仕事が覚えられない原因と対策|仕事がすぐ定着する9の方法とは?

「全然仕事が覚えられない..,」と悩んでいる方へ。この記事では、仕事が覚えられない人に最適な対処法について詳しく解説します。

仕事を覚えられなくても許されるのは3ヶ月まで。

仕事を覚えられなくても許されるのは3ヶ月まで?

会社に入社して3ヶ月は、育成期間と考えている企業が多いです。

この期間は仕事を覚えたり社会人生活に慣れたりする期間なので、仕事ができなくても落ち込む必要はありません。

ただ、入社して3ヶ月以上経過してもなかなか覚えられない場合や失敗が多い場合は、怒られてしまうことも。

「いい加減仕事できるようになれよ。」

と言われてしまうこともあるでしょう。

しかし、「自分は仕事ができない」と決めつけて悩むよりも、どこに原因があるのか考えることが大切

きっと仕事が覚えられない原因があるので、ぜひ探っていくようにしましょう。


そもそも仕事を覚えられない原因|実はできなくても仕方がない場合もある?

そもそも仕事を覚えられない原因

どうして仕事が覚えられないんだろう?
仕事を覚えられない原因は、自分にあるのかな?

思ったように仕事が覚えられないと、自分に悪い部分がるのかなと悩みますよね。

まずは、仕事が覚えられない原因をご紹介します。

仕事ができるようになるには、現状把握が大切!

どこに原因があるのかチェックしてみましょう。


原因1. 覚える仕事の量が尋常じゃない

人が一度に覚えられる量には限界があります。

それを超えると、すぐに忘れてしまったり記憶することすら難しくなったりします

例えば、新人や新卒として入社したばかりなのに一気に多くの仕事を覚えるように言われている場合。

そもそもキャパオーバーを起こしている可能性があります。

  • 分厚いマニュアルを短期間で覚えるように言われている
  • 入社したばかりなのに上司と同等の知識量を求められる

このような場合は、覚えなければならない仕事量に問題あり

「あなた」というよりも、膨大な量を覚えさせようとしている上司が原因ですね。


原因2. 会社の教育システムに問題がある

仕事を覚えたいと思っていても、覚える時間や機会がないと定着するのに時間がかかります。

  • 新卒や新人向けの研修時間や研修会がない
  • 仕事を教えてくれる上司がついていない
  • 上司に質問しにくい雰囲気がある

という場合は、そもそも会社の教育システム自体に問題があるでしょう。

誰でも最初は教えてもらないと分からないもの。

会社側が社員の教育をサポートしてくれないとなると、仕事を覚えられなくても仕方ありません。

原因1と同様に、こちらも上司や会社側に責任があるパターンです。


原因3. 就業時間が長すぎて、頭が働かない

そもそも仕事を覚えられない原因は就業時間が不規則

入社したばかりのころから残業や早朝出勤が多い、勤務時間が長いとなると疲労困憊に。

脳は疲労が貯まると記憶力が低下してしまうので、自然と仕事が覚えられなくなります。

就業時間が長い場合は、もしかしたらそのせいかも。

他にも、土日など休日出勤をしている場合も、疲れて頭が正常に働かなくなってしまっているケースですね。


原因4. 仕事が好きではないので身が入らない

せっかく入社できた会社ではあっても

「第一志望ではなかった」
「本当にやりたいことができる課に配属されなかった」

と感じている人もいるのではないでしょうか?

誰でも好きなことや興味のあることは熱心に取り組めますが、

逆に興味のないことや嫌いなことは本当にやりたいことではないという気持ちが芽生え、強い意志を持ち取り組めません

その結果、どうしても自主的に覚えようと思えず、仕事が身についていかないのです。


原因5. そもそも今の仕事が自分に向いていない

仕事には多少なりとも向き不向きがあります。

「この仕事は向いていないな」
「この部署の業務内容は苦手だな」

と自覚しているとモチベーションが低下し、主体的に取り組めなくなります

その結果、仕事に力は入らず業務がなかなか覚えられないことも。

覚えも悪く、すぐ忘れたりしてしまいます。


仕事を覚えられない人の特徴|あなた自身にも問題はある?

仕事を覚えられない人の特徴

仕事が覚えられない原因は、職場の環境にある場合があります。

とは言え、あなた自身に問題があるケースがあるのも事実。

そこでここからは、仕事を覚えられない人の特徴をご紹介します。

少しでも仕事が早く覚えられる人になるためにも、ご自身に当てはまってないかチェックしてみましょう。


特徴1. 要領が悪く、無駄に労力を使っている

要領が悪いと無駄な労力を使ってしまうため、本当に覚えるべきことが頭に入ってきません

  • マニュアル内容を隅々まで全部覚えようとしている
  • 上司の話を聞いてもどこを覚えるべきか分からず、全部メモをしてしまう

という行動は、覚えが悪い人の特徴です。

どのようなことでも、一から全部覚えようとすると最後まで覚えらなくなります


特徴2. 単純に記憶力が悪い

記憶力は人によって差があるので、すぐに覚えられる人とそうでない人がいます。

  • マニュアルの内容や手順が覚えられず、すぐ忘れてしまう
  • 上司の話が一度では覚えられず、何度も聞いてしまう

という行動は、仕事が覚えられない新人や新卒に多い特徴です。

ただ、とにかく反復しさせすれば、記憶を定着させることは可能です。

何度も何度も繰り返し覚えるように意識してみましょう。


特徴3. 仕事の優先順位がつけられない

仕事を覚えられない人の特徴は仕事の優先順位がつけれない

社会人になると、上司から様々な指示が出ます。

「これを明日までに覚えておいて」
「ここは重要だから、ミスしないようにね」

など複数の指示が出ると、どれから覚えたらいいのか分からなくなります

その結果、全ての指示が中途半端になってすぐ忘れることにつながるのです。


仕事が覚えられない時の対処法|最適な行動や対策とは?

仕事が覚えられない時の対処法

仕事ができないのが悩み…。覚えられないのを何とかしたい!
すぐ忘れる時の対処法は?

仕事を覚えられない自分を変えたいと感じている人は多いはず。

ここでは、仕事を覚えられない時の具体的な対処法をご紹介します。

ちょっとしたコツが分かれば、仕事が覚えられるように!

明日からでもすぐ使える方法ばかりなので、ぜひ取り入れてみましょう。


対処法1. 全てをメモするつもりで説明を聞く

仕事を覚えるには、要点を押さえることが大切。

ですが、そもそも仕事を全く覚えられないのであれば、

上司の話を聞くときや研修に参加する時は、全てメモを取る癖をつけましょう

  • 後から見返した時に意味が分かるように、話の内容はできるだけ詳しく書く
  • メモの隅には日付を記載し、いつの話なのか分かるようにしておく

などを意識するとGOOD!

話を聞いたその場で覚えられなくても、メモがあれば後から見返せます。

ど忘れをしてもメモを見返せば思い出せるので、効率よく仕事が覚えられるようになりますよ。


対処法2. わからないことは恥ずかしがらずに聞く

仕事内容や上司の話が理解できなかった場合、そのままにしておいても分かるようにはなりません。

ですが、

「分からない」
「理解できない」

と思った瞬間に質問をしておけば仕事が理解できるようになります。

その結果、理解できなくて覚えられないことが減るのです。

「質問することは恥ずかしい」と感じるかもしれません。

ですが、新卒や新人のうちなら分からないことがあって当然

積極的に質問をして分からないことを残さないようにしましょう。


対処法3. 同期や先輩にコツを聞く

仕事が覚えられない時の対処法は同期や先輩にコツを聞く

同じ職場の人と比較して仕事が覚えられないと感じている場合は、今の方法では解決しないことが多いです。

どうするのがベストなのか知るために、先輩や同僚に相談するのも一つの方法

自分では思いつかない覚え方や仕事への取り組め方が分かり、仕事に活かせますよ。

  • 新人の時にどのように仕事を覚えたか
  • 仕事が覚えられない時はどうするか

などを質問し、具体的な対処法を聞いてみましょう。

きっと先輩や同僚も「なかなか仕事ができない…。」と同じように困ったことがあるはずです。

親身になって教えてくれると思うので、ぜひ聞いてみましょう!


対処法4. 業務時間外に勉強してみる

入社時に覚えることが多い仕事の場合は、業務時間内だけでは覚えきれないことが多いです。

スキルを磨き仕事を身につけるためには、自主的に勉強する姿勢も大切

  • 帰宅後に業務内容をおさらいする
  • 通勤途中の電車の中で、メモの内容を見返す

というのも、仕事を覚えるために有効です。

効率よく覚えるために、時間の使い方を意識してみましょう!


対処法5. 何ができないかを書き出してみる

「仕事が覚えられない」「すぐ忘れる」と自覚していても、

何が覚えられないのか具体的に把握できていないと、改善できません。

現状を把握するために、今できていないことを書き出して整理してみましょう

  • 頻繁にミスをしてしまう業務は何なのか
  • どんなところを見落としたりしてしまうのか

など具体的に書き出してみること。

「苦手なこと=覚えられない仕事」です。

その点を重視して、何度も反復したりして、頭に叩き込むようにしましょう!


対処法6. 一旦「覚える」という意識を捨てる

仕事が覚えられない時の対処法は覚えるという意識を捨てる

「全て覚えなければならない!」

と強く感じていると、焦りからパニックになって、仕事がなかなか覚えられない原因に。

落ち着いてできることから取り組むためにも、一旦無理やり覚えようとすることを辞めましょう

特に、経験値が重要となる営業トークや接客は、マニュアル通りに覚えても実践に使えないことが多々あります。

丸暗記するよりも、コツを押さえて引き出しを増やすほうが有効となる業種。

覚えることに固着しないことも大切です。


対処法7. とにかく周囲を見る癖をつける

自分のことで精一杯の状態では、効率よく仕事を覚えることが困難。

職場には既に仕事の手本となる先輩がいるので、その姿を見て学ぶようにしましょう。

  • どのように仕事をこなしているのか
  • どのようにスキルを身につけているのか

仕事に取り組む姿勢を真似すると、無駄なく覚えられるようになります。


対処法8. 会社のシステムがおかしい場合は上司に掛け合う

職場の環境が悪くて、仕事が覚えられないケースもあります。

例えば

  • 新人や新卒なのに研修制度が全くない
  • 明らかに無理のなる量の仕事を覚えるように強要される
  • 勤務時間が長く心身ともに負担が大きい

という場合ですね。

これは、あなたではなく会社に仕事が覚えられない原因がある捉えてOK

職場の上司に現状を話して、改善してもらえるように掛け合いましょう。


対処法9. 「絶対に覚えられない」と諦めないこと

仕事が覚えられない時の対処法は覚えられないと諦めている

仕事を覚えることに苦手意識があると、

仕事量を見るだけで嫌気がさして、覚えることを諦めてしまうことがあります。

「絶対自分には覚えられっこない。」

と最初から決めつけると、覚えられるはずはありません

逆に言うと、「絶対覚えてやる!」という意識で業務に取り組むと、知識が吸収されやすくなります。


仕事の覚えが悪い人に必要な「心構え」とは?

仕事の覚えが悪い人に必要な心構えや考え方

「仕事の覚えを改善するにはどうする?」
「すぐ忘れるのを改善したい」

仕事が覚えられない時には、どのようなことが必要なのか気になりますよね。

ここでは、仕事の覚えが悪い人に必要な心構えや考え方をご紹介します。

考え方を少し変えるだけで物覚えの良さが改善するもの。

どのようなコツを掴めばいいのか、参考にしてみてください。


心構えや考え方1. 学校ではなく会社に所属しているということ

学校では先生が一方的に指導してくれるので、受動的な姿勢でも新しい知識が身につきます。

しかし、会社は社会貢献活動をする場なので、自分だけのために指導や指示をしてくれません

「どうするのが最適なのか」
「どのように行動すればいいのか」

を、自分で考える主体性が必要です。

職場の上司が教えてくれるまで待つのではなく、

自分で仕事を覚えるようにしなければ成長が難しいということを覚えておきましょう。


心構えや考え方2. 仕事全体の流れと自分の役割を把握する

職場には様々な部署があり、担っている業務が異なります。

また、自分の部署の中でも自分が担当すべき範囲や任せられていることは、一人一人異なるものです。

自分が何を担うのか、どのように仕事を進めていくのか知らないと、そもそも何を覚えるべきかのか分かりません

優先順位を決めて必要なことから身につけるためにも、

職場での自分の役割や仕事の流れを掴むようにしましょう。


心構えや考え方3. 質問して怒られるより、ミスをする方が怒られる

仕事の覚えが悪い人に必要な心構えや考え方は質問するよりミスする方が怒られる

新人のうちは新しく覚えることが多く、一度聞いただけでは分からないことがあって当たり前です。

「質問をすると怒られるかもしれない」

と考え、分からないことを放置すると、後に大きなミスにつながる可能性があります

実際、ミスした時の方が周りに迷惑をかけることが多く、怒られることも多いでしょう。

場合によっては、

「何でもっと早く聞かなかったんだ!」

と叱られてしまうことも。

特に1年目や2年目はまだ分からないことがあっても仕方がないと考えること。

そして、積極的に質問をして、少しでも覚えられるようにしていくことが大切です。


仕事が覚えられない人におすすめの本3選|絶対読んでほしい必読書を紹介!

仕事が覚えられない人におすすめの本

最後に、仕事が覚えられなくて悩んでいる時に読みたい本を厳選してご紹介します。

新社会人や新卒の人はもちろん、仕事の覚え方が分からない人をサポートする内容ばかり。

仕事のセンスを磨きたい人は、ぜひチェックしてみてください。


おすすめの本1. 当たり前だけどなかなかできない仕事のルール

あたりまえだけどなかなかできない仕事のルール

仕事ができる人が行っている共通のルールを、分かりやすくまとめた1冊。

「あいさつは相手の前まで行って元気よく目を見て」

など、簡単に実践できることばかり。

これなら自分でもできると考えられるので、前向きに仕事に取り組む姿勢や活力が生まれてきます。

仕事をする上で守りたいことや常識が把握できるため、新社会人や新卒にぴったりです。

Amazonで詳細を見る


おすすめの本2. 仕事ができる人の脳 できない人の脳

仕事ができる人とできない人の違いは、脳の使い方にあることに着目した1冊。

脳科学者が脳科学の視点からアプローチし、脳の仕組みを把握し脳を発達させる方法を解説しています

簡単に解説しているため分かりやすく、脳の使い方を見直すことでビジネスセンスや仕事の覚え方を身につけられます

仕事の覚え方に悩んでいる人は、参考となる考え方が見つかるかもしれません。

Amazonで詳細を見る


おすすめの本3. 要領がよくないと思い込んでいる人のための仕事術図鑑

要領がよくないと思い込んでいる人のための仕事術図鑑

「要領が悪くて仕事が覚えられない!」

と感じている人におすすめの1冊。

仕事の優先順位がつけられない、段取りが苦手など具体的な悩みを80個厳選

それぞれの悩みに寄り添う対処法を紹介しています。具体的な行動や洞察力アップにつながるコツが分かるはず。

イラスト付きなので分かりやすく、業務時間外でも読みやすいので手に取ってみてください。

Amazonで詳細を見る


仕事を早く覚えて、できるビジネスマンを目指そう!

職場での行動や洞察力、考え方を少し変えるだけで、仕事への取り組み方が分かり少しずづ覚えられるようになるでしょう。

「仕事をすぐ忘れる」
「ここぞという時にど忘れしてしまう」

と焦りを感じている人は、仕事ができないわけではありません。

職場での行動や洞察力、考え方を少し変えるだけで、仕事への取り組み方が分かり少しずづ覚えられるようになるでしょう。

今回ご紹介した仕事を覚えられない時の対処法を参考に、ビジネスセンスを磨き前向きに行動できるようになりましょう。


【参考記事】はこちら▽

よく一緒に読まれる記事

関連する記事

注目の記事