付き合うまでの期間の平均は?期間中に恋を成功させる4つの方法も解説

付き合うまでの期間ってどのくらい必要か気になる時ってありますよね。そこで今回は、付き合うまでの平均期間から、期間が長いこと、短いことによるメリット・デメリット、期間の決め方を解説!さらに、恋に発展するきっかけや、恋を成功させるための方法まで紹介します。

好きな人と付き合うまでの期間ってどのくらいが良いのでしょうか。

付き合うまでの期間の平均

付き合うまでの期間の平均が知りたい!

好きな人と付き合うのにどのくらいの時間がかかるのだろう。好きな人と付きあえる成功方法みたいなのってあるのかなと悩んでいませんか。

今回は、お付き合いが始まるまでが短いと長いのではどのようなメリット・デメリットがあるのか、またおすすめする期間や成功方法があるのかについて詳しくご紹介します。


付き合うまでの期間の平均ってどのくらい?

ここでみなさんが一番気になっていることは、やはり、お付き合いできるまでの期間はいったいどのくらいが平均なのかということではないでしょうか。

とはいっても、自分の状況や相手の状況など関係性によっても、違ってきますよね。

ここでは年齢を一つのくくりとして、一般的に見た付き合うまでの平均期間を紹介していきます。


10代、20代は「1〜3ヶ月」

10代や20代のまだ学生が多いこの年代は、交際に至るまでに会える時間が多く、それほど時間をかけずに交際にたどり着いている結果となっています。

SNSの交換も盛んに行われていることや、出会いの場も社会人になってから、より断然多いです。

またm単純に「好き!」という気持ちに高まるまでにあまり時間がかからないといった結果もあります。


30代は「2〜3ヶ月」

社会人になり、女性は特に結婚を意識し始めます。長く先のことを見据えて相手を見ていくことから10代20代の頃よりも交際に至るまでの期間は長くなります。

仕事による時間の拘束も増え、デートの時間を取りづらくなりますが、デートの回数を重ね、相手の長所・短所を冷静に見れるようになってから付き合うようになります。

たとえ「好き!」という気持ちに高まっても、勢いなどでなく、あくまで冷静に様々なシチュエーションにおいても相手を好きだと思えてから交際が始まるようです。


付き合までの期間が長いor短いことによるメリット、デメリットとは

年齢別に見たお付き合いまでの期間の長さの平均を見たところで、実際に長く時間をかけて慎重に動いたほうが良いのか、それとも、その時の気持ちが大事と、思い第一優先で即行動で動いたほうが良いのか気になるところ。

そこでここからは、期間が長い・短いことによるメリット・デメリットを詳しくお伝えしていきます。


付き合うまでの期間が長いことによるメリット

お付き合いまでの期間が長いということは、お付き合いをより慎重に真剣に、考えているからこそ長くなるということではないでしょうか。

相手のことを簡単に考えていないからこそ、この先長くお付き合いするために、時間をかけるわけですね。

では、長く時間をかけることのメリットをより詳しくお伝えしていきます。


メリット1. 相手のことを良く知っているので別れにくい

男女問わず、相手のことをよく知るまでには時間が必要になります。これは、年齢も関係ないです。気持ちが高ぶっている状態ではなく冷静に判断することができるでしょう。

相手の良い所だけではなく、短所も知ることができます。その上で交際に至るということは、この先に困難なことがあったとしても、お互いに乗り越えて行けるはずです。

必然的に長く別れにくいお付き合いができるという結果もあります。


メリット2. 気を使わずに済む

短期間でお付き合いするよりも、初々しさは減りますが、お互いに気を使い過ぎずに落ち着いた交際ができます

デートを重ね、普段の生活スタイルを知ることにより、細かい癖や習慣など交際してから気付いて驚くようなこともありません。

自分自身のことも相手に知ってもらうため、結果的に気を遣うことなくお付き合いすることができるということです。


メリット3. 付き合い始めてから相手に幻滅することが少ない

特別なデートだけではなく普段の生活を知ることにより、言葉であったり態度など、自分以外の方との関わり方を知ることも大切です

家族や友人の方との関わり方や態度など、細かい所では食事の食べ方や、飲食店などでの態度や言葉など、癖や習慣は30代や年齢が高くなるほど、後から知って幻滅してもなかなか直せるものではありません。

予め知っておけば、相手の嫌な部分も受け入れられる耐性ができます。


付き合うまでの期間が長いことによるデメリット

相手とのことを慎重に考えすぎて、お付き合いまでに時間をかけすぎてしまい、付き合うまでの期間が長いことでデメリットとなることがあります。

自分は、真剣であるだけなのに、うまくいかないこともあるのです。ここの見極めは、とても難しいですね。どんなことが良くない方向に行ってしまうのか、詳しくお伝えしたいと思います。


デメリット1. 告白までの間に相手が冷めてしまうことがある

告白するまでに時間をかけすぎてしまうと、なかなか進展しない関係から自分は慎重に考えているだけでも、相手にとっては「合わないのかな?」など、付き合うことに消極的な考えを持たせてしまうことがあります。

相手が今!と思っていても、自分はまだ様子を見ていたいと様子を見ていると、いざ告白した時に相手の「好き!」の高まりは、静かに収まってしまっているかもしれません。


デメリット2. 交際が始まっても新鮮味が感じにくい

お付き合いまでの期間が長いと、既に相手の新しい部分を知ることもあまりなくなり、初々しい気持ちはなく交際したからといって、新鮮味に欠けてしまいます

出会ってから、半年も期間を作ってしまうと既に一通りの外出デートも経験しているはずです。交際が始まってからはまだ少ししか経っていなくても冷めるまではいかなくても、

マンネリとした感覚になってしまうのが早く感じるようです。


デメリット3. 恋人というより友達としての感覚に近くなってしまう

好きな人ではあるけれど友達期間を長くとってしまい、恋人になるまでに時間をかけてしまうと、いざ告白し晴れて恋人同士となっても友達の感覚が抜けないことがあります。

もはや恋人なのか友達なのか関係ないとも思ってしまうかもしれません。友達としている感覚に違和感がないからです。

逆に恋人でいることのほうが違和感が出て、お付き合いが始まってから進展が遅くなるかもしれません。


付き合うまでの期間が短いことによるメリット

気持ちが高まっている時に、交際を始めるほうが実際は楽しいことが多かったりもします。

職場や学校が同じだなんて時は、毎日がウキウキで恋が終わることなんて想像すらできないのではないでしょうか。

では、どんなことがメリットとなるのでしょうか。ここではすぐに付き合うことによるメリットを2つ紹介していきます。


メリット1. 付き合い始めがとても楽しい

出会ってから付き合うまでにあまり期間を作らないので、何をしても楽しくて仕方がない状態から交際が始まります。

電話もメールも、もちろんデートも楽しくて仕方がないでしょう。冷めるなんてことは想像すらないと思います。

この場合付き合い始めたころは楽しいですが、半年が過ぎたころどのような関係を築けているかが大事です。


メリット2. すぐに「恋人がいる」というステータスが作れる

周りの友達や同僚からはすぐに恋人ができる・常に恋人がいるというように見られます。きっと周りは「モテるなぁ」という印象を持つはずです。

周りからそのように見られたい場合は「恋人がいる」というステータスは作れ、羨ましいという目で見られます


付き合うまでの期間が短いことによるデメリット

出会ってから半年なんて時間をかけていられないくらいせっかちさんも、付き合うまでの期間が短いことでおこるデメリットがあることをここでじっくりと、読んでみて下さい。

気持ちが高まっている状態で即交際が始まると、実際、冷めることが早いといった結果もあります。ここでデメリットとしては2つ詳しくお伝えしていきます。


デメリット1. 性格の不一致が起きやすい

出会ってから付き合うまでに短かったら、いざお付き合いしてみると性格や考え方が合わないといったことが起こりやすいです。

初めは、気持ちの方が相手との性格や相性などよりも勝ってしまうため、欠点や性格のズレがあっても気づかなかったり、見逃してしまうこともあります。

また、話し合って解決ができるほど相手との関係も深くないため、気づいた時に修復が難しく乗り越えられないことが多いです。


デメリット2. 知らなかったギャップに驚くことがある

単純に相手のことをよく知る前に直観的な気持ちを第一優先にすぐ付き合ってしまうと、知らなかった性格や癖のギャップに驚きます

同時に相手にとっても自分のことをよく知ってもらっていないので、驚かせてしまうこともあるでしょう。

1回や2回のデートで話した自分の特徴や性格は普段の生活スタイルを知ってもらうには足りませんし、言葉では伝えきれないと思ったほうが良いと思います。


付き合うまでの期間はどうやって決めるべき?

期間は長すぎず短すぎずが良いとおすすめしますが、必ずしも期間を決める必要もないということです。

いかに相手の心の余裕や気持ちを読み解くこをがポイントであり、そこを確認できた時がベストなタイミングといえると思います。


では、実際に付き合うきっかけになることって?

ここまで、付き合うまでの期間について詳しくメリット・デメリットを含め説明してきましたが、実際に付き合うきっかけとなることってどんなことがあるのでしょうか。

きっかけなんて十人十色であげればきりがないのですが、ここでは6つに分けてその一部を詳しく説明していきたいと思います。


きっかけ1. 家庭的な一面を見た

例えば、今まで全く料理をするようなそぶりが見えなかったのに、かしこまることなく冷蔵庫にあるもので簡単に料理を出してもらったり、日常の生活感を見た時に、外の部分しか見ていなかった場合、相手を家庭的と感じることがあります。

つまり共感できる普段の生活スタイルがあることで、普段は見せていない部分とのギャップに恋人として、お付き合いした先のことが見えるようになるのです。

【参考記事】はこちら▽


きっかけ2. 共通の趣味で楽しんだ

友達同士でも家族でも、同じ趣味があると必然的に会話も増えて、同じ時間を過ごすことも多いですよね。

恋人となる方と同じ趣味があったらそれだけ距離も近くなるし、親近感もすぐに湧きます。共通の趣味で楽しめるということが付き合うきっかけとなることは多いです。

興味がなかったことでも、好きな人の趣味に興味を持って同じ時間を過ごしてみれば、それも付き合えるきっかけになりますよ。


きっかけ3. 周囲の友達が盛り上げてくれた

付き合う相手と共通の友達がいることは、大きなメリットになることがあります。自分では意識していなくても周りに「二人はお似合いだよ!」などと言われると、今まで全く考えていなかったのに、気になり始めたりすることはよくあります。

付き合い始めても周囲の友達が気持ちに冷めたり、うまく行かない時に助けてくれることもあります。周囲の人たちが背中を押してくれるということは、付き合うのに大きくプラスですね。


きっかけ4. 風邪を引いた時に親身になって看病した

社会人になると、なかなか家族の助けを得るのが難しくなります。

また、自立のため学生から一人で生活する人もいる中で、体調を崩した時に相手が親身になって看病をしてくれたとしたら、それまでただの友達だったのに見方が変わるはずです。

友達から抜け出せずに恋人未満の関係の人は、一気に恋愛が進むかもしれませんよ。


きっかけ5. 悩み相談に真剣に乗ってくれた

どんな人も、悩んだり落ち込んだりすることはあります。それは、年齢に関係ないことです。

メールや電話でも、もちろん直接会ってでもとことん聞いてあげることってとても大事です。

この時にアドバイスをもらいたいという思いもあるけれど、大半は悩みを聞いて欲しいが勝っています。親身になって聞いてもらえると、誠実な印象を与えられますよ


きっかけ6. 告白する、または告白された

これは、当たり前のきっかけとも言えますが、告白する、または告白された場合、全く意識していない相手でも、この時点から恋愛の対象となります。

付き合うには最終的にここにたどり着くことが一般的であるとも言えるので、やはり思いを直接伝えることは、とても大事なことで一番のきっかけとなるのです。

ここは絶対におろそかにしてはいけないポイントになります。

【参考記事】はこちら▽


付き合うまでの期間に恋を成功させるための方法4つ

交際につながるきっかけを知ったところで、その恋を成功させるためにはどのような手段があるのでしょうか。

きっと、これまでなかなか交際に至らなかった場合、ここでお伝えする部分は大事なところになるかもしれません。

4つお伝えしますので、詳しく読んでみて下さい。


方法1. 自分磨きをすること

人の見た目の印象は55%と言われています。これは視覚であり聴覚・言語などを合わせると90%近くが、第一印象で決まるというデータもあります。

見た目は男性も今はスキンケアなど常識のように情報があふれています。少し意識して整えるだけで違ってくると思います。自分に対してだけでなく、周りに対しての言葉遣いも相手は意識してみていると思っていたほうが良いですね。

【参考記事】はこちら▽


方法2. 単純接触回数を増やすこと

忙しいを言い訳にせずに、空いている隙間にLINEをしてみたり、直接少しの時間でもデートを重ねるなど、単純に関わる回数を増やすことが大事です。

もちろん相手を知る時間が増えますし、言葉で「好き!」を伝えなくても行動で相手に伝わっていきます。

たまに連絡があるくらいでは、友達の域を超えれません。まずは関係性を深めるために、積極的に関わるようにしましょう。


回数も大事だけど質も大切!

しかし、ただ頻繁に連絡していればいいということではないのが難しい所です。

LINEの連絡も人によってはしすぎて圧倒させてしまうようではダメです。送る内容や、回数は相手の生活スタイルを考えて送ることも大事ですね。

デートの内容も相手を思って考えてあげると、気持ちの押し付けにならずに喜んでもらえるのではないでしょうか。

【参考記事】はこちら▽


方法3. 相手の趣味嗜好を覚えること

相手に興味があれば、必然的に趣味や嗜好を知りたくなると思います。相手の趣味嗜好を知ることで、自分も新しい気付きがあるかもしれませんし、同じ時間を過ごすことも増えます。

自分を理解してもらっていくことは、相手も単純に嬉しいと感じるはずです。後から知って冷めるなどということがないようにたくさん知っておくべきです。


方法4. 相手から好意があるかどうか見極めること

全く関係ない相手から突然的に告白されたら、どの人でも驚くはずです。相手に自分を知ってもらい、好意があるかを見極めることも大事です。

LINEの返信であったり、電話の対応や直接会う機会の回数など告白までには様々なチャンスがあります。その中で相手の思いを少しでも拾えるといいですね。

【参考記事】はこちら▽


付き合う前の期間を見極めて、交際に発展させちゃおう!

どんなに悩んでも交際するには自分一人だけではどうにもなりません。

相手のことを思うのであれば、いかに冷静に相手を見れるかがポイントとなります。理想を意識しすぎず、慎重であるくらいで良いです。

好きになっても焦らず、しっかりと親密度を深めることが大切。ぜひ本記事を参考に、素敵な恋を叶えてくださいね。


【参考記事】はこちら▽

LINE はてなブックマーク
お気に入り

注目の記事

関連する記事