年上彼氏の呼び方に困る女性へ。年上男性が喜ぶ呼び方や変えるタイミングとは?

年上の彼氏と付き合った時、まず一番初めに悩むのが「彼氏の呼び方」ではないでしょうか?今回は、年上男性が呼ばれて喜ぶ呼び方をお教えします。「名前の呼び捨て」「名前+くん」「あだ名」など、呼び方の正解を見ていきましょう。さらに、彼氏を呼ぶ際に気をつける注意点も詳しく解説します。

年上彼氏を付き合うと、呼び方に悩みますよね。

年上男性が喜ぶ呼び方や変えるタイミング

年上彼氏ができて「これからの生活が楽しみだなあ」と思っている女性のみなさん。彼氏の呼び方について困ってはいませんか?

名前で呼んだらいいのか、呼び捨てで呼んだらいいのか、あだ名の方が良いのか…、年上だからこそ「呼びにくい」と考えている方も多いはず。

そこで今回は、年上彼氏の呼び方についてご紹介!

年上男性が喜ぶ呼び方や、呼び方を変えるタイミングなど詳しくご紹介していきましょう。


年上彼氏の呼び方はどうしたらいいの?男性が喜ぶ呼び方を決める6つのパターン

呼び方といってもいろいろありますよね。そこでまずは男性が喜ぶ呼び方を決める6つのパターンについてご紹介します。

パターンによって呼び方は決まりやすいので、ぜひ自分と彼との距離感を思い出しながら考えてみてくださいね。


パターン① 仲の良い関係なら、「下の名前(呼び捨て)」

既に付き合いが長かったり、お互いの家に行き来したり、性格などを把握している場合は「下の名前(呼び捨て)」がおすすめです。

距離感が近いのにも関わらず、苗字で呼んでしまうと「付き合っているのに…」と男子性が悲しくなってしまうことが多いですよ。

年上彼氏でも既に仲のいい関係の場合は、呼び捨てで呼んであげると喜ぶでしょう。


パターン② まだ呼び捨てにはできない場合は「下の名前 + さん(くん)」

付き合いたてや、上司や部下など、今まで距離があっていきなり付き合った場合は、「下の名前」に「さん」や「くん」をつけて呼んであげるのがおすすめです。

距離感がある場合に、いきなり呼び捨てをしてしまうと違和感がありますし、呼び慣れていなくてストレスになってしまうもの。

最初は下の名前+さん付で呼んで、お互いの性格を知ってから呼び方を変えることで、付き合いもスムーズにいくと思いますよ。


パターン③ 親しくなって来たタイミングで「苗字 + くん」

苗字+「さん」の呼び方もいいですが、だんだんと距離を縮めてきたと感じる場合は、苗字に+「くん」を付けるとより一歩近づいたように感じます。

特に年上彼氏の場合は、どうしても「苗字+さん」付けで呼んでしまいがち。「くん」で呼ぶことで親しみもアップすることでしょう。

お互いのタイミングをみながら、思い切って呼び方を変えてみることがおすすめですよ。


パターン④ 「タケ」「ヒロ」などのように名前の一部を切り取って呼ぶ

年上彼氏の場合だと、下の名前で呼ぶことも恥ずかしいと感じてしまいがちですよね。そんな時は名前の一部を切り取って呼んでみることもおすすめです。

「タケ」「ヒロ」「ユウ」というように、名前の一部だけならニックネーム感が増して呼びやすくなるのではないでしょうか?

ぜひ男性に相談して決めてみてくださいね。


パターン⑤ ニックネームや可愛い名前を作ってしまう

苗字は距離感があるし、呼び捨てにするのは緊張してしまうということも多いと思います。距離感が縮まっても「どう呼んだらいいの?」と悩むこともありますよね。

そんな時は可愛いニックネームを作ってしまうこともひとつの手です!学生時代のあだ名を聞いたり、自分で彼のことをイメージしてニックネームを作ることもおすすめ。

ニックネームならキャラクターっぽくなるので、恥ずかしがらずに呼びやすいですよ。


パターン⑥ 本人になんて呼んで欲しいか聞いてみる

案外、本人が「こう呼んでほしい」と考えているケースも多いです。そのため、付き合いたてや、どうしても「なんと呼んでいいか分からない」という方は、直接本人に聞いてみることもおすすめです。

本人に聞いた方が、違和感なく呼べるようになることが多いですよ。年上彼氏に対して呼び方を迷ってしまう場合は、思い切って聞いてみましょう。


年上彼氏の名前の呼び方を変えるタイミング

男性との距離感などによって呼び方を決めるパターンをご紹介しました。ここからは、年上彼氏の名前の呼び方を変えるタイミングについてご紹介をしましょう。

「どんなタイミングで呼び方を変えたらいいか分からない!」という方は必見です。


1. 付き合いはじめたタイミング

告白をして付き合い出したタイミングは、まだ苗字や「さん」付けが多いかと思います。そのため、大半のカップルが付き合い始めたタイミングで呼び方を変える場合が多いです。

「これから2人は恋人同士だよ」という証を込めて、呼び方を変えるんですよね。緊張するかもしれませんが、迷ったら付き合い始めたくらいのタイミングで変えることがおすすめでしょう。


2. 同棲したタイミング

付き合いが長くなってしまい、なかなか呼び方を変えるタイミングがないというケースも多いはず。そんな時は2人の環境が変わったタイミングで呼び方を変えることがおすすめです。

一般的に多いのが同棲をしたタイミング。一緒に暮らすのなら、今まで以上に2人の距離が縮まりますよね。

結婚も視野に入れるからこそ、呼び方を変えてみてはいかがでしょうか?


3. 婚約したタイミング

「婚約」と聞くとグッと距離が縮まる気がしますよね。そのため、これから夫婦になる約束をしたタイミングもおすすめですよ。

結婚をしていきなり呼び方を変える場合は「まだ慣れない」ということも多いです。慣れないまま結婚生活に突入するのが不安ということもありますよね。

慣れる期間の意味を込めて、婚約をしたタイミングで呼び方を変えてみることもいいでしょう。


4. 結婚したタイミング

年上彼氏と付き合っている時は、苗字+さん付けでも違和感がなかったことも多いですよね。そのままズルズルと呼び名を変えるタイミングがなかった!ということもあるはず。

そんな時は、結婚をしたタイミングでガラリと呼び方を変えてみましょう。

結婚を機に呼び方を変えることで、夫婦感も一気に増しますし、より生活が楽しくなると思うのでおすすめです。


5. お互いの了承があればいつでも

2人の環境や時期によって呼び方を変えるという方法があると思いますが、2人の了承があればいつでも変えることは可能です。

ある程度距離感が縮まってきたり、「親しくなってきたなあ」と感じる時に、思いきって変えることがおすすめです。

付き合ってみて「そろそろかな」と感じるのであれば、ぜひ彼に積極的に相談をしてみてくださいね。


年上彼氏の呼び方の注意点やマナー

ここまで呼び方を変えるタイミングについてご紹介してきました。ここからは年上彼氏の呼び方の注意点やマナーについてご紹介します。

「呼び方を変えたらなんでもいい」ということはなく、2人の関係をもっといいものにするために、注意点とマナーを抑えておきましょう。


注意点1. 彼氏の嫌がる呼び方はしない

自分があまり気に入ってない呼び方をずっとされたら嫌な気持ちになりますよね。そのため、年上彼氏が嫌がる呼び方をしないように注意しましょう。

「こんな風に呼んで大丈夫?」と聞いてみて、嫌そうな顔をしたり、あまり嬉しそうではない場合は、相談の余地があります。

双方が納得する呼び方をするよう注意しましょう。


呼び捨てやニックネームを嫌がる人もいるので事前に必ず確認を取りましょう

親しみさや距離感を縮めたいと思って、呼び捨てやニックネームをする人も多いと思いますが、なかには「こんな呼び方をされたら嫌だ」と感じている男性も多いです。

そのため、自分が「この呼び方で呼びたいな」と思ったら必ず確認をするように意識しましょう。確認をすることで彼氏も安心することでしょう。


注意点2. 人前で呼ぶ場合はあだ名で呼ぶことは避ける

普段はあだ名や呼び捨てをしていることが多くても、場所と会う人によっては呼び方を変えるように注意しましょう。特に、相手のご両親の前では「さん」を付けることを意識してくださいね。

呼び捨てで呼んでいると「大事な息子に失礼なやつだ」と思われてしまう可能性も高いです。

周りに合わせて変えることは、注意点として覚えておいてくださいね。


注意点3. 呼び名を変えた際に恥ずかしい場合は、LINEから呼び名を変えて慣れていく

年上彼氏の呼び方を変えても「なんだか慣れなくて恥ずかしい」と感じることも多いですよね。そんな時はいきなり変えずに、LINEから変えてみることがおすすめです。

積極的にLINEで呼び捨てで呼ぶことによって、徐々に慣れてくるんですよね。そうすることで自然と直接会った時に、呼び捨てやあだ名で呼ぶことができますよ。


年上彼氏が喜ぶ呼び名を見つけましょう。

年上彼氏が喜ぶ呼び方や、呼び方を変えるタイミングや注意点などをご紹介しました。呼び方は単純なことだけれど、そのひとつによって2人の関係性や距離感がグッと変わることがありますよね。

だからこそ、なるべく上手くいくように、タイミングや呼び方は熟考したいもの。年上彼氏がいる人で呼び方に迷っている方は、ぜひ参考にしてくださいね。


【参考記事】はこちら▽

LINE はてなブックマーク
お気に入り

注目の記事

関連する記事