臆病な人の心理&特徴とは?臆病者になる原因や克服する方法を解説!

仕事やプライベートなど、何に対しても臆病担ってしまう人っていますよね。そこで今記事では、臆病な人の心理や性格、恋愛傾向など、臆病者の特徴を大公開!また、臆病な人になって損することもお教えしますので、自分が臆病だと言う人は、臆病になる原因を知って克服方法を試していきましょう。

臆病な人っていますよね。

臆病な人の心理&特徴

一定の恐怖心は、危機や失敗を回避するために重要ですが、臆病すぎると、『臆病者』として馬鹿にされることも。

一方で、人生においては、失敗を恐れずに挑戦する必要がある時も存在しています。ですが臆病な性格が原因で、挑戦せずに後悔した経験がある人もそれなりにいるはず。臆病な性格が、人生の選択肢を狭めてしまうケースは、決して少なくありません。

今回の記事では、臆病になる心理や特徴、更に臆病を克服する方法を解説していきます。

最後まで読み終えれば、臆病な性格を直したいと思っているあなたも、克服する手がかりがつかめるはずですよ。


基本知識として「臆病」とは?

臆病とは、そもそもどんなことを意味しているのでしょうか。念のためその意味について、しっかり確認しておきましょう。

臆病とは、「気が弱かったり小さかったりして、ちょっとしたことでもビクビクして恐れること、あるいはその様子」を意味しています。

やや長いので、もっと簡潔に臆病の意味をまとめると、臆病とは「必要以上に怖がってしまう心理状態や性格」と言えるのです。


臆病な人の5つの心理を解説!

世の中には慎重すぎる人もいれば、逆に度胸のある人もいます。

あなた自身が臆病な場合、「どうして自分は臆病者になってしまったのか」と悩んでいることでしょう。

しかし、臆病な性格の人が臆病であるのには明確な理由があって、その理由は心理なのです。ここからは、臆病な人について、心理的な理由を5つ解説していきます。

この心理を知れば、あなたが臆病になっている理由が理解出来るはずですよ。


心理1. 失敗をするのが怖い

仕事や学校生活、あるいは恋愛が上手くいかないと、恥ずかしいと思ったり落ち込んだりマイナスの心理状態に陥ります。

特に、過去に大きな失敗経験があると、それがトラウマとなって、結果が出る前から必要以上に慎重になったり恐れたりしがち。それが臆病という心理現象なのです。

失敗を必要以上に恐れる人は、臆病である可能性が高いと言えるでしょう。


心理2. 責任を負いたくない

仕事で失敗すれば、その悪い結果について、上司から怒られたりすることになります。

責任を問われれば、将来の昇進や給料にも悪影響が及ぶことになるので、出来るだけ余計なことをしないように、過度に慎重になってしまうのです。その上、臆病風に吹かれることで、責任から逃げ続ける『卑怯者』扱いされることも。

責任を負いたくないという心理が、臆病な心を作り出します。


心理3. 人に嫌われたくない

人は他人から拒絶されることを恐れ、余計なことを言ったり、新たな人間関係を構築することを避ける場合があります。

生きる上で人間関係が重要なので、人に嫌われてしまうと、自分の社会的立場が危なくなることも。

いじめや仲間はずれなどが、人に嫌われることの象徴的な例でしょう。人に嫌われたくないという気持ちが、人間関係で臆病にさせてしまうのです。


心理4. 自分より他人の意見の方が正しい

自分に自信が持てないと、他人の考えを優先する傾向が出て来ます。

自分の意見や考えが間違っていれば、他人からの信用を無くしてしまいがち。また、人からの評価が落ちることを恐れ、何も言えなくなったり、自分の考えで行動出来なくなるのです。

自分を信じられず、他人の意見を尊重する心理は、臆病風に吹かれる状況を招きます。


心理5. 周りから呆れられるか不安

他人から馬鹿にされることを恐れると、何事も無難に済ませる傾向が出てしまうことも。

集団の中で間違ったことを言ったりやったりすると、周囲の人間から馬鹿にされるようになるので、出来る限り余計な発言や行動を避ける心理が働くのです。

周囲の人から呆れられることを恐れる気持ちは、人を臆病な性格にする原因になってしまいます。


臆病な人の12の特徴とは?

臆病な人は、臆病者と言われるのを嫌がって、臆病風を余り表に出さないだけで、実は世の中に数多くいます。臆病を直したいのは、あなただけではありません。

一方で、臆病な人達の多くに、実は一定の特徴があることが知られています。

ここからは、臆病な人達に見られる12の特徴について、性格面と行動面に分けて説明していきます。

あなたがどのタイプの臆病な人なのか、これを機に自己分析しましょう。


臆病な人の「性格」の特徴

臆病とは、「必要以上に怖がってしまう心理状態や性格」を意味しています。臆病とは性格上の問題であり、臆病だと思っている人も痛感しているはず。

そして臆病な性格にも幾つか特徴が見られるのです。

まず、この臆病な性格の特徴について、5つの特徴を挙げていきます。必ずあなたと同じ性格のパターンがあるはずですので、チェックしてみてください。


性格1. 行動を起こす前に、「できない」を考えるネガティブな性格

最初から悪い結果をイメージすると、現実には出てもいない結果を恐れ、人は何もしなくなります。

自分の学力以上の学校に進学しようとしても、試験に落ちる確率が高いと思えば、努力して勉強する気も最初から無くなるのが典型的な例です。

もちろん、極端に可能性の低いギャンブルを避けられるメリットもありますが、良い結果を得るため、チャレンジ精神は時には必要

程度問題ではありますが、ネガティブな性格は、臆病な性格の表れなのです。

【参考記事】はこちら▽


性格2. 頭がパニックになりやすい

臆病な人は、大きな問題が起きたり、突然想定外の事が起きると、それ以降何も考えられなくなりがち。

気が小さいので、ちょっとしたことでも怖がったり驚いたりして、酷い思考停止状態になるのです。

お化け屋敷などで、悲鳴を上げたままうずくまるようなケースが、代表的なパターンと言えるでしょう。

性格的にパニック状態になりやすい場合、臆病な性格の特徴がよく出ているというわけです。


性格3. 人と関わろうとしない

臆病な性格の人は、人間関係の失敗をかなり嫌がる傾向があります。人に嫌われることを恐れ、実際に嫌われる前から人間関係を作ることを拒絶するためです。

ただ、人と関わらないことで嫌われることが防げても、結果として人と関われないという点では、実は全く同じ結論だという皮肉な面も。

臆病な性格は、引っ込み思案になる特徴を生み出しますが、結局は恐れている事態に陥っているのです。


性格4. 心配性でなんでも不安になる

日常的に、何かしらの気がかりなことを抱えているのも、臆病な人の特徴です。

あらゆる細かいことで不安を感じてしまうので、普通の人なら気にならないような心配事に、朝から晩までわずらわされてしまいがち。

気分が休まることがほとんどないので、結果的に精神面での病気になる人すらいます。

不安感にさいなまれる心配性も、臆病な性格が元になっていることが多いのです。


性格5. 周囲の評価ばかり気になってしまう

臆病な人は、他人からどう思われているかを異常に気にします。

人間関係面でも臆病なので、人から嫌われることを酷く恐れており、他人から低い評価を受けることに耐えられないのです。

社会的な評価は重要ですが、そればかりに振り回されれば、大きな不幸と言えるでしょう。

周りの顔色ばかりうかがうことは、臆病な性格の不幸な特徴なのです。


臆病な人の「行動」の特徴

臆病とは基本的に性格の問題ですが、性格は当然行動にも影響を及ぼします。あなたが臆病ならば、自分の行動に制約が出てくる経験をしているはず。

現実問題として、臆病な人は行動にも明確な特徴があるのです。

ここからは、7つの臆病な人の行動の特徴について説明していきます。


行動1. 自分の意見を主張できない

臆病な人は、多くの場合で態度を明らかに出来ません。自分の考えを否定されたり、相手の機嫌を損ねるのを恐れるからです。

しかしながら、どっち付かずの態度を取り続けると、信用ならない人間として、結局誰からも相手にされなくなる危険性も。

自分の意見を主張しないことは、臆病な人にはありがちですが、それが原因で周りから嫌われてしまう事になりかねません。


行動2. 趣味を持とうとしない

仕事や勉強以外の余暇の使い方が下手なのも、臆病な人の特徴です。

日常生活から離れたことに目が向かないので、新しく興味のあることが見つからないのです。

更に無趣味であると、新しい挑戦も無いので、更に臆病風に吹かれることにつながってしまいます。

無趣味は、臆病な人の傾向と密接に関係していると言えるでしょう。

【参考記事】はこちら▽


行動3. 他人に対して気を使いすぎてしまう

臆病な人は、周りの人に配慮する意識が非常に強すぎます。他人が自分をどう思うかを気にしすぎて、自分より他人を優先して考えてしまうのです。

必要以上に気を遣うので、精神的疲労も大変激しくなり、他人との関わり自体を避ける方向に行ってしまうことも。

過度の気遣いが臆病な人にはよく見られ、社会的評価を得られる代わりに、結果として自分を痛めつけてしまいます。


行動4. 自分の感情を表現せずに押し殺してしまう

臆病な人は、喜怒哀楽を表に出すことが非常に不得意です。

他人に自分の思いをはっきりと示すことになるので、相手に真意に気付かれる上、どう思われるかが怖いのです。

自己主張も感情表現も思うように出来ず、結果的に集団の中で悶々とした日々を過ごしがち。

感情を抑制しようとする姿勢は、臆病な人にありがちな態度の1つと言えるでしょう。


行動5. 他人との会話が苦手で続けられない

臆病な人は、心配性なので人と話すことに苦痛を覚えます。

会話においては、話題や表現次第で相手の気持ちを害する可能性も。臆病な人は、話す度に相手の様子が心配になるので、会話のコミュニケーション自体がおっくうになってしまうのです。

会話が苦手で続かず、人間関係を上手く作り上げることが出来ないのが、臆病な人の特徴であり弱点になります。


行動6. 他人任せにしてしまう

臆病な人は、自分では決められない傾向が強く出ます。自分で決めると、決定に責任を取る必要があるので、出来れば避けたいのです。

しかし、他人の決めたことが失敗すれば、結局自分に返ってきてしまうこともあり得ます。更に責任から逃げ続ければ、「臆病者だ」や「卑怯な奴だ」とレッテルを貼られがち。

他人任せにしてしまうのが、臆病な人にありがちなパターンですが、他人任せにすることのデメリットも、同時に引き受けざるを得なくなるのです。


行動7. 自己開示することができない

臆病な人は、自分の本心を見せることに不安を覚えます。それは、他人からどう思われるかを、非常に気にしているからです。

一方で、「何を考えているかわからない」と思われたり、「どんな性格の人かわからない」と怪しまれることも。

自分をさらけ出せないのが、臆病な人の特徴ですが、開示しないからこそ、マイナスイメージにつながることもあるのです。


臆病な性格の人の恋愛傾向にも特徴がある!

臆病な性格は、多くのことに悪影響がありますが、恋愛もその代表的な例の1つ。臆病ゆえに、恋愛に尻込みしてしまっている人は多いはず。

しかし、恋愛や結婚は人生において重要な事ですから、いつまでも逃げていられません。

ここからは、臆病な人の恋愛傾向の特徴について、4つの具体的なパターンを提示していきます。自分の恋愛パターンに当てはめて、克服すべき問題点を見つけ出してくださいね。


恋愛傾向1. 好きな人に好きと伝えるのが苦手

臆病な人は、好意を寄せる人に、告白することが大変不得意と言えます。臆病風が、人にどう思われるかを必要以上に気にさせ、拒絶されることを恐れさせるからです。

特に恋愛では、好きな人から拒絶されれば、そのショックが大きいため、好きだと伝えることが難しくなります。

好意を伝えられないのは、臆病な人に特に見られる恋愛傾向であり、恋愛においては、スタート時点から厳しいこともあるのです。


恋愛傾向2. 恋人を束縛してしまう

臆病な人は、心配性でいつも恋人の行動が常に気になる特徴があります。

「他に好きな人が出来たら困る」と考えたり、「自分の目の届く所にいて欲しい」と極端に願ってしまうからです。

恋愛関係では、通常の人間関係より密接な状態は当たり前ですが、必要以上に相手を束縛してしまうのは問題になりますし、嫌われる原因にも。

愛する人でも、自分のコントロールに置きたいと思いすぎることが、臆病な人の残念な傾向なのです。

【参考記事】はこちら▽


恋愛傾向3. いつか振られると相手を信用することができない

臆病な人は、自分に自信を持てないので、恋愛相手を疑ってかかる傾向があります。

恋人に「他に好きな人が出来るのではないか」と心配になりやすく、相手を信用したいのに信用出来ないという矛盾に苦しむのです。


恋愛傾向4. 恋人のご機嫌取りをやりがち

臆病な人は、恋愛相手に必要以上におもねる傾向があります。恋人に嫌われたくない一心で、相手の機嫌を取ることに全力になりがち。

恋人からすると、ありがたいと思う面もありますが、何でも言うことを聞いてくれるので、物足りなく感じる場合も。

恋人の顔色をうかがうのは、臆病な人の恋愛傾向ですが、優しさとは根本的に違うので、相手から飽きられてしまう原因となります。


臆病な性格になってしまう原因とは?

臆病は性格の問題ですから、先天的な問題だと思い込みがちです。

引っ込み思案な性格を直したい、臆病者と言われたないと思っている人にとっては、絶望感を感じてしまうかもしれません。

しかし、後天的な理由で臆病な性格になる場合もかなりあるのです。

ここからは、臆病になる5つの原因について分析していきます。後天的臆病な性格の克服には、まず原因を知ることが重要ですので、参考にしてくださいね。


原因1. 過去の失敗経験がトラウマになっている

以前に人間関係や仕事で問題を起こし、それが大きな傷となって臆病な性格になることがあります。二度と失敗したくないという思いが強くなりすぎて、臆病になってしまうからです。

挑戦する気持ちが無くなることで、新しい出会いや人としての成長可能性も、結果的にドンドン減ってしまいがち。

過去のトラウマは臆病な性格を作り出すだけでなく、人生の選択肢を狭くしてしまうのです。


原因2. 厳しい家庭で育った

子どもの頃に、しつけや教育熱心な親の影響を受けると、臆病な性格になる傾向があります。

しつけや教育は、子どもの生育過程では重要ですが、過度な干渉は、子どもの自由な考えや行動を抑えすぎるので、将来引っ込み思案な性格を作り出しがち。

厳しい家庭環境は、立派な人間を作り出す可能性もありますが、逆に人間を卑屈にしてしまう恐れもあるのです。


原因3. ストレス解消が苦手

精神的疲労の絶えない人は、臆病な性格になる傾向が見られます。

仕事や勉強以外に無趣味だったり、日常的に楽しめないタイプの人は、ストレス解消が出来ないので、ストレスのかかることから逃げ続ける必要があるのです。更に、失敗の可能性が高いことには、出来る限り挑戦しないことが人生の基本姿勢になってしまうことも。

一見無関係に見えますが、ストレス解消が下手だと、臆病な性格を生み出す傾向が強くなるので要注意です。


原因4. 成功体験が少ない

人生で上手く行ったことがほとんど無い場合、臆病になることがあります。

何か成し遂げたことがないと、自分に自信が持てないので、チャレンジすべき時ですら、自ら動こうと思えないためです。

一方で、ちょっとしたことでも成功すれば、自信につながる可能性もあるので、臆病を克服出来る可能性も高いケースと言えるでしょう。

成功体験の少なさは、成功そのものから得られる幸福の少なさの問題よりも、むしろ自分自身を正面から認められないという意味で問題なのです。


原因5. コンプレックスを抱えている

劣等感を強く持っている場合も、臆病な性格を生み出します。

他人と比較して、自分が欠点のある劣った人間だと考えていると、自分をアピールしていくことに慎重になりすぎるからです。

一方で、その劣等感を別の長所を伸ばすことで消そうと、努力して結果的に成功し、臆病克服に効果的な場合もあります。

コンプレックスは、臆病な性格を作り出す原因になりかねない一方で、上手く利用すればメリットにもなるのです。


臆病であるが故に、臆病な人が損をする5つのこと

臆病であれば、自分を出すべき時にも出せずに、チャンスを逃したり誤解される確率が高まります。

自分の臆病な性格が理由で、後悔していることも多いのではないでしょうか。

実際、臆病であることは、人生において大きなマイナス面をもたらしがち。ここからは、臆病な人が損をしやすい5つのポイントを挙げていきます。


損すること1. 自分の思い通りの人生が歩めない

臆病であれば、何事にもチャレンジせず、成功や夢をつかめないため、自分に満足出来ません。

人生で成功するには、あらゆる挑戦をしていくことが必要になりますが、臆病が挑戦する気持ち自体を邪魔してしまうからです。

臆病は、失敗を生まない代わりに、何の成功も生み出さないという事実を直視しましょう。

理想の人生を歩めないことは、臆病が生み出す損の代表例と言えます。


損すること2. 他人から信用されにくい

臆病な性格だと、自分がどういう人間であるのか、周囲にわからせることが出来ません。自分をアピールすることが出来ないので、正体不明の人物として怪しまれやすいからです。

また、他人の信用を得られないことは、臆病が元で責任回避しがちなことも原因になり、臆病者どころか卑怯者扱いされることすらあります。

周囲の人から信頼を得られないことも、臆病な性格の隠れたマイナスポイントとなるのです。


損すること3. 他人に流されやすい

人の意見に左右されがちなことも、臆病な性格で損することと言えます。

自分の意見や考えを主張出来ず、あらゆる決定が他人の意見を元に行われ、行動や言動に自分の意思が存在しないのです。

他人の誤った意見で失敗しても、失敗を引き受けるのは自分という残念な結果にも。

自分の意見が無く他人に影響されやすいことは、自分の人生の決定権を他人に譲り渡すことになってしまいます。


損すること4. ストレスを溜め込みやすい

精神的な疲労が蓄積しやすいのも、臆病な人の欠点です。人間関係で、普通の人よりストレスを溜め込む確率が高いことがまず挙げられるでしょう。

更に、臆病な人は新しいものに挑戦しないので、無趣味であったり、気分転換が出来ないことに繋がります。

気分転換が出来ないと、結局ストレスを溜める一方に。

ストレスに悩まされる傾向が臆病な人にはよく見られますが、臆病な人はストレス解消も下手ので、状況がより悪化しやすいのです。


損すること5. 絶好のチャンスがあっても逃しがち

人生においては、挑戦すれば成功出来る確率が高い場面が何度かありますが、臆病な人はその場面すら逃しがち。

自分に自信が無く、客観的に見れば「出来るはず」と思うことですら、チャレンジしないからです。

特に恋愛においては、相手が気があるシグナルを送っていても、気付かない振りをして告白しないようなケースが目立ちます。

成功の可能性が高い事からすら逃げ続けていては、人生で幸福をつかむことは到底出来ないのです。


臆病な性格を克服する方法とは?

臆病は性格の問題ですから、なかなか解決しづらいと思い込みがち。

臆病な性格を直したいと思っていながらも、「生まれながらの性格だから」と、諦めている人も多いかもしれません。

しかし、臆病な性格を克服出来る可能性は、確かに存在しているのです。ここからは、臆病な性格の克服に役立つ7つの方法について解説します。あなたに合うやり方があるはずですので、試してみてください。


克服方法1. 毎日小さな目標を立てて成功体験を積む

臆病な性格を克服するために、ハードルの低い課題を設定してこなすことが挙げられます。自信の無さを原因とする臆病な性格を、成功体験を積み重ねることで直そうという考えからです。

恋愛であれば、好きな人と挨拶を交わすなどの、誰でも出来るようなことが良いでしょう。

小さな成功体験を着実に増やすことは、自信を付けて臆病を克服出来る上、成功に至るまでのパターンも習得出来、難しい挑戦の成功確率を上げてくれる効果も見込めます。

【参考記事】はこちら▽


克服方法2. 新しい趣味などを始めてみる

新しい分野に取り組むことも、臆病な性格を直すにに役立ちます。

臆病とは、未知の領域に踏み込むことが苦手な性格なので、新しい趣味は、新しい世界を知るきっかけになるからです。また、資格などにチャレンジするのも、仕事に活かせるという点で、更にメリットが大きくなることも。

新たな趣味を始めることは、臆病の克服に役立つだけではなく、人生の可能性を広げるチャンスでもあるのです。


克服方法3. 臆病になった原因を改善する

後天的な理由で臆病になった場合、理由そのものを取り除くのも、臆病の克服に繋がります。原因が無ければ臆病という結果も無いのですから、非常に合理的な方法と言えるでしょう。

一番難しい方法ですが、根本的な改善が出来るので、強い克服効果を生み出す可能性も。

臆病の原因そのものの改善は、不幸な過去と向き合う必要があり、大変辛い作業ですが、乗り越えられるのであれば理想的な克服方法なのです。


克服方法4. 自分の理想を目指すために、自分磨きを行う

コンプレックスの克服のため、資格取得やカルチャーセンター、あるいはセミナー通いするのも良いでしょう。

理想と違う自分への劣等感を克服することで、自分に自信を付けて、臆病な自分から抜け出せると言われています。

ただ、単に自分磨きと言っても、欠点や短所の解消による方法と、長所を伸ばす方法の2つの方向が考えられます。一般的には、長所を伸ばすことで自信を付ける方が楽だと言えそうですが、どちらを選ぶかは、最終的にはあなた次第でしょう。

いずれにせよ、自分磨きで理想の自分に近付くことも、克服方法の1つであることは間違いありません。


克服方法5. 好きなことをやって、ストレスを解消させる

精神的疲労の蓄積を嫌って臆病になっている場合、発散させることも克服に繋がります。

ストレスが溜まっても、すぐに解消出来れば、恐れる必要がないからです。

趣味でもスポーツでも、何でも自分の好きなことをすれば、ストレス解消だけではなく、自信まで湧いてくる可能性も。

好きなことでストレス解消することは、臆病な性格を直すきっかけだけではなく、新しい世界に視野を広げる機会にもなります。


克服方法6. 自信がある人の姿勢を真似してみる

臆病とは無縁の人の態度や言動に注目するのも、実は臆病克服の方法なのです。

通常、人間の行動は心理や性格に影響されますが、心理学上では、逆に行動が心理や性格に影響する場合もあると言われています。

自信に満ちあふれた人の振る舞いを真似してみるうちに、自然と自信が付いて来る可能性があるというわけです。

ただ、かなりハードルが高い方法ですので、最初は極一部の真似から始めてみるのが良いでしょう。

自信がある人のライフスタイルを真似することで、臆病な自分とおさらば出来るかもしれません。


克服方法7. 失敗したら反省ではなく、学んだことを活かそうとする

失敗自体をマイナスととらえずに、失敗から何かをつかもうという意識も、臆病からの克服に役立ちます。

臆病は、失敗を必要以上に恐れる心理から発生することが多いので、反省よりも、失敗から得た教訓を強く意識するというわけです。

ただ、教訓と反省は重なる部分も多いので、反省の仕方をポジティブ思考にするという方が、よりわかりやすいでしょう。

失敗をプラスにとらえる姿勢は、臆病を克服させるのに役立ちますが、新たな課題にも活かせれば、成功しやすくなるというメリットもありますよ!


実は臆病にも良いところがある!決して自分を責めないこと!

「臆病とは?」と考えると、まず『臆病者』などのマイナスイメージばかり思い浮かべてしまいがち。

ただ、人間にとって臆病という心理は、一定の役割を担っていることもまた事実でしょう。

例えば、物事が順調に進んでいても、「何か問題が出て来るかも」と言った不安は、調子に乗って軽率な行動を取るのを防ぐ効果があります。

他にも、失敗を恐れる心理は、完璧さを追求する姿勢に繋がり、仕事や勉強で成功に導く効果をもたらす場合も。

つまり、臆病であることが問題になるのは、あくまで過度に出る場合だけであり、臆病な性格そのものはうまく利用すればプラスに転換可能なのです。


臆病な性格が嫌だと思ったら、自分に合う克服方法を試してみて。

臆病な性格は、色々なマイナス効果を生み出し、人生において損をしがち。恋愛・仕事・プライベートのどれも上手くいかなければ、生きている意味はほとんど無くなってしまいます。

臆病に悩む人にとって、臆病のマイナス面ばかり目に付くのは仕方のないことかもしれません。

一方で、臆病とは人の心理的な弱さでありながら、大失敗や大事故も未然に防ぐ最後の砦の意味もあります。

臆病な性格を克服することは当然重要ですが、臆病の問題はあくまで「程度問題」なのだと言う軽い気持ちを持つ方が、克服が上手くいく可能性があると心に留めてくださいね。


【参考記事】はこちら▽

LINE はてなブックマーク
お気に入り

注目の記事

関連する記事