15歳差カップルの恋愛事情|長続きの秘訣&結婚前の確認ポイントを解説

最近、年の差婚が流行ってますよね。15歳差という年の離れたカップルも増えてきています。そこで今回は、15歳差カップルがアリなのかを解説すると共に、メリットとデメリットを紹介していきます。円満に付き合う秘訣を参考にして、長続きするカップルになってくださいね。

付き合っている相手が15歳差という方へ。

15歳差カップルの恋愛事情

最近では、「歳の差カップル」という言葉を耳にすることが多く、実際に歳の差婚をしている芸能人が目立ち、年の離れた恋愛が流行っているともいえます。しかし、「やっぱり周囲の意見は厳しい…」と感じることも多いでしょう。

そこで今回は、15歳差カップルの恋愛事情についてご紹介。メリットとデメリット、長続きの秘訣、結婚前に確認しておくポイントなど、参考になる内容を解説します


そもそも年齢が15歳差もあるカップルってアリなの?

周囲の人からは「えー!オヤジじゃん!」なんて、ヒドイことをいわれることもある15歳差の恋愛。しかし、年の差婚をしている芸能人などを挙げてみると、意外と多く円満な家庭を築いているイメージが強いのも、歳の差婚をしている芸能人の影響です。

歳が離れていようが同じ人間ですので、惹かれ合うポイントがあって恋愛をすることに、何の不思議もないのですから15歳差カップルはアリなのです。


年齢が15歳差あるカップルのメリット/デメリットは?

「恋愛に年齢は関係ない」なんてよくいうけれど、実際に付き合ってみると「歳の差があるからこそ」のアレコレが存在します。

では具体的な例として、15歳差カップルのメリットとデメリットに分けてご紹介します。


15歳差カップルならではのメリット

「そんなに歳が離れていて、色々合わないことも多いでしょ?」なんて言われることも多い15歳差のカップル。しかし、年の差があるからこそのメリットも存在します。

ここでは、彼氏や好きな人が歳の差があるという女性のために、15歳差カップルならではのメリット、頼り甲斐や、デート内容、扱われ方などについてご紹介します。


メリット1. 同世代の男性よりも包容力があり、落ち着いている

大人な男性なので、気持ちなどに余裕が見えます。男性と女性を比べると、やはり女性の方が精神年齢が上といわれますよね。同世代の好きな人と話していると、男性のことを子供っぽく感じる時があるのではないでしょうか。

しかし、15歳も年が離れている男性は、「大人だな…」と感じることが多いでしょう。頼りたいと思える包容力と、感情を自分でコントロールできる落ち着きがあるのです。

【参考記事】はこちら▽


メリット2. 経済的な余裕があるため、デートのグレードが高い

ほとんどの場合は年齢を重ねていれば、収入も多いと考えていいでしょう。ステップアップ以外の転職を重ねている男性は、多くの収入は望めませんが、歳を重ねていけば仕事のスキルがつき収入が上がっていきます

また、若い男性のように朝まで飲んで散財したりということも少なく、お金のやりくりなども知っているので、経済的余裕があり、デートのグレードが高い傾向にあるといえるでしょう。


メリット3. 自分より経験豊富なため、悩みや相談をしやすい

15歳年上の男性は色んな知識を持っているのも魅力の一つといえます。生きてきた中での経験談はとても参考になり役立つもの。もしもあなたが何かに困った時に、きっといいアドバイスをくれるでしょう。

自分より経験豊富な彼氏は、物事を解決へと導いてくれます。そして、頼りになる存在になので、悩みを相談しやすい相手になるでしょう。


メリット4. 相手が落ち着いているので、喧嘩へ発展しにくい

年上男性は、気持ちをコントロールする余裕があります。若いうちは「どうしても許せないこと」や「イラっとしてしまうこと」が多いといえるでしょう。しかし、年齢を重ねていくと共に、自分の感情に向き合うのが上手くなってきます。

15歳年上の彼氏は落ち着きがあるので、あなたがカッとしても言い返すことなく、穏やかに対応してくれるので、喧嘩へ発展しにくいといえるでしょう。


メリット5. 歳が離れている分、彼氏に甘やかしてもらえる

15歳も年が離れていると、いい意味で彼氏はあなたと対等の立場に立とうとは思っていないでしょう。年が離れた自分よりも歳下の彼女と思っているので、可愛がりたいという気持ちが強いといえます。

歳が離れている分、彼氏に甘やかしてもらえるので、同年代同士で付き合っているカップルに比べ、多少あなたのワガママや失態が許されやすい傾向にあるでしょう。


15歳差カップルならではのデメリット

「ワガママ聞いてくれそうでいいな…」なんて言われることも多い15歳差カップル。しかし、歳の差があるからこそのデメリットも存在します。

ここでは、彼氏や好きな人が歳の差があるという女性のために、15歳差カップルならではのデメリット、合わない部分や、感覚の違い、我慢しなければいけないところなどについてご紹介します。


デメリット1. ジェネレーションギャップを感じる機会が多い

15歳も年が離れていれば、あらゆるところで違いを感じることがあるでしょう。例えば、カラオケで歌う曲や、ファッションセンス、もしかしたら給食の内容にまでジェネレーションギャップを感じるかもしれません。

ジェネレーションギャップを感じる機会が多いのは、生きてきた時代が違うのですから当然のことといえ、「ちょっと合わないな…」と感じることも多いかもしれません。


デメリット2. 年齢が一回り以上離れている分、敬ってしまい対等な関係を築きにくい

どうしても上司のような感覚が抜けないという方は多いでしょう。普段、生活をしていて15歳も年上の男性と、友達になる機会は少ないといえます。そのため、歳が離れている男性とは、対等の立場に立ったことがないという女性は多いのです。

年齢が一回り離れていることで「敬うべき存在」という意識が強い傾向にあり、対等な関係を築きにくく「言われるがまま」になってしまうこともあるでしょう。


デメリット3. 身体的に疲れるアクティブなデートプランが厳しい

年齢的に身体を敬うデートプランになりがちです。若いあなたは、アトラクション系や、スポーツ系、朝までコースなど、アクティブなデートがしたいという願望があるでしょう。

しかし、15歳年上の彼氏は疲れが溜まらないよう注意し、身体を敬い、睡眠を取ることが普通になっています。身体的に疲れるアクティブなデートは好まず、無理をすると身体に影響が出る年齢なのです。


デメリット4. 同世代同士で付き合っているカップルを見ると、羨ましいと思ってしまう

歳が離れているが故、ちょっと難しいこともあるでしょう。例えば、クラブに行きたい、スノボに行きたい、焼肉食べ放題に行きたいなど…。しかし、彼氏の年齢的に遠慮してしまうこともあるでしょう。

そんな時、同世代同士で付き合っているカップルを見ると、「わたしも同世代の彼氏だったら…」と想像し羨ましく感じてしまうこともあります。


デメリット5. 周囲から「遊ばれてるよ」「やめときなよ」と否定的な意見を言われやすい

年の差カップルを色眼鏡でみてしまう人はまだまだ多いでしょう。年の差のある恋愛は世間でもオープンになってきていますが、まだまだバッシングの声は多いです。

周囲からは、「子供だと思われバカにされ遊ばれてるよ」といわれ、「幸せになれないからやめときなよ」と否定的な意見をいわれ反対されやすいです。そうなると、なにかあった時、友達に相談しにくくなったりして息苦しさを感じるかもしれません。


15歳差あっても円満に長く付き合う秘訣

歳の差からすれ違いが起きてしまうことも少なくない歳の差カップル。言い合いから喧嘩に発展し、別れを選んでしまうケースもあるのです。

そんな悲しい結末を迎えぬよう、ここでは15歳差あっても円満に長く付き合う秘訣をご紹介します。


秘訣1. 普段から会話を欠かさないなど、コミュニケーションを密にとる

年齢差があると、特に溝ができやすいといえるでしょう。若いあなたはまだまだ興味をもつことがたくさんありますよね。しかし、15歳上彼氏はあなたに比べ最新の情報に疎く、流行りのアプリや、流行りのグループなどを知ることができない傾向にあります。

そうすると、あなたと彼氏の感覚がどんどん離れていってしまうので、普段から会話を欠かさず「今どんなものに興味をもっているのか」を伝えましょう。そして、コミュニケーションをとって、溝ができないように意識することが大切です。


秘訣2. 年齢を気にせず、お互いに自分の意見を言い合える関係を築く

敬う気持ちは捨て、対等の立場で物事が言えるようになりましょう。15歳の差があると、デートの行き先や、食べるもの、会話の流れなど全てにおいて、年上彼氏にペースを持っていかれてしまいがち。

これからも長く付き合っていきたいのなら、あなたの意見もしっかり言えるようにならなくてはいけません。お互いに自分の意見を言い合える関係を築くことで幸せな2人に近付きますよ。


秘訣3. お互いの違いを受け入れる心の余裕を持ち合わせる

「やっぱり合わないね」なんて別れを選んでしまってはダメ。「15歳の年の差」を気付かぬうちに自分たちが一番気にしているというケースは多いもので、何かある度に歳の差のせいにしてこじらせてしまうカップルは少なくありません。

お互いの違いがあるのは仕方のないこと。歳の差のせいではなく個人の個性として受け入れ、相手の魅力を探す努力をし、幸せを手にいれましょう。


後悔しないよう、15歳差カップルが結婚する前に確認しておくべきポイントは?

結婚してから「知らなかったこと」や「勝手なイメージだった」ことに気付かされ、トラブルになる危険性があります。

あなたが年上彼氏との結婚に後悔しないよう、15歳カップルが結婚前に確認しておくべきポイントをご紹介します。


ポイント1. お互いの現在の貯金や経済状況を確認する

結婚してから初めて知る事実で、トラブルになって後悔してしまうということも有り得ます。特に収入面はこれから生活していく上で、土台となるものですので、とても大切です。

お互いの現在の貯金を知ることで未来設計がイメージしやすくなり、経済状況を確認することで後のトラブルを回避することができます。なんとなくのイメージで、彼のふところ事情を決めつけるのはリスクが高いでしょう。


ポイント2. 子供は欲しいか?何人欲しいか?など、家族構成について話し合う

まだ少し早いと思うことでも、具体的な話を聞いておくことは大切です。具体的な話をすることは結婚を急かしているようで、気が引けてしまうという女性も多いでしょう。

しかし、あなたが年上彼氏と結婚をしたいのなら、子供のことは結婚前に話しておきましょう。子供を望むか望まないかは夫婦にとって大きなテーマ

また、子供の人数によって15歳差の彼氏の定年期を考慮し、計画的に話を進めていかなければいけないパターンも考えられます。


ポイント3. 自分の両親に反対されないか、事前に紹介して了承を得る

気持ちよく結婚話を進めることに越したことはありませんよね。2人の間で結婚をすることを決めてから、もしも両親に反対をされたらあなたも彼氏も、ひどく落ち込むでしょう。

2人の間で結婚の話が進む前に、彼氏として両親に紹介し彼のいいところを知ってもらいましょう。そして、結婚の了承を得てから話を進めた方が、晴れやかな気持ちで婚姻する日を迎えられますよね。


ポイント4. 彼が定年後はどう生計を立てるかなど、人生設計を2人で決めておく

まだまだ先の将来について話し合うのも大切です。この先、子供ができたとして何年おきに何人産んで…と計算したら、末っ子が大学を卒業をする時、彼氏は何歳でしょうか。また、定年を迎えているでしょうか。

彼が定年後、どう生計を立てていくかの人生設計を2人で話し合い、これから無理のない結婚生活が送れるか考えてみましょう。


15歳差の恋愛は、努力次第で幸せに暮らせますよ。

15歳差の恋愛にはジェネレーションギャップがあって当然です。そして、メリットもデメリットもありますが、彼の魅力を知らない周囲の人はデメリットばかりを指摘することもあるでしょう。しかし、そこで自分たちまでマイナスに考えてしまってはいけません。

15歳差だからこその良いところを探し、悪いところは個性として受け止め、歳の差のせいにすることを止めましょう。そうすることで、お互いに心に余裕が持て、今よりもっと円満で幸せなカップルになれるでしょう。


【参考記事】はこちら▽

LINE はてなブックマーク
お気に入り

注目の記事

関連する記事