人格否定の意味とは?人格の否定と判断できる発言例&対処法を解説

感情的になると人格否定をしてくる人っていますよね。そこで今回は、人格否定をしてくる人の特徴から、具体的な発言内容や例文、言われた時の対処法について詳しくご紹介します。人を心から傷つける言葉ですので、しっかりと理解して人格否定とは無縁の人生を歩みましょう!

あなたは、人格否定をされたことがありますか?

人格の否定と判断できる発言例&対処法

「彼氏や旦那、職場の上司に人格否定される」という言葉を聞いたことがありませんか。そもそも人格否定とはどんな意味や言葉を指すのか気になる人も多いですよね。

そこで今回は、人格否定とはどんな意味があるかに加えて、人格否定しやすい人の特徴、具体的な人格否定される言動や発現、さらに人格否定される言葉や態度を受けたときの対処法をご紹介します。


そもそも「人格否定」の意味とは?

人格否定とは、その人の持っている性格や本質を否定することという意味があります。例えば、旦那さんが奥さんを怒る時に「お前はのろまだから家事が終わらないんだ」といえば、奥さんののんびりとした気質を否定することになり、人格否定をした発言に当たります。

一方で「やり方が悪いから家事が終わらないんだ」と怒れば、奥さんの家事の仕方に対して否定をしているため、人格否定をした発言には当たりません。


人格否定をしやすい人に見受けられる特徴

人格否定とは人の本質や性格を否定するため、人格否定されるととてもショックを受ける人も多いですよね。

彼氏や旦那さん、上司など周りに人格否定をしやすい人がいませんか。

次に、人格否定をしやすい人が持っている4つの特徴を見てみましょう。


特徴1. 人に怒ったり、八つ当たりしたりすることで優越感に浸っている

人の中には、常に人より上に立っていたい、優勢な場所にいたいと思っているプライドの高い人は人格否定で優越感を得やすいです。

自分よりも立場の低い人を作ることで、優越感を得るために人格否定をするのです。

上司が仕事のミスを怒る時仕事のやり方ではなく部下の人格否定をするなど、マウンティングが好きな人も人格否定しやすい特徴と言えます。


特徴2. 助言ではなく、明らかに攻撃的な発言をしている

人に対して世話を焼くのが好きな、おせっかいな人の中には、本人は助言のつもりで言っている言葉が、攻撃的な人格否定の言葉になってしまう場合があります。

例えばコーチが選手に「臆病なのを直さないと積極的なプレーができないぞ」と言うのは、助言ではなく人格否定と捉えられるでしょう。

助言が攻撃的な言葉になり、結果的に人格否定になることも多いのです。

【参考記事】はこちら▽


特徴3. 自分と価値観や話が合わないとすぐ敵視する

「自分が全て正しい」という自分本位の考え方を持っている人は、自分と違う意見の人を排除したがります。

その人の意見や価値観そのものが自分と合っていないと、それ自体が間違いと思うため、人格否定をするでしょう。

自分と合わない物や人は全て間違いで、敵視しやすいのも、人格否定しやすい人の持つ特徴と言えます。


特徴4. 人に指摘をする際、論理的ではなく感情的になることが多い

行動や言動が論理的ではなく感情的な人は、発言する言葉の内容も感情的になりやすいです。

人に何かを怒ったり、指摘をしたりする時には、ついカッとなったりイライラしたりします。感情をそのまま言葉に乗せて相手にぶつけてしまうため、「だからお前はダメな奴なんだ」などの人格否定の言葉が出やすくなるでしょう。


具体的にどんな発言が該当するの?人格否定と捉えやすい言葉や例文とは

上司が部下に、彼氏が彼女になど、日常的に人格否定されるシーンは実はたくさんあります。

次に、具体的な人格否定と捉われやすい言葉や発言を例文とともにご紹介します。

もしかすると人格否定されるかもしれない、と感じている人は、言われた言葉や例文と比べてみてくださいね。


言葉&例文1. 学歴など、ステータスを見下すような発言をする

人格否定されるケースの中には、その人の学歴や経歴を否定して、優越感に浸りたい場合もあります。

上司が部下に「お前は高卒だから使えない奴なんだ」と言われる。彼氏が彼女に「田舎育ちだから、可愛いファッションが分からないんだよ」と言われるなど、その人のステータスを否定する言葉も人格否定に当たるでしょう。


言葉&例文2. 親のしつけが悪いなど、両親を蔑むような発言をする

人の性格や気質を決定づける要素の一つが両親です。両親から受けた教育やしつけを否定するのも、人格否定と捉えられるでしょう。

旦那さんが奥さんに「君は片親だから、子どものしつけもきちんとできないんだろう」と言う。彼氏が彼女に「自営業の家庭で育ったから、サラリーマンの気持ちは分からないんじゃない?」と言うなどが該当します。


言葉&例文3. 「そんなくらい性格だとうまくいかないよ」など、性格を否定する

まさに人の持つ個性や気質の元であるのが性格です。暗い、冷たいなど具体的な性格を否定する言動も、人格否定に当たるでしょう。

上司が部下に対して「君は積極性がないから営業成績が悪い」と言う。または彼氏が彼女に「お前はのろまだから毎日起きれないんだよ」と言うなどが、性格否定によって人格否定される言葉です。


言葉&例文4. 知りもしないのに恋愛事情など、プライベートをダメ出ししてくる

軽い気持ちでも、たいして知らない他人の恋愛事情やプライベートでの生活そのものを否定したり、ダメ出ししたりするのも人格否定に当たります。

例えば上司が女性社員に対して「そんなに仕事ばかり頑張っていると結婚できないぞ」と言ったり、男性社員に対して「少しはしゃれっ気を出さないと恋人ができないぞ」などの発言が当たります。


言葉&例文5. 顔や体型など見た目や容姿について否定してくる

人格否定、というとその人の性格や気質といった内面に関する否定というイメージがありますが、その人を構成する外見的な要素を否定するのも、その人そのものを否定することに繋がります。

友達同士で「一重だからアイライン引きにくそうだね」と顔に対して言ったり、彼氏が彼女に対して「足が太いから短いスカートやスキニーが似合わない」とスタイルに対して言うのも、人格否定の言葉です。


言葉&例文6. 「使えない」など、仕事のスキルを否定するような言動

その人自身を構成するのは、生まれ持った内面や外見の要素だけではありません。仕事や勉強など、その人の持っている能力やスキルを否定するのも、人格否定に当たります。

上司が部下に対して「お前は仕事ができなくて使えない奴だ」と言う、旦那さんが奥さんに対して「他の人はもっと料理が上手なのに、お前は下手だから毎日の食事が楽しみじゃない」と言うなどです。


人格否定に近い言葉や発言をされた際の対処法

人格否定された、または人格否定かもしれない言葉や発言をされた時には、あらかじめ上手な対処法を覚えておくと、冷静な対応ができます。

仕事から恋愛、日常生活まで、人格否定かもしれない言葉や発言をされた時の、5つの対処法を見てみましょう。


対処法1. 言われた日付や内容を記録しておく

人格否定とは、その人自体を否定するため、セクハラやパワハラにもあたります。人格否定の発言をきっかけに、今後どこかに訴えることがあるかもしれません。

人格否定をされた証拠を残すために、言われた日付や内容を詳細に記録しておくのがおすすめ。

ボイスレコーダーなどで発言を直接録音するのが有効ですが、メモでも証拠になりますので、必ず人格発言された記録を残しておきましょう。


対処法2. 日頃から口にされる場合、適当に相槌を打って聞き流す

人格否定に当たる言葉を言われたとしても、言った本人は悪気がない時があります。

上司や彼氏などがアドバイスなどで人格否定のような言葉をよく言うのなら、いちいち気にせず受け流すのがおすすめです。

都度気にすると疲れてしまうので、特に自分の気分が悪くなるわけでないなら「こういう性格の人だから」と気にしないようにしましょう。


対処法3. 職場の上司の場合、仕事で結果を出して見返す

職場で上司から人格否定の発言を受けている場合は、人格否定を覆せる実績を作るのが一番です。

仕事できちんと成果を出せれば、人格否定ともとれる発言をされることもなくなるでしょう。

また仕事で結果を出せば、上司以外の人からは認められます。周囲を味方に付けられるため、人格否定をしている上司を孤立させることもできますよ。


対処法4. 嫌悪感など、不快に思っていることをしっかり相手へ反論する

人格否定をされる人は、自分にも悪いところがあるのではないかと思い、相手への反論をしないことが多いです。

けれども、度を過ぎた人格否定をされるのは、たとえ自分に非があっても受けるべきではありませんので、きちんと我慢せずに反論しましょう。

人格否定をする人は感情的になっている人も多いため「そういう言い方をされるととても辛いです」など、自分の感情に訴えた反論をするのが有効です。


対処法5. 人格否定がひどい職場の場合、転職を検討してみる

人格否定がひどすぎて精神に支障をきたしている場合には、その環境から離れることを考えましょう。

職場の上司から度重なる人格否定発言を受けているのなら、我慢せずにその上司から離れるように働きかけるのがおすすめ。

人事部に相談して異動願を出したり、転職したりが有効です。転職の場合は、必ず転職前にしかるべき場所への相談や訴えを忘れないようにしましょう。


人格否定をされたら、上手に距離をとって対処していきましょう。

人格否定をする人は、ただその人が嫌いと言うだけでなく、優越感に浸りたい、ただアドバイスをしたい理由の場合もあります。

とはいえ、本人に悪気がない場合でも、人格否定発言を受ける側は精神的にも大きな負担になります。

人格否定を受けていて困っている場合は、今回紹介した対処法を試しましょう。人格否定に悩まず自分らしく生きられるようになりますよ。


【参考記事】はこちら▽

LINE はてなブックマーク
お気に入り

注目の記事

関連する記事