「彼氏いそう」と言う男性の心理とは?脈ありの見極め方&上手な返答を解説

好きな人から彼氏がいそうと言われた経験はありますか?今記事では彼氏がいそうと口にする男性の心理から、彼氏がいそうと言われる女性の特徴や脈ありか見極める方法、彼氏がいそうと言われても恋人を作る方法まで徹底レクチャーしていきます!

「彼氏いそうだよね」と言われることが多い女性へ。

「彼氏いそう」と言う男性の心理

人から掛けられる言葉にはどんな心理があるのでしょうか。

男性から「彼氏いそう」なんて言われたら、周囲の評価や、言われた男性からどう思われているか気になりますよね。好きな男性からの言葉だった場合は、早急に脈ありかどうかを判断したいはず。

ここでは「彼氏いそう」と言う男性の心理や、シーン別の返答方法について紹介していきます。男性の真意を見抜いて、自分の恋に活かしてくださいね。


彼氏いそうと口にする男性の意味や心理とは?

彼氏いそうと言う男性心理

男性から言われる「彼氏いそうだね」という言葉。一体どんな意図があって、言っているのか気になるところですが、男性に直接聞くわけにはいきません。

しかし、男性の心理や特徴を知っておかなければ間違った対処法をしてしまうかもしれないですよね。

ここでは「彼氏いそう」と口にする男性の意味や心理について詳しくまとめました。一体どんな意味があるのかを確認してきましょう。


男性心理1. モテそうだから恋人がいるものだと思いこんでいる

男性は女性の見た目に対して敏感ですので、常にモテそうで綺麗な人をチェックしています。純粋に女性が綺麗や可愛いので、本当に彼氏がいるものだと思い込んで「彼氏いそう」と発言することがありますよ。

特に意図はなくても思ったことがつい口に出てしまうタイプの男性は、純粋に「彼氏いそう」と感じたから女性に伝えているのです。


男性心理2. 遠回しに彼氏がいるか確認しようとしている

彼氏いそうと言われた女性は、「いる」「いない」などの反応をすることになります。実は、「彼氏いそう」と言われた女性の反応で、今彼氏がいるのかを確認していることも。

男性は気になっている女性に対して、今フリーかどうか確認するためにも「彼氏いそう」という事があるのです。リスクを避けて恋人確認する意味の言葉となっています。


男性心理3. 褒め言葉のつもりで彼氏がいそうと言っている

彼氏がいそうと言う男性心理はほめ言葉で言っている

「彼氏がいそう」という事は、要するにモテる人という褒め言葉です。見た目で彼氏がいそうという事は、見た目が綺麗や雰囲気が素敵という意味になっています。

分かりづらい褒め言葉ですが、直接的な褒め言葉は正直言いづらい面があります。「彼氏いそう」というワードであれば言いやすいので、相手を褒めるのに使いやすいという心理で男性は使用するのです。


男性心理4. 彼氏がいないと知って驚いている

彼氏がいないと発覚した後に言われる「彼氏いそう」は褒め言葉としての他にも、驚いていて思わず言ってしまうという心理もあります。

男性は綺麗な女性は、他の男性がほっとかないと思っているので、綺麗だと思った女性に彼氏がない場合は、少し驚きます。褒めようと思った言葉ではないにしろ、女性に好意を持っている場合に使用する言葉ですね。


男性心理5. 本当に思っている訳ではなく、お世辞で言っている

「彼氏いそう」という言葉は使いやすい無難な褒め言葉です。適当なお世辞に使う男性もいるでしょう。初対面などで話のつなぎとしては、当たり障りのない便利な言葉。

女性に対してのお世辞は難しいもので、「綺麗だね」や「可愛いね」は女性によっては、男性の下心が見え、嫌悪感も感じる方もいるでしょう。「彼氏いそう」という言葉であれば直接的でなく、いろんな意味に捉えられるのでお世辞に最適です。


周囲から彼氏いそうと思われる女性の特徴

周囲から彼氏いそうと言われる女性の特徴

意味が分かりにくい「彼氏いそう」という言葉。周囲の人から言われる場合には、どんな特徴がある女性なのでしょう。

もしマイナスの評価が入っているのであれば、何とか直したいはずです。

ここでは、周囲から彼氏がいそうという言われる女性の特徴をまとめましたので、彼氏いそうと言われた方は確認してみてください。


特徴1. フットワークが重めで飲み会や合コンなどに参加しない

男性が集まり会や、急な予定へのフットワークが悪いと、彼氏がいるから予定が合わないと思われます。特に夜の飲み会や合コンなどを何度も断ると余計に思われるでしょう。

飲み会などを断ると、「彼氏と一緒に過ごしているのかな」と思われ、一人で暇しているとは思いもしません。誘いを断るという事は先約があると勘違いされるので、何度も断ると彼氏や気になる男性と一緒に過ごしているのだなと勘違いされるのです。


特徴2. 女性と話す時は明るいのに、男性とはあまり話そうとしない

彼氏がいる男性は、他の男性と必要以上に仲良くしないもの。女性と話すときと男性と話すときで、態度が異なると彼氏の存在を疑われます。

特に男性に対しての態度が素っ気なかったり、冷たかったりすると男性は余計に怪しむでしょう。周囲に彼氏がいると思われる人は、男性とはあまり話をせずに、距離を取っているのです。


特徴3. 右の薬指に指輪をはめている

周囲から彼氏いそうと言われるのは右手に指輪をはめている

左手の薬指は結婚をしている証ですが、右手の薬指に指輪をしていたら、結婚前提の彼氏がいるものだと思われる可能性があります。アクセサリーというのは彼氏からプレゼントされるも人も多いので、目立つ右手の薬指に付けている場合は、彼氏の存在を疑われます。

特に男性から「素敵な指輪だね」などと質問されたら彼氏がいると疑われてる可能性大です。男性は女性の返答によって、彼氏が居るのかどうかを見極めようとしている可能性があります。


特徴4. ネイルや髪型をこまめに手入れするなど、身だしなみに気を配っている

好きな男性がいる女性は、身だしなみに気を遣って綺麗にしているもの。彼氏がいるのであれば、一緒にいて自慢にされるような彼女でありたいのは当然の願いでしょう。

ネイルや髪形などの細部にこだわり、香水をつけたりとオシャレに気を遣って綺麗にしている女性は、彼氏がいるか、若しくは好きな男性がいると思われます。結果「彼氏いそう」と言われるのです。


特徴5. 男性ともすぐ打ち解けるなど、異性と接するのに慣れている

男性に対して慣れている女性は、男性経験が豊富で常に男性と接しているイメージがあります。当然男性経験が豊富な女性には、いつも彼氏がいると思われるでしょう。また、楽しく男性と会話している姿を見た人は、様々な男性からアプローチされているものだと考えます。

「彼氏がいそう」と言われる女性は、どんな男性とも話が出来て、懐に入るのが上手な女性という特徴があるのです。


特徴6. 常にスマホをチェックする傾向にある

周囲から彼氏がいそうと言われるのは常にスマホをチェックしている

スマホを常にチェックする女性は、男性と連絡を取っていると思われます。しかも常にチェックしているのであれば、友達ではなく彼氏がいると考えられて当然です。

連絡する相手いなければスマホはチェックしません。今はSNSなどもありますので、スマホをチェックする回数は多いですが、人前でチェックするという事は、人への連絡だと思われます。

また、男性は自分と話している時に女性にスマホをこまめにチェックされると、単純に脈なしだと感じるものです。きっぱり諦めるために「彼氏いそう」と言って確認する男性もいます。


特徴7. LINEのアイコンが男性とデートに訪れた際の写真に見える

景色のアイコンは、デートでいった場所と勘違いされやすいです。LINEアイコンを景色にしている女性は多いですが、旅行や遊びに行くという事は、一人ではなかなかしないと思われるのは当然。

女友達と行ったという可能性も考えられますが、男性からすると彼氏の存在を疑ってしまいます。特に勘違いされやすいのは、遊園地や喫茶店、有名な観光地などの定番スポットですよ。


好きな人から彼氏いそうと言われた場合、脈ありか見極める方法は?

彼氏いそうと言われたら脈ありかチェックする方法

色々な心理や意味のある「彼氏いそう」という発言。好きな人から彼氏いそうと言われたら少し複雑ですが、脈があるのかどうかを見極める必要がありますね。

どのような反応をすればいいのかを準備しておくのが良いでしょう。

ここでは好きな人から彼氏いそうと言われた場合に、脈ありかどうかを確かめる方法を紹介します。気になる男性がいる場合は試してみましょう。


見極め方1. 好きな人に言われたら「〇〇君も彼女いそう」と恋人がいるか探ってみる

自分は答えずに相手に質問を返すことで、相手の反応を待つ方法です。相手は更に質問を被せづらいですので、質問に答えてくれるでしょう。「彼女いそう」に対して相手の返答が「いない」や「いるけど上手くいっていない」などの返答の場合は、脈ありかもしれません。

「彼女いそう」と質問で返すことは、自分の情報を隠して相手を探る便利な見極め方法です。


見極め方2. 「何でそう思ったの?」と聞き返して反応を伺ってみる

なぜ「彼氏いそう」といったのかを質問することで、質問の真意を探る方法です。相手も質問をしてきた手前、答えないわけにはいきません。

脈ありの場合は、そのままストレートな褒め言葉を伝えてくれたり、恥ずかしそうにドギマギしたりするでしょう。「なんとなく」という素っ気ないケロッとした態度の場合は、脈なしの可能性が高いかもしれません。


彼氏いそうと言われた時の上手な返し方

彼氏いそうと言われたら上手に返す方法

「彼氏いそう」言われても、なんて返答するのが正解なのかわかりにくいものです。もちろん好きでもない相手に好意を持たれても困りますので、返答は相手によって変える必要もあるでしょう。

ここでは「彼氏いそう」と言われたときの上手な返し方についてまとめました。確認して、状況に応じて数種類を使い分けましょう。


返し方1. 素直に「いる/いない」と答える

彼氏が居ても居なくても、良いことでも悪いことではありません。聞かれたことに正直に答えることは、一番楽で、どうなろうと不都合なことがありません。

気に入らない男性が言い寄ってくる男性がいれば、断れば何の問題もないのです。なんの裏もなく正直に人に接することは、周囲の人からも好かれる無難で楽な返答方法ですよ。


返し方2. 好きな人に聞かれた場合、「むしろ彼氏欲しいよ」と答えてみる

好きな人との会話は相手にアプローチを掛けるチャンスです。「彼氏が欲しい」と返答することで、相手に脈ありの意思を伝えることが出来ます。もしかしたら好きな人と付き合うきっかけになるかもしれません。

無難な返答も良いですが、せっかくのチャンスをものにするために「彼氏が欲しい」と答えてみるのもありでしょう。


彼氏いそうと言われるのに彼氏ができない原因は?

彼氏いそうと言われたのに彼氏がいない原因

彼氏がいそうと言われることは、基本的には褒め言葉。容姿や雰囲気にモテる要素があるので、彼氏がいそうと言われるのです。

しかし、彼氏がなかなかできない方もいるのは、他に原因があるからかもしれません。

ここでは彼氏いそうと言われるのに、彼氏ができない原因をまとめました。もし彼氏が欲しいのにできない場合は、要チェックです。


原因1. 男友達が多く、男性がアプローチしづらい

男性は女性に男友達が多いと彼氏持ちだと勘違いすることもあります。男女の仲が良ければ「付き合おうか」となるのが一般的。仲が良い男友達が複数いれば「彼氏がいるので男性への抵抗がない」と考えます。

更に、もし仮に付き合うことになったとしても、男友達が多いと不安になってしまうという心理もあります。一緒にいる男性に取られてしまう可能性も男性は考えるのです。


原因2. 仕事や趣味など、恋愛以外の私生活が充実しすぎている

恋愛はお互いに時間をつくり、新しい生活や関係を作り上げて楽しむもの。男性は私生活が充実しすぎている女性が相手だと、つけ入るスキがないと感じ、恋愛や彼氏が全く必要ない女性として見てしまいます。

仕事をバリバリこなしていたり、休日には趣味に没頭して楽しい日々を送りすぎていることは、彼氏ができない原因になるのです。


原因3. モテそうと思われて、男性が最初から諦めてしまう

彼氏がいそうと言われたのに彼氏がいないのはモテると思われている

男性は自分と釣り合わないほど綺麗な女性には自信が持てない場合があります。「彼氏いそう」という言われる女性は容姿が綺麗なことが多いので、男性が臆してしまう可能性が高いのです。

特に可愛い系の女性よりも、クールな美人タイプの女性は、男性は臆病になりがち。付き合う前に女性の事を凄く好きになり、「玉砕覚悟でも気持ちを伝えたい!」というような場合でなければ、フラれると思っている告白はできません。


原因4. 男性に求める条件が高すぎる

「彼氏いそう」と言われる女性は、たくさんの男性友達がいることが多く、アプローチを掛けてくる男性も多いので理想が高くなりがち。

付き合ってみてから良い部分が見えてくる男性もたくさんいますが、最初から品定めするような目で男性を見ると、どうしても欠点ばかりが目に付いてしまうため、なかなか彼氏が出来ない原因となります。


原因5. サバサバしすぎて、女友達に見られてしまう

女友達に見られてしまうと、女性として意識されづらいです。男性友達が多くいる女性が多いので、男性と一緒にいる時間も長く、男性らしいサバサバした対応になってしまいやすいのです。

結果たくさんの男性と接点があっても、女性扱いしてくれる男性が少なくなってしまう為、彼氏ができない大きな原因となってしまいます。

【参考記事】はこちら▽


彼氏いそうと言われた女性が、恋人を作る方法は?

彼氏がいそうと言われたのに彼氏がいない人の恋人を作る方法

彼氏いそうと言われるし、男性とも仲が良いのに恋人ができないというのは、女性として少し悲しい現実ですよね。

彼氏いそうと言われる特徴のある女性が恋人を作るのには、普段と違った行動をする必要があるかもしれません。

ここでは恋人を作る方法をまとめていますので、参考にしてみてくださいね。


作り方1. 飲み会など、出会いの場に積極的に足を運んでみる

出会いの数が多ければ、当然恋人が出来るチャンスも広がります。サバサバしている女性が好きな男性もいますし、男性と分け隔てなく接することが出来る女性が好きな男性もいます。

特に出会いの場は、恋人をつくる前提で来ている男性がほとんどなので、いくらアプローチしづらい女性でも、積極的に来てくれる可能性が高いのです。

【参考記事】はこちら▽


作り方2. いいと思う男性が居たら、自分からアプローチしてみる

自分からアプローチすることで確実にチャンスは広がります。「彼氏がいそう」と言われる女性は容姿が綺麗で男性の友達が多いので、アプローチしにくいと感じる男性が多いです。

綺麗な女性からアプローチを掛けられて嬉しくない男性はいません。いいなと思う男性には告白や、好きだという気持ちを伝えることで付き合える可能性が一気に高くなります。


作り方3. 「彼氏が欲しい」と日頃から周囲に伝えるようにする

彼氏がいそうでいない人は日頃から彼氏が欲しいと言っておく

男性は、彼氏を募集している女性には「チャンスがあるかも?」と思います。また、彼氏を欲しがっているという事は、彼氏が今現在いないことの確実なアピールにも繋がります。

特に「彼氏いそう」と言われる女性は綺麗なので、勝手に彼氏がいるものだと思われている可能性大。女性のイメージで勝手に諦めていた男性が、アプローチをしやすくなるのです。


「彼氏いそう」と言われたら、相手に合わせてアプローチをしていきましょう。

彼氏いそうと言われたら相手に合わせてアプローチしよう

「彼氏いそう」と言われることは、モテそうな雰囲気や、容姿をしているからこそ言われる言葉です。決して悪いものではありません。

そして男性からの「彼氏いそう」発言は、女性が脈ありかどうかを判断している可能性があるので、こちも反応を確かめるような返答をしましょう。

理想の彼氏と付き合うためにも、「彼氏いそう」と言われた際はチャンスだとプラスに捉えて、行動していきましょう。


【参考記事】はこちら▽

LINE はてなブックマーク
お気に入り

注目の記事

関連する記事