人生がつまらないと感じる原因|退屈な毎日を卒業して楽しく生きよう!

人生がつまらないと悩んでいる方へ。今記事では、人生が退屈と感じやすい人の特徴から、人生がつまらないと感じる原因や反対に楽しむ方法まで詳しくご紹介します。せっかく一度きりの人生だからこそ、思う存分謳歌して、後悔のない日々を過ごしましょう!

人生がつまらないと感じて悩んでいる方へ。

人生がつまらないと感じる原因

人生がつまらない、退屈と感じて生きがいを失くしていませんか。

そこで今回は、人生がつまらないと感じやすい人の特徴から原因、退屈な気持ちを改善して人生を楽しむ対処法をご紹介します。

人生がつまらない時に読んでほしい本も紹介していますので、今後の人生を楽しみたい男性も女性も、ぜひ役に立ててくださいね。


無気力で人生がつまらないと感じやすい人の特徴

人生がつまらないと感じると、体も心も無気力になってやる気がなくなってしまいます。まずは、人生がつまらないと感じやすい、無気力な人の6つの特徴を見てみましょう。

人生がつまらないと、まさに今思っている男性と女性は、自分にあてはまるかチェックしてみてください。


人生がつまらない人の特徴1. 仕事場と自宅を往復するだけの日々を過ごしている

社会人になると、生活の軸は仕事になります。平日は仕事、休日は遊ぶとメリハリがついていると人生を謳歌できますが、毎日仕事だけ、家に帰って寝るだけの生活を送っていると、人生がつまらないと感じやすくなります。

特に残業が多く忙しい社会人は、人生を楽しんでいないと感じるので、人生がつまらないと思ってしまうでしょう。

【参考記事】はこちら▽


人生がつまらない人の特徴2. コミュニケーション能力が低く、人と話すのが得意じゃない

人と会話をせずに過ごしていると、生きていて孤独感を得ることも多くなります。

元々人との会話が苦手で、コミュニケーションスキルの低い人は、人と話す機会も少なくなってしまうので、孤独感を自分で覚えるでしょう。

毎日誰とも話さないことも珍しくありません。自分一人で生きているような気分になってしまう人も多いですよ。

【参考記事】はこちら▽


人生がつまらない人の特徴3. 物事に対する興味や関心が薄く、趣味がない

人生に対して目標や生きがいがないのも、人生がつまらないと感じる理由の一つ。

元々無気力で新しいことに対する好奇心も薄い人は、物事に対する興味や関心が薄く、変化のない毎日を送っている人も多いです。

充実できる趣味もないため、休日は何もせずにゴロゴロして終わる、という人も人生を退屈に感じているでしょう。


人生がつまらない人の特徴4. フットワークが重く、休日は家からほとんど出ない

何をするにも億劫に感じる人は、積極的な行動をしないためフットワークも重く、外出も少ないです。

その結果、変化の少ない毎日を送ることになります。人生に刺激がないため、どんどん人生がつまらないと感じてしまうでしょう。

休日は支度が億劫でどこにも出かけない、何をするにもめんどくさいと感じる人も、人生を楽しめないで無気力になってしまいやすいです。


人生がつまらない人の特徴5. 自己肯定感が低く、自分に対して自信がない

自分に対して自信がない人は、「どうせ失敗するから」と悪い方向に考えてしまい、新しいことへの挑戦や積極的な行動ができません。

物事に対して消極的、考え方もネガティブになってしまうため、自分に自信がないのも人生がつまらないと思う人の特徴です。

社会人になっても新しい仕事に挑戦するなど積極性がないため、周りと自分を比べて劣等感を持ちやすく、人生がつまらないと思うでしょう。

【参考記事】はこちら▽


人生がつまらない人の特徴6. 人生の夢や目標を見失っている

人生の夢や目標がないと、自分が何のために生きているのか分からなくなり、人生に対して無気力になってしまうでしょう。

夢や目標がないと、人生に対してのモチベーションがなくなってしまうため、無気力になってしまうのです。

「社会人になって毎日仕事しかしていない」、「30代や既婚になった途端、20代や独身の時のような夢や目標を失ってしまった」という男性も女性も、生きがいや夢を失い人生がつまらないと思うでしょう。


なぜ退屈なの?人生がつまらないと感じる原因とは

人生がつまらない、無気力と感じやすい人には共通した特徴がありましたが、その背景には無気力になってしまう原因が隠れています。

次に、人生がつまらないと感じる5つの理由や原因を見てみましょう。

なぜ人生がつまらないか分からない男性も女性も、理由を知る参考にしてくださいね。


人生がつまらない原因1. 出会いに恵まれず、恋人や結婚ができる気配がないから

人生を意義を与えたり、楽しいものに変えてくれたりするのが、恋人などの大切な存在です。

これから恋人や結婚ができる見込みがなくずっと独身のままだと、一生孤独だと感じて人生を悲観しやすくなります。

社会人になってからずっと出会いに恵まれず、20代はもちろん30代になっても恋人や結婚ができない人。周りは既婚だらけになってしまった人も人生がつまらないと感じやすいでしょう。

【参考記事】はこちら▽


人生がつまらない原因2. やりたい事があってもお金がないから

夢や目標、興味のあることがあっても、お金がなくて挑戦できないともどかしさや悔しさを感じ、人生につまらなさを感じます。

やりたいことがあるのに、何らかの理由でできない状態になると、おのずと夢や目標を諦めなければいけないからです。

やりたいことがあるのにお金がない、30代になってしまってもう20代のように若くないから挑戦できない男性や女性などがあたります。


人生がつまらない原因3. 職場の先輩を見ることで、自分のこの先が見えるから

自分の周りに人生がつまらないと感じている人間が多いと、「自分もああなる」と達観してしまい、人生に希望が持てなくなることもあります。

社会人で周りの先輩が仕事に疲れている様子を見たり、既婚者で家族サービスばかりで自分の時間を持てていなかったり、という話を聞くと、自分の先をある程度予測してしまうでしょう。

この先生きていてもつまらないことばかり、と思ってしまうので、人生がつまらないと感じてしまうのです。


人生がつまらない原因4. 周囲と自分を比較して劣等感を感じているから

自分に自信がないと、考え方もネガティブになって周りと比較し、「この先生きていても失敗ばかりだ」と思ってしまいやすくなります。

常に自分と周囲を比較してしまう、自己肯定感の低い人も、人生がつまらないと感じやすいです。

周りは既婚ばかりなのに自分はいつまでも独身、社会人ばかりなのに自分はずっとフリーターなど、周りと自分を比較して劣等感を持ってしまう人は多いでしょう。


人生がつまらない原因5. 友達や恋人が居ないため、いつも孤独で寂しいから

友達や恋人など休みの日に一緒に過ごす人がいないと、自分には「大切に思う存在がいない」と感じて、孤独感から人生を悲観することも。

一緒に時間を共有できる存在がいない寂しさや孤独感も、人生がつまらないと感じる理由になります。

生きていても独りぼっちと感じてしまい、一人で生きていく辛さや悲しさ、寂しさから人生を悲観するようになるのです。


人生がつまらない原因6. 結婚したことで制約が増え、自由に過ごせなくなったから

既婚者になると、おのずとお金や時間を自分だけでなく家族のために使うようになります。

結婚したことで、独身時代のように自由に過ごすことができなくなると、束縛感を感じて生きているのでつまらなくなります。

特にまだ周りは独身ばかりで、皆自分にお金や時間を使っているのを見るとうらやましさを感じてしまうでしょう。


人生がつまらない原因7. 自分のやりたい事が見つかっていないから

人生に対する夢や目標がないと、自分は何のために生きているかが分からなくなり、人生がつまらないと思う原因になります。

何をして良いのか分からないため、毎日何となく過ごしてしまうため、日常生活に楽しみや張り合いがなくなってしまうからです。

社会人になってもやりがいのない毎日を送っていると、この先の夢や目標がないため、将来に敢然とした不安を抱くようになる人も多いでしょう。


退屈な日々を改善したい!人生を思う存分楽しむ方法8選

人生がつまらないと思っていると、無気力や孤独感を得てしまって余計に辛くなりますよね。

次に、人生がつまらないと思っている気持ちを改善して、もう一度人生を楽しめる8つの方法をご紹介します。

自分の生き方やモチベーションを失っている人も、楽しく生きる上で役に立ててください。


人生の楽しみ方1. 自分が本気でやりたい事や好きな事を探してみる

夢や目標を失っていて何のために生きているか分からないなら、自分で夢や目標を作ってみるのがおすすめです。

自分が夢中になれる、やりたいことや好きなことを探して挑戦してみましょう。

新しい趣味を探してみる、仕事で目標を立ててチャレンジしてみるなど、楽しみや夢、目標を得ると生きていくモチベーションを取り戻せます。


人生の楽しみ方2. 一生涯付き合っていける親友を見つける

社会人になってから仕事ばかり、休日は一緒に過ごす人がいなくて人生つまらないと思っているのなら、一緒に楽しい時間を共有できる存在を作ってメリハリをつける方法も有効です。

人生を一緒に歩んでいける友達を持つのがおすすめ。

社会人になってから疎遠になっていた友達に連絡を取ってみる、同僚など身の回りの気の合う人とプライベートでも会ってみるなどして、信頼関係を築いてみて。

【参考記事】はこちら▽


人生の楽しみ方3. 周囲と比較する癖をやめて、自分の人生を歩むことに集中する

周りと比較して劣等感を持ってしまうのなら、「人は人、自分は自分」と割り切って比較をするのをやめると、前向きな気持ちを持てます。

他人と自分は別であると思って、周りは気にせず自分の人生をしっかり歩むようにしましょう。

人との比較を止めれば自分は自分で良いんだ、という前向きな気持ちも持てて、人生に対してもポジティブに生きていけるようになりますよ。

【参考記事】はこちら▽


人生の楽しみ方4. ネガティブな言動や態度を控え、ポジティブな考え方を持つ

後ろ向きな発言や行動ばかりしていると、どんどん気持ちもマイナスに落ちていきます。

全てのことをマイナスに捉えるのではなく、プラスに捉える楽観的な気持ちを持ってみましょう。

新しいことに挑戦する時も「どうせ失敗するから」とは思わず「きっと成功する、失敗したらまたやればいい」と考えれば、どんなことにも前向きに挑戦できるようになり、人生を切り開いていけます。

【参考記事】はこちら▽


人生の楽しみ方5. 人生を謳歌している人と行動を共にする

人生がつまらないと思っていても理由や原因が分からない時は、人生を楽しんでいる人からヒントをもらうのも有効です。

休日何もすることがない時は、人生を楽しんでいる周りの人と一緒に行動してみましょう。

自分に足りないものに気が付いたり、積極的な行動や楽観的な考え方の大切さが分かったりするので、自分も人生を楽しむための方法が見つかるはず。


人生の楽しみ方6. 独身の場合、一生をともに歩めるパートナーを探してみる

男性も女性も、好きな人がいるだけで自分磨きや仕事を頑張れるため、人生の大きなモチベーションになります。

毎日孤独で寂しさを感じているのなら、一緒に人生を歩んでいける恋人を探してみましょう。

身の回りで気になっている人がいれば思い切って告白してみる、出会いを積極的に求めてみるなどして、パートナーを探してみて。


人生の楽しみ方7. 自分の本気でやりたい仕事や趣味に挑戦してみる

やりたかったことを諦めずにもう一度挑戦してみると、人生に対するやりがいや希望を持て、自分でやるべきことが見つけられます。

お金がない、若くないからと夢や目標を諦めてしまっていたら、もう一度挑戦してみるのがおすすめ。

かねてよりやりたかった仕事に本気で挑戦してみる、やりたいと思っていた趣味を始めてみるなど、諦めたことをもう一度追いかけてみましょう。


人生の楽しみ方8. 人生で絶対に叶えたい夢や目標を設定して努力する

人生の意義や目的を決めて、そこに向かって頑張ることは、生きていく上でも大きな力になります。

モチベーションのもとになる、人生の夢や目標を設定して、ひたすらに努力してみましょう。

仕事なら決めた成果を上げる、自分磨きやダイエットを頑張るなど、夢や目標を決めて邁進していけば、人生の大きな生きがいになりますよ。


人生が退屈と感じてしまいがちな人へ読んで欲しいおすすめの本3冊

改善方法を試してみても人生がつまらないと感じる時には、心に響く本を読むのもおすすめです。

次に、人生がつまらないと感じてしまいがちな人に読んで欲しい、おすすめの本を3冊ご紹介します。

ぜひ人生の新しい楽しみの発見につなげてください。


おすすめの本1. 『「人生を楽しむ」ための30法則』小林 正観著

「人生を楽しむ」ための30法則

人生を楽しむための格言や考え方を、法則として30つにまとめた書籍です。一つ一つの言葉はとても短く分かりやすいので、すっと心に入ってくるでしょう。

さっと読めるので時間がなくても読みやすく、理解しやすいため、毎日の仕事で忙しい社会人の方や、子育てと仕事の両立で疲れてしまっている女性の方にもおすすめの1冊です。

Amazonで詳細を見る


おすすめの本2. 『夢をかなえるゾウ』水野敬也著

夢をかなえるゾウ

さえないサラリーマンの前に、ヒンドゥー教の象の顔を持つ神様、ガネーシャが現れて「人生に成功するコツや習慣」を一つずつ教えていく話です。

自己啓発本の中ではストーリー仕立てになっているため、読書に敷居の高さを感じる人でも読みやすくなっています。

日ごろからできる習慣の中から、人生が楽しく感じるポイントを知りたい人におすすめです。

Amazonで詳細を見る


おすすめの本3. 『「つまらない」がなくなる本』鶴田豊和著

「つまらない」がなくなる本

ベストセラーとなった『「めんどくさい」がなくなる本』を執筆した鶴田豊和氏の著書です。

誰でも一度は思ったことのある「つまらない」という感情と上手に付き合う方法を、行動心理コンサルタントの目線から紐解いています。

敢然とした人生のつまらなさに悩んでいる人や、楽しさを得る方法が分からない人に読んでもらいたい一冊です。

Amazonで詳細を見る


前向きな人生を歩みたい人を後押ししてくれる名言3選

人生がつまらないと感じると、考え方もネガティブになりやすくなります。

次に、もう一度前向きな気持ちにさせてくれる、人生を歩む背中を押す名言を3つご紹介します。

人生に無気力や退屈を感じたら、ぜひ名言を心にとめてみましょう。


名言1. 『人生は、できることに集中することであり、できないことを悔やむことではない』スティーヴン・ホーキンス

「ブラックホールの特異点定理」を発見、発表したイギリスの理論物理学者「スティーヴン・ホーキンス」氏の残した名言です。

彼は天文学や物理学で多くのひらめきや発見を残しています。

人生でできないことを諦めるのではなく、今できることをやることが大切で、成功につながるということを私たちに教えてくれます。


名言2. 『将来についてなんて心配をした事は一度だってないよ。それはすぐやってくるさ。』アインシュタイン

相対性理論を始め数々の物理学での功績をあげた、20世紀最高の物理学者ともいわれている「アインシュタイン」が残した名言です。

先の未来を心配を心配するのではなく、常にチャレンジ精神を忘れないのが大切、というのを説いています。

心配や不安が伴って、新しいことへのチャレンジができない時に思い出してほしい言葉です。


名言3. 『人を信じよ、しかし、その百倍も自らを信じよ。』手塚治虫

漫画の神様ともいわれている、日本を代表する漫画家「手塚治虫」氏の残した名言です。

信じていた人に何回も裏切られた経験があっても、自分は変わらず人を信じ続けた手塚氏だからこそ、数々の名作を残しました。

人を信じることができなくなった時や、孤独を感じていて人生を悲観している時に、思い出してみましょう。


今日から、つまらない人生を卒業しましょう。

人生がつまらないと感じる原因や理由は男性も女性もそれぞれにあります。

大切なのは、人生がつまらないからと諦めてしまうのではなく、もう一度人生を楽しめるように前向きな気持ちや夢、目標を持つことです。

ここに書いてある人生に前向きになれる方法や本、名言も参考にすれば、もう一度自分の人生を歩んでいける気力が得られますよ。


【参考記事】はこちら▽

LINE はてなブックマーク
お気に入り

あなたにオススメ

関連する記事

注目の記事