女に嫉妬される女の特徴とは|女性が嫉妬する心理や対処法も解説

優劣を付けたりして、同性に嫉妬したり嫉妬されることってありますよね。今回は、女性に嫉妬される女性の特徴を大公開!さらに、女性が嫉妬する心理や嫉妬の対象にならないようにするための振る舞い方、嫉妬心を持ってしまう自分への対処法も解説していきます。

同性から嫉妬されてしまう時の正解とは?

女に嫉妬される女の特徴

人間の感情の一つである嫉妬。嫌だと思っていても優れている人がいれば、嫉妬したりされたりしてしまうものです。

恋愛や職場で嫉妬心が生じてしまい、嫌な思いをしている人も大勢いるのではないでしょうか。

そこで今回は嫉妬をしてしまう心理や特徴、対策や向き合い方をお伝えします。嫉妬のメカニズムをきちんと理解し、万が一の際に備えておきましょう。


女の嫉妬は男の嫉妬と違う!女が嫉妬する心理や特徴

女が嫉妬する心理や特徴

人間であれば誰でも嫉妬の感情はあり、女性だけでなく男性も嫉妬をします。

しかしながら、女性と男性とでは、嫉妬の心理や特徴には違いがあるものです。まずは女性の嫉妬する心理や特徴について、お伝えしていきますね。


心理や特徴1. 嫉妬した時の怒りの矛先は、嫉妬させた相手に向く

女性は比較され、自分よりも優位にいる女性に関して強く反応します。そのため、職場や友人など近い環境の人と比較されると、強い嫌悪感を抱いてしまうものです。

自分が優位に立っていることを証明したいため、相手の悪い部分をあげ貶し自分を良く見せる行為もします。

自分の抱えている不安を隠すために、相手に嫉妬し牙をむく傾向にあるのです。


心理や特徴2. 嫉妬してる時に、”嫉妬している”という自覚が薄い

女性にとっては嫉妬は日常茶飯事の行為です。なかには他の女性の嫉妬を批判しているのに、自分自身のイライラが嫉妬であることに気がついていない女性もいます。

嫉妬は女性心理として当たり前にある感情でもあり、自分で認めたくない故に自覚できないことも多いのです。いい大人なのにも関わらず、嫉妬がやめられないのは自分が嫉妬しているという気持ちに気付きたくないから

女性は自分が嫉妬している自覚が薄いため、嫉妬をずっと繰り返してしまうのです。


心理や特徴3. 女性は男性よりも変化に敏感で、不安になりやすい

女性は敏感で不安になりやすい

女性は生まれながらに感受性が優れていて、理論的な男性よりも変化に敏感で不安を感じやすい傾向にあります。

そのため、自分よりも優れた環境や境遇である女性がいると羨ましく思い、その結果嫉妬の気持ちが生まれてしまうのです。

環境による変化を敏感に感じ、不安に思う気持ちが原因となり、嫉妬心に変化してしまいます。


心理や特徴4. 嫉妬した自分に自己嫌悪してしまい、落ち込むことも多い

自分に自信がない女性においても、嫉妬深い傾向にあります。自信がないことから、他人と自分を比較して、嫉妬と自己嫌悪を繰り返してしまう傾向に。

女性は「嫉妬しても何も変わらない」と心の中ではわかっているのに、嫉妬する気持ちを止めることができません。嫉妬心は恋愛だけに限らず、職場や学校、恋愛など多くの場面で生じます。

そんな嫉妬深い自分に落ち込み、凹んでしまうことはよくあることなのです。


心理や特徴5. 恋愛や仕事においても”相手に負けている”と思った時に嫉妬心を抱くことが多い

女性は他の女性と自分を比較し、常にマウンティングを行っている状態です。そのため、負けていると思っていても認めたくなく、相手の粗探しをしてしまいます。

嫉妬深い女性の特徴に自己防衛本能が強いこともあり、相手に嫉妬することで自分を守る傾向に。

これは、恋愛だけに限らず、仕事やプライベートなど、あらゆることで負けていると嫉妬心を抱いてしまいます。


心理や特徴6. 男性に比べて、嫉妬心を言葉にしやすい傾向にある

女性は嫉妬心を言葉にしやすい

感情が豊かで起伏が大きい女性は男性よりも、その時の気持ちや言葉を上手に表現します。

そのため、嫉妬心が湧き上がった時も同様で、嫉妬の気持ちを言葉で表現する傾向にあります。

嫉妬心を言葉に吐き出す際に、つい感情的になってしまっていることも。嫉妬の気持ちが分かってもらえないと、怒り始めてしまうケースも良くあります。

【参考記事】はこちら▽


なぜ嫉妬されてしまう?女性が嫉妬する女の6つの特徴を解説!

女性が嫉妬する女性は容姿が良い良い

女性が嫉妬する心理や特徴についてご理解いただけたでしょうか。

では実際に恋愛や職場、学校などの環境で、女性が嫉妬してしまう女の特徴を解説します。

多くの環境で嫉妬は起こりますので、理解しておくことで、集団生活に役立てることができますよ。


特徴1. 容姿が良く、男性にモテる女性

生まれつき容姿が良く、男性からモテる女性は昔から多くの女性の嫉妬の対象になります。

大した努力をせずにモテているのが反感を買ってしまい、嫉妬されてしまう原因になってしまうのです。

自分もそうなりたいという、羨ましさから生まれる嫉妬心。男性が若くて容姿の良い女性を選ぶことから、嫉妬の憎悪が膨らんでしまうのですね。


彼氏や旦那がイケメンだったり、高収入な場合は尚更

容姿の良い女性はそれだけで男性に好まれるので、彼氏や旦那がイケメンや高収入なことは珍しくありません。

高スペックな彼氏や旦那がいるだけで女性としての価値は高まり、マウンティングの中でも上位に輝くので嫉妬されやすいです。


特徴2. 周りから評価が高い女性

女性が嫉妬する女性は周りからの評価が高い

女性には自分が一番優位に立ちたいという心理があります。身近に評価の高い女性がいると比較されているわけでもないのに、気してしまう女性は多いものです。

会社やママ友など同じ環境にいる間柄だと、どうしても周囲からの評価が耳に入ってきます。そのため、周囲からの評価が高い女性においては、嫉妬の対象になってしまいます。

たとえ評価が脈略のない内容であっても嫉妬してしまう傾向に。そこから生じた不満が、女性の嫉妬心を掻き立ててしまいます。


特徴3. 職場で上司や部下から慕われている女性

職場で自分よりも慕われている女性がいると、自分が不当な評価を受けているのではないかと不安に思うのも女性心理の特徴の一つです。

働く女性が増えた今、職場での評価は社会での自分の存在意義と考える女性が増えています。特にその上司や部下が男性だった場合、慕われている女性がいると不平等だと感じ嫉妬が生まれるのです。


特徴4. 幸せそうな家庭を築いている女性

家族で幸せそうにしている女性がいると、自分より優れていると思い込み嫉妬してしまうものです。優しく育児に協力的な旦那と優秀な子供であるほど、幸せそうに感じて嫉妬される対象になります。

同じ境遇である既婚者からの嫉妬はもちろんですが、仕事をバリバリとこなし自立している女性からも、結婚している女性を羨ましく思われている傾向に。

女性はどうしても、他の女性と比較してしまう生き物であるため、恵まれている人を見ると深く嫉妬するのです。


特徴5. 子供が優秀で賢い女性

女性が嫉妬する女性は子供が優秀

家庭を築いている女性の中では、子供が優秀で賢い女性が嫉妬の対象に。独身の時には気がつきませんが、子供の成績の高さがマウンティングの対象になってしまう可能性も。

受験真っ只中の子供がいる場合、子供の成績で劣等感を感じてしまう恐れもあります。嫉妬から子供の成績を上げようとし、必死になっているお受験ママも存在します。

そんな女性は子供が優秀であり、賢い女性がいると深く嫉妬されてしまうのです。


特徴6. 実家が裕福など、家庭環境に恵まれている女性

一見、自分とのレベルは変わらなさそうなのに、実は実家が裕福だったことで嫉妬されてしまいます。

自分では変えられない事実なので、そこに深い嫉妬心が生まれてしまうのです。自分では努力することなく、恵まれていることに女性は強い嫉妬を抱いてしまうものなのです。


女が嫉妬する女に自分がならないための振る舞い方とは?

女に嫉妬されない振る舞い方は色気を消す


振る舞い方1. 色気を消して、男性にあえてモテないようにする

職場や学校などで女性から嫉妬をされたくないのであれば、男性にウケのいい仕草や色気のある格好を避けて、モテないようにすることです。

男性から注目されモテる女性はそれだけで女性から嫉妬され、反感をかってしまいます。

男性の関心を引かず色気やモテない状態が続いけば、自然と女に嫉妬される女にならずに済むでしょう。


振る舞い方2. 羨ましがられるような、プライベートな情報は出来るだけ開示しない

職場や学校、ママ友だけの付き合いと割り切り、羨ましがられる情報は自ら発信しないことが得策です。

割り切った関係性の方が嫉妬の対象から外れやすく、余計な嫉妬心に巻き込まれる心配がありません。

周囲の人に対して安易にプライベートな情報を開示するのではなく、距離を置くことで嫉妬の対象から外れやすくなります。


振る舞い方3. あえて失敗談を話したりして、スキを見せてバランスを取る

女に嫉妬されない振る舞い方はあえてスキを作る

完璧な女性で自分が負けていると思うと嫉妬が生まれるので、あえて失敗談などを話し安心感を与えます。

容姿や仕事が完璧であったとしても、失敗談があることで劣等感を感じません。相手が自分に自信を付けるきっかけにもなり、嫉妬されにくくなります。

こうしたスキを見せることで、女に嫉妬される女にならないよう対策しましょう。


振る舞い方4. 周りとキャラ被りをしないように立ち振る舞う

女性は比較することが多いので、自分と同じキャラで自分よりも優れていると、嫉妬心が生まれてしまいます。

そのため、周囲の人とキャラをかぶらないようにするのが手っ取り早いでしょう。比較することがなければ、嫉妬の被害から逃れることができます。

キャラが被らず毅然とした対応をしていれば、女に嫉妬される女になる可能性は低いです。


嫉妬深い自分が嫌い!嫉妬心と上手に付き合うコツや対処法は?

嫉妬心と上手に付き合うコツ

嫉妬は誰もが自覚している感情なので、自分が嫉妬深いと自覚している人も多いのではないでしょうか。

では、嫉妬深い自分と上手く向き合い、付き合っていくコツは果たしてあるのか。そこでここからは、嫉妬心への対処法についてご紹介します。


対処法1. 嫉妬してしまう原因を冷静に分析し、感情を整理する

嫉妬するのが嫌なのにモヤモヤするなんて女性もいるでしょう。そんな時はまずは自分の感情と向き合うことがおすすめ。

いけないと思っていても、ついつい嫉妬してしまうのが女性です。それならば、きちんと自分の嫉妬心と向き合い、原因を追求して解決に向かおうとする気持ちが重要になります。

嫉妬する自分を直したいのであれば、まずは自分の感情と冷静に向き合うことから始めてみましょう。


対処法2. 自分を好きになれるように、圧倒的な努力をする

嫉妬してしまう女性の傾向に、自分に自信がなく卑下してしまう点があります。

自分のしている嫉妬が些細でくだらないと思えるほど、圧倒的な努力をしてみるのがおすすめ。圧倒的努力をしようと思うと、嫉妬している暇もなくなります

また、努力をすれば自分を好きになることもでき、それまでの嫉妬心がどうでも良いくらいになりますよ。


対処法3. 嫉妬することは時間の無駄だと言い聞かせる

嫉妬心は時間の無駄だと自分に言い聞かせる

毎日追われるように過ごしている女性であれば、他人と自分を比較する時間がなく嫉妬する必要もありません。

実際に仕事や子育てなどで忙しくしていて、他に課題を見出している人は嫉妬をしにくい傾向に。

例え時間に余裕があるとしても、まずは嫉妬は時間の無駄と心に植え付けることで、嫉妬に気をつけるようになります。


対処法4. 人と比較してしまうことをやめる

他人と自分を比較することから嫉妬は生まれます。いっそのこと、嫉妬してしまう人と自分は違う世界の人と考え、比較自体をやめてしまうことです。

そうすれば、他の人と競っても何もならず、得にもならないことに気がつきます。

他の人と比較してしまい、優劣が生まれてしまうことは自然なこと。他の人との比較をやめれば、自分の良さに気がつき、嫉妬以外にすべきことが見つかるでしょう。


対処法5. 嫉妬するような暇な時間を作らない

何かに没頭する時間を作ることは大切です。無心になることで他人への興味も薄れ、嫉妬することもなくなります。

勉強や仕事、お稽古事などに時間を割き、あえて暇な時間を作らず忙しくするのがおすすめ。自分に自信をつけられるので、他の人と比べることもなくなり、嫉妬の感情も生まれにくくなります。

他のことに興味が向けば、自然と嫉妬するような感情がなくなっていきます。


嫉妬のメカニズムを知って、女性に嫉妬されない女性になりましょう。

嫉妬のメカニズムを知って嫉妬されない女性になろう

嫉妬の感情は誰にでもある感情であり、時には向き合わなければいけません。

また、女性が嫉妬をする心理をきちんと理解し、嫉妬されないように対策を打つようにしましょう。

自分が嫉妬深いと自覚しているのであれば、嫉妬心と上手に付き合い対処していくことです。嫉妬される側とする側双方で対処し、嫉妬に囚われなくなれば、日々の生活も楽しくなりますよ


【参考記事】はこちら▽

LINE はてなブックマーク
お気に入り

注目の記事

関連する記事