仕事がうまくいかない時の原因とは?賢い対処法とストレス解消法を解説

頑張ってるのに仕事がうまくいかない時ってありますよね。本記事では、仕事がうまくいかない原因やうまくいかない人によくある特徴、賢い対処法、イライラした時のストレス解消法をレクチャー!さらに、仕事を辞めたい時に考えるべきことも紹介していきます。

仕事がうまくいかない時ってありますよね。

仕事がうまくいかない時の原因

「最近なんだか、仕事がうまくいかない…」

はっきりとした原因がわからなくても、なんとなく仕事が今までのようにうまくいかないって事ありますよね。それは一体、なぜなのでしょうか?

今回は、仕事がうまくいかない時の原因や仕事がうまくいかない時の賢い対処法、そして、そのストレス解消法などを詳しくご紹介します。


思い当たる節はある?仕事がうまくいかない原因8つ

なぜかトラブルが続いたり、予定通りに進まなかったり、仕事がなぜかうまくいかないのは、一体何故なのでしょうか?

まずは、仕事がうまくいかない原因について、じっくりチェックしてみましょう。

原因が思い当たらないという場合、それはただ自覚がないだけの可能性大ですよ。


原因1. 自分がした失敗を引きずっている

「余裕でとれるはずの契約を自分のミスで逃して大きな損失を出してしまった。」

など、過去に自分がしてしまった失敗をいつまでも引きずっている場合、仕事がうまくいかなくなる原因になる可能性があります。

過去の失敗がトラウマとなり、新しい仕事に対しても臆病になり自分の実力を100%出せなくなってしまうのです。


原因2. 仕事を断れず、タスクオーバーになっている

「NO」と言えない性格の場合、人から頼まれた仕事を次から次へと引き受けてしまいがち。

「あの人困ってるから。」「手伝えるの自分しかいないし。」などと、つい仕事を引き受けて気がつけばあっという間にタスクオーバー。

ギリギリすぎるスケジュールでどの仕事に対しても余裕が全くないため、うっかりミスも起こしやすくなってしまいます。

その結果、仕事がスムーズに進まず悩んでしまう事となるのです。


原因3. 他の人に仕事を頼れない

責任感が強く、どの仕事も最後まで自分で全うしたい人が陥りがちなのが「他の人を上手に頼れない」という落とし穴。

「自分の仕事は、最後まで自分が責任を持って担当する!」

なんて言われると、責任感が強く頼れる人に思われがちですが、この責任感の強さが時として、仕事がうまくいかない原因になってしまうこともあるのです。

一人でも余裕でこなれる仕事量とスケジュールならともかく、どうみても多すぎる仕事量や無理なスケジュールであっても、一人で最後までこなそうと頑張ってしまうと、結局仕事自体がうまくいかない原因に繋がってしまいます。


原因4. 人間関係がギクシャクしている

職場の人間関係は、仕事の効率にも大きく影響してきます。

確認したい事があって声をかけただけなのに舌打ちされたり、ミスをしたわけではないのに八つ当たりのような嫌味を言われたら、仕事そのものに集中できなくなってしまいますよね。

仕事をするよりも同僚や上司の動向が気になってしまうと、打ち合わせや会議など大切なシーンで、自分の意見もはっきりと言えなくなってしまい、次第に仕事が上手くいかなくなってしまうのです。

また、家族や恋愛中の彼氏彼女との人間関係がうまくいっていないと、やはり気持ちがイライラして、仕事にも影響を及ぼしてしまう場合もありますよ。

【参考記事】はこちら▽


原因5. 仕事以外の心配事が気になってしまう

仕事以外に気になる事があると、どうしても仕事に集中できなくなり、思いもよらぬミスを引き起こす場合があります。

例えば、恋愛中の大好きな彼氏彼女が、他の人と浮気しているかもしれないと疑っている時。「自分が仕事で手を離せない状況の時、浮気相手と会っているのではないか?」と、気になってしまい仕事が手につかない上の空状態になってしまいます。


原因6. 夜遅くまで仕事をしているため、寝るのが遅い

仕事が溜まりに溜まってしまっている場合、深夜まで仕事をしなくてはならない事もありますよね。

深夜まで仕事をした翌日はいつもより遅めに起きられるなら、疲れもあまり溜まらないかもしれません。

しかし、深夜3時過ぎまで仕事をしていても、定時には出社しないといけない場合、睡眠時間は僅か3時間程度なんて事もよくある話。

充分な睡眠がとれていないと当然疲れもとれないので、翌日の仕事にも集中できず、ミスをしてしてしまったり、いつもより処理速度が格段に落ちてしまったりするのです。


原因7. ミスしたくないというプレッシャーが強い

ミスはないに越したことはありません。

とはいえ、「完璧に仕上げなきゃ!」「絶対にミスはダメ!」と気負いすぎてしまうと、そのプレッシャーが仇となり、思わぬミスをしてしまうもの。

数字を一つ間違えた。なんども確認したはずなのに、日にちを間違えた。など、リラックスして仕事をしている時には、必ずチェックしている部分を、うっかり見落としてしまう事もあるのです。


原因8. 単純に難易度の高い仕事を行っている

キャリアップやスキルアップには、時として、今の自分には少し難易度の高い仕事をしていく必要があります。

しかし、その難易度が高すぎる場合、それは、ステップアップする以前に仕事自体を進める事ができず、結果、仕事がうまくいかなくなってしまうのです。

例えば、それは、レトルトカレーを温めるぐらいの料理経験しかない人に、カレールーすら使わず、香辛料を組み合わせて3つ星レストラン並の絶品カレーを作れと要求しているようなものなのです。

そんな無茶ぶり、仕事がうまくいかないと悩んでしまいますよね。


仕事がうまくいかないと感じる人によくある特徴

与えられた仕事が難しすぎたり、疲れすぎてて仕事に集中できなかったりしても、全ての人が「仕事うまくいかなくて辛いな、辞めたいな」と悩んだり、イライラしたりするわけではありません。

ここでは、仕事がうまくいかないと感じやすい人によくある特徴について、細かくチェックしていきましょう。


特徴1. 心配性な性格

「あの企画書、完璧に作ったはずだけど、もう一度確認した方が良いかな?上司は何も言わなかったけど、やっぱり最後のページは作り直した方が良いかな?」

など、もともとが心配性な性格の場合、上手くいったはずの仕事でも、何度もチェックしたくなったり、やり直したくなってしまい、仕事全体の処理スピードが遅くなってしまうという特徴があります。

その結果、他の仕事にも影響が出てしまい、仕事がうまくいかないのです。


特徴2. 自分に自信がなく、ネガティブ

「あー、さっきのプレゼン、クライアントはかなり不満ぽかったな。どうしよう。やっぱり、俺が担当しない方が良かったよね…。」

など、自分自身に自信がないタイプだと、自分の担当している仕事に対しても自信が持てません

そのため、仕事をさくさくとすすめるよりも、終わった仕事に対していつまでもネガティブにぐるぐると考えてしまいがち。

【参考記事】はこちら▽


特徴3. 追い込む癖がある

「締め切りまで1週間あるから余裕〜。って思ってたのに、もう締め切り明日だよ!どうしよう!まだ、全然手つけてない!でも、締め切り近くならないとやる気でないから仕方ないよね。」

など、自称「お尻に火がつかないとできないタイプ」。そのタイプでも、期日通りに仕事を完了できるのであれば、仕事は上手くいくでしょう。

問題なのは、締め切りぎりぎりにならないとやる気にならないと言いつつ、その締め切りにいつも遅れてしまうタイプ。

スケジュール通りに仕事が進まないため、仕事がどんどん溜まっていき、気がつけば「仕事が全くうまくいかない…」という状況になってしまうのです。


特徴4. 細かいことも気になる完璧主義者

「自分が担当する仕事は、誰もが賞賛してくれるような完璧で素晴らしい仕上がりでなくてなならない!」

なんて思い込んでいる完璧主義者も、実は仕事が全くうまくいかないという状況に陥りがち。もちろん、引き受けた仕事はミスがないに越した事はありません。

しかし、重箱の隅をつつきすぎて穴を開けてしまいそうな完璧主義者は、仕事を予定通りに進めるよりも、それぞれの仕事の完成度を求めてしまうため、気がつけば、処理していない仕事が山のように溜まってしまっているのです。

【参考記事】はこちら▽


特徴5. コミュニケーションが苦手

自分一人だけで、最初から最後まで完遂できる仕事であれば、他人とのコミュニケーションが苦手でも、仕事が滞ってしまう事も少ないでしょう。

しかし、仕事中に発生した疑問などを、同僚や上司にすぐさま確認しなくてはならない場合、コミュニケーションが苦手だからと、自己判断で進めて、後々トラブルに繋がってしまうこともよくある話です。


特徴6. 自分だけがうまくいってないと考えがち

どんな仕事でも、大なり小なり悩みやトラブルはつきものです。

しかし、仕事が全くうまくいかないと悩む人の場合、「こんなに仕事がうまくいかなくてイライラして辛いのは、俺だけなんだろうな…。」なんて思い込みがち。

そのため、「俺の辛い気持ちとか、辞めたい気持ちなんか、誰にも分からないし…。」と一人で抱えていつまでも悩んで解決しないという特徴があります。


仕事がうまくいかない時の賢い対処法

どんなに大好きな仕事であっても、その仕事がうまくいかない時は、イライラしたり、辛いから転職を考えたりと、ストレスがどんどん溜まってしまいます。

ここでは、仕事がうまくいかない時に、そのうまくいかない状況を上手くいく状況に逆転するための賢い対処法を、詳しくご紹介します。


対処法1. 相談できる上司に話す

自分より上の役職である上司も、最初からその役職についているわけではありません。今の自分と同じように、右も左も分からない新人時代を経て、少しずつ経験を重ねて今のポジションにいるのです。

日頃から信頼出来る上司がいるのであれば、今の自分の状況を素直に相談してみましょう。

「そういえば、俺もお前ぐらいの時、同じようにうまくいかない時があったよ。あの時は、本気で辞めたいと思ったし、転職も考えたよ。」

などと、上司だからこその解決策や対処法を教えてくれるかもしれませんよ。


対処法2. 些細なことでも良いので、成功体験を振り返る

仕事が全くうまくいかない時は、その仕事を始めた頃から振り返ってみましょう。

「初めて上司に褒められた。」

「初めて、自分一人で契約とれた。」

など、些細な事でも、その仕事での成功体験を思い出してみてください。成功体験は、自分自身への自信にも繋がります

「あの契約が取れたのは、何が勝因だったんだっけ?」

など、成功体験をした時の事を思い返し、分析してみるのもおすすめですよ。


対処法3. 自分のことを褒めたり、ご褒美を用意する

仕事がうまくいかないと、仕事以外の事に対してもイライラしたり、プライベートの人間関係もギクシャクしたりして、ストレスをどんどん溜めてしまいがち。

また、仕事がうまくいかない事で、上司や取引先に怒られたり、嫌味を言われたりしがちですよね。

そんな時には、あえて、自分をほんのちょっとだけ甘やかしましょう。

「今日は上司に怒られなかったから、コンビニスイーツ買っちゃおう。」

など、仕事がうまくいかない時でも自分を褒めたり、小さなご褒美を自分に与えてやると、ささくれがちの気持ちも少し落ち着いて仕事にもやる気が出るようになりますよ。


対処法4. 後輩にアドバイスしてみる

「仕事がうまくいかなくてイライラしてるし、ストレスだらけなのに、後輩にアドバイスなんかできないよ!」

なんて、思い込んでいませんか?

後輩にアドバイスする事で、自分自身の状況を客観的に観察できるようになります。

「後輩に向けて言ったつもりだけど、後半は自分に向けて言ってたようなもんだな…。」

なんて、アドバイスによって、自分自身が前向きな気持ちになれたり、自信を持てるようなったりしますよ。


対処法5. 仕事をこなすうちに、自然とできるようになると考える

仕事がうまくいかなくてイライラしたり、辞めたいと考えてしまうのは、単純に経験値が足りない場合があります。

その場合は、ひたすら経験値を積んで、自分がレベルアップしていくしかありません。

「今は、経験が少なくてうまくいかないけど、続けていけば、そのうちきっと上手くいくようになる!」

と、イライラを他人にぶつけたり、辞める事を考えたりするのではなく、「いつか上手くいく!」と前向きな姿勢でひたすら粛々と続けてみましょう


対処法6. 他人と自分の比較をやめる

自分がうまくいかなくてイライラしている時ほど、周囲の人がキラキラ輝いてみえるもの。職場の人間関係がうまくいっていない時は、同僚同士が喋っているのを見るだけで、イライラしてストレスを感じてしまいます。

「なんで、あいつは楽しくお喋りできんの?俺なんか、嫌味しか言われないのに!」

など、自分自身の状況と他人を比較しても辛いだけ。まずは、他の人をイライラとした目でみないようにしましょう。

他の人はうまくいっているように見えても、あなたに見えないところで、仕事に悩んでいるかもしれませんよ。

【参考記事】はこちら▽


対処法7. あえて仕事の手を抜く

仕事がうまくいかない理由がなんであれ、一度、仕事の手を抜いてみるのもおすすめです。

「仕事の手を抜くとかあり得ない!引き受けた以上は完璧にやらなきゃ!」

などという思い込み、志は立派ですが、現在進行形で仕事がうまくいかなくて辛いのであれば、荒療治ではありますが、ほんの少しだけ手を抜いてみましょう。

いつも120%の仕上がりを心がけているなら100%にしてみる、100%の仕上がりなら、80%の仕上がりを目指してみる。

もちろん、手を抜くときは、抜いてもいい部分だけに限りますが、手を抜く事で精神的にも時間的にも余裕を作り出せます


対処法8. 人間関係に悩みがある時は、なるべく避けること

顔を合わせるといつも上司の悪口しか言わない同僚や、プライベートをアレコレ詮索してくる他部署の上司など、仕事場には様々な人がいます。

でも、その人間関係が原因で仕事がうまくいかないのであれば、面倒な人はできるだけ避けるのがおすすめです。

「同じ職場だし、完全に避けるのは無理だし…。」

という場合は、必要最低限の会話しかしなくても済むように工夫してみましょう。

例えば、本当に用事がある時以外はできるだけ目が合わないようにしたり、その人の前では、いつもとても忙しいフリをしてみたりするのもおすすめですよ。


うまくいかずに仕事でイライラした時に行うべきストレス解消法

仕事が原因でイライラしてしまうと、プライベートにも影響を及ぼしてしまいます。そんな時には、どうしたら良いのでしょうか?

ここでは、仕事がうまくいかずイライラ辛い時に、おすすめのストレス解消法について、具体的にご紹介します。


ストレス解消法1. 休日は趣味などを楽しむ

「24時間365日、仕事の事で頭がいっぱい、辛いしイライラするしストレスもどんどんひどくなる…。」

そんな時には、適度なガス抜きが必要ですよね。休みの日や、仕事が終わった後は、仕事の事を考えないようにしましょう。

考えても疲れるだけ、辛いだけ、辞めたい気持ちが大きくなるだけ。休日や終業後は、趣味に没頭してみましょう。

自分が熱中できる趣味で、数時間でも仕事の事を忘れられれば、いつの間にか仕事へのイライラも少なくなっていますよ。

【参考記事】はこちら▽


ストレス解消法2. 仕事以外の時間は別の楽しいことを考える

好きでしている仕事であっても、仕事がうまくいかない時には、「好きな仕事=苦行」となってしまいます。その苦行をずっと続けているのも、考えているのもストレスが溜まるばかりです。

仕事が終わったら、辛い仕事の事は、一旦置いておいて、自分がワクワクできる楽しい事を考えてみましょう。

好きなアニメの次の展開を予想してみたり、明日買いたいコンビニスイーツの事を考えてみたり、来週発売になる好きなブランドの新作の事を考えたり…。

思わず、顔がニヤニヤしちゃうぐらい、楽しい事を考えるだけでも気分がすっきりしますよ。


ストレス解消法3. 友人と思いっきり遊ぶ

仕事のように利害関係が発生しない友人と、仕事を忘れて遊んでみましょう。

全く違う職種の友人や、昔からの友人など、今の職場や仕事には何の関係もない友人となら、仕事のイライラも忘れさせてくれますよね。

また、職場とは全く関係ないところで、仕事の相談をしてみるのもおすすめです。職場の同僚や上司とは、全く違う視点からの新鮮なアドバイスを貰える可能性もありますよ。


ストレス解消法4. 一人旅に出かけてみる

仕事がうまくいかないと感じる原因の多くは、人間関係にあるともいわれています。

もし、週末や連休を利用した、ふらり一人旅をしてみましょう。

仕事が忙しすぎてまとまった休みが取れそうにないなら、仕事の帰りに少しだけ足を伸ばしてみるのもおすすめですよ。

いつもと違う環境に一人で赴く事で、気持ちも落ち着きリフレッシュできるだけでなく、今の状況を冷静に観察して自分なりの解決策を見つける事もできるようになります。

【参考記事】はこちら▽


仕事がうまくいかないと感じる時に読むおすすめの本2冊

「最近、どうも仕事がうまくいってないような気がするけど、誰かに相談するほどでもない。でも、どうにかしたい…」

そんな時には、本を読んでみましょう。ここでは、仕事がうまくいっていない、辞めたいぐらい辛いと感じた時に、おすすめの本をご紹介します。


おすすめの本1. 『仕事が「ツライ」と思ったら読む本』心屋仁之助(著)

仕事が「ツライ」と思ったら読む本

仕事が辛い、うまくいかないと思い悩んでいる時間が長くなればなるほど、自分で自分を縛ってしまっている可能性があります。

自分を追い込みがちの状況に、ほっと一息つかせてくれるのが、この『仕事が「ツライ」と思ったら読む本』です。

自分でははっきり言葉にできない辛い状況を代わりに言葉にしてくれるだけでなく、辛いから誰かに本当は言ってほしい言葉を言ってくれますよ。

Amazonで詳細を見る


おすすめの本2. 『仕事ができる人の最高の時間術』田路 カズヤ(著)

仕事ができる人の最高の時間術 (アスカビジネス)

仕事がうまくいかなくなった原因を突き止めようと思っても、自分自身ではなかなかうまくいかないもの。それは、自分自身を客観視して、冷静に分析するのがとても難しいから。

『仕事ができる人の最高の時間術』は、仕事をうまくまわして、限られた時間内で自分にできる最高のパフォーマンスをするための具体的な時間活用術が紹介されています。

具体例があれば、今の自分の状況とも比較して解決策も見つけ出しやすくなりますよね。

Amazonで詳細を見る


うまくいかなくて辛い…。仕事を辞めたい時に考えるべきこと

どうしても仕事がうまくいかない状況が長く続いてしまうなら、思い切って仕事を変えてみるのもおすすめです。

ここでは、今の仕事を辞めたいと感じる時に、考えておくべき事について、具体的にご紹介します。

気持ちばかり先走って勢いで辞めて後悔してしまわないように、辞めたい人は必見ですよ!


考えるべきこと1. 転職先など目星がついているか

 勢いで仕事を辞めても、毎日の生活は続いていきます。

「しばらくは、仕事しないでふらふらのんびりしようかな?」

それも、良いでしょう。

しかしm今の仕事を辞めても、次の仕事をする算段がある程度たっていないと、いざ就職活動を始めようと思っても、なかなか新しい仕事が決まらず路頭に迷ってしまう可能性もあります

仕事を完全に辞めてしまう前に、次の仕事のあてや転職先など、ある程度目星をつけておきましょう。


考えるべきこと2. 生活費が保てるだけの貯金はあるか

今と同じぐらいの収入が確保できる次の転職先が決まってから、今の仕事を辞める場合、貯金が少なくてもなんとかなるでしょう。

しかし、「次の仕事がいつ決まるか分からない。」「転職先は、研修期間中の給料がかなり少ない。」などの場合、日々の生活費を補填できるだけの貯金が必要です。

「貯金はないけど、なんとかなる!やったもん勝ち!」という考え方は、かなり危険。

辞めてから後悔しなくてもすむように、仕事を辞めるのであれば、ある程度の貯金を溜めてからにしておきましょう。


仕事がうまくいかない時は、早めに対処していきましょう。

人生の大半の時間を使う仕事。その仕事がうまくいかないと、イライラしたり辛くなったりと精神的にも肉体的にもストレスがかかってしまいます。

また、仕事のイライラは、プライベートな人間関係にも大きく影響してしまいますよね。

仕事が原因で、周囲の人間関係を壊したり、自分自身が辛くなってしまわないよう、仕事がうまくいかない時は、早めに対処することがとても大切ですよ。


【参考記事】はこちら▽

LINE はてなブックマーク
お気に入り

注目の記事

関連する記事