女のおならは幻滅する?男の本音と出そうな時のかわいい対処法を紹介

彼氏や夫といる時におならが出てしまった時はありませんか?女性はなんとなく、男性の前でおならをするのが恥ずかしいという気持ちがありますよね。そこで今回は、女のおならに対する男性の本音を解説!また、おならが出そうな時に試せる対処法まで詳しくお教えします。

女性の「おなら」に対する男の本音を大公開!

女のおならは幻滅する?

彼氏や旦那さんと一緒にいる時、ついおならが出そうになったという経験はありませんか。そんな時どう対処していいかわからず、困った経験はないでしょうか。

この記事では、おならを気にする人としない人の意見や女性が男性の前でおならをしたタイミング、さらにはおならが出そうな時、してしまった時の対処法について解説します。


男性はおならをする女を幻滅する?

男性は女のおならを幻滅する?

男性の前で思わずおならをしてしまった時、男性はどう思うのか気になりますよね。しかし中には、全くおならを気にしない男性も存在しているのはご存知でしたか。

ここでは、おならをする女性を気にしない男子の意見と、反対に気にしてしまう男子の意見についてご紹介します。


おならをする女性を特に気にしない派の意見

男性の前でおならをすることが恥ずかしいと思ってしまう女性も多いはず。しかし、女性のおならを気にしない男性も少なくありません。そうした男性がいると、女性も安心しますよね。

ここでは、おならをする女性を気にしない男性の意見をご紹介します。


1. 心を許してくれている気がするから

彼氏や旦那さんの前でおならをするということは、それだけリラックスをしている証拠でもありますよね。

反対にその人に心を許していない場合、気が張り巡らされているので、男性の前でうっかりおならをすることも少ないでしょう。

女性のそうしたリラックスした瞬間を垣間見ることで、男性は「自分に心を許してくれているんだな」とほっこりする人もいます。


2. 誰だっておならくらいすると思っている

男性は女性のおならを誰だってすると思っている

おならは人間の生理現象のひとつ。「人間だからおならをするのは当然のこと」だと考えているので、女性がおならをしたからといって幻滅することはありません。

むしろおならを我慢することは、身体的に無理をすることになるので、あまりいいことではないと考える人も。

おならは誰でもすると思っている男性にとって、女性のおならも全く気にしない1つの出来事と言えるでしょう。


おならをする女性を幻滅する派の意見

上記のように、女性がおならをしたことを全く気にしない一方、おならをするとつい幻滅してしまう男性も少なくありません。

ここでは、おならをする女性を幻滅する男性の意見をご紹介します。ぜひ参考にして、彼氏や旦那さんがおならを気にするような人の場合は参考にしてみてくださいね。


1. できれば女性のおならは聞きたくない

男性の中には、「女性はおならをしない生き物」だと思っている人も存在しており、女性がおならをしてしまうと幻滅してしまう男性も。

そういう男性の場合、女性に対して理想像を持っている人が多く、「女性はこうあるべき」という考えを強く持っています。

女性がおならをした時には、「自分の思い描いた女性像とは異なる」と思い幻滅してしまうのです。


2. 清潔感を感じなくなってしまうから辞めて欲しい

男性は女のおならは清潔感を感じなくなる

おならの音は、清潔感のある心地良い音だと感じにくいですよね。中には不快だと感じる男性も少なくありません。自分の前で不快な音を出されることになるので、女性に対して清潔感を感じずに幻滅する男性も存在しています。

女性には「常に清潔感を持っていてほしい」と思うため、おならをされるとそのギャップにがっかりしてしまいます。


3. 異性として見られていない気がしてしまう

女性だけでなく、男性も彼女や奥さんにはいつまでも異性として見られてほしいもの。そんな男性の目の前でおならをしてしまうと、男性はついテンションが下がってしまい幻滅してしまうこともあるでしょう。

「自分の彼女や奥さんはいつもこうあってほしい」と理想を持っているため、おならをした女性に対して幻滅してしまいます。


女性が男性の前でおならをしてしまったタイミングは?

女性が男性の前でおならをしたタイミングは

おならは生理的現象なので、いつしてしまうかわかりませんよね。もしかしたら、思いも寄らない場面で出てしまう可能性もゼロではないでしょう。

ここでは、女性が男性の前でおならをしてしまったタイミングについて解説します。


おならのタイミング1. 立ったり座ったりして、動いた拍子に出てしまった

彼氏や旦那の前でおならが出そうになった時、なんとか我慢しようとするかもしれません。ですが椅子から立ったり座ったりした瞬間、お尻の筋肉が一瞬緩んでしまい、その動いた拍子でおならが出てしまうことも。

何かの動作でついおならが出てしまうと、まさか出るとは思っていないことも多いので、余計に恥ずかしく感じるかもしれません。


おならのタイミング2. 大きく笑った時に出てしまった

立ったり座ったりだけでなく、大きく笑った時も気が緩みがちに。お腹の緊張も同時に緩むので、笑い声と同時に、ものすごい音を出してしまうこともあるかもしれません。

しかし、ただ立ったり座ったりするケースと異なり、静かな場面ではありません。臭いさえしなければ、笑い声におならがかき消されてしまうことも多く、気づかれないケースも少なくないでしょう。


おならのタイミング3. ほっとして力を抜いたときに出てしまった

女性のおならはほっとしたタイミング

彼氏とのデートや大事な会議が終わったあとなど、ほっと安心して気が緩んだときは、自然とおならも出やすくなります。

何か気を張っている時は、気を張っているので、おならも我慢しやすいでしょう。しかし、終わってリラックスすると、体に余計な力が入っていないので、思いも寄らない場面で出てしまうことも。

思わず大きな音が出てしまい、恥ずかしく思うかもしれません。


おならのタイミング4. おならを我慢して寝ている時にしてしまった

彼氏や旦那さんの前ではおならをしないよう常に意識していても、寝ている時までその意識が働いているわけではありませんよね。

寝るまでおならを我慢できていても、就寝時に無意識的に出てしまう可能性もゼロではないでしょう。

自分ではおならをしたことに気づいていないので、あとから男性に言われて恥ずかしくなることも少ないです。


おならのタイミング5. 一人だと思っておならをしたら、後ろに人がいた

自宅など「ここなら誰もいないだろう」と思った場所では、遠慮せずおならできますよね。しかし他の誰かがいることに気づかず、あとで「すごい音だったね」などと言われてしまうケースもあるかもしれません。

また誰もいない安心感からか、つい大きな音が出てしまうことも。あとでおならについて言及されたとき、つい恥ずかしくなるかもしれません。


おならが出そうな時の4つの対処法とは

おならが出そうな時の対処法

普段人前ではおならを我慢している女性でも、つい我慢ができなくなるケースもあるでしょう。そんな時、どうしていいかわからず困りたくないですよね。

ここでは、おならが出そうな時の対処法について解説します。ぜひ参考にして、おならが出そうな時はぜひ実践してみましょう。


出そうな時の対処法1. とにかく人のいない場所に行く

まずはお腹にたまったガスを放出するため、会社のトイレや屋上など人のいない場所を探しましょう。

人がいない場所に行けば臭いも音も気にする必要がないので、安心しておならができるはず。ですが自分しかいないと思っていても、実際には誰かがおならを聞いていたなんてことも。

おならを放出したいときは、しっかり周りを確認してからすることをおすすめします。


出そうな時の対処法2. 騒音のうるさい場所で音が聞こえないようにする

あえて騒がしい場所に行くと、おならの音が騒音でかき消されるため、おならをしたことがバレにくいでしょう。おならの音をコントールできるのであればいいですが、思わず大きな音が出てしまったという経験をした人も少なくないはず。

騒がしい場所であれば、わざわざ音の心配をする必要もありませんよね。おならをするにはまさにうってつけの場所だといえます。


出そうな時の対処法3. 一人の空間になるまで、ひたすら耐える

おならが出そうなときはが一人になるまで我慢する

おならをしたくてもなかなかできない場面に遭遇しうるかもしれません。場合によっては、1人になれるまで我慢しなければならないことも。

我慢すれば我慢するだけ、幾度となく出そうになることも少なくないでしょう。立ったり座ったりする時、ちょっとした気の緩みからついおならが出てしまうこともあるので注意が必要です。


出そうな時の対処法4. どうしてもしたいときのために、スカしテクを身につけておく

おならをしたくないような場面だとしても、ついしてしまいたくなる時もあるでしょう。スカしテクを身につけておくと、周りにもバレにくいのでおすすめです。

1人になれる場所が近くにない時でも、スカしテクを身につけておけば、おならの音を気にする必要もないでしょう。ただし、臭いを放ってしまう可能性もゼロではないので、場合によってはバレてしまうことがあることは覚えておきましょう。


おならをしてしまった時の5つの対処法

おならが出たときの対処法

女性のおならを気にしない男性においても、本音の部分では、おならをしたことに対して恥じらいを持っていてほしいもの。ここでは、ついおならをしてしまった時の対処法について解説します。

ぜひ参考にして、おならをしてしまった時はぜひ取り入れてみてくださいね。


出た時の対処法1. 「でちゃった。恥ずかしい!」と恥じらいを見せる

わかりやすい表現で恥じらいを見せれば、男性の笑いをスムーズに誘えるので、気まずい雰囲気にはなりにくいです。

堂々としていれば、相手の男性もリアクションしづらく不穏な空気が流れてしまうことも。恥じらいを見せて故意ではないことを伝えることで、「全くしょうがないなぁ」と男性も許してくれるはずです。


出た時の対処法2. 「ごめん!」と素直に謝罪しておく

おならをしたことを素直に認めて謝罪することで、男性側も寛大な気持ちになりやすいです。おならを不快に思う男性の場合、おならをした後に謝罪をしなければ、つい気まずくなってしまうことも。

おならを認めることは恥ずかしいかもしれませんが、素直に謝罪することで、「しょうがないか」と事が荒立たずに済むことも多いでしょう。


出た時の対処法3. 「聞こえちゃった?」と相手の様子を伺う

おならが出たときは相手の様子をうかがう

あえておならをしたことを認めて、恥ずかしそうに男性に聞いてみるのもおすすめ。恥ずかしそうに聞くことで、男性側がかわいらしく感じて許してくれることも多いでしょう。

それだけでなく、機転が利く男性なら「何も聞こえなったよ」と、そのままおならを見過ごしてくれる可能性も。ノリのいい男性なら、あえてツッコんで笑いにしてくれるかもしれませんね。


出た時の対処法4. いっそのこと笑いに変えてしまう

おならが出たあとシーンとしていたら、つい気まずくなって関係性がギクシャクしてしまう可能性もあるでしょう。

ギクシャクすることを防ぐために「ブブゼラを鳴らしてしまった」などと冗談を言って、笑いの方向に持っていくのもおすすめ。相手の男性が笑ってくれれば、雰囲気が和やかになるので、関係性が悪化する可能性も少ないでしょう。


出た時の対処法5. 何事もなかったかのように振る舞う

おならをした時「どんなリアクションをしてもかわいらしく思えない」と感じる男性も。そういう男性はおならに対する嫌悪感が強いので、あえておならをしたことを認めずに振る舞うのもひとつの方法です。

街中やカフェなどであれば、誰か他の人がやったかのように振る舞いましょう。ただし、2人きりの場合だと効力を発揮しにくいので注意してくださいね。


おならが出そうな時のために、上手な対処法を身に付けておきましょう

おならが出そうなときは対処法を身につけよう

ここまで、女性のおならを気にする男性と気にしない男性の意見、さらには女性がおならをしてしまったタイミングやおならが出そうな時、してしまった時の対処法をご紹介しました。

おならは生理的な現象なので、コントロールしているつもりでも、何かの拍子でしてしまうことも。つい男性の前で出てしまった時は、恥じらいを見せることで、男性側も寛大になりやすいですよ。


【参考記事】はこちら▽

LINE はてなブックマーク
お気に入り

注目の記事

関連する記事