう。そんな状況の**あなたに打ってつけのストレス解消方法を紹介します。

**ストレスを感じたときは、ここで紹介する7つの解消法を試してみてください。


ストレス解消法1. ゆっくりとお風呂に入る

イライラしている時は、ゆっくりお風呂に入る時間を確保してみましょう。お風呂に入ると、リラックスできるという方は少なくないはずです。

普段からシャワーだけで済ませている方は、イライラしやすい時にはその生活を止めてみてください。ゆっくりお風呂に入って、リラックスした時間を確保する生活を過ごしましょう。


ストレス解消法2. 気が済むまで寝てみる

就寝すると、次の日の朝すっきりとした気分になった経験があるかもしれません。このように、時には気が済むまで寝てみることも、ストレス解消に繋がります。

寝ることで、気分をリセットできるのです。

だからこそ、イライラが収まらない時は、すぐに寝てみましょう。寝不足がイライラの原因になることもあります。気が済むまで寝てみることも、ストレス解消には大切です。


ストレス解消法3. 趣味に没頭して気分を晴らす

ストレスを抑えられない時は、その感情に支配されています。そんな時は、自分の趣味に打ち込んでみましょう。何かに集中することで、イライラを一時的に忘れられます

特に趣味であれば、あなたの好きなことなので、怒りやイライラを忘れやすいのでおすすめです。イライラを解消するなら、趣味に没頭して、気分を晴らしてみましょう。

【参考記事】はこちら▽


ストレス解消法4. カラオケで好きな曲をたくさん歌う

ストレス発散の方法として有名なのが、カラオケです。自分の好きな曲を好きなだけ歌えば、気分を変えることができるでしょう。

イライラしている時は、自分の中に溜まっている感情を発散することがおすすめです。怒りで感情を抑えられない時は、カラオケに向かいましょう。好きなだけ曲を歌って、気分をすっきりさせてください。


ストレス解消法5. 緑茶や紅茶を飲み、リラックスする時間を作る

自分の感情を抑えられない時は、一息ついてみましょう。飲み物を飲むことで、少しゆったりとした時間を過ごせます。緑茶や紅茶など身近な飲み物を飲めば、一息つけるでしょう。

一息つくことで、自分の状況を振り返られます。緑茶や紅茶を飲んで、時間をおけばイライラも解消されるかもしれません。飲み物を飲んで、リラックスする時間を作ってください。


ストレス解消法6. 仲の良い友人に話しを聞いてもらう

自分一人で感情を処理するのが難しい時は、誰にでもあります。大切なのは、そんな時にしっかりと誰かに頼ることができるか。自分が心から信頼できる相手へ、相談すれば、アドバイスをしてくれるはず。迷惑をかけたくないなどの思いから、一人で悩むことが一番友達を困らしてしまうこと。

一人で悩んでしまわず、心から信頼できるポイント友達に話すことで、溜まったストレスも解消できるでしょう。


ストレス解消法7. 運動をしてリフレッシュする

運動はストレス解消に最適だと言われています。身体を動かせば、気分や頭をすっきりさせることができるでしょう。狭い部屋にこもりきっていないでしょうか?部屋にいるばかりだと、気分が晴れることはありません。

インドア派の人でも、イライラしている時は、外に出て身体を動かしてみてください。運動すれば、リフレッシュできますよ。


怒りを抑える5つの魔法の言葉

イライラしたり、怒りで周りが見えなくなってしまった時、あなたはどうしていますか?

実は、怒りを抑えるために使える5つの魔法の言葉があります。イライラしやすい方は、この言葉を知っておきましょう。


魔法の言葉1. 「まあ、いっか」

イライラして周りが見えなくなってしまった時は、「まあ、いっか」と言ってみましょう。その時は、怒っていてもあとから考えれば大したことではなかったと思い返した経験が、あなたにもあるはずです。

怒っている時はわからなくても、意外と大したことではありません。イライラしている時は、仕方ないと思いながら「まあ、いっか」とつぶやいてみましょう。


魔法の言葉2. 「ありがとう」

「ありがとう」と言われて嫌な気持ちになったことはないはずです。よほどひねくれた人でない限り、「ありがとう」と言われて嫌な気持ちにはならないでしょう。

だからこそ、相手から何か言われたら、「ありがとう」と言っておきましょう。「ありがとう」と言った自分自身も、嫌な気持ちにはならず。心が落ち着くでしょう。


魔法の言葉3. 「この人モテないだろうな」と心の中でつぶやく

多かれ少なから、誰でもモテることを意識しています。イライラした相手がいるなら、「この人モテないだろうな」と心の中でつぶやいてみましょう。

あなたがイライラしているということは、相手にも嫌な面があるはずです。「きっとこの人はモテないから、私を苛つかせてしまうんだな」と心の中で思えば、気持ちが楽になりますよ。


魔法の言葉4. 「なんとかなるさ」

どんなに納得のいかない状況に追い込まれても、本当にどうしようもできないケースは少ないはずです。上手くいかないことがあれば、「なんとかなるさ」と自分自身に声をかけてください。

どんな時でも、「なんとかなるさ」と自分に言うことで、ポジティブに対処できるようになります。心を落ち着けて、行動できるようになりますよ。


魔法の言葉5. 「そうきたか」

イライラしたり怒っている時は、「なんで自分がこんな目に合うんだ!」と思うことでしょう。そんな時は、自分が試されていると思ってください

「このイライラさせられている状況は、自分がチャレンジできるチャンス!」と思えば、前向きに捉えられます。「そうきたか」と自分自身につぶやき、怒りを力に変えて、努力しましょう。


イライラした時は、行動する前に冷静になることが大切!

誰でもイライラしてしまうことはあります。だからこそ、イライラを抑える方法を知り、上手く付き合っていくことが大切です。イライラしやすくて、これまで悩んでいた方も、多いのではないでしょうか?

習慣を変えるだけで、自分を変えることはできます。この記事で紹介したことを参考にして、イライラと上手な付き合い方をしてくださいね。


【参考記事】はこちら▽

LINE はてなブックマーク
お気に入り

注目の記事

関連する記事