仕事が手につかない時の10の対処法|集中できない原因を一瞬で解決しよう!

なんとなく仕事が手につかなくて、悩んでいる方へ。この記事では仕事に身が入らない、集中できない時の原因と対処法を詳しく解説します!

仕事が手につかない原因とは?集中できない7つの理由を紹介

仕事が手につかない原因

「なんだか仕事をしている時に集中力がない」

「最近仕事に身が入らなくてミスが多いのはなぜ?」

今まではしっかり仕事に集中して業務をこなしていたのに、急に仕事に身が入らなくなると自分でも心配になりますよね。

そこで、この記事では仕事が手につかないのはどんな原因があるのか、理由を解明していきます。

【参考記事】はこちら▽


原因1. 日々の疲れが溜まってる

寝不足や仕事のやりすぎで、疲れがたまっている場合、自分では気づかないうちに体調を崩しているのかもしれません。

体調が悪いときに仕事に集中できなかったり、手につかなかったりするのは当たり前です。

  • 残業で家に帰る時間が遅く、朝なかなか起きられない
  • なんだか食欲がなく、休みの次の日にも疲れが残っている

こんな症状を感じる人は、仕事での疲れがたまっているのかも。疲れが抜けていない状態では、仕事のパフォーマンスがどうしても落ちてしまいますよ。


原因2. プライベートで心配事がある

気にかかっていることがあると、心配になり、そのこと以外は上の空になってしまうでしょう。仕事中でも心配事を考えては憂鬱な気持ちで過ごしてしまうことも。

  • 母親が病気で入院しているので、病状が心配
  • 彼氏(彼女)から連絡がしばらく来てなくて不安

といったプライベートで心配事があると、仕事中、食事中、お風呂に入っていてもそのことばかり考えてしまいます。

特に普段から何事も気にしすぎる性格の人はこの傾向が強いです。悩みが常に頭にある状況では、仕事に集中することができないでしょう。


原因3. 集中力が足りない

仕事が手につかない原因は集中力が足りない

誰だって1日中集中して何かを行うことができません。仕事に身が入らない、集中できない原因は、他で集中力を使い果たして足りなくなっている可能性があります。

例えば、仕事をする前にジムで筋トレを行ってきた場合は、体力的に疲れて気が入らない状況に。

また、朝に英会話トレーニングを行ったら頭を使いすぎて、集中力が足りなくなっているのかもしれません。

自分が仕事をする前になにか集中していたことがないか、確認してみましょう。


原因4. 恋人に振られたショックが抜けない

失恋などプライベートでショックな出来事があった時には、メンタルがやられて何もする気が起きないという心理になります。

恋人に振られてしまった、片思いが実らなかったなど、恋愛関係は特に落ち込みますので、仕事どころではなくなりますよ。

仕事中でも失恋したことを考えて涙が出る、片思いの相手を考えてため息ばかりが出るという場合なんかは、精神的にかなり参っている証拠。

仕事にきちんと向き合うことができずに、気が入らない状況が続いてしまいます。


原因5. やるべき仕事が多すぎて諦めかけている

終わる目処の見えない仕事量があると、逃げ出したいという気持ちが出てきてしまいます。誰でも終わりが見えない道を一生懸命走ることはできないですよね。

  • 仕事が多すぎて「終わるわけないじゃん」と諦めてしまっている
  • 終わる目途がたたないので、休憩ばかりとっている
  • つい他の作業を行ったり、違う仕事に目を向けたりしてしまう

このような行動が出ている時は、やるべき仕事が多すぎて自分の能力の限界を超えた可能性があると考えてみましょう


原因6. なんとなく気分が乗らない

仕事が手につかない原因は気分が乗らない

世間の状況と自分を比べて、気分が乗らない、仕事する気になれない、ということもあるでしょう。友達が遊んでいるのが気になって、なぜ自分ばかりが仕事をしているのかと馬鹿らしく感じてしまいます。

例えば、友達に旅行に誘われたが、お正月出勤になり行けなくなったという時、「今頃楽しく温泉に入っているんだろうなぁ」と羨ましい気持ちがあり、仕事に身が入らないのかも。

好きなアイドルのコンサートがあるのに、自分は仕事で行けないという時も「今頃何の曲をやってるんだろう」と気持ちが仕事に向きません。

体調は良いけれどなんとなく気分が乗らないのは、何かに対して羨ましい気持ちがあって集中できなくなってしまっていますよ。


原因7. 仕事にやりがいを感じない

仕事が好きではなかったり、単純な作業ばかりだとやりがいを感じれられず、帰りたいという気持ちが芽生えてしまいます。

やりがいを感じなければ、誰でも一生懸命仕事をする気になりませんよね。

  • 単純作業で誰がやっても同じ仕事だと感じ、適当にやって早く帰りたいと思う
  • 仕事が終わる時間ばかり気になって、仕事中も時計をよく見る

仕事をしながらこんなことを考えているなら、やりがいがないことが原因かも。仕事に目標を持っていないから、集中力を発揮して没頭することはできないのです。


仕事が手につかない時の10の対処法|集中力を取り戻す方法とは?

仕事が手につかない時の対処法

「どんな状況でも仕事をしっかりやる方法ある?」

「大事な仕事があるから集中力を取り戻したい」

社会人の場合、仕事の評価や職場での評判もありますので、何があっても仕事に集中できる方法がないのかと考えてしまいますよね。

ここでは、集中力を取り戻す対処法と仕事ができるようになる方法について紹介します。

一刻も早くスランプ状態を抜けて、仕事をバリバリこなしていきましょう。


対処法1. 心配事を解消する

心配事があるうちは集中できません。だから、他の事を考えてしまっているのならば、仕事よりも先に解決するのが大事。

完全に解決することが難しいとしても、心配していることにアプローチすることで、ストレスが軽減し気が落ち着くでしょう。

  • 身内に対して心配事があるなら、LINEで連絡を入れておく
  • これ以上悪い状況にならないように少しでも気になることは解消しておく

これだけでも心配ごとが軽減されますし、仕事に支障をきたさないのでおすすめです。心配を解消するために簡単にできることから始めてみましょう。


対処法2. 考えても仕方がないと気持ちを切り替える

心配事は考えても仕方がないことが多いので、気持ちの切り替えが大切です。まずは「考えないと決めてしまう」ことで仕事に集中できるでしょう。

  • 考えても結果が変わらないので「時間の無駄」と気持ちを切り替える
  • 今悩んでも解決しないので、家に帰ってから誰かに相談すると決める

など、きっぱりと考えないことにして、気持ちを切り替えてみて。

少し時間を置いてみると「どうしてあんなことで悩んでたんだろう?」と思えたり、自分が思っているよりもすんなり悩みが解決されることがあるはずですよ。


対処法3. 睡眠を普段からしっかり取っておく

仕事が手につかない時の対処法は睡眠を普段から取る

睡眠をとることで体調を整えることができ、仕事に集中できる体力をつくることが可能です。

体を正常な状態に整えておくことも仕事の一つとして考え、睡眠をしっかりとることが大切ですよ。

  • 6時起床の場合は、7時間睡眠のために、22時には必ず布団に入るようにする
  • よく眠るために睡眠前のカフェインやアルコール摂取を避ける

決まった時間に睡眠をとるためには、規則正しい生活習慣を行い、飲み過ぎや食べ過ぎにも気を付けて健康的な生活をおくりましょう。


対処法4. 時間に余裕を持って出勤する

時間がないと気持ちが焦って落ち着かなくなるので、仕事に影響しているのかも。なので、余裕をもって出勤することが集中力アップに繋がります。

朝の出勤を余裕をもって行うと会社でコーヒーを飲むくらいの時間ができるので、仕事に入った時に集中しやすいですね。

また、早い時間に出勤すると満員電車を回避できるメリットも。

満員電車はストレスがかかり、集中力を削る原因になっているのかも。それを回避することで、より仕事に集中することができるはずですよ。


対処法5. 一旦外の空気を吸いに行く

頭をリフレッシュすることで、煮詰まって集中力がない状態をリセットすることができます。仕事中に一度外に出て、深呼吸してみてください。

深呼吸は呼吸を落ち着けられるし、集中力を取り戻すきっかけになるかも。外に出ることが難しい場合も以下の方法を試してみましょう。

  • 窓を開けて外の空気を吸う
  • トイレや給湯室に行き気持ちを変える

ずっとデスクにいて、仕事をやっていると集中力が続かないので、職場をちょっと離れて気持ちをリフレッシュしてくださいね。


対処法6. 同期や仲の良い上司に話を聞いてもらう

仕事が手につかない時の対処法は同期に話しを聞いてもらう

悩みごとは一人で抱え込んでいても、解決策が浮かばず同じ考えをループしてしまうことがありますので、誰かに吐き出すことで整理されるかも。

一人で考えていてもモヤモヤするだけの場合は、相談することで新しいアイデアを出してくれるかもしれませんよ。

仕事の悩みは職場の同期や上司に話してもいいですし、恋愛や失恋の悩みだったら友達でもいいでしょう。悩みごとで集中できない場合は、その悩みが解決するように動くのが一番。

聞いてもらうだけでも気持ちが楽になり、仕事に集中できる状態に戻れるかもしれませんので試してみてください。


対処法7. 普段とは違う場所で作業をしてみる

仕事がマンネリ化して飽きているなら、いつもとは違う場所で作業をすることで気分転換になるかも。

  • 使っているデスクの場所を移動してみる
  • リモートワークをしてもOKなら、カフェで仕事する
  • 可能ならば別の部屋で作業を行う

といったように、他の場所で作業を行うことを試してみて。

ただし、仕事環境によっては、違う場所で作業をするのが難しい場合もありますので、職場の上司に許可をとって実行してみてくださいね。


対処法8. 仕事の日はインスタなどのSNSを見ない

SNSには友達の楽しそうな様子がアップされていて、どうしても羨ましいと気になってしまうものです。

自分が仕事をしているのに遊んでいる人の様子を見て、面白くないと思うのは当然。

だから、情報をシャットアウトすることで、気にすることがなくなり仕事がスムーズにできるようになるでしょう。

  • スマホ依存対策アプリを使う
  • そもそもスマホを開かないように意識する

など、SNSを見ないようにする方法を試してみましょう。

仕事の関係のグループだけはチェックする、重要な通知のみ届くように設定するなど、対策してみてください。


対処法9. 毎日、朝に目標を立てる

仕事が手につかない時の対処法は日ごとの目標を立てる

仕事が多くあり過ぎると、ゴールが見えず集中力が持続しませんので、毎日ゴールを決めましょう。

日ごとに「今日は仕事をここまで進める」「今日やるべきことの目標はこれ!」と決めることで、だらだらと仕事をすることがなくなります。

また、プランをたてることで、やるべきことが可視化されて仕事のモチベーションを保つことが可能。

毎日仕事をやり遂げるという成功体験を積み重ねることができ、仕事のやりがいが出て、集中して仕事をこなせるようになります。

【参考記事】はこちら▽


対処法10. 15分くらいの短い仮眠をとる

15分ほどの仮眠でも、驚くほど気持ちがリフレッシュして頭の中がすっきりしますよ。

  • 昼休みに15分ほど座って仮眠をとる
  • 休み時間に10分目を閉じる

など、ポイントは長くても30分以内の長さに抑えておくこと。30分以上仮眠をとってしまうと、睡眠が深くなってしまい、起きるのが辛くなる可能性があるので気をつけて。

15分から30分の仮眠をとるという対処法で、仕事に集中できる状態を取り戻しましょう!


仕事が手につかない時は、自分流の集中の仕方を試してみて。

気持ちをリフレッシュして仕事に集中しよう

誰でも毎日集中力を切らさずに仕事を行うのは難しいことですよね。

仕事が手につかない理由は、恋愛の悩みや体の調子など様々な原因がありますが、理由にあった対処法を行うことが大切。

少しの工夫や簡単な行動で、気持ちをリフレッシュして仕事に集中することが可能ですよ。

今回紹介した対処法の中から、自分の理由に合わせた気持ちの切り替え方を試して、どんな時でも集中して仕事ができるようになりましょう。


【参考記事】はこちら▽

よく一緒に読まれる記事

関連する記事

注目の記事