“人格者”の意味とは?周囲に好かれる人格者の特徴/慕われる方法を解説

誰からも好かれる人格者と呼ばれる人っていますよね。そこで今回は、人格者の特徴やメリットから、実際に人格者になる方法まで詳しくご紹介します。さらに、人格者になりたい人へおすすめの本や名言も解説。ぜひ参考にして、周囲から慕われる人を目指しましょう!

みんなに好かれる人格者になる方法をレクチャー

人格者の14の特徴&周りが慕う人格者になる方法

多くの人から信頼され、尊敬されている、いわゆる「人格者」と呼ばれる人がいると、自然と憧れてしまいますよね。

「自分も人格者になりたい」と考えて、そうなるにはどうしたらいいか知りたいという人もいることでしょう。

そこで今回は、人格者と呼ばれる人の特徴や人格者と思われるメリットを解説した上で、人格者になる方法をご紹介します。

周囲に好かれる人格者になって、人間関係をスムーズにしていきましょうね。


前提として「人格者」の意味とは?

いわゆる人格者とは、男性女性にかかわらずリーダーシップや柔軟性、思いやりなどを持った優れた性格を持っている人を意味します。

仕事や恋愛、人間関係など様々な場面において、周囲から認められていなくてはならない存在として受け入れられていることが多いです。

多くの人が「あんな風になりたい」と憧れ、尊敬される立場の人を意味しています。


どんな人が該当する?人格者と言われる人の特徴

人格者と呼ばれる人は、強い自己主張をしているわけではないのに周囲から尊敬されています。男性でも女性でも、自然と慕われるような振る舞いができる人と言えるでしょう。

人格者と呼ばれる人はどんな特徴を持っているのか、様々な観点から見ていきます。


人格者な人の「性格や内面性」の特徴

人格者と呼ばれる人には、年齢や性別に関係なく共通している特徴があります。

特に、人となりを表す性格や内面性においては注目すべき特徴があるのです。

人格者である人が持っている内面の特徴についてご紹介します。


性格の特徴1. 共感力が高く、人の相談や悩みに親身になって答える

人格者とは、深い思いやりの心を持っている人という印象が強いです。

自分のことばかり考えるといったことはなく、周囲の様子をよく見ていて、変化にすぐ気づきます。

「何かあったの?」「相談に乗るよ」などと気さくに話しかけるため、自然と悩みを吐露できる相手なのです。

辛さや苦しさに共感してくれるだけでなく、相手の気持ちを尊重して親身に対応してくれるので、「相談するならあの人」と言われることが多いでしょう。

【参考記事】はこちら▽


性格の特徴2. 物腰が柔らかく、誰に対しても優しく接する

人格者と呼ばれる人は、人見知りをせずに誰とでも気さくに接します。

強引に自分のペースに持ち込む高飛車な面がなく、優しい雰囲気を持っているため、いつも多くの人に囲まれているのです。

相手の年齢や立場によって態度を変えたりもしません。柔らかい物腰で接してくれるため、一緒にいて楽しいと感じる人は多いでしょう。

【参考記事】はこちら▽


性格の特徴3. 洞察力に優れており、人の変化に気づくのが早い

職場などで悩んでいる人や苦しんでいる人がいないか、常に周囲に気を配っているのは人格者の大きな特徴の一つです。

人の心理状態を察する高い洞察力を持っており、辛そうにしている人を見ると「大丈夫?」などと迷わずに声をかけてフォローします。

励ましてほしい、話を聞いてほしいといった相手の願望を瞬時に理解して対応するため、周囲からの尊敬を集めているのです。

【参考記事】はこちら▽


性格の特徴4. 感情にムラがなく、いつも明るい

人格者と呼ばれている人は、自分の感情だけで動くことはありません。

物事や状況を冷静に観察し判断する性格をしているため、どんな時でも公平に人と接しますし、感情的になって雰囲気を壊すような行動もしないでしょう。

精神的な余裕を持っていて常に前向きなので、周囲の人を自然と元気づける内面性を持っているのです。

【参考記事】はこちら▽


性格の特徴5. 情に厚く、周囲の人を大切にしている

人に対して優しく、思いやりを持って接するのが人格者と言われる人の特徴です。

きちんと話を聞いて相手の気持ちを尊重し、最適な方法や考え方を教えてあげたり正しい方向に導いてあげたりします。

家族や友達、恋人、職場の仲間など、自分よりもまず相手や周囲のことを先に考えて行動するため、多くの人から慕われ出世していく傾向にあります。


性格の特徴6. 正義感が強く、ダメなことはきちんと指摘する

ただ優しいだけではなく、相手にとって最もいい結果を出すためには、あえて厳しいことを言うのも人格者の特徴です。

いいことはいい、ダメなことはダメと冷静な視点で物事を考えられる性格なので、相談に乗ってあげたとしても指摘すべきところはきちんと指摘します。

優しい言葉や態度で甘やかすことが相手のためにならないと分かっていて、時には厳しいアドバイスを送るからこそ、男性女性にかかわらず人格者として尊敬されるのです。


性格の特徴7. プラス思考で何事も前向きに捉える

人格者とは、努力することで物事を打開できる経験をしてきた人です。

そのため、たとえ失敗してもやり直せばいいという前向きな考え方をしています。

相手のミスを意地悪く、しつこく追及することはなく、「今度はこうしたらいいよ」などと親身にアドバイスし、最終的にプラスの方向へと導いていく傾向が強いでしょう。

【参考記事】はこちら▽


人格者な人の態度や行動に関する特徴

人格者と人から評価されている人は、性格だけでなく行動についても共通した特徴があります。

男性女性にかかわらず、周囲から慕われるような態度を常に見せているのです。人格者な人が取る態度や行動の特徴についてご紹介します。


態度や行動の特徴1. 約束やルールは必ず厳守する

人格者の行動でよく見られる特徴の一つは、責任感を持って動くということです。

仕事や恋愛など様々な場面において、相手に迷惑をかけないようルールをきちんと守ります。

約束した時間に遅れない、期限までに資料をきちんと出すなど、決められたことを必ず守るため、周囲からすると「あの人に任せておけば安心だ」という印象が強いです。

自分が起こす行動が周囲に悪い影響とならないよう、注意しながら行動する意識を持っていると言えるでしょう。


態度や行動の特徴2. 夢や目標に向かってひたむきに努力している

人格者と言われる人は、真摯に相手の相談に乗ったり、適切なアドバイスをする傾向が強いですが、説得力の高さを感じさせるのは自分自身も努力しているためです。

たとえ部下を持つ上司の立場であっても、その立場に甘んじることなく常に向上心を持って行動しています。

そんな積極的な姿勢によってさらに人格が磨かれるために、周囲で悩んだり頑張ったりしている人へのアドバイスが相手の心に響くのです。

【参考記事】はこちら▽


態度や行動の特徴3. 社交的で誰とでも積極的にコミュニケーションを図る

人格者が取る行動の特徴として、誰にでも気さくに話しかけるというものもあります。

その場の雰囲気や人をよく観察していて、あまり馴染めていない人がいたら優しく話しかけ、緊張をほぐしてあげるのです。

全員が楽しく過ごせるように、誰とでも積極的にコミュニケーションをとることで、その場の雰囲気を和やかにしようと努めています。

【参考記事】はこちら▽


態度や行動の特徴4. 自分ではなく人のために努力できる

人格者と呼ばれている人は、まず他人を優先して行動するという特徴を持っています。

相手がどうしたいのか、何か困ったり苦しんだりしていないかを常に気にしていて、もし困っていることが分かったら自分のやりたいことはとりあえず置いておいて、相手のために時間を使おうという考え方をするのです。

人のために努力することは人格者にとっては喜びであって、無駄なことではありません。純粋に人に喜んでもらうのが好きな人なのです。


態度や行動の特徴5. 親切をしても見返りを求めない

常に謙虚な姿勢で行動するのは、人格者によく見られる特徴です。

困った人を見つけたら迷わず手を差し伸べる一方で、その行動を見せびらかしたりはしません。

自分の中では当然のことをしただけだという意識があるため、相手から感謝されたり、親切な行動を他の人が知って称賛されたりしても鼻にかけることはありませんし、見返りを求めることもないのです。


態度や行動の特徴6. 部下や後輩の面倒見が良い

人格者と言われる人は、男性女性にかかわらず、誰にでも平等に接します。相手のためになると思えば、年齢や立場に関係なく相手を優先した行動を取るのです。

自分が手を差し伸べることで、相手の状況や気持ちが持ち直せることが重要なので、相手のために時間や労力を使うことを厭いません。

かつて自分が先輩にしてもらった親切を後輩にしてあげることも多く、その面倒見の良さに惹かれる人は多いでしょう。

【参考記事】はこちら▽


態度や行動の特徴7. 責任感が強く頼りになる

男性でも女性でも、面倒見の良さを買われて何かと頼りにされるのも人格者が持つ大きな特徴です。

例えば仕事において、自分のチームの目標に向けて自分が率先して努力し続ける一方で、困っている後輩や部下がいたら先輩や上司として適切なアドバイスをしたり、失敗をフォローしたりします。

後輩や部下からすると、そばにいてくれるととても心強い存在であり、見習いたいと自然に尊敬したくなるのです。


人格者な人の魅力やメリットとは

多くの人に慕われている人格者と言われる人は、人知れず努力してその性格や内面性、行動力を手にしてきた人です。

そのため、本人がアピールしなくても多くの魅力がにじみ出ていると言えるでしょう。

人格者な人が持つ魅力やメリットについてご紹介します。


メリット1. リーダーシップがあるため、仕事で昇格や出世しやすい

人格者と言われる人は、多くの人を引っ張っていくだけの行動力があります。

冷静に状況判断ができる、感情的にならない、後輩や部下のミスを前向きにとらえるなど、リーダーの素質を十分に備えているため、職場での信頼が厚く重要な仕事を任されやすいです。

実際に努力して結果を出すため、昇格や出世する人が多いでしょう。


メリット2. 頼りがいがあるため、異性からモテる

人格者な人は、男性女性にかかわらず責任感が強いです。

自分がすべきことをきちんとこなして結果を出す一方で、実力があることを過剰にアピールすることはありません。

そんな謙虚で誠実な一面に触れた人は、一緒にいると安心するだけでなく自分も成長できるのではないかと感じるため、異性にモテるようになるでしょう。


メリット3. 周囲から感謝される機会が多くなる

人格者と言われる人は、周囲から「思いやりのある人」「一度約束したことはきちんと守ってくれる人」といった印象を抱かれています。

自分よりも人を優先し、明るく気さくに対応してくれる態度に触れると、自然と感謝したくなるものです。

自分では当然のことをしているつもりでも、身近な人から感謝されることが増えると自分も幸せな気持ちになり、日々がますます充実するでしょう。


人格者になりたい!周囲から慕われる人になる方法とは

上司や先輩など、誰からも尊敬されている人格者が身近にいると憧れるものです。

ただし、人格者と言われている人は長年の積み重ねによってその性格や行動力を築き上げてきたのですから、一定の努力は不可欠です。

周囲から慕われるような人格者になるにはどうしたらいいのか、おすすめの方法を5つご紹介します。


人格者になる方法1. 人格者と言われる人の言動や振る舞いを徹底的に真似てみる

人格者と言われるような人になりたいなら、まずは自分が人格者だと思う人がどういった言動をしているか観察することが重要です。

普段どういった行動や発言をしているか、人が困っていたり悩んだりしている時どう接しているかなど、言動を細かくチェックしてみましょう。

そして、できそうなことからその人の言動を真似てみることで、人格者ならではの言動が徐々に身についてくるかもしれません。


人格者になる方法2. 心に余裕を持ち、常に明るく冷静に過ごすことを心がける

人格者になるには、他人を受け入れる広い器になることが大切です。

「あの人は意地悪だから親切にしたくない」と言っているうちは、相手の悪い面にしか注目できておらず冷静な判断や対応ができません。

世の中にはいろんなタイプの人がいると考え、相手のいい面を見るように心がけると、心に余裕が生まれて相手と前向きに接することができます。


人格者になる方法3. 約束やルールはしっかりと守る

人格者と言われる人は、相手の状況や立場、気持ちをまず優先します。

約束を破るということは相手を傷つけたり落ち込ませたりすることに繋がりますから、まずしません。

一度交わした約束や決めたルールを守り続けるよう心がけると、周囲から徐々に信頼されるようになって、「頼りになる人だ」と評価も上がっていくでしょう。


人格者になる方法4. 相手の長所に目を向ける癖をつける

たとえ人格者であっても、好き嫌いは当然あります。

ただし、個人的な感情は表には出さず、相手の長所を探して注目すると前向きな態度を取れることを知っているのです。

短所を見てしまうとどうしてもイライラしてしまいますから、長所と感じられる部分をできるだけ見つけて受け入れるように努めれば、相手に対して優しく対応できるようになるでしょう。


人格者になる方法5. 人の意見を尊重する寛大な心を持つ

仕事や恋愛、人間関係など様々な場面で相手と衝突することはあります。

そうなった時、人格者は相手の意見をきちんと聞いて、お互いに譲歩し合いながらベストな方法を見つけるよう努力するものです。

いったん譲歩することがかえって有利になる場合もあるので、相手の意見をまずは尊重し、広い心で優しく接するように心がけましょう。

【参考記事】はこちら▽


人格者になりたい人へ読んで欲しいおすすめの本3冊

人格者になりたいと思っていても、身近に尊敬できる人がいないと見習うことができません。そんな時は、書籍から人格者の考えや行動パターンを学ぶのも一つの方法です。

人格者になりたい人がぜひ読んでおきたい、おすすめの本を3冊ご紹介します。


おすすめの本1. 『人格を磨くすすめ』松本 博逝著

人格を磨くすすめ(人間関係改善)

人格者になるには良好な人間関係を築く力が必要ですが、テクニックに頼るのではなく、自分自身を磨くという本質を忘れないことの大切さを説いているのが本書です。

孔子や釈迦、イエスキリストといった過去の偉人の振る舞いや言動から、人格者とは何かを学べる内容になっていて、人格者になるための基礎を知りたい人におすすめ。

Amazonで詳細を見る


おすすめの本2. 『人を動かす』D・カーネギー著

人を動かす 文庫版

自己啓発プログラムの開発者として有名なデール・カーネギー氏の人格形成論を学べる、邦訳500万部以上の販売を誇る世界的ベストセラー。

周囲に重要視され評価されるスキルの数々が紹介されているため、人格者になるための実践的な内容を知りたい人にはおすすめです。

Amazonで詳細を見る


おすすめの本3. 『影響力の武器』ロバート・B・チャルディーニ 著

影響力の武器[第三版]: なぜ、人は動かされるのか

心理学に基づいて、他人へのアプローチ方法をまとめてある名著です。人を説得し行動させるための心理的なアプローチ方法を6つ紹介してあります。

人と接することが多い営業やマーケティングの仕事をしている人は必読の一冊です。

Amazonで詳細を見る


人格者になりたい人へ知ってほしいおすすめの名言3選

多くの人に慕われる人格者は、発する言葉も心に響くものが多いです。

人格者ならではの思考に触れるために名言を知っておくことは、自分自身の精神的な成長につながるでしょう。

最後に、人格者が残した印象深い名言を3つご紹介します。


名言1. 『人間の最大の罪は不機嫌である。』ゲーテ

著名な劇作家・ゲーテが残したこの名言は、感情的になることで様々な悪影響があることを示唆しています。

人間関係をこじらせる原因は不機嫌な態度であることが多いことを知り、前向きに明るく接することの大切さがわかる一言と言えるでしょう。


名言2. 『人格は厳しい状況のもとでこそ計られる。』ネルソン・マンデラ

アパルトヘイト撤廃のために心身をささげた南アフリカ共和国元大統領のネルソン・マンデラ氏。

長く壮絶な獄中生活の経験をしたからこその深い名言です。

どんな苦しい環境でも、腐らずに耐えて努力することの大切さが伝わります。


名言3. 『他人に花をもたせよう。自分に花の香りが残る。』斎藤茂太

日本を代表する精神科医である斎藤茂太が残した数々の名言の中でも、特に有名なのがこの一言。

まず身近な人を幸せにすることで自分も幸せになれると説いていて、人格者特有の相手を優先する思考を分かりやすく表現していると言えるでしょう。


人格者になる方法を試して、魅力的な人になりましょう。

人格者と言うと、男性女性にかかわらずとても優れた性格や内面性を持った人という印象が強い一方で、気さくで明るいという特徴も持っています。

高嶺の花といった存在ではなく、いつでも頼りにできる魅力的な存在なのです。

自分も人格者になりたいと思うなら、この記事を参考に人格者の性格や行動の特徴をつかんで、人格者になるためにできることから少しずつ実践する努力を重ねていきましょう!


【参考記事】はこちら▽

LINE はてなブックマーク
お気に入り

注目の記事

関連する記事