仕事ができない自分が辛い人へ。解決方法&できるようになる方法を解説

仕事ができない自分が辛いと感じている人へ。本記事では、辛いと感じてしまう人によくある特徴から辛いと感じるからこそやってはいけないこと、情けないと感じた時の解決方法、気持ちを切り替えるストレス解消法をレクチャー!さらに、仕事ができるようになるための方法も解説します。

仕事ができない自分を変えたい方へ。

仕事ができなくて辛いときの解決方法&できるようになる方法

自分の実力や評価がダイレクトに現れる仕事。仕事ができないと辛いと感じますよね。仕事ができないと落ち込んだままだと、仕事自体が嫌いになってしまいませんか?

そこで今回は、仕事が辛いと感じた時の気持ちの切り替え方法や仕事ができる様になる方法をご紹介します。

これからの仕事に活かしていってくださいね。


「仕事ができなくて辛い」と感じてしまう人によくある特徴とは

仕事ができない人には共通した特徴が見られます。まずこの特徴を知ることが、仕事ができないことを改善する一歩なのではないでしょうか。

仕事ができない辛いと感じる人によく見られる特徴についてご紹介します。


特徴1. ネガティブな性格

仕事をしていく上で、誰でも失敗してしまうことはあるものです。

その時の失敗を成長できるチャンスと考えずに、また失敗してしまうとネガティブに考えてしまう人は、仕事が辛いと感じてしまうもの。

大した内容でなくても、必要以上に仕事ができなかったことをネガティブに考えてしまいます。ネガティブに考えてしまった結果、物事が悪循環になってしまい、ますます仕事ができない結果を生み出してしまうことにも。

ネガティブな性格がゆえに、自分で必要以上に仕事ができない辛いと考えてしまっています。


特徴2. 周りからの評価が気になる

仕事ができず自分に自信がない人は、周りからの評価を常に気にしまうものです。自分自身を認めることができず、周りから認められることを強く望む傾向に。

周りの評価を気にしてしまうあまり、仕事での行動が限られてしまい、仕事ができない原因を招いてしまいます。

周りからの評価が得られないと、自分は仕事ができない人間だと思いこんでしまいます。


特徴3. 責任感が強い

信念が強いと周囲の意見を聞かず、自分だけの裁量で仕事を進めてしまう傾向にあります。

何でも自分一人でこなそうとするあまり、思う様に仕事が進まないことも。

仕事によって得意不得があることは誰でもあることなので、不得意なことや苦手なことがある際には助けを求めるべきです。

責任感が強いあまり自分だけで抱え込みすぎて仕事ができず、自分が情けないと落ち込んでしまうことがよくあります。


特徴4. 間違った努力の仕方をしている

自分が努力できてればいいと思い、内容や精度を深く考えず努力してしまうと、仕事の成果にはつながげることはできません。

間違った努力の仕方をしてしまうと、永遠に仕事はできない人のままになってしまいます。

自分の弱点や求められている努力の内容をチェックしないため、自分で思いこんだ努力の仕方を続ける傾向に。

仕事を終えてから努力が間違っていたことに気がつき、「自分は仕事ができない人間だ」辛いと落ち込んでしまいます。


特徴5. 何でも自分一人で仕事をしようとする

周りに仕事の進捗を伝えなかったり、協力を得ずに行ってしまう人も仕事ができない傾向に。何でも自分一人で仕事を進めてしまうあまり、助けてほしい場面でも他の人に頼ることができません。

人に相談や協力を仰ぐことができないと、場合によっては重大なミスにもつながってしまいます。

他の人に協力を得ないあまり仕事のスピードが遅くなってしまい、自分が情けないと痛感してしまうのです。


特徴6. 様々なタスクを同時にこなしている

スケジュールの管理することは、仕事を円滑に進める上で必要不可欠なこと。仕事ができない人は仕事の優先順位が分かっていないため、様々なタスクを同時進行にこなしがちです。

また、集中力もなく、中途半端に多くのタスクをこなそうとするため、個々の仕事の遅さや質の低さなどが目立ってしまう結果に。

そうした現状に対応しきれなくなり、自分の仕事のできなさに辛いと落ち込んでしまいます。


特徴7. 完璧主義な性格

何事も100%の力を出そうと頑張ることは大切なこと。完璧主義ゆえに一つ一つの仕事を完璧にこなそうとし、その結果仕事の進捗状況が遅くスピード感がない傾向に。

そのため、社内でもスピードの必要ない仕事や、重要度の低い仕事ばかりになり、仕事ができないことを自身で認識してしまいます。

完璧にこなそうとするあまり、仕事をスピーディにこなせず、仕事ができないと感じてしまうのです。

【参考記事】はこちら▽


仕事で辛いと感じた時こそ、やってはいけないこと

仕事ができないと辛いと感じてしまうことは当然のこと。その後の行動で、変わることはいくらでもできます。

ここでは、仕事で辛い時にやってしまいがちな行動をご紹介します。

もし、間違った行動をしていたのであれば、悪循環にならないように改善してみてくださいね。


間違った行動1. 自分は無能だと自己嫌悪に陥る

仕事で失敗したことをいつまでも引きずってしまうと、次の仕事が尾を引いてしまい、上手くいかないことにも。

仕事を失敗しない人などいないのです。自分が仕事できない人間だと、自己嫌悪に陥ってしまうとことは精神的によくありません。

失敗したことをどう改善すべきか考えず、自分が無能だと自己嫌悪にひどく陥り、辛くなってしまいます。

【参考記事】はこちら▽


間違った行動2. 仕事を中途半端に投げ出してしまう

仕事には挑戦はつきもの。失敗してもいいのでチャレンジすることが大切ですが、仕事ができない人は何かと言いわけをつけて投げ出してしまいます。

そのため、いつまでたっても仕事できるようになりません。仕事を途中で投げ出してしまうので、仕事での信頼を得ることもできないのです。

こうしたことが続いてしまうと、辞めたいという気持ちが芽生えたり、転職を考え始めたりしてしまいます。


間違った行動3. 改善しないで、がむしゃらに仕事をする

仕事を単にこなせばいいと考えていると、いつまでたっても仕事をできるようにはなりません。

例え、仕事が失敗してしまったとしても、失敗の改善を考え、どうしたらいいかを考えることが次の仕事の成功に繋がります。

いくら仕事をがむしゃらに頑張っていたとしても、間違った方法なのであれば、仕事がいつまでもできないままなのです。


仕事ができない自分が情けないと感じた時の解決方法

仕事ができず情けない、辞めたいなど考えはじめてしまうと、マイナス思考が止まらなくなってしまうこともありますよね。そんな時に解決方法が分かっていれば、救われることも多いでしょう。

ここでは、仕事ができず自分が情けないと感じた時の解決方法についてご紹介します。


解決方法1. 信頼できる上司に正直に相談してみる

仕事ができずもがいているのであれば、正直に打ち明けてみることで解決するかも知れません。自分が信頼している上司であれば、「仕事ができるようになりたい」という気持ちを受け止めてくれるはずです。

上司という立場から、どうしたらいいか具体的な助言やサポートをしてくれることでしょう。

仕事ができる人からアドバイスがもらえれば、それまでできないと思っていた思い込みから解放され、仕事の方法を改善することができます。


解決方法2. できないと感じた原因を見直して少しずつ改善する

仕事での振り返りがしっかりとできていれば、仕事の出来栄えが飛躍的に向上します。どんな仕事においても、仕事の出来栄えを振り返り、評価できる点と反省点を見つけることが重要。

振り返りを習慣化できれば、少しずつであってもできない仕事を改善できるようになりますよ。

仕事に失敗して自分が情けないと落ち込む時間があるなら、できない原因を見直して改善につとめましょう。


解決方法3. 他の人に仕事を頼る

自分一人だけで仕事を進めてしまうと、視野が狭くなったり、仕事のスピードも落ちてしまうことに。

仕事の進捗状況や出来栄えなどを考えると、他の人の手を借りることが解決の秘訣です。

最初はうまくいかなかったとしても、次第にスムーズに仕事ができるようになり、仕事ができない辛い悩みに打ち勝つことができます。


解決方法4. 頑張っている自分を認める

プラスな思考を心がけることによって、仕事や物事が良好な方向に進みやすくなります。自分への評価が低いと、自信をなくし仕事も失敗してしまいがち。

まずは自分を肯定し、仕事を頑張っていることを評価することが重要。

自分は無能だと思い込みがある状態では、うまくいくはずの仕事もうまくいきません。自分を肯定することができれば、自信もつけられるようになり、結果として仕事ができるようになるでしょう。

【参考記事】はこちら▽


解決方法5. 向いてない仕事をやっているだけと考える

自分の思い込み一つで、仕事への出来栄えや評価が変わってくることもあります。自分が無能だと悩み過ぎてしまう人は、その思い込みで仕事が失敗してしまうことも。

そのため、自分が情けないと考えるのではなく、仕事内容が合わないと考える方が良いでしょう。苦手な仕事内容であれば、向いてない仕事をしていると割り切ることも必要ですよ。


気持ちを切り替えるためのストレス解消法

仕事ができないことをずっと考えてしまうと辛いですよね。できれば、気持ちを早く切り替えて次に進みたいと思う人も多いでしょう。

ここでは、気持ちを上手に切り替えるためのストレスの解消方法についてご紹介します。


ストレス解消法1. 仕事以外の時間は、楽しいと思うことを行う

休みの日には仕事を忘れ、楽しく思い切りリフレッシュする。間違っても、家に仕事を持ち帰るようなことをしてはいけません。残業もできるだけ控えるようにしましょう。

仕事とのバランスがとれていれば、ストレスも抱えにくいです。

仕事ができないことでイライラしてしまったり、自分が情けないと思ってしまうのであれば、仕事以外の時には思い切り楽しむことを大切にしましょう。


ストレス解消法2. 湯船に浸かる習慣を作って、心身をリラックスさせる

その日の疲れやストレスを癒すには湯船に浸かり、リフレッシュするのがおすすめ。

湯船に浸かることで浮力効果や温熱効果が高まり、心身ともにリラックスさせてくれます。体の疲れもとることができますので、気持ちの良い明日を迎えることができるでしょう。

湯船に浸かることは家にいながら気軽にできることなので、ストレス解消のために習慣化させるのにぴったりですね。


ストレス解消法3. 休日は休むなどオンオフをしっかり切り替える

一日の大部分を占める仕事なので、生活のバランスに大きく影響することに。一日の中でしっかりと仕事のオンオフの切り替えをして、ストレスを溜め込まないことが大切です。

家に仕事を持ち帰ったり、残業を続けてしまうことはストレスの元になってしまいます。

オンオフが上手にできることで仕事への集中力が高まり、結果としていい仕事をできるようになりますよ。

【参考記事】はこちら▽


仕事ができない自分を改善したい!仕事ができるようになるための5つの方法

自分が仕事ができないと痛感しているのであれば、同時にそんな自分を改善したいとも思いますよね。仕事ができるようになり、新人や仕事仲間からも一目置かれるような存在になりたいと思うのは当然のことです。

仕事ができない自分を改善し、仕事ができるようになるコツを5つご紹介します。


方法1. 仕事の優先順位を決めて取り掛かる

仕事を始める前に、仕事の理想とするゴールを知ることが大切。仕事には求められる期限や仕上がりがあるはずです。まずは、それらを把握し優先順位を設定してから、仕事にとりかかるのがポイント。

そうすることで目標ややるべきことが明確化されるので、余計なイライラや不安の発生を防ぐことができます。

仕事の優先順位が分かれば、仕事を進める際にもスムーズに進めやすいですよ。


方法2. 一日単位で計画を練る

考えなしで仕事を始めると、あっという間に一日が過ぎてしまいます。仕事を期限内に終わられることはもちろんですが、余計な残業などをしないためにも、一日単位での計画はしっかりと行いたいものです。

仕事ができる人の多くは計画を立てているので、朝一番から好スタートをきることができます。

仕事ができるようになりたいと思うのであれば、一日単位での計画をしっかりと練ることが大切です。 


方法3. 仕事中にちょっとした休憩時間を設ける

仕事に一生懸命集中している時は、続けて仕事をしたいと思いますよね。しかし、休憩時間を設けずに仕事をしてしまうことは、後から疲れが出たり、ミスの原因にもなってしまいます。

自分が仕事ができず無能で辛いという気持ちから、仕事をがむしゃらにやりたいと思いますが、休憩時間を設けず仕事をしてしまっては逆効果です。

あなたの部下である新人がいた場合にも、気を遣わせてしまうことにも。質の高い仕事をするためには、計画的に休憩時間を設けて仕事をするようにしましょう。


方法4. どんなことでも学ぼうとする姿勢を保つ

仕事が慣れてくると、学ぶ意欲が低下してしまうこともあります。初心の頃を忘れず、どんなことでも学ぶ意欲を持つことは大切です。

仕事をできるようになりたいと思うのであれば、新人からも貪欲に学ぶほどの意欲があってもいいでしょう。

しっかりと学ぼうとする姿勢さえあれば、多くの人が親切丁寧に教えてくれますよ。


方法5. 日々スキルUPに励む

自分の実力だけで仕事を進めてしまうと限界ができてしまい、八方塞がりになってしまう可能性があります。仕事ができないと自覚しているのであれば、新たなスキルを磨くべきです。

日々スキルUPに励んだことは、無断にはなりません。時間がかかってしまうかも知れませんが、学んだスキルが仕事に活かされてくることでしょう。

いずれ転職したいと思った時にも、学んだスキルを活かすことができます。日々、コツコツとスキルを磨いていきましょう。


「仕事ができない」は自分次第で改善できる!

仕事でお金を稼ぐことは生きていくために必要なことであります。せっかく仕事をするのであれば、モチベーション高く前向きに働きたいですよね。

仕事ができない辞めたいと思うこともあるかも知れませんが、少しの工夫で改善することができます。

仕事ができるようになれば、やりがいをもったり信頼されるようにもなります。転職する際にも活かされることでしょう。

自分は無能だと思わず、まずは気持ちの切り替え方や仕事ができる方法を参考にし、ぜひ仕事に活かしてみてくださいね。


【参考記事】はこちら▽

LINE はてなブックマーク
お気に入り

注目の記事

関連する記事