人前で話すのが苦手な原因とは?仕事で上手に話す克服方法を解説

人前で話すのが苦手な方へ。今記事では、人前で話すのが苦手と感じてしまう主な原因から、人前でプレゼンするのが上手な人の特徴や人前で話すのが上手くなる方法まで詳しくご紹介します。仕事でも役立つスキルなので、ぜひ参考にしてプレゼン力を向上させましょう!

人前で話すと緊張してしますよね。

人前で話すと緊張してしまう人

人前で話すのが得意な人もいれば、絶対に苦手だと感じてしまう人もいます。

上手に人前で話せるという能力はとても仕事でも有効であり、魅力的な特質の一つです。

この記事では、人前で話すのが苦手な原因や克服方法を解説していきます。プレゼンで上手くいかなかったり、人前で話す機会が迫っている方は、ぜひチェックしてみてくださいね。


思わず声が震える!人前で話すのが苦手な原因とは

人前で話すことが得意でないということは、どんなことが原因となって起こるのでしょうか。

ここでは人前で話すのが苦手になる原因を解説します。苦手と思ってしまう原因を突き止めて、仕事で効果的に話すことが上手になるための手がかりを見つけるヒントとしましょう。


人前で話すのが苦手な原因1. あがり症で緊張してしまう

普段は話すことが嫌いではなく、饒舌に話すことができるのに、人前だと豹変してしまうという人がいます。

あがり症のために人前で話をするということを、億劫に感じたり極度の緊張を感じたりしてしまうのです。

あがり症で、人前にいるという状況だけで、緊張がとても高まってしまい、思ってもいないようなことを言ってしまったりすることがあります。

【参考記事】はこちら▽


人前で話すのが苦手な原因2. 今まで人前で話した経験が少なく、自信がない

人前で上手に話すという能力は、経験によって伸ばすことができます。

人前でスピーチしたり、プレゼンしたりする経験が乏しいなら、仕事に自信を持つことができず、話すことが苦手だと感じてしまうのです。

人前に出て説明することに慣れていないため、「失敗したら」と不安が過ってしまうのです。


人前で話すのが苦手な原因3. 失敗したらどうしようと不安を感じてしまう

上手に説明しなきゃと強く意識すると、反対に失敗という不安が浮かんでしまい、声が震えてしまうこともあります。

自分のミスが目立ってしまうことを嫌がる気持ちも、失敗を増長してしまい、負のスパイラルが生まれます。

失敗を恐れる不安の気持ちから、積極的になれず、スピーチが苦手なままになってしまうのです。


人前で話すのが苦手な原因4. 過去の嫌な経験がトラウマになっている

二度と人前で話したくないと思ってしまうような、苦い経験があるというケースもあります。

過去の失敗が大きなトラウマとなってしまい、スピーチする仕事やプレゼンする仕事に前向きになれないのです。

その失敗によって、自分には人前で話すことが向いていないという考えが生まれてしまい、どうしても苦手意識が拭えなくなってしまいます。


ぜひ参考にしたい!人前で話すのが上手い人の特徴

では、人前で緊張せずに上手に話せるという人の特徴からよく学んで、どのようにその話し方のコツを盗み出すことができるかを考えていきましょう。

参考にすべき人前で話すのが上手い人の特徴を5つ解説します。


人前で話すのが上手い人の特徴1. 具体例を交えながら話を進められる

上手い話し手は、聞き手が理解してくれることを第一に考えて話を組み立てます。

話していることを実際に脳裏にイメージしやすいように話ができます。具体例を話の中に取り入れて、聞き手が自分の立場に当てはめて考えられるようにしてくれるのです。

話を、聞き手の状況に合わせて具体的に適用できる能力は、上手な話し手の特徴といえるでしょう。


人前で話すのが上手い人の特徴2. 大きな声でハキハキと話している

上手い話し手は、相手にちゃんと伝わっているかを意識して話します。どんなに上手に説明できていたとしても、相手がしっかり理解できていないなら、その話は無駄になってしまうからです。

聞き手の理解を意識できる良い話し手は、十分な声量で、明瞭に聞こえるように、正しい日本語を滑舌よく話すようにしているという特徴を持つケースが多いでしょう。

「聞き手側が理解できているか?」という配慮が、とても大切と言えますね。


人前で話すのが上手い人の特徴3. 物事を順序立てて話しており、非常に内容が分かりやすい

緊張せずに話しても、内容が支離滅裂しているなら、話が聞き手の考えていることに入っていかず、理解しにくいと感じてしまいます。

しかし、大勢の前でも心に届かせる発表ができる人は、内容をしっかり整理しています。

物事をきちんと順序立てているため、非常に話の内容が分かりやすく、聞き手の考えに入り込みやすい内容を伝えられるのが特徴的です。


人前で話すのが上手い人の特徴4. 真面目な話の合間に冗談を入れる余裕がある

まじめ一辺倒な話は間違ってはいませんが、人の集中力はごく限られてしまうもの。単調に感じたり、つまらなくなったりして、話に集中することができなくなってしまいます。

しかし人前で話すのが得意な人は、スピーチに聴衆を引き付ける仕掛けを施しています。

ちょっとした冗談やユーモアが話に含まれており、それが良いアクセントとなって、聞き手の聞く意識を高めてくれます。聞き手をグッと引きつけるようなアクションがあると、話を面白く集中して聞けるようになるのです。


人前で話すのが上手い人の特徴5. 内容に応じて、話す声のトーンやテンポを調整できる

生きいきとした話し方は、聞き手の心をつかみます。内容に応じて抑揚をつければ、心に届く話ができます

コツとなるポイントは、話すテンポと話す声のトーンです。

話のキーとなる部分をゆっくりと述べて、ポイントを際立たせます。行動を促す部分では、トーンを上げて話せば、積極性を心に植え付けることもできます。人前でも上手に話せる人は、相手の心を掴むプレゼンに気を配っているため、このようなことができる傾向があります。


人前で話す苦手意識を克服する方法とは

人前で話すのが苦手だと、仕事で支障が出てしまうこともあるため早く克服したいもの。

そこでここからは、人前で話すのが苦手な人の克服方法を紹介していきます。

心に訴えるプレゼンをしたり、行動を促す営業トークをするためには、魅力的な話し方をマスターしなければなりません。一つずつ具体的に解説しているので、ぜひチェックしてみてください。


苦手の克服方法1. 聞き手に質問を投げかけてみる

聞き手を話のテーマの中に引き込むということが一つのコツです。

話の中で効果的に質問を用いることによって、内容が聞き手の頭の中で再現され、具体的に考えてもらいやすくなります

相手の考えを、質問によって刺激して、話されているテーマは自分に関係があるもので、考慮に値すると思ってもらうのです。


苦手の克服方法2. 「えー」「んー」など、話す前の無駄な言葉を言わないように注意する

聞き手の集中力をそぐようなことを話から省くようにしましょう。

練習を重ねることが必要ですが、「えー」や「んー」など、話が滞ってしまう部分をなるべく出さないようにするのです。

よく話を練習することによって、話が詰まるのを減らせます。頭の中に話を記憶としてとどめておくことができるようになり、より生き生きと話せるようになることでしょう。


苦手の克服方法3. ハキハキと話すことを心がけ、人前でも堂々とした振る舞いをする

話し手が、話していることに確信を持っていることが伝わるなら、聞き手は話の価値を高く評価するようになります。

話を練習する段階から、滑舌の良い話し方をするようにして、常に自信にあふれた余裕のある態度で話せます。

話し手の話していることの熱意が聞き手によく伝わり、効果のある良いプレゼンすることが可能になります。


苦手の克服方法4. 自然と言葉が出てくるくらい、何度も反復練習を行う

話を聞き手の心に届けるには、話のナチュラルさが大切です。すらすらと話の内容が言えるようになるためには、入念な準備と、たくさんの練習が必要となります。

とってつけたようなわざとらしい話し方にしないようにしましょう。

本番の時に人前で話す際には、練習の成果として、次に何を言うのかがスムーズにわかるようになり、より自然に話せるようになるでしょう。ぜひ反復練習を心がけてみてくださいね。


苦手の克服方法5. 本番前に誰か身近な人に話してリハーサルをしてみる

聞き手の意見を話し方に再反映させることもプレゼン力アップのポイントです。

客観的に自分の話しているところを誰かに見てもらい、率直に分かりにくいポイントについて指摘してもらうのです。

プレゼンの仕事で、最大限の効果を得たいなら、プレゼンをする前に、練習をたくさんしましょう。率直な助言をしてもらえる環境があるなら、話す技術を確実に向上させられるでしょう。


苦手の克服方法6. 何度も人前に立って話す経験を積んで、場数を踏む

緊張することの最大の克服策は、たくさんの場数を踏むことです。

いろんな人の前で話をすることが習慣になっているなら、どのようにそれぞれの人の心に訴えかけることができるのかがわかります。

最初はよく声が震えることがあったとしても、たくさんの場数によって、上手に十分な声量で、心に届くスピーチができるようになりますよ。チャレンジせずに克服は難しいので、失敗を恐れずに一つずつ慣れを重ねていきましょう。


苦手の克服方法7. 聞き取りやすいよう、ゆっくり大きな声で話すことを心がける

人前で話すのが苦手な人には、緊張すると早口になってしまうという特徴もよく見られます。早口になると、話し手の話をよく聞き取ることができずに、声が震えるようになります。

そのため、ゆっくりと十分な声量を用いて話せるように心がけましょう。

たったそれだけの努力で、聞き取りやすさが倍増して、より分かりやすいプレゼンができるようになります。


苦手の克服方法8. なるべく明るい表情で話すことを意識する

アイコンタクトは、話を聞きやすくするポイントの一つです。ほほえみかけるように話せば、声にも反映されて、優しいトーンの話になります。

険しい表情のままで話をすれば、声のトーンも厳しくなり、聞き手の聞く意識を失わせてしまうことも。

なるべく明るい表情で話すように意識すれば、良いプレゼンができます。相手に聞く意識を持ってもらうためにも、ぜひ意識して顔の表情を作ってみてくださいね。


人前で話すのが苦手な人におすすめしたい本3冊

あがらずに上手に話すという能力は、努力して引き伸ばせます。話し上手になる本など、苦手克服のための本もたくさんあり、書籍からプレゼン力を身につける人も少なくありません。

では、どんな本が話し方の改善対策に役立つのでしょうか。ここからは、人前で話す苦手意識を克服するために、おすすめの本を紹介していきます。気になった本があれば、ぜひ一冊手にとってみてくださいね。


おすすめの本1. 『人前で話すのがラクになる本』金井 英之(著)

人前で話すのがラクになる本

たくさんのスピーチの例が掲載されている本です。

ラクになるためにはあがる要素を取り除くことが必要。スピーチやプレゼンをする前に、正しく準備と練習をして、備えておくことの大切さを学ぶことができます。準備によって、あがることへの対策ができるからです。

スピーチの見本が欲しいという方にぴったりの本です。

Amazonで詳細を見る


おすすめの本2. 『たった一言で人を動かす 最高の話し方』矢野 香(著)

たった一言で人を動かす 最高の話し方

NHKのキャスターを長年務め、話し方の講師としてのたくさんの実績を持っている著者が送る、プライベートでもビジネスでも使える話し方のコツを徹底解説してくれる本です。

もっと話し方を向上させて、人を引き付けるものにしたいと感じている人におすすめの一冊です。職場での人間関係も向上させてしまう話し方を短期間でマスターできます。

Amazonで詳細を見る


おすすめの本3. 『人前で話す・教える技術』寺沢 俊哉(著)

人前で話す・教える技術

具体的に改善する必要がある点をメソッドとして簡潔にまとめている、教える技術を教えてくれる本です。

それぞれのメソッドは、覚えやすいように工夫されていて、すぐに仕事で実践できます。

じっくりと話す能力を確実に高めたいという方に最適の参考書です。経営コンサルタントの著者が長年考えて培った5つの公式を学べます。

Amazonで詳細を見る


上手に人前で話せる力を身につけていきましょう!

人前で話す時にあがることなく上手に話すコツは、聞き手にとって分かりやすい話をすること

人前で話すのが苦手に感じてしまう原因に当てはまってしまっているとしても、心配はありません。

良い準備と練習を重ねることで、話し方を劇的に向上させることができます。対策を施して、人前で話す力をマスターしましょう。


【参考記事】はこちら▽

LINE はてなブックマーク
お気に入り

注目の記事

関連する記事