キスマークを付ける男女の心理|7箇所の場所別で異なる意味を解説!

キスマークを恋人に付けたいと思うのは、男性も女性も同じですよね。そこで今回は、キスマークを付ける心理を男女別に徹底解説!また、キスマークを付ける場所で変わる意味についてもお教えします。カップルのラブラブ度を高めるためにも、キスマークを上手に付けて気持ちを盛り上げましょう。

キスマークを付ける心理が知りたい方へ。

キスマークを付ける男女の心理

仲がとても良いカップルがよくするキスマークを付ける行動には、色々な意図があります。どこにキスマークをつけるかによっても、それぞれの心理状態が変わるって知っていましたか?

この記事では、キスマークを付ける心理を、キスマークを付ける位置ごとに詳しく解説していきます。キスマークをつけてもらったけど、どんな意味があるか知りたいという時に参考にしてみてくださいね。


前提として「キスマーク」とは?

キスマークとは

キスマークとは、唇で相手の身体に吸い付くことによって、吸引された部分が内出血を起こし、赤いリップのようなカラーの炎症の模様をつくることです。

やり方によっては、口紅で唇のかたをつけたような綺麗なマークをつけることもできます。


【男女別】恋人へキスマークを付ける人の心理とは

キスマークをつける人の心理

大切な恋人の身体にキスマークをつけたいと思う時の心理状態とはいったいどんなものなのでしょうか。男女別に様々な思惑があってキスマークをつけてあげたいという心理になります。

どんな想いをもってキスマークをつけているのか、男女別に解説していきます。


キスマークをつける男性の心理

まず、キスマークをつけたいと思う時の男性側の心理状態について考えてみましょう。

主に5種類の心理状態が働いて、愛する女性に対してキスマークをつけたくなるという気持ちになります。詳しく見ていきましょう。


① 彼女に対する愛情表現でキスマークをつけてる

親密な間柄になる女性と、特別な関係で結ばれていることを心から喜んでいるというケース。一緒に過ごせることの嬉しさを愛情表現として現したいという心理を表現しているのです。

特に深く考えた動機があってキスマークをつけているというわけではなく、単なる愛情の発露としての表現で、気持ちを嬉しく受け取れるでしょう。


② 彼女が好きすぎて独占したい!

キスマークをつける男性の心理はスキすぎているから

恋人の女性との関係をとても大切にしているのです。この状態を失いたくないと強く感じているという時に、キスマークをつけたいという心理になってしまいます。

大切な彼女のことがとても好きで好きでしょうがなくて、このまま独占しておきたいという気持ちを行動で表現しようとしたのが、キスマークをつけるという行動なのです。

【参考記事】はこちら▽


③ 今まで経験がないからしてみたかった

彼女への愛情を表現する方法のバリエーションを、さらにバージョンアップしたいと思った時に思いついたのが、キスマークをつけてみるということだったということもあります。想いを伝えたいと思うあまり、とても興奮しているのです。

今までしたことがない愛情表現方法なのでとても気持ちがたかぶっていることでしょう。大切な彼女に対して最大限の愛情を示すために、経験がないようなことをやってみたいという心理なのです。


④ 彼女の浮気を予防するために付けた

キスマークをつける男性は彼女の浮気防止

相手の女性のことをとても大切に考えていて、別れてしまうことを考えるだけで辛くなるので、浮気の予防となることをなんでもやりたいという心理になっていることもあります。

そこでキスマークをつければ、他の男性のところには行きにくくなるだろうという考えます。どうしても浮気されたくないという心理から、彼女にキスマークをつけたくなる人は意外と多いでしょう。


⑤ ただイチャイチャしているつもりだった

大好きな女性と一緒にいられるということを、とても嬉しく思っています。まったりと二人きりのプライベートな空間で、イチャイチャすることに幸せを感じる男性も多いことでしょう。

イチャイチャしているうちに、強い愛情表現をしたくなるものですから、ついついキスマークをつけてしまうという心理になっていることが考えられます。

【参考記事】はこちら▽


キスマークをつける女性の心理

では、キスマークを愛する男性の身体につけたいと思ってしまう女性側には、どんな心理状態の働きがあるのでしょうか。

女性の場合は主に2つの種類の心理があります。それぞれを詳しく解説していきます。


① 彼氏への愛情表現を可視化したい

愛情を目に見えるかたちで残すことによって、愛していることを深く実感できる女性のも多くいることでしょう。女性として、様々な愛情表現を、態度や視線や言葉などで示しますが、それだけでは物足りないと感じることがあります。

キスマークを相手の男性の身体につけるなら、自分たちの関係がかわいいキスマークによって証明されているという気分になれて、愛情を示したい欲求の心理を満足させられるのです。


② 彼氏を誰にも取られたくない

キスマークをつける女性は彼氏をとられたくない

大切な彼氏がいないと、自分はもうやっていけないというように感じて、その相手の男性を独占したいと感じるようになります。

キスマークがあることによって、男性は他の女性のところに行きにくくなるというように感じられるのです。

誰にも取られたくないという強い想いから、目に見える形で、自分のものである証を残しておきたいと思う心理になっているのです。


キスマークは付ける場所によって意味が異なる

キスマークはつけるばしょによって意味が違う

キスマークは、相手の身体のどの部分につけようとしているかで、キスマークをつける意図が異なります。主に身体のパーツ別に、7つの部分ごとのキスマークをつけたい心理にそれぞれどんな意味があるのかを解説します。


場所1. 「首」にキスマークをつける意味

目につきやすい首にキスマークをつけるということは、相手に対するとても強い執着心を持っていることの現れとみられます。

愛する人を誰にも取られたくないという思いを、見える形で、しかも簡単に第三者からも見られる首筋に印づけているのです。相手のことを独占したいという気持ちがたくさん含まれています。

【参考記事】はこちら▽


場所2. 「腕」にキスマークをつける意味

腕にキスマークをつけるという行動も、相手のことをとても好きだという気持ちの証拠。手や腕は、親しい二人が一番よく触れ合う部分です。

腕に愛着を持ってキスマークをつけるということも、相手との触れ合いの象徴を大切にしたいという意図があります。好きの気持ちがあふれてしてしまった行動ですよ。


場所3. 「手の甲」にキスマークをつける意味

手の甲にキスマークは信頼に値する意味

手の甲は、本来は結婚指輪という二人が結ばれる関係であることをあらわす象徴があるべき部位です。

手の甲にキスマークをつけるという行動は、独占欲としてキスマークをつけるというよりも、信頼に値する行動をとってほしいという願いを込めたキスマークといえるでしょう。


場所4. 「太もも」にキスマークをつける意味

太ももにつけたキスマークは、太ももがとても柔らかい部位であることから、長時間印を保てます。また、太ももは普段は隠れている部位であり、キスマークをつけたとしても目立つということはありえない箇所です。

太ももにつけたキスマークには、ずっと一緒にいたいという気持ちや、いつでも自分のことを思い出してほしいという気持ちが含まれます。


場所5. 「胸」にキスマークをつける意味

カップルだけが見たり触れたりすることのできる密な関係の象徴ともいえる胸にキスマークを入れるというのは、その相手との関係にとても満足しており、これからも独占したいという気持ちが含まれています。

また、性的な関係の中で、男性にとって女性の胸は、自分の身体にはない部位であり、自分のものとして顕示したいという思いも込められます。


場所6. 「お尻」にキスマークをつける意味

お尻にキスマークは自分だけに到達するところ

お尻も、二人だけの性的な関係を持つときだけに触れることができる身体の部位ですから、親密さの特別な意味合いがあります。

また、とても柔らかい部分であり長時間残せます。さらに、色も他の身体の部位よりも白いという場合も多く、キスマークをより鮮明にできます。

自分だけが到達できるところに、はっきりとしたキスマークを残しているというシチュエーションで興奮を高めているのです。


場所7. 「お腹」にキスマークをつける意味

愛する相手のお腹の部分に自分の顔をうずめるというシチュエーションは、相手に包み込まれたような雰囲気を味わえます。女性の腹部は、子宮のあるところでもありますから、女性の母性を強く感じられるパーツであるともいえます。

お腹にキスマークを残すのは、相手の女性に癒されたいという思いや、いつも癒しをくれて感謝しているという気持ちを現しているのです。


キスマークの上手な付け方をレクチャー

キスマークの上手な付け方

愛情の印であるキスマークをつけるからには、美しいシルエットのものを残したいですよね。どのようにすれば、綺麗なキスマークをつけられるでしょうか。キスマークの上手な付け方のコツを解説します。


1. 口はなるべく小さく開ける

キスマークは、相手の身体に吸い付くことによって、軽度の内出血を引き起こさせるようにします。幅広い箇所に唇で接して吸い取ろうとするなら、吸引力が思ったより強くならず、鮮明なマークをつけられませんね。

キスマークをつける時には、口はなるべく小さく開けるようにして、吸い付く強度を高められるようにするのがポイントです。


2. 相手の肌と唇をしっかり密着させて吸い込む

目標とするパーツに的確に唇を当てることができたなら、吸い付きの強度を最大限に強められるように、口と相手の身体の部分の間から、空気が漏れないようにしましょう。

相手のパーツの肌の部分としっかり密着させて吸い付き、真空状態を作り出すことが、鮮明なキスマークを付けられるかどうかの大きなポイントとなります。


何度も吸うのがポイント

一度だけの吸い付きで鮮明なキスマークにはなりません。同じ個所を何度も同じように吸い付くことによって、鮮明で美しいキスマークをつくりだすことが可能になります。

繰り返しながらキスマークを美しく形作るようにすることで、強い吸引でなくてもキスマークを綺麗につけられるので、女性でも簡単にできますよ。


3. 皮膚が薄い部分だと、綺麗なキスマークが付けやすい

キスマークの上手な付け方は皮膚の薄いところ

吸い付きやすい箇所にキスマークをつくるようにしましょう。吸い付きやすいのは、皮膚が薄い部分です。初めての場合などは、吸い付きやすさに重点を置いて箇所を選択したほうが、より美しく鮮明なキスマークを付けることができるはず。

初心者の方は二の腕が綺麗なキスマークをつけるのに最適でしょう。


キスマークを付けられた際の消し方や隠し方

キスマークの上手な消し方

愛情の表現の発露としてキスマークをつけてもらったのは良いものの、仕事などで外出する時に露出してしまう部分であれば、ちょっと恥ずかしいですよね。ここでは、キスマークの消し方や隠し方について解説します。


1. 皮膚を温めたり、冷やしたりするのを繰り返して血行を促進する

キスマークは内出血の後であるわけですから、溜まってしまった血液が綺麗に流れるようにすることで、しるしを目立たなくできます。

皮膚を温めたり冷やしたりすることを繰り返すことで、血の流れをうながせます。キスマークがある箇所だけでなく、その周辺の部分の血行を促進するようにしましょう。


2. 優しく指でマッサージしてあげる

内出血でキスマークになっている部分の血液の流れを促進させましょう。軽いマッサージをすることが有効な消し方です。血の巡りがよくなり、溜まってしまって赤くなっていた部分が徐々に元通りになっていくはず

強く揉んでしまうと、余計に毛細血管をつぶしてしまって赤くなってしまうことも考えられますから、マッサージを優しくすることがポイントです。


3. 応急処置なら絆創膏で隠すのもアリ!

キスマークの消し方は絆創膏

時間がない場合やあまり目立たない箇所のキスマークなら、ごまかす程度の応急処置でなんとかしのぐことも可能でしょう。

ちょっとした擦り傷をしそうな箇所のキスマークなら、絆創膏を貼ることで、怪しまれることなくごまかせますよ。


キスマークをつけ合って、カップルの気持ちをより盛り上げましょう。

キスマークをつけ合って盛り上がろう

仲良しカップルの象徴であるキスマーク。相手のいろんな心理や思惑で、愛情の表現としてつけられます。綺麗な付け方をマスターして、二人だけの秘密の想い出を作ってみましょう。

ただ、付け方だけでなく、隠し方も知っておかないと、恥ずかしい思いをすることになるので要注意です。この記事を参考に、キスマークで愛情を深めてくださいね。


【参考記事】はこちら▽

LINE はてなブックマーク
お気に入り

注目の記事

関連する記事