2016年11月15日

【明日から実践】職場の女性から一目置かれる存在になる「たった一つのコツ」

社内の女性陣に「あの人、カッコイイ」と『お墨付き』をもらうテクを伝授します。一目置かれるビジネスマンになるために、明日から実践すべき“たった一つのコツ”とは?

職場で地位を築くなら女性達のお墨付きは必須

オフィスの上司と部下

職場の女性から一目置かれる存在になるということは、貴方が職場での地位を確立するための第一歩を踏み出すということ。ただし、女性のジャッジって基本的に男性よりもシビアなのが現実。男性から言われた嫌味やネガティブな言動を全部覚えてますし、その話をネタに噂話をするのが好きな生き物です。

そこで今回は、職場の女性が思わず一目置いてしまう、本物の紳士になる方法を女性目線から紐解きます。厳しい女性のチェックを乗り超えて、周囲を魅了する素敵な男性を目指して!

 

職場の女性の心を動かしたいなら、“名前”を呼ぶ

上司から怒られる女性社員

職場の女性から一目置かれるために“仕事を頑張る”、“結果を残す”・・・など様々尽力していることはあるでしょう。しかし最も大切なのは、職場の女性を“名前で呼ぶ”こと。「え、そんなこと?」と感じたそこの貴方、その油断が命取り。「普段(勤務時間外)、呼んでいるから問題ない」と思っている男性も同じく要注意。

例えば、

「ねえ、これコピーしておいて」

「おはよう」

「なんか元気なくない?」

と無意識に名無しで呼んでいませんか?

最低でも、1日1回は名前を呼んであげることを心がけてみましょう。

 

キーワードは“当たり前”という盲点

腕を組んで考える女性

別に女性も仕事中にロマンスなんて考えていません。そのため、言われたセリフは“当たり前”のように聞き流しています。しかし、その“当たり前”が実はポイントで、名前を呼ばれてから話しかけられた時に、女性の心は揺れ動くのです。もちろん、名前と言っても苗字で問題ありませんよ。さっきの台詞を引用するなら

「◯◯さん、これコピーしておいて」

「◯◯さん、おはよう」

「◯◯さん、なんか元気なくない?」

というのが大正解。男性陣からすると不思議に感じるかもしれませんが、名前を呼んでから話したほうが優しい印象に。

また、相手との距離が縮まる心理的効果も期待できます。

 

職場に気になる女性がいるなら、まずは“名前”を呼ぶことからアプローチ

開放的に喜ぶ女性

職場に気になる女性がいる時には、まずは名前を呼ぶことから。名前を呼ばれると親近感が湧きますし、認められているような気持ちになります。まさに、相手の女性が貴方を意識する第一歩。

 

明日からできる“名前を呼ぶ”テクで、職場の女性の心を鷲掴み。

夕日を見る男性と女性

もちろん、この方法だけで完全に職場の女性全員から一目置かれる存在になれるとは限りません。しかし!間違いなく女性陣の厳しいジャッジの扉を開けられます。

「あの人から頼まれたら、何か断れないんだよね」

「何かいつも頑張ってるし、常に落ち着いてるよね」

なんて、ポジティブな噂話が広まるのもそう遠い日ではありませんよ。職場の女性と円満な関係を築きたいと考えているなら、騙されたと思って明日から積極的に試してみて!

【参考記事】社内恋愛攻略の鍵とは。揉めるリスクを回避する方法も▽

【参考記事】職場に気になる女性がいるなら。恋のきっかけ作りを伝授します▽

【参考記事】ただただ彼女が欲しい。そう思っている社会人男性へ・・・▽

Smartlog(スマートログ)

注目の記事

関連する記事

こんな記事も人気です!