男にとって女友達とは?好きな女性との違い&彼女に昇格する方法を紹介

今までは友達だと思っていたのに、男友達のことが何故か気になるという女性は多いのでは?そこで今回は、男性にとって女友達がどんな存在なのか、気になる男の本音を大公開!女友達と好きな女性との違いや彼女に昇格する方法もレクチャーするので、片思い中の女性はぜひ参考にしてみてくださいね。

男にとっての女友達は、どんな存在?

男にとって女友達とは

男にとって女友達とはどんな存在なのでしょうか。何でも話せる親しい関係なのに、なかなか恋愛に発展しなくて悩んでいる女性もいるのでは?

今回は、男にとっての女友達の特徴や好きな女性との違い、恋人へステップアップする方法、男性が恋に落ちる瞬間まで詳しく解説します。

「ただの仲良しの女友達を卒業して、本命の彼女になりたい」という女性は、ぜひ参考にしてみてくださいね。


男性にとって女友達の特徴とは?気になる男性の本音を解説!

まるで親友のように何でも話せる関係性なのに、相手には恋愛感情があるように見えない。そんな風に、好きな人から異性として意識してもらえないのは辛いですよね。

男にとって女友達とは、一体どういう存在なのでしょうか。

ここでは、男性にとっての女友達の特徴を解説していきます。


女友達の特徴1. 幼馴染など小さい頃からお互いを知っている女性

幼馴染など小さい頃から仲良しの女性は、お互いの性格について良い所も悪い所もよく知る存在。「性別を意識せずに何でも話せる」「言い合いも平気」というような関係性が特徴です。

成長の過程を一緒に過ごしてきたことで、女友達というよりは家族のような感覚に近いと言えます。

特に、家族ぐるみの付き合いがある場合は、兄妹や家族のような関係性になりやすく、恋愛感情が湧きにくいようです。


女友達の特徴2. 仕事や恋愛相談など何でも気負いなく話せる女性

男性は、女性を恋愛対象として意識すると、自分の弱さや格好悪い部分を隠そうとします。また、好きな女性にわざわざ自分の恋愛相談をすることもありません。

つまり、女性であっても何でも話せる相手には、全く恋愛感情がないということ。

自分が男としてどう見られても構わないので、気兼ねなく話ができるのでしょう。男にとって女友達とは、恋愛対象ではないからこそ、格好悪い姿や情けない部分を見せても平気でいられるのです。


女友達の特徴3. 二人きりで会っても全く緊張しない女性

好きな女性の前では、「自分を良く見せたい」「失敗したくない」という心理から、男性は緊張しがちになります。

つまり、二人きりで会っても全く緊張しないのは、恋愛感情がない証拠です。

男にとって女友達とは、かっこつけたり背伸びしたりする必要のない女性。二人きりで会うにしても、場所におしゃれさやムードを一切求めません。

また、単純に好みのタイプではないため、女友達を異性として意識していない場合もあります。


女友達の特徴4. 特に恋愛感情は抱いていないが、自分を理解してくれる女性

自分のことを理解してくれる人は、同性異性を問わず大切な存在です。

思い切った選択を「いいんじゃない」と肯定的に後押ししてくれたり、時には、「私はそうは思わない」と真剣にアドバイスしたりしてくれる女性は、親友やパートナーのような立ち位置となります。

この場合、男にとって女友達とは、性別を通り越して価値観を共有できる相手のことを表します。


女友達の特徴5. 共通の友人が多く、変に手を出すことなく友人関係が続いてしまった女性

グループやサークルなど、みんなで遊ぶ機会が多い女性と気まずくなれば、周囲の人にも気を遣わせることになります。

そのため、たとえ好みのタイプだったとしても、共通の友人が多い女性には一線を引いて接する男性も多いです。

女友達と割り切って接する相手には、「先輩も含めたグループで遊ぶことが多い」「定期的に趣味の集まりを楽しんでいる」というような特徴があります。


境界線はどこ?女友達と好きな女性の違いとは

「親友のように仲良し」「悩みを何でも話せる関係性」、付き合う条件を既にクリアしてそうなのに恋愛に発展しないのは不思議ですよね。

男にとって女友達とは、そして好きな女性とは、一体どんな違いがあるのでしょうか。

ここでは、女友達と好きな女性の違いについて解説します。


相違点1. 一緒にいて落ち着くか?それともドキドキするか?

男にとって女友達とは、気分が落ち着く相手です。異性として認識していないので、女性らしい仕草や格好をされてもドキッとすることはありません。

逆に、好きな女性というのは、何もかもが魅力的に見えるものです。少しでもいい所を見せたい気持ちも加わり、緊張でドキドキすることも。

付き合いが長く、親友のような関係性であったとしても、相手が好きな女性であれば気分は高揚します。


相違点2. 好きな女性の場合、ふとした瞬間に相手のことを考えてしまう

「今何をしてるんだろう」「今日はどんな一日だったのかな」などと、恋心を抱く女性のことは、ふとした瞬間に思い出すものです。

特に用事がなくても連絡したくなったり、ぼんやりと相手のことを考えたりします。恋をしている時の行動としては、ごく自然なことですよね。

一方で、ただの女友達のことは、何か用事がない限り思い出すことはありません。男にとって女友達とは、親友のような存在であったとしても、同性の友達のような感覚なのです。


相違点3. 特に要件や相談がなくても、好きな女性には会いたいと思ってしまう

特に用事や理由がなくても会いたくなるのが、好きな女性です。どんなに忙しくても、好きな女性のためにわざわざ時間を作ったり、何かと理由をつけて会おうとしたりします。

それとは反対に、女友達とは基本的に用事がないと会いません。相談や悩みがあると言われればもちろん時間を作りますが、特に何もなければ自分から積極的に会おうとはしないでしょう。


相違点4. 他の男性の話をされると嫉妬してしまう

男にとって女友達とは、恋愛対象ではありません。そのため、他の男性から好意を寄せられている話を聞くと、「羨ましい」「上手くいくといいね」などと、素直に恋を応援するような発言をします。

しかし、これが好きな女性になると、正反対の反応に。他の男性に取られたくない気持ちから、激しく嫉妬してしまいます。自分以外の男性の存在に、焦ったりヤキモチを妬いたりするのです。


相違点5. 好きな女性に対しては、触れたいと思ってしまう

好きな女性には、「髪に触れたい」「頭を撫でたい」というような感情が自然と起こるもの。女性らしい体つきや柔らかそうな肌にドキドキして、好きな女性の体に触れたい欲求も出てきます。

その一方で、ただの女友達の場合は、触れたい気持ちになりません。男にとって女友達とは、同性の友達のような感覚。女友達からボディタッチをされてもドキッとすることはなく、セクシーさや色気を感じることもないと言えます。


相違点6. 好きな女性には、自分の事をもっと知って欲しい

人は誰かを好きになると、自分の事をもっと理解して受け入れて欲しい、という欲求が強く現れます。そのため、男性は好きな女性の前では、自分の話が多くなりがちです。

過去の経験や少し込み入った話など、プライベートな話をするのも特徴と言えます。

その反対に、ただの女友達の前では、深い話よりも楽しい話や盛り上がる話が増えるのが特徴。自分を知って欲しい気持ちよりも、純粋にその場を楽しみたい気持ちの方が強いためです。


好きな男性から女友達と思われている場合、好きな人や彼女へと昇格する方法

仲良しの親友のような関係性から恋愛感情を持ってもらうためには、どのような方法をとるのが効果的なのでしょうか。

ここでは、女友達から本命の彼女に昇格する方法について、詳しくレクチャーしていきたいと思います。


方法1. 一番の仲のいい女友達のポジションを確立し、何でも言える関係を構築する

自然体で何でも話せる相手というのは、かけがえのない存在です。好きな人にとって一番の理解者になることを目標に、特別な女友達の座を目指しましょう。

元気がない時に優しい言葉をかけたり、励ましたりすることも大切ですが、時には「私はちょっと違う考えかも」と親身になって意見することも必要です。

真剣に向き合えば、やがて強い絆や信頼関係が生まれます。安心や癒しを与えられるようになれば、「ずっと一緒にいたい」と思ってもらえるようになるはずですよ。


方法2. お互いの知り合いや共通の友達とは付き合わないようにする

知人や友達と付き合ったことのある女性は恋愛対象外」、という考えの男性は多いもの。好きな人が振り向いてくれないからといって、とりあえず身近な人と付き合うのは絶対にNGです。

もし、お互いの知り合いや共通の友人と付き合えば、その話は確実に好きな人にも伝わるでしょう。

身近な人と付き合った後で告白しても成功する可能性は低く、軽い女と思われて、まともに受け取ってもらえないかもしれません。


方法3. 日頃からこまめに会うのを心がける

男にとって女友達とは、用事がなければわざわざ会う必要がない存在。何か用事がない限り、男性から誘ってくることはないでしょう。

ただの女友達から彼女に昇格するためには、こちらからマメに連絡をとり、2人で会う回数を増やすことが大切です。

「行ってみたいカフェがあるから付き合って」「教えて欲しいことがあるんだけど」など、会う口実は何でもOKですが、もし可能なら男性が楽しめそうな場所や理由があるといいでしょう。一緒に過ごす時間が楽しいものになれば、自然と恋愛感情を抱きやすくなります。


方法4. 恋人が足を運ぶようなデートスポットへ2人で出かけてみる

恋人向けのデートスポットに出かけることが、女友達ではなく女性として意識してもらえるきっかけになるかもしれません。

デートの定番である水族館や映画館、ムードたっぷりな夜景スポットなど、デート感の強い場所を選ぶのがポイント。

「まるで付き合ってるみたいだな」「もし付き合うことになったらこんな感じなのかな」と、相手に恋愛を想像させることができれば成功です。

2人でデートスポットに出かける時は、いつもよりおしゃれをして女性らしい雰囲気を出すのも忘れないようにしましょう。

【参考記事】はこちら▽


方法5. さり気なく「彼氏が欲しい」のをアピールする

付き合っている男性がいない、彼氏が欲しいと思っている、ということを相手に知ってもらうのは大切です。さり気なく「彼氏が欲しい」とアピールすることで、「もしかしたら俺にもチャンスがあるかも」と意識してもらえる可能性があります。

何度もアピールすると、ただの冗談と思われたり、がっついている印象を持たれたりするので、会話の中でサラッと伝えるのがコツ

勘のいい男性の中には、「もしかして俺のことが好きなのかな」と気付き、女友達を恋愛対象として意識し始めることもあるようです。


方法6. 「〇〇と付き合えたら楽しいのにな」と好意を伝えて反応を伺う

告白をせずに、やんわり好意を伝えてみるのも、一つの方法です。この方法のメリットは、お互いの関係を壊さずに済むこと。

好意を匂わせた時に相手が拒否の姿勢を取れば、こちらもサッと身を引いて、別の作戦を練ることができます。

「もし〇〇と付き合うことになったら楽しそう」「一緒にいると幸せだな」など、あえて「好き」の言葉を使わずに、好意をアピールしてみましょう。まんざらでもない様子なら、脈ありかもしれませんよ。


方法7. 脈ありだと感じたら思い切って告白する

「恋人が行くようなデートスポットに誘ってくれるようになった」「やんわり好意を伝えると嬉しそうにする」、というような脈ありサインが見られる場合は、勇気を出して告白をしてみましょう。

100%成功する保証はありませんが、失敗して気まずい関係になる可能性は低いと考えられます。ただの冗談と勘違いされないように、真剣に想いを伝えることが大切です。

もし失敗したとしても、告白したことで恋愛対象として意識してもらえるようになれば、努力次第でそこから関係を変えていける可能性もありますよ。

【参考記事】はこちら▽


女性必見!男性が女友達に恋をする瞬間とは

何でも話せる仲良しの親友のような関係性であったとしても、きっかけがあれば男性は恋に落ちます。

男性はどんなタイミングで恋愛感情を抱くようになるのでしょうか。ここでは、男性が女友達に恋をする瞬間を挙げていきます。


恋する瞬間1. 髪型やメイクを変えるなど、イメチェンして可愛くなった時

男にとって女友達とは、「こういうものだ」という固定観念が定着しているもの。その固定観念が崩れた瞬間、女友達を異性として意識し始めることもあります。

特に、髪型やメイク、ファッションなど、見た目が大きく変わった時、「こんなに可愛かったっけ」と、以前とのギャップに思わずキュンとしてしまうことも。

女友達にギャップを感じた瞬間に、恋に落ちるパターンは少なくありません。


恋する瞬間2. 周囲から「お似合いだし付き合えば?」と茶化された時

女友達に対して同性の親友のような感覚でいる場合、相手が女性であることをすっかり忘れてしまっていることも。男にとって女友達とは、性別を意識しない存在なのです。

そのため、周囲から「そんなに仲良しなら付き合えばいいのに」と言われた時に、初めて相手を女性として意識する場合もあります。

女友達を恋愛対象として意識した瞬間、急に相手が魅力的に見え始めて好きになってしまうのです。


恋する瞬間3. 悩みや相談を真剣に聞いてくれた時

真剣に悩んだり、気持ちが弱っていたりする時は、親身になってくれる相手に恋をしやすいと言われています。

「相談するうちに相手のことが好きになっていた」というのは、よく耳にする恋愛話ですよね。

自分の悩みや相談に、女友達が真剣に応じてくれたことがきっかけで、恋愛感情が芽生えるパターンも少なくないようです。心からの優しさや心強さを感じ、「ずっと一緒にいたい」と思うようになるのでしょう。


恋する瞬間4. 落ち込んだ時に優しく励ましてくれた時

男性が落ち込む時というのは、プライドが傷つき、自信を失いかけている状態。

そんな時に女友達から優しく励まされると、「いつも味方でいてくれる」「情けない自分でも受け入れてもらえる」というような安心感が生まれ、その女性を自分に必要な存在として意識するようになります。

優しく包み込むような励まし方に母性を感じて、恋に落ちる場合もあるようです。

【参考記事】はこちら▽


恋する瞬間5. 一緒に居ると自然体でいれて落ち着くと思った時

男にとって女友達とは、ドキドキするというよりかは落ち着く存在です。

気楽なただの女友達として接していく中で、「この人の前ではなぜか自然体でいられる」と改めて感じたことをきっかけに、恋心が芽生える場合もあります。

「もしこの人が彼女だったら」と想像した瞬間、自分の恋心に気付くパターンも珍しくないようです。ただの女友達として付き合っていく中で、安心感や信頼感が高まり、いつの間にかかけがえのない存在になっていたのでしょう。


女友達を卒業して、恋人の座をGetしましょう!

男にとっての女友達の特徴や好きな女性との違いから、恋人へステップアップする方法、男性が恋に落ちる瞬間まで詳しくお伝えしました。

男にとって女友達とは、どんなに仲良しの関係であっても、同性の友達のような感覚でいることが多いようです。

しかし、良い友達として気が合う二人なら、もし付き合うことになっても相性はぴったりのはず。恋愛に発展させるチャンスを掴み、本命の彼女の座を射止めましょう。


【参考記事】はこちら▽

LINE はてなブックマーク
お気に入り

注目の記事

関連する記事