彼氏が喜ぶ”呼び方”特集。年上&年下彼氏の名前で注意するポイントとは

大好きな彼氏と付き合った後、まず初めに悩むのが「呼び方」ではないでしょうか?今回は、彼氏が絶対に喜ぶ呼び方を大公開!また、年上彼氏・年下彼氏で変わるおすすめの呼び名も紹介していきます。さらに、彼氏が呼ばれたくない名前や、呼び方に気をつけるシーンについても徹底解説!

彼氏が彼女に呼んでほしい「呼び方」は何でしょうか。

彼氏が喜ぶ呼び方

いざ新しい恋人と付き合うことになり、一番最初に悩むのが彼氏の呼び方ではないでしょうか。お互いをどう呼ぶかには、二人の関係性も自然に反映されます

今回は年下、同い年、年上彼氏におすすめの呼び方や、呼び方を変える最適のタイミングをご紹介します。

彼氏のことを「何て呼べば良いかわからない」と悩んでいる人は、ぜひ参考にしてみてくださいね。


彼氏が呼ばれただけで嬉しい「理想の名前の呼び方」とは

付き合い始めたばかりの人も、付き合いが長い人も、意外と悩む彼氏の呼び方。「さん付け」だと他人行儀な気がするし、名前で呼び捨ては馴れ馴れしすぎるかも…と悩んでいる彼女へ。今回は彼氏から喜ばれる、理想の名前の呼び方をご紹介します。


呼び方1. 対等に「下の名前を呼び捨て」

「下の名前を呼び捨て」にしあうのは、親近感がわきやすく恋人だと実感しやすい呼び方です。二人の関係も対等な印象になるので、同い年や年下彼氏の場合はおすすめです。

年上の恋人の場合は、「下の名前を呼び捨て」するのに抵抗があることも。年上の男性は周りの目を気にすることも多いので、二人きりの時だけにするなど配慮をしてあげましょう。


呼び方2. 付き合い始めにベストな「下の名前を”くん”や”ちゃん”付け」

付き合い始めのカップルなら、「○○くん」「○○ちゃん」と、下の名前に「くん・ちゃん」を付けた呼び方がぴったり。親近感はありますが、初々しい印象でピュアな関係といった印象を受けます。

男性に「ちゃん」付けして呼ぶ彼女もいますよね。彼氏の性格にもよりますが、子供っぽくて嫌だという男性も多いため注意しましょう。


呼び方3. 同い年カップルなら「苗字に”くん”付け」

苗字に「くん付け」する呼び方は、付き合いの浅い初々しいカップルや、同い年か年下彼氏におすすめの呼び方です。職場の女上司から呼ばれている雰囲気もあるので、姉御肌の女性が好きという弟タイプの男性は喜ぶかも。

クラスの男子を呼んでいるような響きもあるから、学生時代から付き合っているというというカップルにも良いですよね。


呼び方4. 年上彼氏に喜ばれる「下の名前を”さん”付け」

下の名前にさん付けして呼ぶ呼び方は、年上の彼氏や古風な彼氏に喜ばれる呼び方です。彼氏のご両親の前や、親戚の集まる場、彼氏の恋人として同伴するビジネスシーンでも通用する、きちんとした呼び方です。

周りの目を気にするタイプの男性には、さん付けの呼び方はおすすめ。人前で呼ばれて恥ずかしい思いをすることがなく、きちんとした付き合い方をしているという印象を与えます。


呼び方5. 二人だけで呼び合う「あだ名」

「たかし」という名前の男性に「たかぴー」、「みゆき」なら「みゆみゆ」など、お互いをベタな「あだ名」で呼び合うのは、ラブラブ感が出ていいですよね。芸能界でも、パートナーを「あだ名」で呼び合ってラブラブを売りにしているカップルが少なくありません。

ただし、一般人の場合は二人きりの時だけにして、家族や友達の前では控えた方が良さそうです。人前で恥ずかし気もなく「あだ名」呼びをしていると、「あの二人はバカップル」と陰で噂されてしまうかもしれません。

【参考記事】はこちら▽


これだけはNG!年上男性が嫌がる呼ばれ方

年上の男性は周りの目を気にする傾向があります。また、年上男性のプライドも傷つけたくありません。

いくら深い仲になっても、こんな呼び方をすると嫌な気分にさせてしまうかも。ここでは、これだけは絶対に避けたい年上男性から嫌がられる呼び方をご紹介します。


1. 呼び捨て

一つか二つの年の差ならまだしも、何歳も年上の男性に向かって「呼び捨て」にするのはNG。いくら深い仲だとしても、生意気に聞こえてしまいます。

年上の男性はプライドも高く、他人からの視線も気にするものです。年上の彼氏は、社会的地位もそれなりに高い場合も多いので、特に人前での「呼び捨て」は絶対にしない方が良いでしょう。


2. 「ちゃん」など子供っぽい呼び方

「ちゃん」付けやあだ名などの子供っぽい呼び方も、男性が嫌がることの多い呼び方です。二人きりの時は子供っぽい呼び方を気にしなくても、人前では恥ずかしいと感じる男性は少なくありません。

友達の前で彼女から子供っぽい呼び方をされると、「友達から茶化されたりするのでは?」と考えるのです。彼氏がそう感じるタイプの男性なら、子供っぽい呼び方は控えてあげてください。


年下彼氏ならではのプライドを保つ呼び方

年上彼氏の呼び方には気を遣う女性が多いのですが、年下彼氏がいる女性の中には、あまり深く考えないで好きなように呼んでいるという女性が少なくありません。

年下の彼氏にだって男としてのプライドがあります。ここでは年下の彼氏がプライドを保てる呼び方をご紹介します。


1. 「”くん”や”さん”付け」

年下の彼氏に対する呼び方として、人気の高い「くん」付けの呼び方。二人の間の親しい雰囲気も出しながらも、年下の彼氏をきちんと大切にしている印象を与えます。

また、年下彼氏にあえて「さん」付けをするのも効果的。年下でもパートナーとして尊敬している**という気持ちが現れた呼び方。年下彼氏もきっと嫌な気分にはなりません。


2. 恥ずかしい呼び方だと思われない「あだ名」

年下彼氏に親しみを込めてオリジナルのあだ名で呼ぶのもあり。「たつや」という名前の彼氏に「たつやん」とか「たっつ」とか、シンプルなあだ名がおすすめ。人前で言うのがはばかられるような、面白いあだ名や恥ずかしいあだ名はNGです。

また、年下だからと言って下の名前に「ちゃん」付けするのも考えもの。自分が年下だということを常に意識させられるようで、嫌だと感じる男性が多いです。


彼氏の呼び方を変える最適なタイミングって?

いろいろな呼び方のパターンをご紹介しましたが、彼氏の呼び方を変えるタイミングも悩むところです。

付き合い始める前の呼び方をそのまま続けるのも他人行儀だけれど、付き合い始めたばかりなのにいきなり馴れ馴れしいのもどうかと思いますよね。

そこで、彼氏の呼び方を変えるタイミングについて、考えていきましょう。


タイミング1. 付き合って数ヶ月のタイミングで変える

付き合い始めてすぐに呼び方を変えるタイミングを逃してしまった場合、しばらく経ってから呼び方を変えるのがおすすめです。

付き合って数か月となると、二人の関係が順調に行っているかどうかよく分かる時期です。二人の関係が落ち着いてきたタイミングで、改めて「○○って呼んでもいい?」と聞いてみてはいかがでしょうか。


タイミング2. 一緒に同棲する時に変える

付き合いが長くなり、いよいよ一緒に同棲するタイミングも、呼び方を変えるタイミングに最適。二人で過ごす時間も長くなるから、名前を呼び捨てにしたり、親しみを込めたあだ名で呼び合ったりするのも良いですよね。

同棲という新しいステージに入ったことを記念して、お互いの呼び方を見直してみるのもおすすめ。フレッシュなスタートを切れますよ。


タイミング3. 結婚した時に変える

人生で最大の節目である結婚。結婚を機会に、今までは恋人だった彼氏と晴れて家族になるわけです。「くん・ちゃん」付けを止めて呼び捨てにしたり、呼び方を変えるのにもベストなタイミングと言えるでしょう。

結婚を機にから、名前やあだ名ではなく「あなた」と呼ぶ女性もいますよね。人前で「主人」や「旦那さん」と呼ぶのと同じで、結婚したという実感が湧いて嬉しくなるはず


タイミング4. 友人に紹介する時に変える

付き合い始めてしばらく経って、いよいよ自分の友人に紹介する時、あるいは彼氏の友人に紹介されるという時も、お互いの呼び方を確認する良い機会です。

友人に紹介するということは、二人の関係を公にすることでもあります。「人前では何て呼べば良いかわからない」と悩むのなら、彼氏が友達の前ではどんな呼び方をされたいのかを直接聞きましょう。


タイミング5. 自分の誕生日に可愛くお願いする

なんとなく定着していた彼氏への呼び方が、あまり気に入っていないという女性もいるのでは。そんな場合は自分の誕生日や記念日など、何か特別な日に可愛くお願いするのも手です。

彼氏の呼び方を変えるのは照れ臭いものですが、特別な日ならさらりとお願いしやすいですよね。付き合い始めっぽい「さん付け」から親密度の高まる名前だけにするなど、「今日から○○って呼んでもいい?」と頼んでみてください。


【最低限のマナー】注意しておきたい彼氏の呼び方

恋人同士の呼び方は、二人の関係性をよく表します。彼氏の呼び方によって、二人の親密度や関係性が対等かどうかなどが、本人たちが意識している以上に他人に伝わるもの。

ここからは、彼氏の呼び方で注意しておきたいポイントをご紹介します。


呼び方1. 両親の前で「”くん”や”ちゃん”」、「あだ名」

二人の間で普段はどんな呼び方をしていようとも、自分や彼氏の両親の前では「くん・ちゃん」付けやあだ名で呼び合うのはNG。親世代からするとそういう呼び方は軽々しい印象があり、不愉快な気持ちにさせてしまう可能性が高いのです。

両親の前では、下の名前でも苗字でも、きちんと「さん付け」をして呼ぶことを心掛けましょう。彼氏の両親には、礼儀正しい女性であるという印象を与えます。


呼び方2. 人前で恥ずかしい「あだ名」

二人きりの時ならまだしも、人前でべたべたな「あだ名」で彼氏を呼ぶのは考えもの。いくらラブラブをアピールしたいとしても、二人の世界にハマり過ぎて周りが見えてないと思われてしまいます。

周りの人たちから「あなたたち、面白いわね」なんて言われても、陰では「バカップル」「頭の中がお花畑」と馬鹿にされているかも。

彼氏の評判も落としかねないので、人前では「さん付け」や、恥ずかしくない「あだ名」で呼びましょう。


呼び方3. どこに行っても恥ずかしい「ダーリン」

恥ずかしい「あだ名」と同じぐらい、あるいはそれ以上に恥ずかしいのが「ダーリン」という呼び方。そもそも英語圏の女性だって、人前で彼氏のことを「ダーリン」なんて呼びません。

たとえ外国人の彼氏持ちだとしても、日本で人前で「ダーリン」と呼ぶのは恥ずかしいことと思っておきましょう。

同じように「ベイビー」、「ハニー」、「スウィーティー」なども、恥ずかしい呼び方です。


呼び方4. 友達の前で「相方」

相方はもともと「一緒に物事をする人」いう意味、彼氏を対等なパートナーと見ている女性や、周りにノロケてると思われたくないという女性が、好んで使う呼び方です。

しかし、お笑い芸人のコンビのような響きがあり、不自然に感じる人も少なくありません。「相方」と呼ばれると、彼女からあまり尊重されていないと感じる男性もいるので、友達の前での「相方」は控えてあげましょう。


こんな呼び方は彼氏に嫌われる!彼氏が呼ばれて嫌な呼び方

知らず知らずのうちに、「それだけは勘弁して!」と彼氏が思っている呼び方をしていませんか。

いくら寛容な彼氏だって、コンプレックスを指摘されたり、彼女から大切に扱われていないと感じたりする呼び方はNG。呼び方次第で、二人の関係がギクシャクしてしまうかもしれません。


1. コンプレックスに沿った呼び方

彼氏のコンプレックスを刺激する呼び方は、絶対にしてはいけない呼び方の一つです。ちょっと太めの彼氏に対して「デブ」、髪の毛が気になっている彼氏に対しての「ハゲ」、背の低い彼氏に対しての「チビ」など、身体的なコンプレックスに沿った呼び方が、その良い例です。

また、「Fラン彼氏」とか「フリーターくん」などという、学歴や職業に関係するネガティブな呼び方も嫌がられます。人前で自分の彼氏を謙遜するつもりで使っているとしても、彼氏の心をひどく傷つけてしまいます


2. 「おい!」、「お前」と呼ぶ

いくら付き合いが長く安定しているカップルでも、彼氏のことを「おい!」や「お前」と呼ぶのは絶対にNG。あなたにベタ惚れしていて、何でも言うことを聞いてくれる寛容な彼氏だって、そんな呼び方をされたらカチンと来るはずです。

特に、人前でそんな呼び方をしてしまうのは致命的。男性のプライドはズタズタになってしまいます。


呼び方はお互いに話し合うのもOK!

彼氏のことを「何て呼べば良いかわからない」と迷った時は、彼氏に直接聞いてみましょう。自分では良いと思っていた呼び方が、実は彼氏は嫌だと思っていたなんてこともあるかもしれません。

また、自分からも何て呼ばれたいのか伝えるようにしてください。お互いに呼ばれて嬉しい呼び方を使うようにしましょう。


彼氏が喜ぶ呼び方を見つけてあげましょう。

彼氏の呼び方の様々なパターンをご紹介しました。彼氏の呼び方一つで、二人の距離感や関係性が手に取れるように分かるので、なかなか面白いですよね。

今使っている呼び方は彼氏が本当に気に入っているものなのか、二人の関係を表すのに相応しい呼び方なのか、今一度見直してみてください。

二人の距離をぐっと縮めたいと思った時も、呼び方を変えるのは効果的。彼氏と相談して、二人で納得いく呼び方を考えてくださいね。


【参考記事】はこちら▽

LINE はてなブックマーク
お気に入り

注目の記事

関連する記事