スピーチのコツとは?演説を成功させる相手に伝わりやすい話し方を解説

HaRuKa 2022.06.13
スピーチのコツが知りたい方へ。今記事では、スピーチが上手く出来ない原因から、スピーチが上手くなるコツや分かりやすい話し方まで詳しくご紹介します。

成功する“スピーチのコツ”を大公開!

スピーチを上達する方法

スピーチが苦手で悩んでいるという方は多いでしょう。社会に出ると、朝礼で1分間スピーチをする会社や、仕事でのプレゼンなど、人前で分かりやすい話が求められる機会が多くなります。

そこで今回は、分かりやすいスピーチをするために自分の弱点探しや、話す内容構成のコツ、練習方法や話し方を一挙大公開!

また、おすすめの本もいくつかピックアップしているので、そちらも参考にして上手なスピーチができる人になりましょう。


そもそも、スピーチが上手く出来ない原因とは?

会社や学校で何度かスピーチをしていても、上手に出来ないことってありますよね。なかなかスピーチ力が向上しない原因は何でしょうか。

まずは、どうしてスピーチが上手くいかないのか、その原因について詳しく見ていきましょう。


原因1. 人前で話すと緊張してしまうから

スピーチを聞いていて、ごもってしまったり、焦ってしまったり、話が飛んでしまったりと、話が入ってこないスピーチは周りから「下手」という印象を持たれてしまいます。

練習ではうまく話せたはずなのに、本番でうまくいかないという人は、緊張によって上手に話せなくなってしまうのです。

人前で話すと上がってしまうことが原因で、スピーチが上手くいかないという人は多いでしょう。

【参考記事】はこちら▽


原因2. 伝えたい内容やテーマが定まっていないから

ダラダラと話し続け、「結局何が言いたかったの?」というスピーチは、上手いスピーチとはいえませんね。こういったスピーチは、どのタイミングで、どこに繋ぎ、どうまとめるという、話の構成がしっかりと成り立っていないのです。

伝えたい内容やテーマが定まっていないことが原因で、スピーチの中身を濁らせ、分かりにくいものとさせてしまいます。


原因3. 「上手く話せなかったらどうしよう」と考えているから

人前で話すときは、ほとんどの人が緊張感をもつでしょう。しかし、その緊張感の大きさは人それぞれで、どう影響するかも人それぞれなのです。例えば、程良い緊張感をもって、丁寧な言葉遣いで素晴らしいスピーチをする人もいます。

逆に、「上手く話せなかったらどうしよう」と考えすぎて、自ら緊張感を高め、自信を無くしてしまう人は、スピーチが失敗となってしまうケースが多いでしょう。

【参考記事】はこちら▽


▷次のページ:どうすれば良くなる?上手いスピーチのコツ8選

よく一緒に読まれる記事

関連する記事