彼氏と倦怠期かチェック!倦怠期を迎えた彼氏の本音&乗り越え方とは

最近彼氏から愛を感じない時は、もしかしたら彼氏が倦怠期かも。今回は、倦怠期に入った彼氏の本音や倦怠期に入った彼氏の特徴、上手な乗り越え方を解説します。彼氏が冷めてると思ったら倦怠期かどうかチェックしてみて、円満なラブラブカップルに戻れるように対処しましょう。

彼氏がそっけないと、倦怠期になっているか不安ですよね。

倦怠期な時の彼氏の本音や乗り越え方

カップルが避けて通れない倦怠期。彼氏が最近なんだか冷たく辛いと感じる場合、それは倦怠期がやってきたのかもしれません。

別れを考える前に、倦怠期の意味や、乗り越えられるものなのかを知りたい女性は多いのではないでしょうか。

そこで今回は、倦怠期の意味や特徴、乗り越え方や倦怠期にやってはいけないことなどを紹介していきます。彼氏と仲良く付き合っていくために、倦怠期を乗り越えていきましょう。


そもそも「倦怠期」の意味とは?

倦怠期とは、交際相手に対する「慣れ」や「飽き」から、新鮮味を感じられなくなっている状態のことです。

相手にドキドキしなくなり別れに繋がってしまう場合もあります。

期間や長さはカップルによって異なりますが、乗り越えることで絆が深まることにも繋がったりします。


倦怠期がくるタイミングはいつ?

彼氏との倦怠期がいつ訪れるのかはカップルによって異なり、時期やタイミングが決まっているわけではありません。

付き合い始めて1年以上に訪れるカップルが比較的多いですが、早ければ3ヶ月ほどで倦怠期を迎える場合も。

お互いの人となりをやっとわかりあえたと感じる頃に、突然倦怠期がやってくることが多いです。


倦怠期の期間はいつまで続く?

倦怠期とは、どのぐらいの期間なのかはカップルによって違います。

1ヶ月程度で解消するカップルもいれば、1年ほど続いてしまうカップルも。倦怠期があまり長く続いてしまうと、浮気や別れにつながってしまう場合もあります。

倦怠期とは相手に対する慣れや甘えからくる場合が多く、早く改善策を打つことで短期間で済む場合が多いです。


彼氏が倦怠期に入った時の本音とは?

自分は彼氏に対していつもドキドキしていても、彼氏だけ倦怠期になってしまう場合があります。

倦怠期とは交際相手に対する新鮮味を感じていない状態なので、彼氏の態度が何となく冷たくなり辛い思いをしてしまうこともあります。

ここからは、倦怠期に入った彼氏が本音でどう感じているのかを紹介していきます。


本音1. 彼女の悪い部分ばかりに目が行ってしまい、関わりたくない

倦怠期には好きなはずの彼女のいい部分がわからなくなってしまいます。交際を始めた頃は彼女の良いところだけしか目に入らなくても、倦怠期になると目に付くのは悪いとこばかり。

特に、彼氏だけ倦怠期になってしまうと、彼女の嫌なとこばかり気になって仕方がないため、関わりたくないという気持ちが強く、連絡の頻度も少なくなってしまいます。

マンネリ化や距離が近すぎることが原因になっている場合も。少し距離をとることで、互いの良い部分を再確認できます。


本音2. 彼女との付き合いに慣れてしまい、飽きている

恋愛には刺激を求める男性はとても多いです。彼氏だけ倦怠期になると、付き合いの長さによって彼女に対する慣れや飽きが出てきてしまいます。

付き合いが長くなると、彼女が見た目にあまり気を使わなくなったり遠慮がなくなったりすることも多く、倦怠期になりがちです。

彼氏としては付き合いに慣れた彼女に新鮮さを感じられなくなることで、倦怠期になってしまいます。


本音3. 一緒にいすぎていることで、疲れた

彼女のことを大好きな彼氏であっても、彼女に尽くしすぎる状態が続くと疲れて彼氏だけ倦怠期になってしまいます。

一緒にいる間、ずっと彼女に尽くしている状態が続くと、彼氏は疲れて気が休まる時がありません。あまりにも一緒にいる状態が長いと、疲れてしまって気持ちが冷めてしまうことがあります。


本音4. 彼女のことよりも、自分の時間を大切にしたい

彼氏だけ倦怠期になってしまうカップルには、自分の時間が欲しいのに取れないことが原因の場合もあります。

特に、彼女と付き合う前は自分の趣味に時間を割いていた男性の場合は、付き合い始めのラブラブな期間を過ぎると、趣味に時間を割きたくなる場合も多いです。

決して彼女のことを嫌いになったわけではありませんが、趣味などのために自分に時間を割きたい気持ちが強いことで、彼女に割く時間が少なくなり、結果的に倦怠期になってしまいます。


倦怠期かどうかチェック!倦怠期に入った時の彼氏の9つの特徴

ここからは、倦怠期に入った時の彼氏の特徴を9項目紹介していきます。

彼氏が何となく冷たくなった、連絡が少なくなったと感じたら、倦怠期かどうかをチェック。言動・LINEごとにわけて、倦怠期の特徴を見ていきましょう。


彼氏が倦怠期に入った時の「言動」の特徴

ここでは、彼氏が倦怠期に入った時にどのような言動が多くなるのか、特徴を紹介していきます。

最近彼氏と何となくうまくいかないと感じている人は、浮気を疑う前に、倦怠期かどうかをチェックしてみましょう。


言動1. 彼女とのデートをめんどくさがる

彼氏だけ倦怠期になると彼女に新鮮さを感じられなくなっているので、彼女とデートをしたいと思わなくなっています。

そうなると、いくら彼女がデートに誘っても、なかなか誘いに乗ってくれなくなります。

彼女との付き合いに慣れて飽きてしまうことが理由で、刺激を感じられず、デートの誘いもめんどくさいと思ってしまうのです。


言動2. 彼女のメイクや髪型などの変化に全く気付かない

彼氏だけ倦怠期になった時の特徴のひとつが、彼女に興味を示さなくなることが挙げられます。

彼女が美容院に行って髪型を変えたり今までとは違うメイクをしたりしても無反応です。言わないだけなのではなく、興味がないため気付きません。

特に、一緒にいる時間が長いカップルや長く付き合っているカップルにありがちな特徴です。


言動3. 彼女と話す時の笑顔が少ない

彼氏だけ倦怠期になったら、彼氏の表情からも読み取れます。

特徴としては、笑顔が少なくなり笑わなくなること。彼女といても彼氏は新鮮さを感じられなくなっているので、楽しいとあまり感じず、自然に笑顔が少なくなってしまうのです。

ただし、彼氏としては素の自分を見せているだけの場合もあります。彼氏が友達といる時も、同じような表情であればそう気にすることはありませんが、自分といる時だけ笑わないのは倦怠期の大きな特徴です。


言動4. 一緒にいる時に、スマホばかり見ている

倦怠期に入ると、彼氏はあまりデートに集中しなくなります。付き合い始めの頃は、デートの時は自分だけを見てくれていた彼氏であっても、彼氏だけ倦怠期になってしまうとスマホばかり触っています。何か話しかけたり提案したりしても上の空。

彼女との付き合いに慣れ、マンネリ化しているため、一回一回のデートを大切な時間と思わず、スマホばかり見てしまいます。


言動5. 彼女の提案することに、イライラして突っかかる

彼氏だけ倦怠期になってしまうと、彼女との付き合いに慣れることで遠慮がなくなります

彼女に対してストレスをぶつけることも多くなり、彼女が何かをしようと提案しても、否定したり突っかかったりして彼女は辛い思いをすることに。

彼氏としては素の態度で接していることも多いのですが、彼女としては優しくなくなったと感じてしまいます。気を使わなくなっていることで、突っかかるような態度になってしまうのです。


言動6. 彼女とのスキンシップが減る

倦怠期は付き合いの慣れによって新鮮さを感じられなくなっています。

倦怠期には彼女を女性として見られなくなってしまう男性も多く、彼女に触れたいという思いが少なくなっています。そのため、カップルにとって重要なコミュニケーション手段であるスキンシップも減ってしまいます。

恋愛に必要な新鮮さを感じられなくなっていることが原因で、スキンシップが減ってしまうのです。


彼氏が倦怠期に入った時の「LINE」の特徴

LINEからも、倦怠期かどうかをチェックできます。

最近彼氏が冷たいと感じ、倦怠期なのか浮気なのか不安に思っている人は、LINEのやり取りを見返してみましょう。具体的な倦怠期のLINEの特徴を紹介していきます。


LINE1. 忙しくて会えない時にも、LINEなど連絡をしない

多くのカップルは忙しくて会えない期間であっても、LINEなどで連絡を取り合うものですが、倦怠期には彼女と接することを面倒に感じているため、彼氏からは音沙汰がなくなり、LINEでの連絡もなくなります。

彼女が不安に感じていようが心配していようがお構いなしです。

忙しくてなかなか会えない時でも、面倒に思う気持ちが勝ってしまうので連絡をしないのです。

【参考記事】はこちら▽


LINE2. 返信が遅かったり、スルーされたりする

倦怠期になると、彼氏は彼女にあまり気を使わなくなります。LINEも、付き合い始めの頃のようにまめに返信してくれることも少なくなります。

男性にとって単なる連絡ツールであるLINEを、倦怠期になると地が出てしまうことが理由で、彼女からLINEで連絡しても返事が遅かったり、既読スルーされたりします。

冷たい態度と感じてしまいがちですが、彼氏にとっては素の自分を見せているだけの場合も。倦怠期には彼女の気持ちより彼氏自身の都合を優先するので、LINEの返信は遅く、スルーされることもあるのです。

【参考記事】はこちら▽


LINE3. 「うん。」「はい。」など話題を広げようとしない

倦怠期になると彼氏は彼女に遠慮がなくなります。LINEの返信も同じで、何か返事を求めても 「うん。」「はい。」など、話が広がっていきません。

LINEが男性にとって単なる連絡ツールであることが原因のひとつです。

付き合い始めの頃は、彼女に嫌われないよう気を遣ってマメに話を広げようとしていた彼氏でも、彼女に慣れてしまい、遠慮がなくなったことで話題を広げなくなるのです。


彼氏との倦怠期の上手な乗り越え方

ここからは、彼氏との倦怠期の乗り越え方を解説していきます。

乗り越えることでさらに仲良く過ごせる場合もあることに倦怠期の意味があります。倦怠期の上手な乗り越え方の具体例を見ていきましょう。


乗り越え方1. 「好き」と改めて直接伝える

相手に慣れすぎてお互いの気持ちがわからなくなっていることに、倦怠期の原因がある場合も。

改めて「好き」と伝えてみることでお互いの気持ちを再確認しましょう。2人で乗り越えて仲を深めることに倦怠期の意味があります。

ただ不安に思っているよりも、自分にできることをしていくことが大切です。まずは、自分の気持ちを改めて素直に伝えてみましょう。


乗り越え方2. デートに行く時は、新鮮味を加える

倦怠期の意味は、いつも新鮮な気持ちでいたいことを再確認できる点にもあります。

倦怠期のカップルは、デートに行く場所がいつも同じだったりいつも同じような服装だったりとマンネリ化が原因の場合も多いです。倦怠期を乗り越えるには、いつものパターンを少し変えてみることがおすすめ。

いつもと違うことをすることで、ワクワク感が復活し、倦怠期を乗り越えられます。

【参考記事】はこちら▽


乗り越え方3. 彼氏と距離を置いて、なるべくLINEや電話など連絡の頻度を下げる

倦怠期は、彼氏は彼女に飽きていることが多いです。彼氏と一緒に居過ぎることが原因になっている場合もあるので、少し距離を置いて、LINEや電話などでの連絡の頻度を下げてみるといいでしょう。

少し距離を置いていつもと違うものをお互い目にすることで、相手に対して新鮮な気持ちを取りもどしやすくなります。

連絡の頻度を下げて距離を置くことで、賢く倦怠期を乗り越えていきましょう。


LINEをする場合は、「最近忙しそうだから体調に気をつけてね」と気遣った内容にする

倦怠期の彼氏に連絡する時、相手が冷たく辛い思いをしてしまうことも多いです。

そんな倦怠期の彼氏にLINEを入れるなら、「最近忙しそうだから体調に気をつけてね」などの相手を気遣う言葉を伝えることが大切です。


乗り越え方4. 倦怠期を気にしないように、趣味など予定を埋めておく

倦怠期には、相手への飽きや慣れから、彼氏とのデートや連絡の頻度が減ってしまいます。

たとえデートが少なくなってしまっても、別の予定を入れておくと倦怠期が気にならなくなります。これまで彼氏に費やしていた時間の一部を、趣味や友達との時間など、自分の時間を充実させてみましょう。

空いた時間も予定を埋めておくことで、倦怠期が気にならなくなり、毎日生き生きと過ごせます。


乗り越え方5. 次に会う時までに、自分磨きをする

倦怠期のカップルはどうしてもデートの回数が減ります。次に会った時には彼氏をドキッとさせられるよう、自分磨きを頑張るのがおすすめです。

倦怠期の大きな原因はマンネリ化。彼女が綺麗になっていると彼氏は嬉しくなります。

他の男性に渡したくないという気持ちが働き、きっとデートの回数も増えるはず。彼氏をもっと好きにさせるためには、自分磨きも大切です。

【参考記事】はこちら▽


倦怠期に彼氏をイライラさせてしまうNG行動

ここからは、倦怠期にはNGの、彼氏をイライラさせてしまう行動を紹介していきます。

自分の行動次第では、最悪の場合には別れにつながってしまうことも。彼氏と仲良く付き合っていくためにも、避けるべき行動パターンをチェックしていきましょう。


NG行動1. LINEが返ってこない時に、返信を催促する

男性には、女性から指図されることをよく思わない人も多いです。倦怠期に彼氏からLINEの返事が来ないことを不安に思うがあまり返信を催促すると、彼氏をうんざりさせてしまいます

もともと男性にはLINEなどで連絡するのが苦手な人が多く、苦手なことを強要されるといい思いはしません。

返信をする時間がない場合もあるので、「既読」になったら、読んでくれただけでありがたいと思うようにするといいでしょう。


NG行動2. しつこく甘える

倦怠期には、彼女と距離を取りたい気持ちになっている彼氏も多いです。そのような状態ですごく甘えてしまうと彼氏に嫌われてしまう原因になってしまう場合もあります。

特に、仕事で疲れている時など、彼氏に余裕がない時にしつこく甘えるのは厳禁です。

少し気持ちが離れがちな倦怠期だからこそ、彼氏との距離の取り方には注意して接するようにしましょう。

【参考記事】はこちら▽


NG行動3. 「私のこと嫌いなわけ?」と責める

倦怠期で、彼氏が冷たいと感じてしまっても、感情的に彼氏を責めてしまうのはおすすめできません。

彼女といても心が安らぐことがないと感じ、ただでさえ気持ちが離れてしまっている倦怠期が、ますます悪い状態になってしまいます。

別れに繋がることも考えられるので、絶対に控えるようにしましょう。


倦怠期を乗り越えて、大好きな彼氏といつまでも仲良しでいよう!

倦怠期はある程度の期間付き合っているカップルには避けられない試練です。付き合い始めでラブラブなカップルであっても、倦怠期には辛い思いをし、場合によっては別れを考えることがあるでしょう。

「乗り越えられるかな?」と不安もあるかもしれませんが、倦怠期の特徴や乗り越え方を把握し、乗り越えられるよう頑張っていきましょう。

大好きな彼氏と末永く仲良く過ごしてくださいね。


【参考記事】はこちら▽

LINE はてなブックマーク
お気に入り

注目の記事

関連する記事