「喧嘩するほど仲がいい」の意味とは?喧嘩すると仲良しになる理由を解説

昔から喧嘩するけど仲がいいと言いますよね。そこで今回は、恋人や好きな人と喧嘩しても仲良しな人の心理から、喧嘩するけどいいと言われる理由や上手な仲直りの仕方まで詳しくご紹介します。ぜひ参考にして、大事なパートナーと円満な関係を築きましょう!

喧嘩するほど仲がいいってホント?

喧嘩すると仲良しになる理由

カップルは、なぜか喧嘩するほど仲が良いと言われます。お互い思ったことを言い合っていることが、円満な恋愛が長続きする理由です。

しかし、彼氏や彼女と喧嘩別れした経験を持つ人もいるのではないでしょうか。そこで今回は、恋人や好きな人と喧嘩するけど仲良しな人の心理や喧嘩するほど仲が良いと言われる理由、絆が深まる仲直りの仕方などについてお送りしていきます。

なぜ喧嘩するほど仲が良いと言われるのか見てみましょう。


前提として「喧嘩するほど仲が良い」の意味とは?

「喧嘩するほど仲が良い」は、「お互い言いたいことを言い合える遠慮のない関係性である」「反対意見を言い合っても崩れない関係性がある」などの意味で使われることが多い慣用句です。

様々な心理学の研究で、喧嘩するからといって仲が悪いことを意味しないことが証明されていることからも、仲が良いからこそ喧嘩しあえると言えます。


喧嘩するほど仲が良いの語源や由来について

喧嘩するほど仲が良いと言われる語源や由来はハッキリしていません。「喧嘩」は人と人とが関わっていくうえで避けては通れないできごとであるため、比較的古い時期から使われていたと推測されています。似たような状況で使われる言葉は「夫婦喧嘩は犬も食わない」など。

仲が良いからこそ言いたいことを言い合って喧嘩している状況から生まれたと考えられています。


恋人や好きな人と喧嘩するけど仲良しな人の心理とは

好きな人には、嫌われたくないと自分をおさえがちな人もいれば、言いたいことを言ってよく喧嘩している人もいます。

ここでは、恋人や好きな人とよく喧嘩をしているのに仲良しな関係を続けられる人の心理を解説していきます。


心理1. 我慢するよりは、なんでも言い合えるほうが良いと思っている

彼氏や彼女に言いたいことを言ってよく喧嘩している人は、我慢して自分をおさえるような関係性は長続きしないことを知っています。我慢することは自分の気持ちに嘘をつくこと。その場はうまくいっているようでも、そんな相手との恋愛は長続きしなくなるのです。

よく喧嘩しているカップルは付き合いを長続きさせるためにも、お互い言いたいことを言い合っています。


心理2. 喧嘩するのもスキンシップの一つだと考えている

すぐに喧嘩をするカップルは仲直りするのも早いことから、喧嘩したとしても円満な関係を続ける傾向にあります。喧嘩も恋愛に必要なスキンシップの一つと捉えているので、たとえ周りがハラハラしていたとしても、本人同士にとっては普通のことなのです。

彼氏や彼女のことをより深く知っていくためには喧嘩も必要なことだと考えています。


心理3. 喧嘩といっても、本気で怒ってるわけではない

友達が彼氏と喧嘩していたら友人としては心配してしまいます。しかし、恋人同士が喧嘩しているからといって、本当は怒っているわけではないことも多いです。お互い言いたいことを言い合える気のおけない存在だからこそ、喧嘩をしても平気。

わかりあえているカップルだからこそ、お互いを本気で怒らせることなく喧嘩ができます


本当?それとも嘘?カップルや夫婦が喧嘩するほど仲が良いと言われる理由

喧嘩するほど仲が良いと言われるカップルや夫婦。お互いを深く理解しているからこそ喧嘩できるのですが、中には喧嘩別れで終わってしまう恋愛もあります。

ここでは、喧嘩するほど仲が良いと言われるのは本当か嘘か見極めるために、喧嘩するほど仲が良いと言われる理由を紹介していきます。


理由1. 自分の意見をハッキリと相手に伝えているから

相手の意見が自分と違っていても、たいして仲良くない相手であれば嘘をついたりごまかしたりすることもあります。しかし、男女問わず好きな人には本当の自分をわかってもらいたいと思うもの。相手の考え方と違うことがわかっていても、ごまかさずに本音を伝えます。

本音を伝えることで喧嘩になることもありますが、嫌われはしないのが、喧嘩するほど仲が良いと言われる理由です。


理由2. 怒ったり、イライラしたりするのは本気で好きな証拠だから

相手がどうでもいい人であれば、自分の意見と違っていたとしても無関心なので怒るほどの興味はありません。彼氏や彼女など自分の恋人なら、相手の言動が思い通りにならないとついイライラしてしまいます。好きな人だからこそ、気になってしまうのです。

喧嘩するほど仲が良いと言われるのは、喧嘩するほどの関心があることも理由の一つです。


理由3. 衝突するのは性格や価値観が2人とも似ているから

喧嘩するほど仲が良いと言われる相手は、価値観や性格が似ている者同士が意外と多いです。価値観や性格が似ていると、いいところだけでなく嫌な部分も似ています。自分の嫌なところを見せられているような気持ちになり、つい喧嘩になってしまうことも。

性格や価値観が似ている2人だからこそぶつかり合いますが、そこから仲が深まり恋愛関係に発展する男女も多いです。


理由4. 意見や助言をするのは相手を思い合っているから

相手のことを思って助言をした結果、喧嘩してしまう男女も多いです。特に女性が男性に助言をしたことでプライドが高い男性心理を傷つけてしまい、つい喧嘩になってしまいます。しかし、自分のために言ってくれたことをわかっているので本気で嫌いになるわけではありません。

言うほうも言われるほうもお互いを受け止め合えるからこそ、喧嘩するほど仲が良いと言われます。


喧嘩をしても絆が深まる仲直りの仕方とは?

恋人や好きな人と喧嘩をした時に、円満な関係を続けるには仲直りをすることが、恋愛が上手くいく秘訣です。

ここでは、喧嘩した時にどのように仲直りすれば、より絆が深まるのかを紹介していきます。詳しく見ていきましょう。


仲直り術1. 「言いすぎてごめんね」としっかりフォローする

お互い言いたいことを言い合っていたとしても喧嘩になってしまったのは相手に対して都合の悪いことを言ってしまったから。どちらが悪いにせよ、相手の気持ちを逆なでしてしまったのは事実なので、しっかりフォローしておきましょう。

恋人とこれからも円満な関係を続けるためにも、言いすぎたことを詫びることは大切です。


仲直り術2. 「これからは仲良くしようね」

恋人同士が喧嘩してしまったら、いつまでも引きずっていては仲直りできないままです。カップルのじゃれあいのような喧嘩なら、どっちが悪いかをジャッジするのではなく、これからお互いどうするかを伝えるのが、恋愛が上手くいく秘訣。

ちょっとした喧嘩を乗り越えていくことで、2人の絆がさらに深くなりますよ。


喧嘩するほど仲が良いカップルになりましょう。

喧嘩するほど仲が良いと言われてもカップルの喧嘩は大きな悩みの種でもあります。好きな人に言いたいことを言いすぎて、喧嘩したことを後悔する人もいるでしょう。喧嘩を乗り越えることでますます仲良くなり、恋愛が長続きするカップルになることもあります。

お互いに言いたいことを言い合いながらもうまく仲直りして、好きな人と仲良く過ごしていきましょう。


【参考記事】はこちら▽

LINE はてなブックマーク
お気に入り

注目の記事

関連する記事