負のオーラがある人の特徴とは?浄化して跳ね返す10の方法を紹介!

負のオーラがあるのでは?と感じたことはありませんか。いつも落ち込んでいたりネガティブな発言をしていると、周りから避けられてしまうことも。そこで今回は、負のオーラの意味から負のオーラを持つ人の特徴やデメリット、負のオーラを浄化して跳ね返す方法大公開します!

負のオーラがあると感じて悩んでいる方へ。

負のオーラがある人に共通する特徴

職場やプライベートで「負のオーラがあるね」と言われたことがある人もいるのではないでしょうか?

自分では特に思っていなかったけれど、相手から言われて傷ついたり落ち込んでしまったという方も多いと思います。

そこで今回は負のオーラがある人に共通する特徴を詳しくご紹介!浄化して跳ね返す方法までご紹介しますので、負のオーラについて悩んでいる方は必見です。


負のオーラとは?負のオーラの意味を解説

そもそも負のオーラとは、暗くて相手に対してネガティブな印象を与えてしまうオーラや雰囲気のことです。

自分でははっきり分かっていなくても、相手に対して影響を与えてしまうケースがほとんど。「なんとなくこの人とは一緒にいたくない」と思わせてしまうものなのです。


負のオーラがある人の12個の特徴とは?

まずは負のオーラがある人の特徴をご紹介しましょう。負のオーラがある人には一体どんな特徴があるのでしょうか?

「負のオーラがある」と言われてことがある人は、ぜひセルフチェックをしながら読んでみてくださいね。


負のオーラがある人の性格の特徴

ここではまず、負のオーラがある人の性格の特徴をご紹介します。意識するだけで性格は少しでも改善できるので、ぜひ自分に当てはまるか確認してしてみましょう。

負のオーラがある人はどんな性格なのでしょうか?


性格1. 感情が表情に出なく、笑顔が少ない

負のオーラを身にまとっている人は、何事も楽しそうではないという印象があります。そのため、感情が表情に出ず、笑顔が少ないことが特徴的。

一緒にいても「本当に楽しいの?」と周りが心配になってしまうほどです。職場や友達と一緒にいるシーンで笑顔が少なかったり、感情を出していない人も、負のオーラがあると思われてしまいます。


性格2. ネガティブ思考で否定的な発言が多い

負のオーラとは、相手の気持ちをどんよりとさせてしまう特徴を持っています。そのため人と会話をしている時に、相手の意見を否定したり、マイナスな発言をしてしまうことが多いです。

基本的にネガティブ思考なので、一緒にいると「なんだか楽しくないな」「自分が否定されているみたい」と感じさせてしまいます。

【参考記事】はこちら▽


性格3. すぐに他人と比較し、嫉妬しやすい

負のオーラを持っている人は、根本的には自分も注目されたいという願望を持っています。そのため、すぐに誰かを比較を行い、嫉妬する傾向にありますよ。

他人を妬みやすいので、よりネガティブな発言に拍車がかかってしまうケースがほとんど。嫉妬をしたり、他人と比較しがちな人は負のオーラの持ち主といえるでしょう。


性格4. 落ち込みやすく、ミスをいつまでも気にする

気持ちの切り替えがうまくできないという傾向もあります。何か失敗をしてしまった時に、落ち込んでしまったり、ミスをずっと気にしてしまうということも。

そのため、くよくよしたり、ネガティブな発言をしてしまい負のオーラを発揮してしまうんですよね。

些細なことを気にしたり、落ち込みやすい人は負のオーラをまといやすいですよ。


性格5. 自分の意志が弱く、自信がない

負のオーラの人は褒められたり、成功体験をもった経験があまりありません。そのため「自分は本当に大丈夫なのだろうか」といつも不安なことが特徴です。

その結果、自分の意志が弱く、自信が常にありません。何かチャレンジをした時でも「どうせ無理」「私にはできない」というネガティブな発言をしてしまうことでしょう。

【参考記事】はこちら▽


負のオーラがある人の行動や外見の特徴

ここからは負のオーラがある人の行動や外見の特徴をご紹介しましょう。

性格に比べて、行動や外見はすぐに改善することがしやすいので、ぜひ当てはまることは直すように努力してみてくださいね。早速ご紹介しましょう。


行動や外見1. 猫背で姿勢が悪い

負のオーラを持っている人は、自分に自信がなかったり、目立つことがあまり好きではありません。自信がないと、うつむきがちになることが多いです。

そのため、負のオーラの人は、基本的に猫背が多いです。猫背で姿勢が悪く、だらだらを歩いている印象です。

姿勢が悪くだらだら歩いていると、元気が感じられず暗い印象に。そのため負のオーラがあるように感じられます。


行動や外見2. 話す声が小さく聞き取りづらい

「自分の意見は正しいのか?」「場違いなことを言っていないか?」と常に不安な気持ちを抱えています。そのため負のオーラを持つ人は、話す声が小さかったり、ボソボソと話す傾向がありますよ。

喋り方に抑揚がないため、感情もうまく把握できず結局何が言いたかったのかがわからないことも。

何が言いたいのかわからないと人間は不安になってしまうため、結果的に「この人ネガティブそう」「負のオーラを持ってそう」と思われてしまいます。


行動や外見3. 話すときに人と目を合わせない

負のオーラを持つ人は、自分に自信がなかったり、目を合わすこと自体が苦手なことが多いです。

本人には悪気があるわけではないですが、目を合わせてくれないと相手は「悪いことしたかな」と気持ちが落ち込んでしまいますし、なんだか不気味という印象を与えてしまいます。

あまり目を合わしていないなと感じる方は、周りから怖いと思われている可能性があるので、負のオーラ持っているというイメージがついてしまいます。


行動や外見4. 怒りっぽく、常にイライラしている

自分の幼少期の出来事や職場で言われたことなど、負のオーラを持つ人は、些細なことを根に持つケースが多いです。

そのため、怒りっぽく、常にイライラをしていることがほとんど。「こんなことで怒るの?」ということでも不機嫌ですし、つい一言多く文句を言ってしまうシーンがあるでしょう。

怒りっぽいと自分の感情をコントロールできないと思われ、負のオーラの持ち主だと思われます。


行動や外見5. ため息が多かったり、体調が悪そうな雰囲気がある

負のオーラを持つ人は、なにかと周りを心配させる雰囲気を持っています。特にため息が多かったり、体調が悪そうな様子を見せてしまう時は要注意。

気がついてほしいという願望を持っていたり、構ってほしいというアピールでもあるんです。

しかも本人は無自覚なので余計に面倒と思われることも。


行動や外見6. 服がしわしわなど、服装に清潔感がない

負のオーラを持つ人は、基本的に無自覚で生きています。自分が出すオーラのことにも気がついていません。それは仕草だけではなく、服装にも現れるのです。

シワシワの服だったり、破れていたり、黄ばんでいたりと、清潔感が全くありません

自分の服装に関して無頓着なため、周囲から負のオーラがあると思われてしまいます。

【参考記事】はこちら▽


行動や外見7. 職場や学校で挨拶をしない

どんよりとした空気をまとっているため、自分の世界に閉じこもっていることがほとんど。そのため、職場や学校なので、基本的に挨拶をしなくてはならない所でも全く挨拶をしません。

挨拶をしないことで、より「無愛想」「なんか暗い」という印象を与えてしまいます。その結果「話しかけても返ってこないからつまらない」と感じられ、周りを寄せ付けないことになります。

【参考記事】はこちら▽


負のオーラがある人の4つのデメリット

ここからは負のオーラがある人のデメリットをご紹介しましょう。負のオーラがあることで、一体どんなデメリット要素があるのでしょうか?

デメリットを把握することで、より改善しようという気持ちが湧いてくることでしょう。


デメリット1. 暗い雰囲気があるので、話しかけづらい

負のオーラをまとっている人は、全体的にどんよりとしています。自分のことばかり考えているため、周囲への気配りがありません。

そのため周囲が何か話しかけようと思っても、悪い印象を持ってしまうので、暗い雰囲気があって近づきにくく、話しかけることができません。

せっかく友達になるチャンスや、仕事のチャンスがあっても逃してしまうことが多いのです。


デメリット2. 職場などで周りからの評価が上がらない

積極的に周りと会話をしたり、楽しませるという気持ちがないので、仕事ができないというレッテルを貼られてしまいがちです。

そのため、職場などで周りからの評価が上がりません。いつまで経っても出世しませんし、成長できそうな仕事をもらうこともできないです。

負のオーラをもっていると、そのようなチャンスも逃してしまうデメリットがあります。


デメリット3. 周りから人が離れていき孤立してしまう

どんよりとした雰囲気の人と一緒にいると、自分まで嫌な気持ちになってきますよね。ネガティブは伝線しやすいので、周囲から孤立してしまう可能性が高いです。

多くの人はポジティブな人と一緒にいたいものですし、一緒にいて元気なオーラをもらいたいもの。友達や恋人などを作るチャンスを失うというデメリットを持っているので注意してくださいね。


デメリット4. 物事が上手く行かなくなるので、自己嫌悪に陥りやすい

声が小さかったり、相手とうまく会話ができないと仕事がスムーズに進めません。そのため「あいつはできないやつだ」という印象を与えてしまうことも。

物事がうまく進まないので、毎回「自分はなんてダメなんだ」と落ち込みやすくなりますよ。

自己嫌悪が続くと、自分のことがどんどん嫌いになってしまうというデメリットが挙げられます。


負のオーラを跳ね返す!負のオーラを浄化する10個の方法

ここまで負のオーラの特徴やデメリットをご紹介しました。ここからは負のオーラを跳ね返す、浄化する方法をご紹介します。

自分には負のオーラがあると落ち込む人も、ぜひ浄化する方法を試して、明るい自分を取り戻しましょう。


対処法1. 引っ越しをして住む環境を変える

人間は自分のいる環境によって感情や物事を左右されることも多いです。そのため、悪い気分が続くなと感じる場合は、もしかすると住んでいる環境が悪いということがありますよ。

そんな場合は、思いきって引っ越しをしてみましょう。ガラッと住む場所を変えることで気分が一新して、ポジティブになることがありますよ。


対処法2. 前向きな考え方や発言を心掛ける

言葉は想像以上に自分の行動や感情に影響をします。ポジティブな言葉を言えば、その分自分がポジティブになれますよ。

そのため、何か自分が発言をする時に「この言葉は誰か傷つけないか?」ということを考えて発言するように心がけましょう。

前向きな考えや発言を心がけることで、負のオーラも跳ね返すことができるでしょう。

【参考記事】はこちら▽


対処法3. 服装や大きく変え、身だしなみを整える

第一印象の影響はとても大きいです。シワシワな服を着ているだけで「この人大丈夫かな」と思われます。そのため、身なりにはしっかりと力を入れていきましょう。

高くなくていいので、シンプルでシワや汚れのない服装を心がけてみてくださいね。

服装やヘアメイクなど、身だしなみを整えるだけで、グッと明るい印象になりますよ。


対処法4. 健康的な食事を取り入れる

どんよりとネガティブになりやすい場合は、栄養が足りていないことも多いです。お菓子やエネルギーになりにくい食事ばかりをしていませんか。

明るいオーラになりたければ、肉や魚など、健康的な食事を心がけるように意識をしましょう。

特にお肉を食べるとエネルギーが湧いてくるように感じるので、ぜひ積極的に食べてみてくださいね。


対処法5. 運動を取り入れ、規則正しい生活を心掛ける

走ったり、筋トレをすると気分がリフレッシュして「頑張ろう」と前向きな気持ちになりやすいです。負のオーラを持っている人も、できるだけ運動を取り入れて、規則正しい生活を心がけましょう。

太陽の光を浴びたり、ぐっすりを眠ることで、悩みも大したことないと思えますし、毎日頑張ろうとエネルギーが湧いてきますよ。


対処法6. 小さな目標を立て、達成する習慣をつける

負のオーラを持っている人は、成功体験が少ないことが多いです。そのため、些細な目標や夢を達成することで、自分に自信がついてきますよ。

職場で明るく挨拶をすることや、毎日階段を使うなど、小さな目標を達成することで「自分もできるんだ」と感じ、負の感情を浄化させることができるでしょう。

まずは自分のできることを考えて目標立ててみてくださいね。


対処法7. 声のトーンを上げ、明るい印象を与える話し方に変える

明るい声で話す人はそれだけで自信があるように見えます。周囲も「この人は安心感があるな」と感じてくれるので、仕事を任されたりする機会が増えてきますよ。

そのため負の感情を浄化したい場合は、できるだけ声のトーンをあげて会話するように心がけてみてください。

話し方ひとつでガラッと印象が変わり、仕事のチャンスも増えてくるでしょう。


対処法8. 笑顔を増やし話しかけやすい雰囲気を作る

負のオーラを持っている人は、基本的に無表情です。人間は感情が読み取れない相手には恐怖を感じてしまう傾向があります。

そのためできるだけ笑顔を増やして話しかけやすい雰囲気を作りましょう!ニコニコと明るく話しているだけで、「楽しそうだから話してみたい」と人が集まってきますよ。

負のオーラを浄化するのに、笑顔は最強のアイテムなので積極的に利用しましょう。


対処法9. 背筋を伸ばし、綺麗な姿勢を維持する

猫背でどんよりとしている相手には、話しかけづらいもの。自信が内容に見えて職場でも「他の人にお願いしよう」と思われてしまう可能性が高いです。

そのため常に姿勢をピンと伸ばして、目線を上げるように心がけておきましょう。

姿勢が綺麗だと自信があるように見えて、負のオーラも跳ね返すことができるのでおすすめです。


対処法10. 今までやったことのない新しいことにチャレンジする

負のオーラを持っている人は、現状維持を求めていることが多いです。何かに積極的にチャレンジをすることはほとんどありません。

現状維持のままだと、思考も行動力も上がりません。自分を変えたいと思うのならぜひ積極的に新しいことにチャレンジをしてみましょう。

チャレンジをすることで自分に自信もつくのでおすすめです。負のオーラを跳ね返すことに繋がりますよ。


負のオーラを跳ね返して、明るい自分を見つけてみて!

負のオーラの意味や負のオーラを持つ人の特徴、デメリットや改善方法などをご紹介しました。負のオーラを跳ね返すには難しいかも?と思いがちですが、案外簡単にできることばかり。

話し方や姿勢、身なりなど、意識をするだけでぐっと変わることがほとんどです。負のオーラで悩んでいる人は、ぜひ参考にしてくださいね。


【参考記事】はこちら▽

LINE はてなブックマーク
お気に入り

注目の記事

関連する記事