努力とは何か?努力家による考え方&意味がわかる10の名言を紹介!

人生において「努力」は欠かせない要素の一つですよね。本記事では、努力とは?の意味の部分や、「努力できる人」と「努力できない人」の違いを努力家の特徴から解説します。さらには、努力とは何かを教えてくれる名言をお教えしますので、ぜひ人生の価値観に取り入れてみてくださいね。

努力って、具体的に何をすればいいの?

努力家による考え方&意味がわかる10の名言

「努力しましょう」という言葉はよく耳にするものの、「なぜ努力が必要なのか?」と感じることがありますね。

どういう目的で努力すれば人生が変わるのか、努力する意味を知りたいという人は多いでしょう。

そこで今回は、努力の意味や努力できる人とできない人の違いを解説した上で、努力したくなる名言についてご紹介します。


努力とは何か?努力の意味を解説!

努力とは、「こうなりたい」「こう変わりたい」という願望を叶えるために、こつこつと願望の達成のために励むことをさします。

例えば希望の学校に入るために受験や就職活動を頑張る、仕事の成績を伸ばすために力を尽くすといった行動をすることです。

苦しくて挫折しそうになっても、諦めずに希望を持って続けることが努力と言えます。


大前提として「努力」は自分の物差しで決めるものではない

努力という行動自体は、自分で決めた目標を達成するために行うものです。

しかし、努力しているかどうかを決めるのは、自己判断ではありません。

受験や就職、仕事などで宣言通り目標を達成した、責任感を持って行動した結果チャンスをつかんだなど、結果や変化を出した時に努力家として評価されるのです。


「努力できる人」と「努力できない人」の違いは?努力家の考え方や特徴7つ

努力することが苦ではない人もいれば、努力するのは苦手だという人もいます。

努力できない人にとっては、「どうしたら努力が続けられるのか」という大きな悩みがあるでしょう。

「努力できる人」と「努力できない人」の違いを知るために、努力できる人の考え方や行動の特徴を7つご紹介します。


考え方や特徴1. 努力とは結果ではなく、振り返った時の過程だと理解している

努力できる人にとって、努力とは目標を達成するために続けるものです。

例えば「トップの成績を取りたい」という目標があった場合、もしトップになれなくても、努力してトップに近づいていく過程を重視するという特徴があります。

トップになるかならないかではなく、なるための努力によって自分に力がつくことに気づけるかどうかが、努力できる人とできない人との違いです。


考え方や特徴2. 努力を日々の習慣に落とし込んでいる

努力ができる人も、決して努力することを楽しんでいるわけではありません。

努力とは、今の自分に負荷をかけてできないことをできるようにしていく作業なので、苦しくてキツイと感じています。

ただ、努力できる人にとっては努力はもはや生活の一部。努力することが習慣になっているため、「いつものことをしている」という考え方なのです。


考え方や特徴3. 努力しやすい環境作りから始める

努力ができる人の特徴の一つは、高い確率で努力が続けられる環境を作っているということです。

勉強や仕事に集中できるよう自宅に専用スペースを確保して不要な物は置かない、運動するためのモチベーションを持ち続けられるようお気に入りのウェアやシューズを揃えいるなど、努力しやすい環境を身近に作ろうという考え方をします。

こうした環境づくりができているかどうかが、努力できる人とできない人との違いと言えるでしょう。


考え方や特徴4. 努力を努力だと認識していない

「これをしなきゃ」と切羽詰まって頑張るといった形の努力は続きません。

努力ができる人は、なぜその努力をするのかについて納得できているので、特別なことをしているという感覚がないのです。

時には辛いと感じることがあっても、「努力とは苦しいこともあるもの」と分かっているため、ごく自然に努力を続けることができると言えます。


考え方や特徴5. 困難や試練を楽しむことができる

努力ができる人は、「努力は人を裏切らない」という信念があるのが特徴です。

ある目標のための努力であっても、努力の過程で得られる満足感を味わおうという考え方を持っています。

「今日は苦手なプレゼンが今までで一番うまくできた」「今までずっと分からなかった問題が一人で解けた」など、ぶつかっていた困難から逃げずに挑戦する点が、努力できない人との大きな違いでしょう。


考え方や特徴6. 人生において明確な目的や目標がある

努力できる人が羨ましいと思っている人は、努力してでも手に入れたい夢や願望がなかったり、あってもぼんやりしています。

努力している人を見て「すごいな、自分もああなりたい」と思ったとしても、目的や目標がないと自分のことに置き換えられないのです。

努力できるようになるためには、はっきりとした目標を持つことが不可欠と言えるでしょう。


考え方や特徴7. 努力をしたことによる見返りを求めすぎない

努力したことで必ず何らかの結果を手にしたいと思う人は、結果が出なかった時に「あんなに努力したのに…もういいや」という気持ちになりがちです。

しかし、努力ができる人は、努力したからといって報われるかどうかは分からないことを知っていますから、見返りを求めません。

努力することそのものに価値があると信じていて、努力は人を裏切らないと思っているため、前向きに努力を続けられるのです。


「努力は人を裏切らない?」努力とは何かを教えてくれる10個の名言

幸せな人生を送りたい、そのために努力したい、そう思っている人は多いでしょう。努力したからといって結果が出るとは限りませんが、結果を出すためには必ず努力が必要です。

努力し続けて大きな成功を手にした人の言葉に触れて、努力とは何かを学ぶのもいい経験になるでしょう。ここからは、努力について教えてくれるおすすめの名言を10個ご紹介します。


名言1. 「目標を達成するには、全力で取り組む以外に方法はない。そこに近道はない。」マイケル・ジョーダン

世界的に有名なプロバスケットボール選手であるマイケル・ジョーダン氏のこの名言は、バスケットボールの才能にあふれた彼が相当の努力家であったからこそ、今の地位をつかんだことが分かりますね。

持って生まれた才能も、努力なくしては活かせないことを教えてくれます。


名言2. 「自分一人で石を持ち上げる気がなかったら、二人でも持ち上がらない。」ゲーテ

小説や劇など多くの名作を書いた文豪・ゲーテ氏が残したこの名言は、努力の本質を突いています。

自分一人では大きなことを成し遂げられないとしても、安易に他人に頼ろうとせず、まず自分自身が努力しなければいけないと説いているのです。


名言3. 「努力は必ず報われる。もし報われない努力があるのならば、それはまだ努力と呼べない。」王貞治

元プロ野球選手で監督としても活躍した王貞治氏。

無理やりピッチャーからバッターに転向させられたにもかかわらず、ホームランの世界記録を打ち出した努力家だからこそ言える重い言葉です。

全力で頑張ることの意味を教えてくれる名言でしょう。


名言4. 「石の上にも三年という。しかし、三年を一年で習得する努力を怠ってはならない。」松下幸之助

偉大な経営者として知られる松下幸之助氏の名言の中でも、特に有名なのがこの名言です。

人から教えられて努力をするのではなく、自分の頭で考えながら努力すれば、より多くのことが早く身につくことを教えてくれています。


名言5. 「小さなことを重ねることがとんでもないところに行く ただ一つの道」イチロー

日米の野球界で名実ともにトップクラスであるイチロー選手は、努力を習慣化し日々のルーティーンを大切にする努力家で知られていますね。

こつこつと努力することが、大きな夢を実現するには不可欠であると納得させられる名言です。


名言6. 「もうこれで満足だという時は、すなわち衰える時である。」渋沢栄一

国文学学者として知られている渋谷栄一氏の名言は、人生そのものが努力の積み重ねであることを教えてくれます。

努力することに意味があるのか分からない人にとっては、「まだできる」と自分を信じて努力し続けることの大切さが分かる名言でしょう。


名言7. 「努力は裏切らないって言葉は不正確だ。正しい場所で、正しい方向で、十分な量なされた努力は裏切らない」林修

人気予備校講師として引っ張りだこの林修氏は、分かりやすい言葉での名言が多いです。

努力しても結果が出ないと悩んでいる人に対して、方法や時期が正しいか常に自分の頭で考え意志を持って努力しようと教えてくれています。


名言8. 「練習は嘘をつかないって言葉があるけど、頭を使って練習しないと普通に嘘つくよ。」ダルビッシュ有

練習熱心な努力家として知られているダルビッシュ有選手のこの名言で、惰性の努力は意味がないことに気づかされる人も多いでしょう。

努力とは、苦しくても続けることではなく、自分の才能を効率的に伸ばすために考えながら行うものだと理解できますね。


名言9. 「努力する人は希望を語り、怠ける人は不満を語る」井上靖

昭和の文豪・井上靖氏のこの名言は、前向きな努力こそいい結果を引き寄せるということを教えてくれます。

人に評価されるためではなく、自分のために努力すれば達成感や希望を感じられると思えば、努力が続かないと悩んでいる人も頑張れそうですね。


名言10. 「天才とは努力する凡才のことである」アインシュタイン

世界的物理学者・アインシュタイン氏のこの名言からは、研究を重ねて成果を出す努力家が多い学者ならではの価値観が垣間見えます。

人よりも多く努力を重ねることで天才と呼ばれるレベルになるのであれば、努力なくして才能は磨けないということが理解できるでしょう。


努力を怠らず、目標を達成できる人になりましょう。

努力と聞くと「辛い」「我慢する」といったイメージが強い人も多いでしょう。

しかし、目標を実現するために工夫しながら自己研鑽することが努力であり、苦労とはまた違います。

努力できる人になりたいと思っているなら、この記事を参考に努力する自分なりの意味と目的を見つけて、前向きに努力が続けられる仕組みを考えてみてくださいね。


【参考記事】はこちら▽

LINE はてなブックマーク
お気に入り

注目の記事

関連する記事